エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

ロリ



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

処女のロリ美少女と生ハメ

出会い系で出会ったカズミは、ゴスロリファッションが大好きな女の子だった。

ゴスロリファッションに身を包んだカズミは、まるで動く人形みたいで、かわいいけど、あんまりセックスの対象って感じはしない。


俺は妹の遊びに付き合ってやる感覚で、カズミとお子様デートを繰り返していた。

無表情で人みしりな感じのカズミがたまに笑顔をみせたりすると、妙に嬉しくて野生動物を手懐けたような達成感があったし。


ドライブの後、いつもようにカズミのうちまで送ろうとしたら、

「どうして、ナオジは私になにもしないの?」


とカズミがつぶやいた。

「なにかしてほしいの?」


ってきくと、

「うん。」


真剣な表情で答える。

俺は車をとめて、カズミの手をにぎった。


冷たくて、小さなカズミの手はちょっと震えていて、カズミの緊張を伝えてくる。

ぐいっとカズミの体を引き寄せて、唇を重ねるだけのキスをした。


ふんわりといい香りが俺をうっとりとさせて、初恋のときめきみたいなものを思い出した。

「ラブホテルに行く?」


ラブホテルに着くまで、なんかヘンに緊張した。

シャワーを浴びて、バスローブを着たカズミは、かわいらしい少女のようで、恥ずかしそうにしているのがなんともたまらなかった。


もじもじしているカズミの手を強引にひいて、ベットに押し倒して、覆いかぶさる。

痕がつかない程度に首筋に強めのキスをして、鎖骨を舌でなぞった。


「これ、脱がすぞ。」

バスローブに手をかけて、一気に開く。


ぎゅっと目を閉じて恥ずかしそうにしているカズミは、緊張で体をこわばらせているが全く抵抗しない。

バスローブで隠されていた透き通るように白くて、きれいなカズミの裸体が俺の目の前に現れた。


人形のように均整のとれた幼さの残る肢体は、きゃしゃな感じで力をいれると折れてしまいそうだ。

ちんまりとした微乳の上の桜色の乳首が、白い肌に映えている。


思った以上に細いウエストの下のおまんこには、毛が生えていないため、子供のようにもみえる。

自分で陰毛を剃ってパイパンにしてるわけでもないようなので、体質的に陰毛が生えないのだろう。


「なあ、今まで誰かとセックスしたことある?」

すべすべの肌の感触を愉しむように、体をなでまわしながらきくと、カズミはびくびくと体を震わせながら、


「ないよ・・・。処女とするなんて重くてイヤ?」

「イヤじゃないけど、処女だとたぶん、かなり痛いぞ。」


俺は軽く乳首をつまみながら、カズミの表情を観察した。

オナニーもしてなさそうだから、カズミの体は完全に未開発の状態だ。


おっぱいは乳首も含めて、愛撫してもほとんど反応がない。

乳首をしゃぶってみても、くすぐったがるばかりで、あまり効果がなかった。


カズミの足元に座って、おまんこをじっくりとほぐすことにする。

足を大きく開かせて、むき出しにしたおまんこはまだあまり濡れていない。


唇でついばむように、小陰唇や膣口を刺激して、舌で全体を舐めまわした。

「気持ちいい?くすぐったい?」


「なんか・・・ヘンな感じ・・・。」

カズミの反応は舌がクリトリスに触れた瞬間に、変わった。


「あ・・・そこ・・・気持ちいい・・・かも・・・。」

れろれろと舌で舐めて十分に濡らしてから、指でやさしくクリトリスをこすると、カズミのあえぎ声はだんだん大きくなってきた。


「あんっ・・・イイ・・・なんか・・・きちゃう・・・。」

カズミは体を仰け反らせて、イったようだ。


はあはあと荒い息をしているカズミが力を抜いている間に、自分でしゃぶってよだれをたっぷりつけた人差し指をカズミのおまんこにゆっくりと挿入した。

狭い・・・指一本入れるのも、かなりキツい。


指先に抵抗感があったので、これが処女膜ってやつだろう。

指で破るのはもったいない気もするが、いきなりちんぽを挿入したら、痛すぎてセックス恐怖症になりかねない。


ぐっと指先に力をこめて、おまんこの奥まで指を押し込んだ。

じっくり指でおまんこを拡げて、なんとか指を三本入れられるようになったところで、クリトリスを舌で舐めた。


膣壁が指をきゅうきゅうとしめつけて、かなり感じているのが伝わってくる。

「さっきより、すごく気持ちいいよ・・・。」


おまんこから指を抜くと、赤い血がついていた。

亀頭を膣口にあてがうと、じわじわとおまんこに挿入する。


「や、やっぱり、イヤ・・・今日はやめよう?」

亀頭がおまんこに入った状態で、いまさらやめられるわけがない。


「・・・悪い。もうムリ。」

さらに、ぐぐっとちんぽを奥に入れると、カズミが悲鳴をあげた。


「やだ・・・痛いよ・・・大き過ぎ・・・ムリだってば・・・。」

後ろに後ずさろうとするカズミのウエストを押さえ込んで、強引にちんぽを入れ続ける。


陵辱するつもりなんてなかったのに、結果的に、陵辱になってしまった。

俺はおまんこにちんぽを入れかけてからやめられるほど、理性が強くない。


ぐすぐすと泣き声をあげているカズミに、罪悪感を感じたものの、逆に、激しく興奮してしまった。

「痛い・・・おまんこ裂けちゃうよ・・・。」


カズミの頬を涙が伝っていく。

ちんぽを根元まで入れた俺は、舌でカズミの涙を舐めとった。


「ごめん・・・男は途中でやめられないんだよ。」

このまま陵辱で終わってしまっては、後味が悪いので、俺はちんぽを動かしたいのを必死でこらえた。


激しく動かしたい気持ちを我慢して、ゆっくりゆっくりちんぽを動かしたが、カズミは痛がるばかりで、ちっとも気持ちよくならなかった。

あきらめておまんこからちんぽを抜き、手でしごいて、ティッシュに射精すると、俺は血を流しているカズミのおまんこを眺めた。


もっと急がずに日にちをかけてカズミの体を開発していれば、陵辱まがいの初体験をさせずにすんだのかもしれない。

その日でカズミとの関係は終わってしまった。


俺は処女とのセックスはもうイヤだと思った。

出会い系で出会った童顔ロリのユナとコスプレでハメ撮り

出会い系で出会ったユナは、ヤバいくらいの童顔だった。

ロリコンじゃない俺としては、ロリ娘って感じのユナはそんなに好みではなかったんだけど、かわいい顔だし、巨乳だし、で、友達以上恋人未満な関係を続けていた。


ま、俺的にはセフレの一人っていう認識だったけど。

ユナは女優志望らしく、コスプレが好きで、いろんなコスプレをしたがった。


ナース服、セーラー服、チャイナドレス、メイド服、浴衣・・・どんなコスプレをしても、元がイイからかわいい。

ただ、女優ってよりは、グラビアユナドルとかAV女優の方がまだ現実味があるようなルックスなんだよなぁ・・・。


最近では、自分のブログを更新するのにハマっているらしく、コスプレした自分の画像をデジカメで撮ってくれと頼んでくる。

俺もキライじゃないので、カメラマン気取りで、コスプレしたユナにセクシーなポーズを撮らせては悦に入っていた。


女優を目指してますっていうブログだから、さすがにエロがメインの画像は載せられない。

でも、アクセスを集めるためには、男の下半身にズキュン!とくるような画像の方がいいに決まっている。


メイド服姿でよつんばいになって、雑巾がけをしているポーズを前後から撮るとか、ナース服で太ももをちらりとみせているポーズとか、いろいろ研究してみた。

ユナは巨乳だし、ロリ娘だから、ウケることはウケるんだけど、どーもなんだか物足りない。


なんとなく、ありがちって感じになってしまうのだ。

かといって、露骨な露出のエロい画像だと、ユナがイヤがるし。


俺はいかに露出をしないで、エロく見せるかに凝り始めた。

おっぱいやおまんこをむき出しにしている画像や動画なら、ネットにはいくらでも落ちている。


乳首やおまんこを隠しているうちは、みたいみたい!といわれるが、一度みせると満足して飽きられてしまうのが男の性ってもんだ。

コスプレ衣装の下には、ブラジャーもパンティもつけさせないで、時には、バイブやローターをつけることで、俺はユナの表情にエロさを出そうとした。


ブラジャーをつけないと、乳首が勃起したときに、目立ちやすくなる。

コスプレ衣装にこすれた乳首が敏感になるというオマケもある。


パンティをつけないと、パンチラしそうなポーズのときに、より羞恥心をあおることができる。

スカートに隠れたおまんこに、ローターやバイブでこっそり刺激を加えることで、ユナの瞳が色っぽく潤み、頬が上気し、誘うような表情になるのだ。


それがだんだんエスカレートしてきて、コスプレの撮影のついでに、ハメ撮りもさせてもらっている。

もちろん、ハメ撮りの画像は俺とユナ以外にはみせない。


ハメ撮りの画像は俺の個人的なコレクションになり、オナニーのおかずとして重宝していたりする。

セーラー服姿で、机に手をついて、バックでおまんこにちんぽを咥えこんでいるハメ撮り画像やスクール水着でオナニーしている画像が俺のお気に入りだ。


ユナは学生で十分通るルックスなので、学生服やブルマ、体操着、スクール水着のコスプレが超ハマる。

実在のお嬢様学校の制服のコスプレよりも、アニメや漫画の制服のコスプレの方がウケがいいあたり、ユナの適性は女優ではなく、オタク向けユナドルあたりのような気がするんだけど・・・。


今日も俺は、ユナとのコスプレハメ撮りを愉しむ。

人気アニメに出てくる学生服をコスプレしてることがわかる程度に脱がせて、まずは乳首が出ない程度におっぱいを露出させる。


ブラジャーなしの生乳を直によーく揉み揉みして、乳首を軽くしごいて勃起させたところで、ちょっと上気したものほしそうな表情のユナの姿態を撮る。

学生服がまくれあがって、おっぱいの下乳は見えているが、乳首はみえていない。


スカートをめくると、パンティをはいていないおまんこはもう愛液でぬるぬるになっていて、ちょっとワレメを指でなぞるだけで、つるんと奥まで呑みこんでしまいそうになる。

人差し指と親指で軽くクリトリスをいじって、つぷっとおまんこに人差し指の先っちょを入れて、上下に動かす。


にゅくにゅくっといやらしい音がして、ユナが眉を切なそうにしかめた。

その表情を含めた上半身だけ撮って、おまんこへの愛撫をもっと激しくする。


指を根元までおまんこに入れて、膣壁が指に喰らいついてくる感触を愉しむように上下左右にゆすぶった。

じわじわと指をおまんこから引き抜いて、第一関節だけおまんこの中に残して、ぐるぐると回す。


「もう・・・ダメぇ・・・早くおまんこにおちんぽ・・・ほしいよぉ・・・。」

感じやすいユナは、すぐに悲鳴をあげる。


でも、まだまだこれからだ。

俺はすでにとろとろになっているユナのおまんこに、バイブを挿入した。


スカートでおまんこがみえないようにして、バイブのスイッチを入れる。

「ああんっ!やだ!バイブいやだよぉ・・・!」


ユナはバイブでムリヤリにイかされてしまうのが、イヤらしい。

目に涙を浮かべて、頬を紅潮させている。


ユナの表情はセックスのときの感じてる顔っていうのがバレバレで、おまんこがみえていなくても、バイブかローターかちんぽで、激しく愛撫されているっていうのがわかってしまう。

「お願い・・・サトルのちんぽ、入れてぇ・・・。」


ユナの淫らな姿態といやらしいおねだりに、俺も我慢ができなくなって、バイブを抜いて、ちんぽを挿入した。

ユナのおまんこが気持ちよすぎて、ハメ撮りするのを忘れてしまいそうになる。


ちんぽを動かしては、デジカメのシャッターを押し、またちんぽでおまんこの奥を突く。

じれったい抽送にユナは、自分から腰を振り出す。


ユナの腰の動きに合わせて、ずんずんっとおまんこの奥を突いてやると、ユナは膣壁をびくびくと震わせてイってしまった。

「イくときは、ちゃんといえよ?」


無言で絶頂の快楽に耐えているユナのクリトリスを指でいじりながら、おまんこをちんぽでこすり続けると、強すぎる快感にユナは涙を流す。

「やぁん・・・それ・・・やだぁ・・・ごめんなさい・・・。」


ユナのエロい表情を撮ってから、俺は一気にスパートをかけて、ちんぽを動かした。

「あっ・・・やだ・・・ああっ・・・すごい・・・イくぅ・・・。」


ユナがあげるあえぎ声を遠くに聞きながら、俺は頭の中が真っ白になるほどの快感と共に、射精した。

ちんぽが白い精液を吐き出すたびに、腰にしびれるような快感が走る。


ハメ撮りは何度やっても興奮する。

しかも、毎回、オナニーのおかずになる画像がたんまり手に入る。


おかげで、最近の俺はズリネタに困らない。




出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画