エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

3P



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

変態美熟女と3P

友達のカズヤが出会い系で女をひっかけたというので、待ち合わせ場所についていった。

どうせおばさんかブスだろうから、後でからかってやろうと思っていたのだ。


現れたのは、美熟女とでも呼びたいようなしっとりとした上品な美人だった。

年上には興味なかったが、こんな上玉となら、一発ヤってみたいと思ってしまう。


俺がカズヤに代わってくれとせがんでいる声がきこえたのか、美熟女が近寄ってきた。

ふわりと香水が香ってきて、遠目でみたときより、若くて美人だと思った。


美熟女はカズヤを優しい目でみつめると、

「カズヤくん?」

とささやいた。


「はいっ!ミズホさんですよね?」

カズヤが童貞丸出しの態度で返事をする。


「こちらはお友達?」

美熟女のミズホは俺を色っぽい流し目で見ながら、カズヤにきいた。


「すみません・・・強引についてきちゃって・・・。」

「俺、カズヤが誰かにだまされてるんじゃないかと心配で・・・。」


ミズホはにっこりと微笑んで、

「いいお友達なのね。そんなに心配なら、あなたもついていらっしゃい。」


俺に言い捨てると、カズヤの腕をとって、恋人同士のように歩いていく。

俺はお邪魔虫なのを承知で、後をついていった。


ミズホとカズヤが楽しそうに笑っている声だけがきこえてくる。

二人はあっさりと、ラブホテルに入った。


俺もあわてて後を追う。

部屋に入ると、ミズホは高そうな服を躊躇なく脱ぎ捨てて裸になった。


しみもたるみもない真っ白な肌と完璧なプロポーション。

ほどよい大きさのおっぱいに、淡いピンクの乳首がつんと尖っている。


「今日はカズヤくんの童貞をもらう約束だったんだけど、あなたからにしましょうか?」

ミズホは裸にみとれてぼんやりと立っていた俺に、いきなり話をふった。


「カズヤくんは、よーくみててね。」

ミズホは座り込んでいるカズヤの唇に、ちゅっと音を立ててキスをした。


俺はミズホの気が変わらないうちに、急いで服を脱ぐと、ミズホの裸に抱きついた。

「あ、キスはしないでね。あと、コンドームはちゃんとつけて。」


ものすごいアウェイ感だが、カズヤの前で恥をかくわけにはいかない。

二人がベットで抱き合っているすぐ側で、カズヤが見学している。


ミズホの乳首を舐めて、やわらかなおっぱいをもみ、おまんこをクンニした。

一生懸命愛撫しているのに、ミズホはほとんど反応してくれない。


おまんこに指を入れようとしたら、手を押さえられた。

「もう入れてもいいわ。あなた、爪が長いから、指を入れられたくないの。」


俺はくやしさで頭に血が上った。

おまんこにちんぽを挿入しようとしたら、コンドームを渡された。


あせると上手くつけられない。

人前で、特にカズヤの前でセックスするのがこんなにやりづらいとは思わなかった。


なんとかコンドームを装着して、ミズホのおまんこにちんぽを入れる。

コンドームごしでも、ミズホのおまんこはすごく気持ちよくて、責めるどころじゃない。


俺は射精をこらえるのがやっとで、ミズホの腰の動きにまかせていた。

結局、いつもの半分くらいしかもたずに、俺のちんぽは精液を吐き出してしまった。


自分に対する失望で真っ青になりながら、ミズホのおまんこからちんぽを抜く。

ミズホは真剣に俺達のセックスをみつめていたカズヤに声をかけた。


「次はカズヤくんが入れて。カズヤくんは童貞だから、コンドームはつけなくていいわ。性病がうつる心配がないものね。」

カズヤは緊張でがちがちになりながら、ミズホのおまんこにちんぽを入れた。


ミズホが指でおまんこを拡げて、カズヤのちんぽを受け入れている。

童貞でコンドームなしなら、俺以上に早く射精するに決まっている。


俺はせめてカズヤの童貞喪失を後のネタにしようと、二人のセックスを観察していた。

「はあっ・・・すごい・・・ミズホさんのおまんこ、すごくあったかくて、気持ちいい・・・。」


カズヤがうっとりとして、ミズホに体を重ねる。

ミズホはカズヤをやさしく抱きしめながら、アタマをなでている。


「カズヤくんのちんぽ、硬くてとっても気持ちいいわ。びくんびくんって、おまんこの中で脈打ってる。」

「ミズホさんのおまんこ、ちんぽを動かさなくても、気持ちいいよ・・・。」


カズヤは子供のように、ミズホの乳首をしゃぶった。

ちゅぱっちゅぱっと左右の乳首を交互にしゃぶって、れろれろと舌で乳首を転がしている。


「乳首をしゃぶると、ミズホさんのおまんこ、ひくってしまるね。」

完全に二人の世界だ。


3Pが楽しめるかもなんて浮かれていた俺がバカだった。

「カズヤくん、はじめてなのに、とっても上手よ。才能があるのかもね。」


ミズホはカズヤとディープキスしながら、まったりとセックスしている。

カズヤはゆっくりと腰を振っては休み、休んでは腰を動かしている。


じれったくなるようなぬるいピストン運動だ。

「もっと腰をしっかり振れよ!」


疎外感に耐え切れなくなった俺がカズヤの腰をつかんで強引に振らせると、カズヤが悲鳴をあげた。

「そんなにしたら、射精しちゃうよ!やめてぇ。」


「中出ししていいのよ。カズヤくん、もっと奥まできて・・・。」

俺はショックでカズヤの腰から手を離した。


童貞喪失がこんな美熟女で、ナマで中出しなんて、ありえねえ・・・。

俺は自分の童貞喪失のときの苦い思い出を噛みしめた。


カズヤはミズホのおまんこに思いっきり中出しして、余韻に浸っている。

「セックスって、すごく気持ちいい・・・。」

「そのまま、ちんぽを抜かないで。」


カズヤとミズホはそのまま二回戦に突入した。

俺はいたたまれなくて、そっとラブホテルを後にした。


カズヤとミズホがこのままセフレになってくれたら、いつか俺もまざって3Pさせてもらえるだろうか・・・そんな未練がましい夢を抱きながら。

カワイイ美乳おっぱい美女と3P

先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。

正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。


幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。

期待以上にかわいいコがいたので、俺はこのままラブホテルに直行したい誘惑と必死で戦った。


でも、二人で逃げたりしたら、どんないやがらせをされ続けるかわからない。

ヒロコは明るくてかわいくて、彼女になってほしいくらい感じのいいコだ。


ああ、もったいない。

「やっぱり都合が悪くなっちゃったから、別の日に会わない?」


っていおうとしたとき、俺の後をつけてきたらしい先輩が現れた。

打ち合わせでは俺の部屋で待機していて、俺は先輩がいたことを知らなかったという演技をするはずだったのに。


「翔平じゃん。かーわいいコ連れちゃってぇ。」

先輩は俺の肩にがっちりと腕を回してくる。


当然、ヒロコは驚いて、不安そうな顔をしている。

「この人、大学の先輩なんだ。」


「よろしくねー。せっかく会ったんだから、みんなでカラオケ行こうぜ!」

ためらっているヒロコの手を強引にひいて、先輩は知り合いがバイトしているカラオケに向かった。


しぶしぶ二人の後をついていきながら、俺はため息をついた。

カラオケという密室空間に、キケンな野獣と美女と野獣の暴走を止められない俺。


先輩は強いお酒をこっそり混ぜさせた酎ハイをヒロコにがんがん飲ませた。

断っても何かと理由をつけてはハイペースで飲まされるので、ヒロコはすぐに酔っ払い、意識をなくした。


先輩の手がヒロコの服を脱がせていく。

ヒロコは着痩せするタイプだったらしく、大きめの美乳とむっちりとした太ももがおいしそうだった。


「ヒロコちゃ~ん、ちゅっちゅちまちょ~ね~♪」

先輩がキモいことをいいながら、ヒロコの裸体に覆いかぶさり、ヒロコの可憐な唇を奪った。


ああ、こんなかわいいコが先輩のような男に汚されてしまうなんて。

片手でおっぱいをもみながら、先輩はヒロコの口内を舌で犯した。


「意識がなくても、乳首はびんびんだな。」

淡いピンクの乳首は先輩の指でつままれて、硬く尖っている。


キスに飽きた先輩は、ヒロコの乳首をしゃぶり、舌で舐めまわした。

「うーん。肌がつるつるで、めちゃやわの美乳・・・たまらんねえ。」


オヤジのような感想をもらしつつ、おっぱいやウエスト、太ももを舐めていく。

先輩が舐めたあとには、ナメクジがはったような光るよだれのラインが残った。


「さーて、いよいよおまんこちゃんだね!」

ヒロコの足を大きく開いて、ものすごい至近距離からまじまじとおまんこをみつめる。


「赤く充血したおまんこから、愛液がねっちょり出てるよ。このコ敏感なんだなあ。」

先輩はぼんやりと見ていた俺に、
「お前も上半身を愛撫しろよ。どうせもう勃起してんだろ?」


もちろん、俺だって健全な男だから、ジーンズの下のちんぽはとっくに勃起している。

俺はおそるおそるヒロコの勃ったままの乳首を舐めた。


「あんっ!」

突然、きこえたあえぎ声に顔をあげると、ヒロコが目を開けて、驚いていた。


「え?なにこれ?なんで私、裸なの?」

動揺しているヒロコを無視して、先輩はおまんこをクンニしはじめた。


ぺちゃぺちゃと犬のように、一心不乱に舐めている。

「や・・・やだぁ・・・ああっ・・・ダメ・・・。」


ヒロコは両手で先輩の頭を押さえ、舌の動きを止めようとしているが、そんなことでクンニを止めるような先輩ではない。

「お願い・・・翔平くん・・・助けて・・・。」


うっすらと涙を浮かべて俺を見上げて懇願するヒロコを見た瞬間、俺の理性がぷちんと飛んでしまう音がきこえた・・・。

両手でヒロコのおっぱいをもみ、指で乳首をくりくりといじりながら、ディープキスをする。


「おっ。翔平もやっとやる気を出したな。」

先輩が俺をからかいながら、ヒロコのおまんこを手マンしている。


にゅくにゅくと舌を絡ませながら、俺はヒロコのおまんこに早くちんぽを入れたいと思っていた。

「もーおまんこもいい感じだから、俺が先にいただくな~!生ハメ♪生ハメ♪」


ごそごそと勃起したちんぽを取り出した先輩は、ヒロコのおまんこにナマのままあてがった。

生ハメがイヤなのか、ヒロコが抵抗して、首をいやいやと振る。


ヒロコの悲鳴がききたくなって、俺はヒロコの口の中から舌を離して、充血した乳首を舐めた。

「はぅんっ!やだ・・・入れちゃダメ・・・。」


もちろん、それで生ハメをあきらめるような先輩ではない。

俺は眉を寄せて生ハメの衝撃に耐えるヒロコの表情に、ぞくぞくするほどの興奮を覚えた。


先輩がちんぽを動かしているうちに、ヒロコの表情がだんだん気持ちよさそうなものに変わっていく。

「ヒロコちゃんのおまんこ、キツくていいよ~。ちんぽに絡み付いてくる感じがたまらんねー。生ハメ最高!」


先輩はごきげんで、ヒロコのクリトリスを指でこちょこちょといじりながら、抽送を繰り返している。

「はっ・・・や・・・やめて・・・。」


「おまんこをこんなにきゅうきゅうしめつけながら、やめてっていわれてもな~。」

遅漏の先輩は、生ハメにもかかわらず、まだまだ射精してくれそうにない。


俺は待ちきれなくなって、自分のちんぽをしごきながら、亀頭をヒロコのおっぱいにこすりつけた。

俺も早くヒロコのおまんこに生ハメしたい・・・。


俺の中にはもう、強制3Pされているヒロコをかわいそうに思う気持ちは、少しもなくなってしまっていた。

レズ3Pバイブ責め

私はレズというより、バイセクシャルだ。

つまり、両刀で、男女どちらともセックスできる。


でも、どっちかといえば、レズの方が好きだ。

女の子のやわらかいふわふわの体を抱きしめていると、すごく興奮するし、責めているだけでも、とっても満足できる。


そんな私にとって、女子大の寮に住んでいるというのは、なかなかおいしい環境だったりする。

女子大の女の子は、他の学校の男の子と合コンしたりして、積極的に外に出るタイプと男性経験が極めて少なく、うちにこもるタイプに分かれる。


幼稚園から女子校なんて女の子の中には、男の子と話したことさえ、ほとんどないというお嬢様がごろごろいるのだ。

そんな女の子にとって、ボーイッシュで男の子っぽい私は、擬似恋愛の対象として、もってこいってわけで。


手作りのお菓子、ラブレター、告白なんて、日常茶飯事で、私は大学生ライフをエンジョイしていた。

歴史と伝統あるこの女子寮はぼろっちくて、廊下を歩くとみしみしいうが、一応、個室ではあるし、お風呂が共同というのが魅力だった。


妙齢の若い女の子達が惜しげもなくオールヌードをさらけ出す、夢のようなお風呂タイムはいつも愉しみで、レズの私はあえて混雑する時間帯を狙って入浴していた。

テスト前のある夜、私の部屋に勉強のために友達が二人来て、休憩中になんとなく、エッチな話になった。


「セックスってどんな感じなの?」

箱入りのお嬢様である莉子ちゃんが顔を赤らめながらいう。


莉子ちゃんは真っ黒で艶のあるストレートヘアに色白の肌、口紅を塗らなくても赤くてふっくらした唇がすばらしいやまとなでしこだ。

「芽依ちゃんは、セックスしたことあるんでしょ?」


さくらちゃんも私の顔をのぞきこむようにして、きいてきた。

栗色の髪がふんわりとカールしていて、ちょっと日に焼けた肌が活発な印象を与えるが、さくらちゃんも男性経験ゼロのお嬢様だ。


巨乳ゆえに、何度も痴漢にあったらしく、男性恐怖症気味でもある。

「うーん。男の人とのセックスは、相手によって全然違うかな。下手なヤツとセックスすると、痛いし気持ちよくない。」


「・・・男の人とのセックスはって、まことちゃんは女の人ともセックスしたことあるの?」

アタマの切れる莉子ちゃんが鋭く突っ込んでくる。


「あるよ。女の人とのセックスはね、すごく気持ちよくて、痛くないんだよ。」

私は思わず、にやりと笑ってしまった。


「まことちゃん、女の子にもモテるもんね。」

この二人がレズだという話は聞いたことがないが、男性にもあまり興味がないようなので、落とせそうな気がしていた。


「レズのセックス、試してみる?」

二人は顔を見合わせていたが、恥ずかしそうに頷いた。


私はうきうきしながら、二人の服を脱がせた。

裸になった二人は、恥ずかしそうにおっぱいとおまんこを手で隠している。


「女の子同士なんだから、恥ずかしくないよ。」

二人をベットの上に座らせて、おまんこを交互にクンニする。


レズ経験もけっこう豊富な私だけど、レズで3Pっていうのははじめてだ。

「んんっ・・・なんかヘンな感じ。」

「や・・・そこ気持ちいい・・・。」


莉子ちゃんとさくらちゃんは私の舌と指にあえぎ声をあげはじめた。

「二人でおまんこ、舐め合ってみて?」


交互に二人のおまんこをクンニするのに疲れた私は、二人をレズらせることにした。

すっかり体に火がついた二人は、素直にベットに寝そべり、シックスナインの体勢でお互いのおまんこをぺろぺろと舐め合っている。


私は二人のレズプレイをじっくりと目で愉しんでから、愛用のバイブを取り出した。

「バイブでおまんこ責めてあげるよ。どっちからバイブほしい?」


目をとろんとさせた二人は、今度は抱き合うようにして、私の方におまんこを向けた。

二人のおまんこが上下に並んで、バイブの挿入を待っている。


どちらのおまんこも愛液とよだれでびちゃびちゃに濡れていて、準備万端だ。

私は上にあった莉子ちゃんのおまんこにバイブを挿入した。


「あんっ!すごい・・・大きい。」

莉子ちゃんが体をのけぞらせて、さくらちゃんにしがみついた。


「莉子ちゃんちゃん、かわいい・・・。」

さくらちゃんがうっとりとつぶやきながら、莉子ちゃんにキスした。


ねちょねちょと舌を絡ませあっている二人は、レズカップルにみえる。

私は莉子ちゃんのおまんこからバイブを抜いて、さくらちゃんのおまんこに挿入した。


「はっ・・・あぅ・・・おまんこが・・・いっぱい・・・。」

莉子ちゃんがさくらちゃんの巨乳に顔を埋めては、勃起した乳首をしゃぶっている。


二人のおまんこにバイブを挿入しては出し入れして抜き、あえがせ続けた。

レズのセックスにはおわりがないから、二人は何度もイって、声が枯れてくる。


「もう許して・・・。」

「へとへとだよぉ・・・。」


二人がギブアップしたので、私はバイブのスイッチを切った。

あまりに長時間使い続けたので、バイブが熱くなってしまっている。


二人はすっかりレズの悦びに目覚めて、私とのレズ関係を愉しむようになった。

大学を卒業したら、三人でルームシエアして、レズりまくるのもいいかもしれない。


私は女子大にきてよかったとしみじみと思った。




出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画