エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

おっぱい



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

カワイイ美乳おっぱい美女と3P

先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。

正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。


幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。

期待以上にかわいいコがいたので、俺はこのままラブホテルに直行したい誘惑と必死で戦った。


でも、二人で逃げたりしたら、どんないやがらせをされ続けるかわからない。

ヒロコは明るくてかわいくて、彼女になってほしいくらい感じのいいコだ。


ああ、もったいない。

「やっぱり都合が悪くなっちゃったから、別の日に会わない?」


っていおうとしたとき、俺の後をつけてきたらしい先輩が現れた。

打ち合わせでは俺の部屋で待機していて、俺は先輩がいたことを知らなかったという演技をするはずだったのに。


「翔平じゃん。かーわいいコ連れちゃってぇ。」

先輩は俺の肩にがっちりと腕を回してくる。


当然、ヒロコは驚いて、不安そうな顔をしている。

「この人、大学の先輩なんだ。」


「よろしくねー。せっかく会ったんだから、みんなでカラオケ行こうぜ!」

ためらっているヒロコの手を強引にひいて、先輩は知り合いがバイトしているカラオケに向かった。


しぶしぶ二人の後をついていきながら、俺はため息をついた。

カラオケという密室空間に、キケンな野獣と美女と野獣の暴走を止められない俺。


先輩は強いお酒をこっそり混ぜさせた酎ハイをヒロコにがんがん飲ませた。

断っても何かと理由をつけてはハイペースで飲まされるので、ヒロコはすぐに酔っ払い、意識をなくした。


先輩の手がヒロコの服を脱がせていく。

ヒロコは着痩せするタイプだったらしく、大きめの美乳とむっちりとした太ももがおいしそうだった。


「ヒロコちゃ~ん、ちゅっちゅちまちょ~ね~♪」

先輩がキモいことをいいながら、ヒロコの裸体に覆いかぶさり、ヒロコの可憐な唇を奪った。


ああ、こんなかわいいコが先輩のような男に汚されてしまうなんて。

片手でおっぱいをもみながら、先輩はヒロコの口内を舌で犯した。


「意識がなくても、乳首はびんびんだな。」

淡いピンクの乳首は先輩の指でつままれて、硬く尖っている。


キスに飽きた先輩は、ヒロコの乳首をしゃぶり、舌で舐めまわした。

「うーん。肌がつるつるで、めちゃやわの美乳・・・たまらんねえ。」


オヤジのような感想をもらしつつ、おっぱいやウエスト、太ももを舐めていく。

先輩が舐めたあとには、ナメクジがはったような光るよだれのラインが残った。


「さーて、いよいよおまんこちゃんだね!」

ヒロコの足を大きく開いて、ものすごい至近距離からまじまじとおまんこをみつめる。


「赤く充血したおまんこから、愛液がねっちょり出てるよ。このコ敏感なんだなあ。」

先輩はぼんやりと見ていた俺に、
「お前も上半身を愛撫しろよ。どうせもう勃起してんだろ?」


もちろん、俺だって健全な男だから、ジーンズの下のちんぽはとっくに勃起している。

俺はおそるおそるヒロコの勃ったままの乳首を舐めた。


「あんっ!」

突然、きこえたあえぎ声に顔をあげると、ヒロコが目を開けて、驚いていた。


「え?なにこれ?なんで私、裸なの?」

動揺しているヒロコを無視して、先輩はおまんこをクンニしはじめた。


ぺちゃぺちゃと犬のように、一心不乱に舐めている。

「や・・・やだぁ・・・ああっ・・・ダメ・・・。」


ヒロコは両手で先輩の頭を押さえ、舌の動きを止めようとしているが、そんなことでクンニを止めるような先輩ではない。

「お願い・・・翔平くん・・・助けて・・・。」


うっすらと涙を浮かべて俺を見上げて懇願するヒロコを見た瞬間、俺の理性がぷちんと飛んでしまう音がきこえた・・・。

両手でヒロコのおっぱいをもみ、指で乳首をくりくりといじりながら、ディープキスをする。


「おっ。翔平もやっとやる気を出したな。」

先輩が俺をからかいながら、ヒロコのおまんこを手マンしている。


にゅくにゅくと舌を絡ませながら、俺はヒロコのおまんこに早くちんぽを入れたいと思っていた。

「もーおまんこもいい感じだから、俺が先にいただくな~!生ハメ♪生ハメ♪」


ごそごそと勃起したちんぽを取り出した先輩は、ヒロコのおまんこにナマのままあてがった。

生ハメがイヤなのか、ヒロコが抵抗して、首をいやいやと振る。


ヒロコの悲鳴がききたくなって、俺はヒロコの口の中から舌を離して、充血した乳首を舐めた。

「はぅんっ!やだ・・・入れちゃダメ・・・。」


もちろん、それで生ハメをあきらめるような先輩ではない。

俺は眉を寄せて生ハメの衝撃に耐えるヒロコの表情に、ぞくぞくするほどの興奮を覚えた。


先輩がちんぽを動かしているうちに、ヒロコの表情がだんだん気持ちよさそうなものに変わっていく。

「ヒロコちゃんのおまんこ、キツくていいよ~。ちんぽに絡み付いてくる感じがたまらんねー。生ハメ最高!」


先輩はごきげんで、ヒロコのクリトリスを指でこちょこちょといじりながら、抽送を繰り返している。

「はっ・・・や・・・やめて・・・。」


「おまんこをこんなにきゅうきゅうしめつけながら、やめてっていわれてもな~。」

遅漏の先輩は、生ハメにもかかわらず、まだまだ射精してくれそうにない。


俺は待ちきれなくなって、自分のちんぽをしごきながら、亀頭をヒロコのおっぱいにこすりつけた。

俺も早くヒロコのおまんこに生ハメしたい・・・。


俺の中にはもう、強制3Pされているヒロコをかわいそうに思う気持ちは、少しもなくなってしまっていた。

巨乳おっぱいお姉さんが電車で痴漢に

今日も電車で痴漢にあった。

おっぱいが大きい私は、ちょっと混んだ電車に乗ると、すぐに痴漢にあってしまう。


痴漢って犯罪なんだから、もっと真剣に取り締まって、どっかに隔離してほしい。

ハンサムな痴漢だったら、ちょっとぐらいさわられてもいいけど、痴漢なんてする男はどうせモテない女に飢えた男なのよね。


私はずっとそう思っていた。

でも、中にはハンサムで女にモテる痴漢もいたらしい。


金曜の夜のぎゅうづめの電車で、私は前にいるイケメンの体にぐいっと押し付けられた。

「ごめんなさい・・・。」

って謝るけど、身動きがとれない。


「いいんですよ。混んでますから。」

イケメンは私を抱きとめるように支えてくれて、私はちょっとラッキーなんて思ってた。


私の背中に回されたイケメンの手が徐々に下に下がっていって、おしりにさわった。

え?って思っていると、その手はもっと下がっていって、スカートの中に入った。


痴漢してるのが目の前のイケメンだなんて信じられないくらい、イケメンの顔はマジメで誠実そうだった。

スカートに入った指は私のストッキングを指先で破いて、パンティを横にズラしている。


うそ!こんなところで、おまんこを直接さわられるなんて・・・。

私はそこまでハードな痴漢にあったことがなかったから、動揺してしまった。


ワレメが何度も指でなぞられる。

ぬるぬるしてるのがわかって、私は恥ずかしくなった。


イケメンはにやっと笑いながら、私のおまんこに指を挿入する。

長い指が私のおまんこの奥まで入り込んで、ぐるぐると回り始めた。


指先だけ前後に動かされたり・・・。

どうしよう。


私、痴漢の指テクでイかされてしまいそう。

体から力が抜けて、一人で立っていられない。


私はイケメンにもたれかかりながら、あえぎ声がもれないように、快感をこらえた。

電車が揺れるたびに、おまんこの中に入った指が私のおまんこを刺激する。


駅で少しずつ人が吐き出されて、電車の中は空いてきていた。

私が痴漢されているのがバレてしまいそう。


私はイケメンが痴漢をやめてくれるのを願いながら、イくのをがまんしていた。

後ろから、いきなり両手でおっぱいをわしづかみにされた。


イケメン以外の痴漢が参加してきたみたい。

服の上からきつくおっぱいをもまれた後、服の下に手を入れられて、直接おっぱいをさわられる。


「俺の痴漢仲間にも、君のステキな体、さわらせてあげてよ。」

イケメンが私の耳元でささやいた。


気がつくと私の周りは男性客が取り囲んでいて、視界がさえぎられてしまっていた。

何本もの手が私の体の上をはいまわる。


ストッキングはぼろきれのように破かれまくって、太ももとかおしりをごつごつした大きな手でなでられている。

誰かが私のパンティをおろした。


クリトリスをつままれて、アナルにもおまんこにも指が入れられて、ぐちゅぐちゅと私の中をかきまわしている。

ブラウスのボタンもはずされて、ブラジャーもズラされた。


むき出しになった乳首をイケメンがちゅうっとしゃぶって、ちゅぽんと口から出した。

よだれで光って見える乳首は、他の痴漢達に交代でしゃぶられて、赤く充血してしまっている。


「もうおまんこがとろとろだ。イきたいでしょ。」

こんなに複数の手で体をなぶられているのに、私はまだイかせてもらってなかった。


最初は痴漢にイかされるのがイヤでがまんしていたけど、途中からはわざとイかせないようにしているみたいで・・・ちょっと愛撫しては動きが止まってしまうので、イけないでいた。

「ほら、素直にイきたいっていってごらん。」

イケメンの痴漢が私の耳を口に含んで、舌で耳全体を舐めまわした。


もうダメ・・・がまんできない・・・。

「イかせて・・・。イきたいの。」


私がささやいた途端、私の体にふれていた手が急に、活発に動き出した。

アナルとおまんこをぐちゅぐちゅにいじられて、クリトリスをこすられて、乳首をきゅうっとつままれて・・・。


足を舐められて、イケメンにディープキスされて、私は激しくイってしまった。

もし、イケメンがキスしていなかったら、大きなあえぎ声を出してしまったと思う。


じーんとしびれるような快感の波が去っていっても、私を愛撫する手の勢いは止まらない。

すぐにまた新しい快感の波がやってきて、私はまたイってしまう。


何度もイかされて、足ががくがくと震える。

「ほしかったら、おちんぽ入れてっておねだりしなさい。」


私の口からはなれたイケメンは、よだれで光った唇で、私にいった。

「入れて・・・おちんぽ・・・入れて・・・。」

もう理性なんか残ってなかった。


強烈な快感でおかしくされて、私はちんぽをおまんこに入れてほしいただのメスになってしまっていた。

体を持ち上げられて、足を大きく開かれて、イケメンのちんぽを受け入れながら、私は痴漢達が私を視姦しているのを感じた。


勃起したちんぽを私の体にこすりつけながら、自分の番を待っている痴漢達に囲まれて、私はイケメンのちんぽの突き上げに悦びの声を上げていた。

突然、ぐりんと体が反転されられて、私はバックからイケメンのちんぽを入れられている体勢になった。


口の中に他の痴漢のちんぽをねじ込まれて、口をふさがれる。

上下から犯されながら、私は自分でも腰を振ってしまっていた。




出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画