エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

ローション



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

手コキバーでローション手コキ

失恋して落ち込んでいた俺をケンジが手コキバーに連れて行ってくれた。

薄暗い店内に、ムーディな音楽。


普通のバーっていう雰囲気なのに、店内では至るところで手コキされて顔がゆるんでいる男性がいる。

「な、すげえだろ?他人が手コキされてるのをみてるだけでも興奮するよな。」


ケンジは以前、この手コキバーに来たことがあるみたいで、カウンターにいたバーテンダーさんに、

「ケイコちゃん、お願いします。」

と指名した。


「今、ちょっと手コキ中なので、お待ちいただけますか?」

ケンジはケイコちゃんを気に入っているらしく、頷いて、ビールを注文した。


俺もシラフではいられない気分で、ジントニックを頼んだ。

「タクヤが先に手コキしてもらってもいいんだぞ。」


ビールをおいしそうに飲みながら、ケンジがにやけている。

ちんぽはとっくに勃起していたが、店内には露出度の高いきれいな女がたくさんいて、俺は決めかねていた。


「もしよかったら、今日入ったばかりの新人がいるんですが・・・。」

バーテンダーさんが俺にジントニックを出しながらいった。


「新人に手コキされたら、痛いんじゃないの?」

ケンジが小声で質問している。


「それが素人なのに、ものすごく上手いんですよ。もちろん、とびきりの美人です。」

バーテンダーさんがナイショ話をするように声をひそめてささやいた。


「もしかして、バーテンダーさんって、店の女の子みんなに手コキされたことあるの?」

ケンジはめちゃくちゃうらやましそうな顔をしている。


「うちは女の子のクォリティの高さがウリですから、入店前に手コキの技術チェックはしますよ。」

「へー。いいなあ。」

「ケンジさんっ!」


後ろからかわいい女の子がケンジの両肩をぽんっと叩いた。


そのまま、ケンジの背中に体を密着させて、ケンジの耳元で、

「待たせてゴメンねえ。あっちに行きましょ。」

と甘えた口調でいっている。


ケンジは俺を置いて、鼻の下を伸ばしたまま、ケイコについていってしまった。

「お客様はどうされます?」

「あ、さっきの新人さんで・・・。」

取り残された俺は、あわてて答えた。


「メグミです。よろしくお願いします。」

メグミちゃんはモデルっぽい気品のある美人で、スタイルもスレンダーですらりとしている。


私はメグミちゃんに手をとられて、ソファーに移動した。

メグミちゃんがローテーブルに備え付けられたローションを手に取っている間に、俺はズボンとパンツを脱いだ。


「手コキ、はじめますね。」

にっこりと微笑むメグミちゃんは女神のようで、とても手コキなんてするようにはみえない。


ねちょっとしたローションがついたメグミちゃんの両手につつまれた俺のちんぽは、俺の戸惑いをよそに、みるみる硬くなった。

ローションですべるのを愉しむように、メグミちゃんの両手は俺のちんぽをなでまわしていて、たまに、思い出したように、いいところをかすめていく。


男の感じるポイントを知っていて、あえてズラしている感じだ。

「玉袋もさわっていいですか?」


こんな美人が玉袋とかいうと、妙に興奮する。

返事をする余裕がなかった俺は、こくりと頷いて見せた。


「うふふ。タクヤさんって、かわいい・・・。」

玉袋をもまれつつ、片手でちんぽをしごかれただけで、俺はかなり追いつめられていた。


この手コキバーの淫靡な雰囲気に呑まれてしまっていて、手コキされているだけなのに、すごくいやらしいことをしている気分だった。

「もうおちんちんがこんなに硬くなってて、びくんって脈打ってて・・・。」


メグミちゃんはセクシーな声で俺にささやきつつ、サオを指先でつうっとなであげた。

「食べちゃいたいくらいかわいい・・・。」


小さな赤い舌を出して、ぺろりと唇を舐めるメグミちゃんは、色っぽくて、俺は本当に食べられたいと思ってしまった。

「ねえ、もうイきたい?それとも、もっとじっくり愉しむ?」


手コキの時間制限は30分で、10分単位で延長できる。

ローテーブルの上にある時計は、残り10分くらいで、俺はあっという間に時間がたってしまっていたことに驚いた。


メグミちゃんとの夢のような時間をもっと愉しみたいが、イきたくてたまらなくなってしまっている。

「もうイきたい・・・がまんできないよ。」

「わかったわ。じゃあ、イかせてあげる。でも、できるだけがまんしてね。」


メグミちゃんの白くて長い指が、俺のちんぽに絡みつくように上下に動いた。

なんていうか、これまでに味わったことのない快感っていうか、芸術のような手コキだった。


滑らかな動きで、10本の指が俺のちんぽを包み込むように、まとわりつくように、刺激を加えている。

「イく・・・もう出る・・・。」

俺はメグミちゃんの手の中に、精液を射精した。


「タクヤさんの精液、たっぷり出たわ・・・。」

メグミちゃんは手のひらを俺にみせて、どろりとした精液を確認させた。


そのまま、俺の精液をぺろりと舌で舐めて、

「おいしい・・・とっても濃いのね。」

とうっとりしていた。


すっかりメグミちゃんの手コキのとりこになった俺は、手コキバーにしょっちゅう行ったが、すっかり売れっ子になってしまったメグミちゃんに手コキしてもらうのには、2時間以上待たなくてはならなかった。

ローションプレイで初イキする彼女

セックスのときに、いつも痛がる私を気づかって、シンヤがローションを買ってきてくれた。

ちょっとピンク色がついたどろりとしたローションは、フルーツみたいないい香りがする。


感じてないわけじゃないのに、愛液があんまりでない私は、セックスを気持ちいいって思ったことがなかった。

だって、痛いんだもん。


シンヤが私を裸にして、おっぱいにローションをたらした。

ローションでぬるぬるになった乳首を指できゅっとつまむ。


ローションが指を滑らせて、ちゅるんと乳首が逃げる。

乳首をいじられて感じたことなんてなかったのに、すごく気持ちいい。


ローションをひろげるようにおっぱいをもまれて、乳首をしゃぶられた。

「あうんっ!」


やだ・・・ヘンな声でちゃった。

思わず、口を押さえたけど、シンヤの手でどけられてしまう。


「ユイアのあえぎ声、やっときけたんだから、もっときかせてよ。」

シンヤがとっても嬉しそうで、逆らえなかった。


今まで、「声出して。」って男の人にいわれても、どうやって出すのかわかんなかったのに。

今日は声を抑えるほうが難しいみたい。


シンヤの舌がぺろぺろと高速で乳首を舐めていて、私は首を左右に振りながら、「あんあん」っていってた。

「ローションだけでこんなに乱れてくれるなら、もっと早く買うんだった。」


シンヤは顔を上気させながら、私の足の間に移動した。

パンティを脱がされて、足を広げられて、おまんこにローションをたっぷりたらされる。


「いつもより濡れてるけど、念のため、な。」

おまんこはローションでぐちゅぐちゅになった。


シンヤの指がおまんこの中にすんなりと呑みこまれていく。

「痛くないか?」

「全然、痛くないよ・・・。」


いつもだったら、膣壁がひりひりする感じなのに、するんと入っちゃった。

そのまま指を出し入れされても、全然平気。


ていうか、気持ちがいい・・・。

「クリトリスはどう?」


ローションでぬるついているクリトリスは指でなでられるだけで、すごく気持ちいい。

「やだっ!なんかイっちゃいそう!」


私、オナニーでクリトリスをいじるとイけたけど、セックスでイったこと、なかった。

「イった?」ってきかれると、「うん。」ってこたえていたけどね。


「指がすっごいしめつけられるよ!」

おまんこがひくついてるのが自分でもわかる。


オナニーでイくときより、ずっと強い快感で下半身がじんわりとしびれた。

はあはあと荒い息を吐きながら、シンヤの顔をみると、すごく興奮して私に抱きついてきた。


「指、おまんこに喰いちぎられそうだった。ね、もうちんぽ入れてもいいかな。」

「いいよ。」


私はイった後の快感に浸りながら、頷いた。

シンヤはいつもと違うコンドームをつけていた。


やたらおしゃれなパッケージで、コンドームが透明だから、ちんぽの肌色がすけてみえる。

「このコンドーム、ナマみたいに気持ちいいんだって。」


わくわくした様子で、シンヤが私の膣口に亀頭をあてる。

「いくよ。」


ゆっくりと挿入されたけど、全然、痛くなかった。

ゴムの突っ張る感じもないし、ホントにナマでしてるみたい。


「ユイアのおまんこのあったかさが伝わってくるよ。ヤバイくらい気持ちいい。」

シンヤはうっとりとした表情で、腰を振り出した。


一度、イってしまったせいか、私もすごく気持ちがいい。

ちょっとくらい乱暴に突かれても、奥まで入れられても、とてもイイ・・・。


「ローション使って、コンドーム変えるだけで、こんなに気持ちいいなんて・・・。」

シンヤがため息まじりにつぶやいているけど、私もホントそう思う。


今までなら、痛くて絶対できなかったバックで、犬のように激しくヤりながら、私は膣ではじめてイくことができた。

おまんこをちんぽで責められながら、クリトリスを指でいじられると、すごくイイ。


「ああ、全然、おさまんないよ。」

シンヤは一度射精して、コンドームを新しいのに取り替えて、もう一回挿入した。


今度は座位で、まったりと出し入れしながら、抱き合って、ディープキス。

ずんっずんって突き上げられるのが子宮に響く感じ。


私をこんなに気持ちよくしてくれるシンヤのことが、すっごく好きになった。

押し倒されて、正常位で足を大きく開かれる。


結合部を丸見えにされて、じゅぽじゅぽと激しく奥を突かれて、私はまたイきそうになってきた。

「自分でクリトリス、いじってごらん。」


ちんぽをおまんこに出し入れされながら、オナニーしてるみたい。

私がおまんこをしめつけると、シンヤもイきそうになってきて、

「イくぞ・・・。」

ちんぽの動きがすごく早くなって、私もイきそう・・・。


「イくぅっ!」

シンヤが私の体に覆いかぶさってきて、マラソンの後みたいに、はあはあいってる。


はじめて、「一緒にイく」っていうのができて、私は嬉しくなった。

二回もイかせてもらえたし。


私の体はなんだかスッキリとして、軽くなった。

シンヤはすっかりローションにハマってしまって、いろんな種類のローションを買ってくるようになった。


あったかくなるローションとか、冷たくなるローションとか。

ローションの効果もすごいと思うけど、コンドームを変えたのも大きいと思うんだよね。


セックスって小道具的なものでこんなに変わるんだなあ。

私は今度、こっそりバイブを買ってみたいと思っている。


だって、もうクリトリスを指でいじるだけのオナニーじゃ、満足できないんだもん。


出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>