エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

プレイ



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

寸止め焦らしレズプレイ

よく行くサロンのセラピストに、レズっぽい感情を抱いてしまうようになったのは、彼氏いない暦が長くなりすぎたからかもしれない。

ボーイッシュでさわやかなヒトミさんの手でマッサージされると、エッチな気持ちになってしまって、あえぎそうになるのを必死でこらえる。


おっぱいの近くや足の付け根をすべらせるようにマッサージされるたびに、おまんこから愛液があふれてしまうのがわかる。

オイルマッサージだから、カーテンで仕切られた狭い空間にヒトミさんと二人きりだ。


私はパンティ一枚で、ベットに横たわっている。

カーテンごしに他の人の話し声や気配がするのも、私をひどく興奮させた。


股関節をストレッチするために、脚をかかえられて、ぐるぐると大きく回されるたびに、私のおまんこはくちゅっぬちゅって音を立てていて、ヒトミさんに気づかれるんじゃないかとどきどきしていた。

「今日は乳がん予防のためのマッサージもしますか?」


ヒトミさんがにこにこしながらきいてくるので、何の疑問ももたずに、
「お願いします。」
と答えてしまった。

オイルをたっぷりとつけた手が私のおっぱいをちょっと強くもみこむ。


たまに、手のひらや指が乳首をかすめると、あえぎ声がもれてしまいそうだ。

「特にしこりはないみたいですね。」


おっぱいをもみながら、ヒトミさんが冷静な口調でいうけど、返事できる余裕はない。

今までセックスした男がおっぱいを愛撫したときにも、こんなに感じたことなかったのに。


「マイさん、すごく敏感ですよね。ちょっとレズっぽい気持ちになったりして。」

ヒトミさんは照れたように笑いながら、冗談めかして私の耳元にささやいた。


ああ、このまま、レズプレイできたら、どんなに気持ちいいんだろう。

私はほうっとため息をついた。


「次は、おなかに移りますね。」

おなかをやさしくヒトミさんの手がなでている。


おっぱいをもまれて火がついた私の体は、おなかをさわられても、感じてしまう。

「だ、大丈夫ですか?顔が真っ赤ですよ。」


あえぎ声をこらえすぎて、真っ赤になった私の顔をみて、ヒトミさんが手を止める。

「大丈夫・・・平気だから。」


ヒトミさんの手で、太もも、すね、足の指の一本一本まで、ていねいにマッサージされて、私のおまんこはすっかりびちゃびちゃになった。

・・・私は夢心地で、少し眠ってしまったみたい。


気がついたら、ヒトミさんの顔が私をのぞきこんでいた。

「お疲れだったんですね。」


バスタオルがかけられた体を起こすと、壁にかかった時計が20時になっていた。

「ごめんなさい!私ったら・・・。」


夕方までしか営業していないこのサロンは、とっくに閉店時間を過ぎていた。

「いいんですよ。マイさん、気持ちよさそうに眠ってたし。私、ヒマ人ですから。」


サロンの中は静まりかえっていて、私とヒトミさんの二人きりだった。

「失礼なことを伺いますけど、マイさんって、レズじゃないですよね?」


ヒトミさんはためらいがちに、私にきいてきた。

「レズじゃないんですけど、なんかヒトミさんにさわられると気持ちよくて・・・。エッチな気分になっちゃうんです。」


「それはたぶん、私がわざとエッチなさわりかたしてるから、かな?」

ヒトミさんはいたずらっぽく微笑むと、私にキスした。


驚いたけど、全然イヤじゃなくて、私はヒトミさんの舌に自分の舌を絡めた。

「いつも色っぽい表情するから、理性が飛んじゃいそうだった。」


ちゅっちゅっとキスをしながら、ヒトミさんが甘くささやく。

バスタオルが落ちて、むき出しになったおっぱいをやさしく強く愛撫される。


きゅっと乳首をつままれて、私はくぐもったあえぎ声をあげた。

「マイさん、ホントに感度バツグン・・・。」


よだれがたっぷりあふれた口の中に乳首をしゃぶられて、私はヒトミさんの頭を抑えながら、あえぎ続けた。

「やんっ!ああっ!ふぅん・・・。」


「おっぱいはいつもみているけど、おまんこははじめてだよね。」

ヒトミさんの手が私のはいていたパンティのおまんこの上の部分をやぶいた。


オイルマッサージ施術用の紙でできたパンティだから、すぐにやぶけて、おまんこが丸見えになってしまう。

「ふふ。すごくいやらしい光景だよ。マイさんのおまんこ、濡れてひくついてる。」


ヒトミさんの指がワレメを上下になぞる。

愛液を拡げるように、クリトリスまでこすられて、私はイってしまいそうになった。


「こんなんでイったら、ダメだよ?」

ヒトミさんがぴたりと指を止めてしまう。


つぷっと膣内に指を入れられて、ゆっくりと出し入れされる。

細い指が物足りないと感じた瞬間、指が二本に増やされた。


「おまんこの中、ひくひくしてるよ。」

ヒトミさんの指先がくにくにと私のおまんこのいいところを突く。


私は体がびくんびくんとはねてしまうのをおさえられない。

もうちょっとでイきそうになると、ヒトミさんの愛撫は止まってしまうので、私は泣きそうになってきた。


「お願い!もうイかせて!おかしくなっちゃう・・・。」

「私のものになるなら、たっぷりとイかせてあげるよ?」


ヒトミさんは妖艶に微笑みながら、真剣な口調でいった。

「なる!なるからぁ・・・イかせて・・・。」


私のおまんこの中の指が激しく動いて、クリトリスを強く吸われた。

しびれるような快感が長く続いて、私はぐったりと脱力した。


レズのセックスが気持ちよすぎて、もう普通のセックスができそうにない。

私はヒトミさんとディープキスをしながら、自分が完全にレズになってしまったことを知った。

赤ちゃんプレイ

コウジが変態だってわかったのは、結婚してしばらくたってからだった。

お笑い芸人が赤ちゃんパブに行くっていう話をテレビでみて、
「俺もそういうの好きかも。」
ってぼそっとつぶやいたのだ。


赤ちゃんになりきって、赤ちゃん言葉でしゃべりながら、受身でいろいろされたいらしい。

自分の夫が変態だと知ったときの私のショックは、とても言葉では表現できない。


変態にもいろいろあると思うのに、よりによって幼児プレイ?

いや、赤ちゃんに限定されてるんだから、赤ちゃんプレイか・・・。


赤ちゃんパブに行きたいというコウジを止めるために、私がコウジの変態プレイに付き合うことにした。

どうせやるなら、徹底的にが私のモットーだ。


介護用の大人用オムツを買ってきて、哺乳瓶と牛乳も用意した。

やってみたら、あんまり楽しくなかったとコウジが思ってくれるといいんだけど。


コウジが服を脱いでベットに横たわったところで、おしりにオムツをあてがう。

オムツをするなんて、恥ずかしいとは思わないんだろうか。


なんだか嬉しそうにしているコウジをみて、本当に変態だったんだなあと実感した。

「コウジちゃん、おっぱい飲みましょうねー。」


残念ながら、子供のいない私のおっぱいは母乳が出せないので、人肌に温めた牛乳の入った哺乳瓶をコウジに咥えさせた。

ちゅーちゅーと哺乳瓶を吸っているコウジはうっとりと目を閉じて、とってもしあわせそうだ。


こんなにしあわせそうな顔するなら、コウジの変態に付き合うのも悪くないかな、と思った。

牛乳を飲み干したところで、うつ伏せにして、背中をとんとんと叩いて、げっぷさせた。


あとはどうしていいかわかんなくて、とりあえず、寝かしつけることにした。

毛布をかけて、横に添い寝する。


コウジがこのまま寝てくれたら、今日の変態プレイはこれでおしまいかなって思ったのに、そんなに甘くなかった。

「ママー、おしっこちた。」


赤ちゃんがしゃべるのはアリなんだろうか。

ていうか、おしっこした?


私はあわてて、コウジのオムツを確認した。

オムツの中には、おしっこがたっぷりと吸収されていた。


にもかかわらず、コウジのちんぽはびんびんに勃起している。

興奮するツボがわからないけど、とにかく、オムツを片付けなくちゃ。


ぐっしょりと重くなったオムツをビニール袋で厳重に包んで、私はコウジのところに戻った。

「ぺろぺろちて♪」

一瞬、本気で殺意が芽生えた。


おしっこしたばかりのそのちんぽをフェラチオしろと!?

「ねー、ぺろぺろ~!」


いやいや、自分の子供のちんぽをフェラチオするなんて、近親相姦だろ!

と心の中でツッコミを入れつつ、私はコウジのおしっこくさいちんぽをにぎった。


さっきティッシュで拭ったとはいえ、フェラチオする気にはなれない。

「手コキでいいでしょ。」


低い私の声に怒りを察知したらしく、コウジはうんうんと頷いた。

両手でしこしことコウジの勃起ちんぽをしごく。


長男でいつもしっかりしているといわれ続けたから、コウジは小さい頃に甘えられなかった分を取り戻したいのかもしれない。

赤ちゃんプレイで、子供の頃さみしかったコウジの心が癒されるのなら、変態でもいい・・・。


私はコウジのちんぽを口に含んだ。

おしっこの味がするちんぽに舌をはわせて、ゆっくりと手でしごく。


「ああっ・・・気持ちいい・・・。」

いつものフェラチオより上手なわけじゃないのに、コウジはものすごく気持ちよさそうにあえいでいる。


コウジのあえぎ声もはじめてきいた。

コウジが変態だって知ったときにはショックだったけど、こんなに気持ちよさそうにしているコウジがみれたのはよかった。


私は口内発射された精液をごっくんと飲み干しながら、私はこれで変態プレイが終わったものだと思っていた。

私が口からちんぽを出すと、はあはあいいながら、コウジがむくりと起き上がった。


「コウジ?満足してくれたんじゃないの?」

コウジは無言で、私をベットに押し倒した。


パジャマをまくりあげられて、ノーブラだったおっぱいをむき出しにされる。

おっぱいをもみながら、乳首をしゃぶっているコウジの様子は、愛撫をしているというよりも、授乳っていう感じで、私はげんなりした。


乳首をしゃぶったまま、舌でれろれろと舐められたり、ちゅうっとキツく吸われたりするのは、気持ちいいけどフクザツで、コウジが早くこの赤ちゃんプレイに満足してくれないかなって思っていた。

やっとおっぱいを吸うのが終わったと思ったら、今度はパンティを脱がされて、ひたすらクンニされる。


無言でのセックスというのが、かなりつらくて、私はあんまり感じられなかった。

ごそごそとコンドームを取り出して、自分のちんぽにつけると、コウジは何もいわずに、挿入しようとする。


「もう!何かいってよ!怒ってるの?」

私が泣いているのをみて、コウジは我にかえったらしい。


「えっ。・・・ごめん。ちょっと興奮しすぎてて、余裕がなかったんだよね。」

一応、反省してるみたいだけど、入れたくてたまらなかったらしく、

「入れてもいいかな?」

ときいてくる。


「そんなに勃起してたら、入れるしかないでしょ。」

ちんぽを挿入した後は、いつも通りのセックスだった。


コウジとの変態プレイは続けているけど、口内発射したら終了っていうふうにルールを決めた。

オムツの装着と後片付けも、介護の予行練習だと思って諦めている。

ローションプレイで初イキする彼女

セックスのときに、いつも痛がる私を気づかって、シンヤがローションを買ってきてくれた。

ちょっとピンク色がついたどろりとしたローションは、フルーツみたいないい香りがする。


感じてないわけじゃないのに、愛液があんまりでない私は、セックスを気持ちいいって思ったことがなかった。

だって、痛いんだもん。


シンヤが私を裸にして、おっぱいにローションをたらした。

ローションでぬるぬるになった乳首を指できゅっとつまむ。


ローションが指を滑らせて、ちゅるんと乳首が逃げる。

乳首をいじられて感じたことなんてなかったのに、すごく気持ちいい。


ローションをひろげるようにおっぱいをもまれて、乳首をしゃぶられた。

「あうんっ!」


やだ・・・ヘンな声でちゃった。

思わず、口を押さえたけど、シンヤの手でどけられてしまう。


「ユイアのあえぎ声、やっときけたんだから、もっときかせてよ。」

シンヤがとっても嬉しそうで、逆らえなかった。


今まで、「声出して。」って男の人にいわれても、どうやって出すのかわかんなかったのに。

今日は声を抑えるほうが難しいみたい。


シンヤの舌がぺろぺろと高速で乳首を舐めていて、私は首を左右に振りながら、「あんあん」っていってた。

「ローションだけでこんなに乱れてくれるなら、もっと早く買うんだった。」


シンヤは顔を上気させながら、私の足の間に移動した。

パンティを脱がされて、足を広げられて、おまんこにローションをたっぷりたらされる。


「いつもより濡れてるけど、念のため、な。」

おまんこはローションでぐちゅぐちゅになった。


シンヤの指がおまんこの中にすんなりと呑みこまれていく。

「痛くないか?」

「全然、痛くないよ・・・。」


いつもだったら、膣壁がひりひりする感じなのに、するんと入っちゃった。

そのまま指を出し入れされても、全然平気。


ていうか、気持ちがいい・・・。

「クリトリスはどう?」


ローションでぬるついているクリトリスは指でなでられるだけで、すごく気持ちいい。

「やだっ!なんかイっちゃいそう!」


私、オナニーでクリトリスをいじるとイけたけど、セックスでイったこと、なかった。

「イった?」ってきかれると、「うん。」ってこたえていたけどね。


「指がすっごいしめつけられるよ!」

おまんこがひくついてるのが自分でもわかる。


オナニーでイくときより、ずっと強い快感で下半身がじんわりとしびれた。

はあはあと荒い息を吐きながら、シンヤの顔をみると、すごく興奮して私に抱きついてきた。


「指、おまんこに喰いちぎられそうだった。ね、もうちんぽ入れてもいいかな。」

「いいよ。」


私はイった後の快感に浸りながら、頷いた。

シンヤはいつもと違うコンドームをつけていた。


やたらおしゃれなパッケージで、コンドームが透明だから、ちんぽの肌色がすけてみえる。

「このコンドーム、ナマみたいに気持ちいいんだって。」


わくわくした様子で、シンヤが私の膣口に亀頭をあてる。

「いくよ。」


ゆっくりと挿入されたけど、全然、痛くなかった。

ゴムの突っ張る感じもないし、ホントにナマでしてるみたい。


「ユイアのおまんこのあったかさが伝わってくるよ。ヤバイくらい気持ちいい。」

シンヤはうっとりとした表情で、腰を振り出した。


一度、イってしまったせいか、私もすごく気持ちがいい。

ちょっとくらい乱暴に突かれても、奥まで入れられても、とてもイイ・・・。


「ローション使って、コンドーム変えるだけで、こんなに気持ちいいなんて・・・。」

シンヤがため息まじりにつぶやいているけど、私もホントそう思う。


今までなら、痛くて絶対できなかったバックで、犬のように激しくヤりながら、私は膣ではじめてイくことができた。

おまんこをちんぽで責められながら、クリトリスを指でいじられると、すごくイイ。


「ああ、全然、おさまんないよ。」

シンヤは一度射精して、コンドームを新しいのに取り替えて、もう一回挿入した。


今度は座位で、まったりと出し入れしながら、抱き合って、ディープキス。

ずんっずんって突き上げられるのが子宮に響く感じ。


私をこんなに気持ちよくしてくれるシンヤのことが、すっごく好きになった。

押し倒されて、正常位で足を大きく開かれる。


結合部を丸見えにされて、じゅぽじゅぽと激しく奥を突かれて、私はまたイきそうになってきた。

「自分でクリトリス、いじってごらん。」


ちんぽをおまんこに出し入れされながら、オナニーしてるみたい。

私がおまんこをしめつけると、シンヤもイきそうになってきて、

「イくぞ・・・。」

ちんぽの動きがすごく早くなって、私もイきそう・・・。


「イくぅっ!」

シンヤが私の体に覆いかぶさってきて、マラソンの後みたいに、はあはあいってる。


はじめて、「一緒にイく」っていうのができて、私は嬉しくなった。

二回もイかせてもらえたし。


私の体はなんだかスッキリとして、軽くなった。

シンヤはすっかりローションにハマってしまって、いろんな種類のローションを買ってくるようになった。


あったかくなるローションとか、冷たくなるローションとか。

ローションの効果もすごいと思うけど、コンドームを変えたのも大きいと思うんだよね。


セックスって小道具的なものでこんなに変わるんだなあ。

私は今度、こっそりバイブを買ってみたいと思っている。


だって、もうクリトリスを指でいじるだけのオナニーじゃ、満足できないんだもん。




出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画