出会い系で出会ったカホは、今ではすっかり俺のM奴隷だ。

SMに興味があるといってきたカホが、俺のM奴隷の一人になるのに、そう時間はかからなかった。


自分がMだと自覚している女をM奴隷にするのは、赤子の手をひねるより簡単だ。

まずは、メールで俺の指示通りにオナニーするように命令して、何度もイかせているうちに、早く俺に会いたいとせがむようになった。


もちろん、すんなり会ってやるはずもなく、自分の手で剃毛させてパイパンにしたおまんこを写メで送らせ、確認してから、ようやく会うことにした。

待ち合わせには、ノーパンノーブラの上、ミニスカTシャツで来いと命令したから、俺が5分遅れで着く頃には、目を潤ませて顔を赤くしたカホの周りに、よだれをたらした男達が群がっていた。


俺がカホに声をかけると、がっかりした男達のため息がきこえてくるようだった。

車の助手席にカホを乗せると、いぼいぼのついた黒いバイブを手渡した。


「おまんこがびちょびちょに濡れて、疼いているんだろう?そのバイブでオナニーして、慰めなさい。」

「はい・・・ご主人様。」


カホは素直に足を広げて、おまんこにバイブを挿入した。

俺はカホに淫語をいわせるために、オナニーの実況中継をさせることにした。


「運転に集中していてみられないから、カホのおまんこがどうなってるか、俺に説明しながら、オナニーするように。」

「ご主人様・・・バイブがカホのおまんこをいっぱいにしてて、ちょっと動かすだけで、すごく気持ちいいです・・・。」


カホは淫語をいう度に、興奮していくらしく、息が荒くなってくる。

「おまんこが気持ちよくて・・・愛液があふれてぐちゅぐちゅです・・・んっ・・・あっ・・・バイブがおまんこの中をこすって、おまんこの奥にあたって・・・イイっ・・・。」


カホはすっかりオナニーに夢中になっていて、隣の車の男がカホのオナニーをガン見しているのにも気づいていない。

「カホ、横をみてごらん。お前のオナニーをみて、勃起している男がいるよ。」


隣の男の視線に気づいて、ようやくカホは車の中でオナニーしている恥ずかしさを思い出したらしい。

「ご主人様ぁ・・・あの男の人、カホのオナニーみて、自分のちんぽをしごいているみたいです・・・。」


自分がオナニーのおかずにされていることに興奮して、カホの手ははげしくバイブを動かしだした。

「お前をみてオナニーしてる男と一緒にイくといい。」


俺が冷たい口調で命令すると、カホは本当に隣のオナニー男と同じタイミングで絶頂を迎えた。

「イきますっ!カホ、ご主人様の前でオナニーして、イっちゃいます・・・。」


淫語をいいまくりながらの激しいオナニーでイったカホは、ぐったりとシートにもたれかかった。

「いいこだ。上手にイけたな。」


ごほうびに頭をなでてやりながら、俺はカホを褒めた。

「オナニーでイって満足したかい?この後、どうしたいかいってごらん。」


今さっきイったばかりなのに、カホは俺にすがるような目を向けて、
「ご主人様のおちんぽで、カホのおまんこをいっぱい責めてほしいです。」

貪欲にねだってきた。


オナニー男のはちんぽで、俺のはおちんぽになるあたり、だいぶ俺に入れ込んでいるらしい。

俺は路上のパーキングエリアに停めると、エンジンを切り、勃起したちんぽを取り出して、カホに膝の上に跨るように命令した。


「ほら、おいで。俺のちんぽをたっぷりと味わうといい。」

「ここで・・・ですか?」


一瞬、車の行き交う道路でのセックスに躊躇したカホだったが、俺が催促するまでもなく、俺の足に跨ってきた。

バイブを抜いたばかりのぐちょぐちょのおまんこに、俺の勃起ちんぽを咥え込み、俺にしがみついて、自分から腰を振り出す。


「こらこら。まだ腰を振ってもいいとはいってないぞ。」

「ご主人様ぁ・・・。」


おまんこに根元までちんぽを咥えさせられたまま、動いてもらえないカホは切なそうにおまんこをしめつけた。

「おまんこがひくひくしちゃってますぅ・・・ご主人様のおちんぽで、ぐちゃぐちゃにかき回してください・・・。」


「まだダメだ。このままで、イってからじゃないと、動いてあげないよ。」

SMっていっても、俺は鞭も使わないし、ロウソクもあんまり好きじゃない。


正統派のSM愛好家にとっては邪道なのかもしれないが、M奴隷の心と体を完全に支配するのが、俺のSMの愉しみ方だ。

アナルに指を入れて、クリトリスをいじってやると、カホはおまんこの中のちんぽを喰いちぎりそうにしめつけて、イきまくった。


「アナルもおまんこもクリトリスも、気持ちいいですぅっ!」

「もっと気持ちよくしてあげるから、おっぱいもだしてごらん。」


カホは自分の手で、Tシャツをまくりあげた。

乳首をちゅばちゅば吸ってやりながら、俺はちょっとずつ腰を動かしてやる。


「乳首・・・乳首もおまんこも、気持ちいいっ・・・。」

カホにはもう、ここが道路の端で、通りすがりの人に見られていることも、すっかりどうでもよくなったらしい。


「ご主人様ぁ・・・気持ちいいです・・・カホ、とっても気持ちいい・・・。」

このM奴隷をどこまで堕としてやろうかと思いながら、俺はカホのおまんこを激しく突き上げた。