出会い系で出会ったセフレが私には、三人いる。

一度きりのセックスを愉しんだ相手なら、もう覚えきれないくらい。


セックスの相性がとてもよかった三人に厳選したセフレは、日替わりで私を愉しませてくれる。

月曜日は大学生のゆうと君。


スポーツ推薦で入っただけあって、筋肉質の引き締まった体と底なしの体力で私の性欲を満たしてくれるの。

水曜日はビジネスマンのひろと。


テクニックと言葉責めで、私の心と体を満足させてくれるの。

金曜日は私のお父様と同じくらいの年齢のタクヤさん。


考えもしなかったような斬新なプレイで、いつも私にセックスの奥の深さを教えてくれるの。

そして、日曜日は四人でセックスをする乱交パーティ。


女性は私一人だから、乱交じゃなくて、4Pなのかしら。

とにかく、四人で絡み合って、気を失うまでハメまくられるの。


おまんこにちんぽを入れられたまま、アナルにちんぽが入ってくるときのときめきといったら、何度味わってもたまらないのよ。

お口もちんぽで犯されて、穴という穴をちんぽでふさがれて、おもちゃみたいに扱われるのも、すごく興奮しちゃう。


タクヤさんが予約したラブホテルに着く頃には、私のおまんこはぐちゅぐちゅによだれをたらしているの。

いつも先に着いている三人の男性に、破かれそうなくらい乱暴に服を剥ぎ取られて、私は生まれたままの姿にされる。


裸で待っていた三人のちんぽは、筋が浮いているくらいびんびんで、どれもとってもおいしそう。

もうどのちんぽでもいいから早くおまんこに入れてって叫びたいくらいおまんこが疼いているのに、入れられたのはバイブだった。


さらに、バイブがズレないように、一度脱いだパンティをはかされる。

バイブのスイッチが入れられると、立っていられなくなって、私はラブホテルの床に座り込んでしまう。


ひろとが私にアイマスクをつけた。

「さあ、お嬢様、これから咥えていただくちんぽが誰のものか当てられたら、おまんこにもちんぽを咥えさせてあげますよ。」


私の唇にぬるりとしたちんぽが押し付けられた。

ぱくりと咥えて、舌で味わう。


バイブがおまんこを刺激していて、フェラチオに集中できない。

「お嬢様、いつまでもしゃぶってないで、答えてください。今、咥えているのは誰のちんぽ?」

「・・・ゆうと君?」


「残念。罰としてバイブの振動がさらに強くなります。」

ウィィィンと甲高い音を響かせながら、バイブが私のおまんこを責めたてている。


「じゃあ、これは誰のちんぽ?」

おまんこを責めるバイブに気をとられながら、口の中のちんぽに舌をはわせる。


一生懸命フェラチオしても、ちんぽの持ち主はうなり声ひとつもらさない。

「さあ、答えて?」

「ひろと。」


ひろとのちんぽは、ちょっと細くて長いので、他の二人よりわかりやすかった。

「正解。約束どおり、おまんこにちんぽを挿入しますよ。」


私はそっと床に寝かされて、パンティを脱がされ、バイブを抜き取られた。

バイブの振動がなくなっても、おまんこはじーんとしびれたようになっている。


アイマスクをされたまま、ひろとのちんぽが入ってくる感触を味わった。

私の体に欠けていたものが埋められたような満足感があった。


ほうっとため息をついた口に、またちんぽがねじこまれた。

これはたぶん、タクヤさんのちんぽだ。


「お嬢様、いつもより愛液が多いみたいですよ?」

根元までちんぽを入れ終わったひろとがからかうようにいいながら、クリトリスを指で弾いた。


快感が背筋を走り抜けて、おまんこをぎゅっとしめてしまう。

「相変わらず、しまりのいいおまんこで。こんなに淫乱なのにねえ。」


ゆうと君の舌が私の乳首を舐め始めた。

たまに、ちゅっと吸われるのも気持ちいい。


「そろそろ、アナルも使わせてくれよ。」

ゆうと君がじれたようにひろとにいうと、タクヤさんが私の口からちんぽを出した。


ゆうと君とタクヤさんに体を支えられ、寝そべったひろとに抱きつくような体位にされる。

アナルにどろりとしたローションを塗られて、ゆうと君のちんぽが一気に入ってきた。


この圧迫感がたまらなく興奮する。

アナルにちんぽが埋め込まれたところで、またタクヤさんのちんぽを口に咥えさせられた。


私はもう気持ちいいとしか思えない。

ひろとが私の乳首を強く吸いながら、長いちんぽでおまんこの奥を突く。


ゆうと君のちんぽがアナルから抜かれそうになる度、おなかの中のものが全部出てしまいそうになる。

タクヤさんのちんぽが口腔をやさしくなでていて、飴をしゃぶっているようなじんわりとした気持ちよさが広がる。


気持ちよさで意識が飛びそうになると、ひろとに名前をよばれて、我に返る。

「お嬢様は排卵日が近いのかな。おまんこがちんぽに絡み付いてきて、ちんぽを喰いちぎりそうだよ?」


「アナルもすげぇひくついてるし・・・。」

「お口の中もいつもより熱い気がしますな。」


ひろとのちんぽから精液がはじけて、私のおまんこは悦びできゅうきゅうしまった。

おまんこのついでにしめつけられたアナルにも、ゆうと君の精液を注ぎ込まれる。


すぐにゆうと君のちんぽが抜かれて、指でアナルに射精した精液をかきだされるのも、すごく気持ちがいいの・・・。

顔にもタクヤさんの精液をぶっかけられた。


タクヤさんは、顔射で私の顔を汚すのがとても好きらしい。

精液まみれになっても、まだまだ私の性欲はおさまらない。


今日も意識がなくなるまで、乱交の快楽に浸りたいと思う。