エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

美女



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

カワイイ美乳おっぱい美女と3P

先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。

正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。


幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。

期待以上にかわいいコがいたので、俺はこのままラブホテルに直行したい誘惑と必死で戦った。


でも、二人で逃げたりしたら、どんないやがらせをされ続けるかわからない。

ヒロコは明るくてかわいくて、彼女になってほしいくらい感じのいいコだ。


ああ、もったいない。

「やっぱり都合が悪くなっちゃったから、別の日に会わない?」


っていおうとしたとき、俺の後をつけてきたらしい先輩が現れた。

打ち合わせでは俺の部屋で待機していて、俺は先輩がいたことを知らなかったという演技をするはずだったのに。


「翔平じゃん。かーわいいコ連れちゃってぇ。」

先輩は俺の肩にがっちりと腕を回してくる。


当然、ヒロコは驚いて、不安そうな顔をしている。

「この人、大学の先輩なんだ。」


「よろしくねー。せっかく会ったんだから、みんなでカラオケ行こうぜ!」

ためらっているヒロコの手を強引にひいて、先輩は知り合いがバイトしているカラオケに向かった。


しぶしぶ二人の後をついていきながら、俺はため息をついた。

カラオケという密室空間に、キケンな野獣と美女と野獣の暴走を止められない俺。


先輩は強いお酒をこっそり混ぜさせた酎ハイをヒロコにがんがん飲ませた。

断っても何かと理由をつけてはハイペースで飲まされるので、ヒロコはすぐに酔っ払い、意識をなくした。


先輩の手がヒロコの服を脱がせていく。

ヒロコは着痩せするタイプだったらしく、大きめの美乳とむっちりとした太ももがおいしそうだった。


「ヒロコちゃ~ん、ちゅっちゅちまちょ~ね~♪」

先輩がキモいことをいいながら、ヒロコの裸体に覆いかぶさり、ヒロコの可憐な唇を奪った。


ああ、こんなかわいいコが先輩のような男に汚されてしまうなんて。

片手でおっぱいをもみながら、先輩はヒロコの口内を舌で犯した。


「意識がなくても、乳首はびんびんだな。」

淡いピンクの乳首は先輩の指でつままれて、硬く尖っている。


キスに飽きた先輩は、ヒロコの乳首をしゃぶり、舌で舐めまわした。

「うーん。肌がつるつるで、めちゃやわの美乳・・・たまらんねえ。」


オヤジのような感想をもらしつつ、おっぱいやウエスト、太ももを舐めていく。

先輩が舐めたあとには、ナメクジがはったような光るよだれのラインが残った。


「さーて、いよいよおまんこちゃんだね!」

ヒロコの足を大きく開いて、ものすごい至近距離からまじまじとおまんこをみつめる。


「赤く充血したおまんこから、愛液がねっちょり出てるよ。このコ敏感なんだなあ。」

先輩はぼんやりと見ていた俺に、
「お前も上半身を愛撫しろよ。どうせもう勃起してんだろ?」


もちろん、俺だって健全な男だから、ジーンズの下のちんぽはとっくに勃起している。

俺はおそるおそるヒロコの勃ったままの乳首を舐めた。


「あんっ!」

突然、きこえたあえぎ声に顔をあげると、ヒロコが目を開けて、驚いていた。


「え?なにこれ?なんで私、裸なの?」

動揺しているヒロコを無視して、先輩はおまんこをクンニしはじめた。


ぺちゃぺちゃと犬のように、一心不乱に舐めている。

「や・・・やだぁ・・・ああっ・・・ダメ・・・。」


ヒロコは両手で先輩の頭を押さえ、舌の動きを止めようとしているが、そんなことでクンニを止めるような先輩ではない。

「お願い・・・翔平くん・・・助けて・・・。」


うっすらと涙を浮かべて俺を見上げて懇願するヒロコを見た瞬間、俺の理性がぷちんと飛んでしまう音がきこえた・・・。

両手でヒロコのおっぱいをもみ、指で乳首をくりくりといじりながら、ディープキスをする。


「おっ。翔平もやっとやる気を出したな。」

先輩が俺をからかいながら、ヒロコのおまんこを手マンしている。


にゅくにゅくと舌を絡ませながら、俺はヒロコのおまんこに早くちんぽを入れたいと思っていた。

「もーおまんこもいい感じだから、俺が先にいただくな~!生ハメ♪生ハメ♪」


ごそごそと勃起したちんぽを取り出した先輩は、ヒロコのおまんこにナマのままあてがった。

生ハメがイヤなのか、ヒロコが抵抗して、首をいやいやと振る。


ヒロコの悲鳴がききたくなって、俺はヒロコの口の中から舌を離して、充血した乳首を舐めた。

「はぅんっ!やだ・・・入れちゃダメ・・・。」


もちろん、それで生ハメをあきらめるような先輩ではない。

俺は眉を寄せて生ハメの衝撃に耐えるヒロコの表情に、ぞくぞくするほどの興奮を覚えた。


先輩がちんぽを動かしているうちに、ヒロコの表情がだんだん気持ちよさそうなものに変わっていく。

「ヒロコちゃんのおまんこ、キツくていいよ~。ちんぽに絡み付いてくる感じがたまらんねー。生ハメ最高!」


先輩はごきげんで、ヒロコのクリトリスを指でこちょこちょといじりながら、抽送を繰り返している。

「はっ・・・や・・・やめて・・・。」


「おまんこをこんなにきゅうきゅうしめつけながら、やめてっていわれてもな~。」

遅漏の先輩は、生ハメにもかかわらず、まだまだ射精してくれそうにない。


俺は待ちきれなくなって、自分のちんぽをしごきながら、亀頭をヒロコのおっぱいにこすりつけた。

俺も早くヒロコのおまんこに生ハメしたい・・・。


俺の中にはもう、強制3Pされているヒロコをかわいそうに思う気持ちは、少しもなくなってしまっていた。

メガネ美女と生ハメ

メガネフェチの俺は、メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう。

スレンダーで知的なメガネ美人のお姉さんといつかメガネをかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。


俺のその夢は、出会い系で叶えることができた。

バリバリのキャリアウーマンだというさゆりは、仕事が忙しくて彼氏を作る余裕がなく、性欲処理のために、セフレを探していたらしい。


ニュースキャスターのような知的な美人で、フレームレスのメガネが似合う夢に描いたような理想のお姉さんだった。

さゆりの仕事は忙しいので、会う約束をドタキャンされることもしょっちゅうだ。


かと思えば、平日の夜に急に呼び出されることもある。

でも、さゆりとセフレでいられるだけで、俺はしあわせだった。


セミロングの髪をかっちりとまとめ、スーツに身を包み、メガネをかけているさゆりをみるだけで、俺のちんぽはすぐにかちかちに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまう。

さゆりは俺をじらすように、一枚一枚ていねいに服を脱ぎ、ハンガーにかけていく。


俺が一番、萌えてしまうのは、シャツのボタンを全てはずしてブラジャーに包まれた美乳をちらつかせ、シャツのすそから小さなパンティとガーターベルトで吊られたストッキングに覆われたすらりとした脚が見えている状態だ。

三回に一回は我慢できずに抱きついて、さゆりに叱られている。


さゆりの休みの前日に会えたときは、たいてい朝までハメまくりだ。

あんまり何度も射精するから、最後の方はほとんど精液がでなくなってしまう。


今日も朝までハメまくりコースだから、ずっとオナニーをこらえていた。

実際にラブホテルで二人きりになるまでは、ドタキャンされないかとヒヤヒヤものだ。


さゆりがジャケットをハンガーにかけ、タイトスカートを脱いでいるのを俺は服を脱ぎながら、じっとみつめる。

さゆりのストリップは何度みても飽きない。


今日のパンティは光沢のある赤で、さゆりの白い肌と黒いストッキングに映えている。

ガーターベルトって、なんでこんなにいやらしいんだろう。


まるで、ストッキングをはいたままヤるために作られたような下着だ。

さゆりがシャツのボタンをはずしていき、赤いブラジャーと美乳がみえはじめる。


とっくに全裸になり、ちんぽを勃起させていた俺はさゆりに飛びついた。

「あんっ!もうよしおはせっかちなんだから。」


おっぱいをもみながら、キスをせがむと、さゆりは苦笑しながら、応じてくれる。

にゅるにゅるといやらしいキスをしているだけで、俺のちんぽはどんどん充血していく。


「んふ・・・うン・・・はぁ・・・今日もよしおのちんぽ、元気に勃ってるわね。」

メガネをかけたさゆりの表情がちょっと上気していて、たまらなく色っぽい。


俺はブラジャーをズラして、まずは美乳にごあいさつした。

ふわふわのマシュマロみたいな感触の美乳はさわっているだけで、俺を癒してくれる。


濃いピンクの乳首にキスして、もう片方の乳首を指でやさしくさわる。

「ん・・・ねえ、早くほしいの。」


さゆりは待ちきれなくなったのか、自分でパンティを脱いだ。

さゆりの足元に座って、立ったままのさゆりのおまんこをクンニする。


ワレメを舐めながら、さゆりの顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。

「おまんこ、すごく濡れてる・・・。」


「よしおに会うときは、いつも朝からおまんこが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだから。」

「そんなこといったら、もう我慢できないよ。」


俺はさゆりがトイレでオナっているのを妄想して、鼻血を噴きそうになってしまった。

「もうクンニはいいから、よしおのちんぽ入れて。」


さゆりは壁に手をつき、つるりとしたおしりを俺に向けた。

俺はすぐに立ち上がり、先走りでぬるぬるの亀頭でワレメをなでる。


「いじわるぅ!早く入れてぇ!」

俺を振り返っておねだりするさゆりの顔がかわいくて、俺は一気にちんぽを奥まで挿入した。


「ああんっ!」

さゆりが体をのけぞらせて、嬌声をあげる。


メガネをしている顔がみえない立ちバックはあまり好きではないが、とりあえず、さゆりのウエストを
つかんで、ぱんぱんと腰を打ち付ける。

「これぇ・・・硬くて太いよしおのちんぽがほしかったの・・・。」


俺がずんっと突くたびに、さゆりはあえぎ声をあげながら、体を震わせる。

さゆりの息が荒くなってきたところで、俺は一度おまんこからちんぽを抜いた。


「やだぁ!なんで抜いちゃうの?」

感じすぎて真っ赤になった顔で、不満そうに俺を振り返るさゆりの顔がみたいからだ。


そのままさゆりをベットに連れて行き、今度は正常位で再挿入する。

「はぁぁぁんっ!」


さゆりが悦びの声を上げながら俺にしがみついてくる。

「イイっ!よしおのちんぽ、すごくイイよ!」


ストッキングをはいたままの脚を持ち上げて、俺の肩の上にのせ、おまんこの奥を突いてやると、さゆりはすぐにイきそうになる。

「おまんこの奥を突かれながら、クリトリスをさわられるの、大好きだよね。」


俺は指でクリトリスをいじりながら、勃起した乳首を軽く噛んだ。

「やっ!イく!イっちゃう!」


さゆりのおまんこがぎゅうっとしまる。

メガネの下の目がうっすらと涙を浮かべる。


一度さゆりがイったところで、俺は脚の角度を変えながら、何度も何度もちんぽでおまんこをこすり続ける。

射精感をこらえながら、俺はさゆりの恍惚としたイキ顔を目に焼き付けた。



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画