エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

人妻



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

フェラの研究をする人妻

私の夫のマサトシは15才年下だ。

当然、浮気が心配だから、マサトシが会社から帰ってくると、服を全部脱がせて、トランクスとランニングと靴下姿にする。


かいがいしくスーツをハンガーにかけたりするから、一見、良妻っぽくみえるけど、本当の目的はここからだ。

私はマサトシの足元に跪いて、トランクスの上から、マサトシのちんぽのニオイをかぐ。


次に、トランクスを脱がせて、マサトシのちんぽの状態をじっと観察する。

もちろん、ニオイにも注意する。


視覚と嗅覚を使った確認が終わったら、今度は舌でちんぽを舐めて確認。

いつもと違う味がしないか、よーく舐めてチェック。


私にとってこれはフェラチオじゃないんだけど、マサトシはフェラチオだと勘違いしていて、口の中のちんぽはがちがちに硬くなる。

今日も異常がないことを確認して、私はマサトシのちんぽを手でしごきながら、口を上下に動かして、マサトシの射精を促した。


どぴゅっと口内発射された精液をごっくんと飲み干したら、私はマサトシのトランクスを元通りにして、食事の用意に戻る。

「いつもハルナちゃんの口に、口内発射しちゃってごめんね。洗ってもいないちんぽを毎日即尺してもらえるなんて、俺ってしあわせものだよ。」


単なる浮気チェックをそんなに喜んでもらえる私の方がしあわせものだ。

マサトシとのセックスは休みの前日の夜か、休みの日にするのが定番化している。


元々、私はセックスがそんなに好きじゃないから、十分すぎるほど満足。

マサトシも平日は私の口の中に口内発射してるから、それでいいみたいだし。


ただ、口内発射するまでフェラチオするのが習慣化したせいで、マサトシのちんぽは刺激にニブくなってしまった。

同じ愛撫を続けていると、その刺激ではイかなくなってきて、私は新しい愛撫の方法を工夫しなくてはならなくなった。


ずっとフェラチオし続けても、マサトシが口内発射しないと、どこかで射精してきたんじゃないかって不安になる。

焦るとますますフェラチオが上手にできなくて、イライラしてしまった。


マサトシを早く口内発射させるために、私はフェラチオの技術を研究しはじめた。

今までは自己流のフェラチオだったけど、プロの技とかを使えば、もっとすぐに口内発射させられるんじゃないかって思って、フェラチオ技術を説明したDVDをいくつも買った。


フェラチオを勉強してみて気がついたのは、早くイかせようとがんばらない方がいいということだ。

適度なじらし、緩急をつけた刺激、口内発射までのスピードではなく、射精したときの快感の強さをより強く深いものにすることの方が大切だったと考え直した。


毎日のフェラチオは浮気チェックが本来の目的だけれど、そこらへんの女では満足できないくらいの快感を与えられるのなら、マサトシも浮気する気にならないかもしれない。

トランクスの上からマサトシのちんぽのニオイを嗅ぐとき、鼻でちょっと勃起したちんぽの形をなぞるようにしてみた。


硬くなったのを確認するように、トランクスの上から勃起ちんぽをつかんで、軽くしごく。

もどかしい感じがたまらないというじらしプレイだ。


トランクスの脇から手を入れて、不自由さを愉しむように、ごそごそとサオや玉袋をいじる。

ちょっと痴漢の気分でわくわくしてしまう。


マサトシはいつもより興奮しているみたいで、息が荒くなっている。

先走りでトランクスにシミができていて、マサトシが感じているのがよくわかった。


いつものように足首までトランクスをおろす。

びいんっと反りかえったちんぽを根元から亀頭の方に、ちろちろと舐め上げていって、少しずつ唾液で濡らす。


サオが唾液で濡れたところで、カリ首をぐるんと舌でなぞって、亀頭を口に含む。

「ああっ!」


じらしたせいで、かなり気持ちよかったみたい。

口の中に咥えたまま、つるつるとした亀頭を舌先で舐めまわして、痛くない程度にちゅっと吸う。


「ハルナちゃん、今日はすごくイイよ。すぐ出ちゃいそう。」

今日は立ったままでしゃぶっているが、体勢というのも射精に大きな影響を与えるようなので、そのうち、いすに座った状態でのフェラチオや敷布団だけ敷いておいて寝かせた状態でのフェラチオも試してみようと思う。


先っちょだけを咥えていたちんぽをぐうっとのどの奥まで呑みこむ。

できるだけぴったりとフィットするように口をすぼめて、唇でサオをしごくようにして、なるべく根元まで咥えこむ。


手でちんぽの根元をつかんで下方向に引っぱって、皮を余らせないようにする。

片手で玉袋をさわさわして、玉袋とアナルの間のところをツメで軽くなぞるように往復する。


もっとセックスがマンネリしたら、マサトシのアナルを開発して、前立腺でイかせてみたい。

口の中のちんぽが硬く膨張してきたので、私は両手を使って、リズミカルにサオをしごいた。


亀頭だけを口に含んでおいて、時々、ぐうっと根元までしゃぶる。

根元からカリ首まで唇を戻すときに、舌でサオを舐めまわした。


何度かそれを繰り返すうちに、突然、どぴゅうっと口の中に精液がはじけた。

何もいわずに口内発射するなんて、マサトシにしてはめずらしい。


まだびくびくいっているちんぽを口に咥えたままで、上目づかいにマサトシの顔を見上げると、ぜえぜえいっていて、全然、余裕がなさそうだった。

今日のフェラチオは、ちょっとやりすぎてしまったかもしれない。


出会い系で出会ったエロい人妻と車でハメハメ

出会い系を使ったのは、実家に帰って、あまりにもヒマすぎたせいだった。
ダメモトっていうか、ヒマつぶし感覚でいたのがよかったのか、咲良さんという人妻をゲットできた。

待ち合わせ場所にいた咲良さんをみて、俺は目を疑った。
マジで?

あの人妻だなんて信じられないくらい若くて、イケイケなミニスカ、キャミの痴漢待ちってくらい露出しちゃってるのが咲良さんなわけ?
立ち読みしている咲良さんの体を周りの男達がちらちらと視姦しているのがわかる。

俺はダッシュで、咲良さんの元に駆けつけ、愛車に連れてきた。
男達の羨望のまなざしが心地いい。

咲良さんはキレイというよりかわいい系で、ぽってりとした唇がなんともエロい。
白くもちもちしてそうな太ももに、はちきれんばかりの巨乳。

やわらかそうな二の腕。
くっきりと浮かんでいる鎖骨。

どれをとっても、すばらしい人妻だった。

「雅也くんって、童顔だねえ。学生さんみたい。」


顔に似合わず、ハスキーな声で咲良さんは笑った。


時間がないから、即ラブホテルに直行。

したまではよかったが、咲良さんに出会っただけで運を使い果たしてしまったのか、ラブホテルはどこも満室。


人気のない山道で停車した俺は、絶望のため息をついた。

せっかくこんないい女とヤれるはずだったのに・・・。


「ねえ、もう我慢できないから、ここでしちゃおうか?」

咲良さんはシートベルトをはずして、俺の方に体をのりだした。


つやつやと唇が光っていて、巨乳の谷間がみえていて、せりあがっているミニスカがもうギリギリだ。
俺はごくりとつばをのみこんだ。

カーセックスは初体験で、正直、上手くやれる自信なんてない。


でも、こんな据え膳を逃すわけにはいかない。

俺は咲良さんのきゃしゃな体を抱きしめて、唇を奪った。


すぐに咲良さんの舌が俺の口の中に入ってくる。

乱暴なぐらい口の中を舌でかき回されて、不覚にも俺は気持ちよくなってしまった。


なんとか咲良さんの舌に自分の舌を絡めるが、とても敵いそうにない。

唇を離したときには、俺だけ息があがってしまっていた。

「ふふ。もうこんなに元気になってる。」


咲良さんはジーンズの上から俺のちんぽをさすった。

ラブホテルを探しているときから勃起し続けている俺のちんぽは、ようやく刺激を与えられて、ますます硬くなってしまっている。


咲良さんの手でベルトをはずされて、俺はいそいそとちんぽを出した。

自分でもびっくりするくらい先走りでぬるぬるしたちんぽは、むわっとしたニオイがしている。


咲良さんは洗っていないちんぽを躊躇なく、咥えた。

思わず、仰け反ってしまうくらい根元まで一気に呑みこまれて、咲良さんの口の中にすっぽりとちんぽを包みこまれる。


横からフェラチオされるなんてはじめてだったから、今まで感じたことのない不思議な感覚だった。

ひねられるように、ゆっくりと亀頭の方に舌と唇が上がっていく。


まるで吸い出されるように、唇が亀頭の先っちょにキスをした。

すぐにまた根元まで口の中に咥えこまれる。


細い指が裏筋をこちょこちょとくすぐるように動いている。

口の中で舌は、亀頭やカリ首をちろちろと舐めていて、もうなんていうか、プロ並みのフェラチオテクニックだ。


俺は一気に射精まで追い込まれそうになり、

「もう出そう・・・ヤバい・・・。」

とつぶやいた。


その瞬間、フェラチオはぴたりと止まってしまって、俺のちんぽは口から出されてしまった。

はあはあと荒い息を吐いている俺のひざに、咲良さんがまたがってきて、腰を浮かせた。


あっという間に、俺のちんぽは咲良さんのおまんこに呑み込まれてしまった。

「まさか・・・ノーパン?」


あんなミニスカでノーパンだったなんて、信じられない。

ミニスカでノーパンだったせいか、フェラチオで興奮したのか、咲良さんのおまんこはぐちゅぐちゅで、俺のちんぽをするりと咥えこんでいる。


「雅也くんのちんぽ・・・すごいイイよ・・・。」

俺の耳元で、ハスキーな咲良さんの声がささやく。


俺は咲良さんのキャミの肩ひもを下ろして、ブラジャーもずらした。

くびれたウエストにキャミとブラジャーがひっかかり、巨乳がむき出しになる。


勃起した乳首を交互にしゃぶりながら、俺はちんぽを動かした。

窮屈で動きづらい感じがまた逆に、すごく興奮する。


「あんっ!すごい・・・イイ・・・。」

咲良さんは口の端からよだれをたらして、あえぎまくっている。


俺は咲良さんの足を肩にのせ、深く貫いた状態で、何度も最奥を突きまくった。

ぶしゅっと精液がおまんこに弾け飛び、俺は中出しの快感にしびれながらも、ピストン運動を続けた。


「ああ・・・中出しされちゃった・・・おまんこに精液が・・・。」

恍惚の表情を浮かべた咲良さんは、俺にしがみついたまま、ぐったりしている。


車の中にはいやらしいニオイが充満していて、シートにもしみこんでしまいそうだった。

ティッシュで中出しした精液を拭いながら、ゆっくりと抜いたけど、ぽたぽたと精液がしたたって、俺のジーンズを汚した。


それから、俺と咲良さんは、俺が帰省するたびに、セックスするようになった。

当然、ラブホテルでもセックスしているが、最初のカーセックスのときほど興奮できない。


カーセックスも試してみたけど、最初のときほどよくない。

仕方がないので、今度は野外露出プレイでも試してみようと思っている。


出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>