エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

メガネ



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

メガネ美女と生ハメ

メガネフェチの俺は、メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう。

スレンダーで知的なメガネ美人のお姉さんといつかメガネをかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。


俺のその夢は、出会い系で叶えることができた。

バリバリのキャリアウーマンだというさゆりは、仕事が忙しくて彼氏を作る余裕がなく、性欲処理のために、セフレを探していたらしい。


ニュースキャスターのような知的な美人で、フレームレスのメガネが似合う夢に描いたような理想のお姉さんだった。

さゆりの仕事は忙しいので、会う約束をドタキャンされることもしょっちゅうだ。


かと思えば、平日の夜に急に呼び出されることもある。

でも、さゆりとセフレでいられるだけで、俺はしあわせだった。


セミロングの髪をかっちりとまとめ、スーツに身を包み、メガネをかけているさゆりをみるだけで、俺のちんぽはすぐにかちかちに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまう。

さゆりは俺をじらすように、一枚一枚ていねいに服を脱ぎ、ハンガーにかけていく。


俺が一番、萌えてしまうのは、シャツのボタンを全てはずしてブラジャーに包まれた美乳をちらつかせ、シャツのすそから小さなパンティとガーターベルトで吊られたストッキングに覆われたすらりとした脚が見えている状態だ。

三回に一回は我慢できずに抱きついて、さゆりに叱られている。


さゆりの休みの前日に会えたときは、たいてい朝までハメまくりだ。

あんまり何度も射精するから、最後の方はほとんど精液がでなくなってしまう。


今日も朝までハメまくりコースだから、ずっとオナニーをこらえていた。

実際にラブホテルで二人きりになるまでは、ドタキャンされないかとヒヤヒヤものだ。


さゆりがジャケットをハンガーにかけ、タイトスカートを脱いでいるのを俺は服を脱ぎながら、じっとみつめる。

さゆりのストリップは何度みても飽きない。


今日のパンティは光沢のある赤で、さゆりの白い肌と黒いストッキングに映えている。

ガーターベルトって、なんでこんなにいやらしいんだろう。


まるで、ストッキングをはいたままヤるために作られたような下着だ。

さゆりがシャツのボタンをはずしていき、赤いブラジャーと美乳がみえはじめる。


とっくに全裸になり、ちんぽを勃起させていた俺はさゆりに飛びついた。

「あんっ!もうよしおはせっかちなんだから。」


おっぱいをもみながら、キスをせがむと、さゆりは苦笑しながら、応じてくれる。

にゅるにゅるといやらしいキスをしているだけで、俺のちんぽはどんどん充血していく。


「んふ・・・うン・・・はぁ・・・今日もよしおのちんぽ、元気に勃ってるわね。」

メガネをかけたさゆりの表情がちょっと上気していて、たまらなく色っぽい。


俺はブラジャーをズラして、まずは美乳にごあいさつした。

ふわふわのマシュマロみたいな感触の美乳はさわっているだけで、俺を癒してくれる。


濃いピンクの乳首にキスして、もう片方の乳首を指でやさしくさわる。

「ん・・・ねえ、早くほしいの。」


さゆりは待ちきれなくなったのか、自分でパンティを脱いだ。

さゆりの足元に座って、立ったままのさゆりのおまんこをクンニする。


ワレメを舐めながら、さゆりの顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。

「おまんこ、すごく濡れてる・・・。」


「よしおに会うときは、いつも朝からおまんこが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだから。」

「そんなこといったら、もう我慢できないよ。」


俺はさゆりがトイレでオナっているのを妄想して、鼻血を噴きそうになってしまった。

「もうクンニはいいから、よしおのちんぽ入れて。」


さゆりは壁に手をつき、つるりとしたおしりを俺に向けた。

俺はすぐに立ち上がり、先走りでぬるぬるの亀頭でワレメをなでる。


「いじわるぅ!早く入れてぇ!」

俺を振り返っておねだりするさゆりの顔がかわいくて、俺は一気にちんぽを奥まで挿入した。


「ああんっ!」

さゆりが体をのけぞらせて、嬌声をあげる。


メガネをしている顔がみえない立ちバックはあまり好きではないが、とりあえず、さゆりのウエストを
つかんで、ぱんぱんと腰を打ち付ける。

「これぇ・・・硬くて太いよしおのちんぽがほしかったの・・・。」


俺がずんっと突くたびに、さゆりはあえぎ声をあげながら、体を震わせる。

さゆりの息が荒くなってきたところで、俺は一度おまんこからちんぽを抜いた。


「やだぁ!なんで抜いちゃうの?」

感じすぎて真っ赤になった顔で、不満そうに俺を振り返るさゆりの顔がみたいからだ。


そのままさゆりをベットに連れて行き、今度は正常位で再挿入する。

「はぁぁぁんっ!」


さゆりが悦びの声を上げながら俺にしがみついてくる。

「イイっ!よしおのちんぽ、すごくイイよ!」


ストッキングをはいたままの脚を持ち上げて、俺の肩の上にのせ、おまんこの奥を突いてやると、さゆりはすぐにイきそうになる。

「おまんこの奥を突かれながら、クリトリスをさわられるの、大好きだよね。」


俺は指でクリトリスをいじりながら、勃起した乳首を軽く噛んだ。

「やっ!イく!イっちゃう!」


さゆりのおまんこがぎゅうっとしまる。

メガネの下の目がうっすらと涙を浮かべる。


一度さゆりがイったところで、俺は脚の角度を変えながら、何度も何度もちんぽでおまんこをこすり続ける。

射精感をこらえながら、俺はさゆりの恍惚としたイキ顔を目に焼き付けた。

OLメガネ美人と3P

金曜の夜、車で友達の家に向かっていた俺は、OL風の美人が一人で歩いているのを発見した。

とりあえず、ナンパしてみる。


「お姉さん、俺と遊ばない?」

OL風のメガネ美人は、俺の顔と車をみると、興味を示した。


イケメンの上に、高級車に乗ってる俺のナンパ成功率は80%くらいだ。

助手席に乗った美玲ちゃんと一緒に、友達の家に着いた。


「おお、智也!今日は美人連れだな。」

達也は美玲ちゃんの全身を舐めるようにみながら、俺たちを歓迎してくれた。


達也はデブでブサイクだが、いろいろと使えるヤツだ。

美玲ちゃんは自分を視姦している達也を睨むと、俺の腕に手をかけた。


俺と二人っきりになれるどこか違うところに行きたいのだろうが、今日の俺は3Pしたい気分なので、美玲ちゃんが口を開く前に、抱きしめてディープキスした。

達也の前でのキスがいやなのか、美玲ちゃんはちょっと抵抗したが、舌で口内を舐めまくっているうちにおとなしくなり、体から力が抜ける。


脱力した美玲ちゃんを抱きかかえて、達也のベットに寝かせた。

俺が美玲ちゃんの両手を押さえつけてキスしているうちに、達也が美玲ちゃんの服を脱がせていく。


「ちょうどイイモノがあったんだよー。」

達也は嬉しそうにいいながら、美玲ちゃんの乳首とおまんこに薄いピンクのジェルを塗った。


「んんっ!」

すぐに美玲ちゃんが甘い声をあげる。


「即効性で強力な誘淫剤入りのジェル・・・もうヤりたくてたまんないはずだよ。」

美玲ちゃんは顔を上気させて、目を潤ませ、両足をこすり合わせるようにもじもじしている。


「美玲ちゃんちゃん、かわいくおねだりできたら、気持ちよくしてあげるよ。」

達也が服を脱ぎながら、美玲ちゃんに声をかけた。


「誰が・・・アンタになんか・・・。」

「俺、気が強い女が堕ちてくのって、大好きなんだよねー。」

達也は美玲ちゃんの両手に手枷をつけて、ベットの上の柵に固定した。


「智也、おまんこ、ちょっとだけ指でさわってみて。」

美玲ちゃんのおまんこのワレメを指でつうっとさわってみると、美玲ちゃんが嬌声をあげて体をのけぞらせた。


「ああんっ!」

「すっげえ濡れてる・・・。」

ベットまで濡らす勢いで、美玲ちゃんのおまんこからは愛液がたれている。


「もうさあ、我慢できないくらい体がうずいてるだろ?」

達也は美玲ちゃんの表情を観察しながら、両手できつく美玲ちゃんの乳首をつまんだ。


「あぅん!」

美玲ちゃんはもう自分で脚を開いて、おまんこを丸見えにしている。


「今、おねだりできないと、このまま、ずっと放置するよ?」

冷たい声で達也がいうと、美玲ちゃんは恐怖の表情を浮かべて、


「お願いします・・・私を気持ちよくしてください・・・。」

達也はにやにやしながら、俺にバイブとローターを渡した。


バイブをおまんこに入れると、スムーズに奥まで呑みこまれていく。

「ああっ・・・はあっ・・・うう・・・。」

「気持ちいいだろう?おまんこがどうなってるか、いってごらん。」


達也は美玲ちゃんの髪をやさしくなでながら、片手で乳首をこねている。

「はんっ!おまんこに太いバイブが入ってきて、おまんこの中がひくひくしてます・・・。」

俺はバイブのスイッチを入れた。


「ひぃんっ!バイブが・・・おまんこの中で振動しながら、うねってますぅっ!」

バイブをゆっくりと出し入れすると、美玲ちゃんのあえぎは悲鳴のようになった。

「ああっ!バイブがぐちゅぐちゅって、おまんこをかきまわしていて・・・イイですっ・・・もっと・・・もっとぉ・・・。」

バイブを奥につっこんだところで、俺はバイブを動かすのをやめた。


「もっと気持ちよくなりたかったら、俺のちんぽをしゃぶりなさい。」

達也のちんぽはここからでもわかるくらい臭いニオイを発している。


美玲ちゃんは従順に口をあけて、達也のちんぽをしゃぶった。

「イイコだ。もっと舌を使って・・・そうそう・・・。」


俺は美玲ちゃんのクリトリスにローターをあてて刺激しながら、アナルにもジェルを塗った。

ひくひくとアナルが収縮して、俺の指を誘い込む。


アナルの中に小さなローターを埋め込んで、スイッチを入れた。


美玲ちゃんは体を震わせて、

「イく・・・イっちゃいますっ!」

と叫んだ。


「断りなくイくなんていけないコだね。おしおきしなくちゃ。」

達也は美玲ちゃんのアナルからローターを抜くと、慣らしもしないで、美玲ちゃんのアナルにちんぽを挿入した。


「ぎひぃぃぃっ!」

口からよだれをたらして、美玲ちゃんが悲鳴をあげる。


「ああ、アナルが切れちゃったね。でも、気持ちいいんだろ?」

淫らな美玲ちゃんの表情に、俺もヤりたくなり、美玲ちゃんのおまんこにちんぽを挿入した。


3Pならでは、ニ穴プレイだ。


「おまんことアナルにちんぽ咥えられて、嬉しいだろう?」

「嬉しい・・・です・・・ああっ・・・あぅんっ!」


美玲ちゃんは後ろから達也にアナルを犯され、俺にしがみつきながら、あえぎ続ける。


「おまんこ、すごいしまるな・・・。」

「アナルもバージンらしくて、キツキツだ。」


俺達もだんだん、射精したくなってきた。

「アナルとおまんこに中出しされたい?それとも、おしりとおまんこにぶっかけてやろうか?」


達也が美玲ちゃんの耳元でささやくと、美玲ちゃんはうっとりとした表情で、

「中出ししてください・・・美玲ちゃんのおまんことアナルに濃い精液たくさんちょうだい・・・。」


美玲ちゃんの望みどおり、俺と達也はおまんことアナルに思いっきり中出しした。

美玲ちゃんはびくんびくんと痙攣しながら、失神した。


3Pはまだまだはじまったばかりだ。

俺はさらに腰を振り続けた。



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画