エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

M男



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

S女に言葉責めされアナルオナニーさせられるM男

出会い系でシンゴと知り合ったのは、「僕のオナニーみてください。」というシンゴの書き込みがきっかけだった。

こんな変態書き込みにメールする女はいないんだろうなって思ったけど、何人かはいたらしい。


おばさんとオカマと未成年の女の子だったらしいけど。

写メを交換してみると、シンゴは清潔感のある好青年で、普通に遊ぶ女の子を募集すれば、いくらでも集まりそうなルックスをしている。


セックスまでは簡単に持っていけても、「オナニーをみてほしい」っていったら、ドン引きされるんだろうなあ。

私も人にはあまり理解されない性癖をもっているので、そのつらさはよくわかる。


意気投合した私達は、さっそく待ち合わせして、オナニーをみせてもらうことにした。

ただし、私の性癖も同時に満たしてもらうという条件で・・・。


ラブホテルに入って二人きりになったところで、私はシンゴに小さなボストンバックを渡した。

「これに着替えて。」

ボストンバックに入っていたのは、大きめのサイズのブラウス、スカート、パンティ、ブラジャー、ストッキング・・・。


「えっと・・・これって・・・。」

あまりに予想外だったのか、シンゴが呆然としている。


私の性癖は、かわいい男の子に女装させて、いじめること。

「オナニーみてほしいんでしょ?」


シンゴの顎を持ち上げて、セクシーにささやいてやると、シンゴは女装する覚悟を決めた。

裸になって、恥ずかしそうにパンティを履き、ブラジャーをつけ、女装していくシンゴをいすに座って眺めながら、私は興奮で体が熱くなった。


小さなパンティでは隠し切れないくらいシンゴのちんぽは、しっかりと勃ち上がっていて、シンゴも興奮しているのがよくわかる。

ストッキングまで履いて、女装を終えたシンゴを私はぎゅっと抱きしめた。


「かわいいわよ・・・。これからシンゴちゃんのいやらしいオナニー姿、みせてくれるのよね?」

「は、はい・・・。」


私はシンゴのスカートの中に手を入れて、ストッキングの股間の部分を破くと、パンティをはさみで縦に切った。

大きな切れ目から飛び出している勃起ちんぽが、なんともいやらしい。


「これでいっぱいオナニーできるわよ。」

シンゴの顔は紅潮していて、すぐに自分でちんぽをにぎって、すこすことしごきはじめた。


「あら、立ったままするの?だったら、自分の手でスカートをまくりあげて、シンゴちゃんのオナニーが私によくみえるようにしてちょうだい。」

自分の手でスカートを押さえて、せっせとオナニーしているシンゴをみていると、私までおまんこが濡れてくる。


「イ、イきそうっ・・・。」

興奮しているせいか、シンゴのオナニーはすぐに終わってしまいそうになった。


「イっちゃダメよ。手を止めなさい!」

厳しい声で命令すると、シンゴのオナニーはぴたりと中断された。


「ベッドに座って、自分の指でアナルをいじってみて。」

勃起し続けているちんぽにたっぷりとローションをたらすと、玉袋を伝って、アナルまでぬめぬめと光った。


「冷たい・・・アナルなんて・・・いじったことありません・・・。

「それならこれを使うといいわ。」


エネマグラを渡すと、シンゴは戸惑ったように、その太めの挿入部分をみつめた。

「前立腺でオナニーすると、ちんぽをしごくより、ずっと気持ちいいのよ。自分でするのが怖いなら、ちょっとだけ手伝ってあげましょうか?」


シンゴが頷いたので、私は爪を短くしている中指に指サックをはめた。

ローションでアナルをぬるぬるにしておいて、中指をちょっとずつアナルの中に押し込む。


「力を抜いて。リラックスしないと痛いわよ。」

左手で勃起ちんぽを軽くしごいてやると、アナルから力が抜けて、指が入りやすくなった。


「ううっ・・・恥ずかしい・・・。」

「あら。オナニーしてるのをみられるのが好きってことは、恥ずかしいところをみられると興奮するんじゃないの?」


「んっ・・・そうかもっ・・・。」

ちんぽをしごかれながら、アナルをいじられて、シンゴは感じてしまっている。


私は中指でアナルを拡張してから、エネマグラを挿入して、シンゴに自分で動かすように命令した。

自分の手で動かしだすと、シンゴの口からはひっきりなしにあえぎ声がもれて、まるで女の子みたいだった。


「かわいい・・・オナニーに夢中になっているシンゴちゃん、いやらしくて最高よ・・・。」

私もガマンしきれなくなって、パンティを脱ぎ、自分のおまんこを指でいじる。


ラブホテルでオナニーしあっていると、シンゴが先に射精して、私がオナニーしているのに気づいた。

「アイさん・・・俺、アナルにこれ入れたまま、ヤってみたい・・・。」

勃起しっぱなしのちんぽに騎乗位で跨って、私は激しく腰を振った。


こうすると女の子とヤってるみたいで、レズっ気のある私は最高に興奮する。

「ああっ・・・気持ちいいっ・・・ヤバいよぉっ・・・。」


シンゴが私のおまんこに中出ししても、私はシンゴのちんぽを抜かずに、入れたままにしておいた。

若さと前立腺の刺激で、すぐに再勃起するシンゴのちんぽをたっぷりとおまんこで味わって、私はすっかり満足した。


シンゴの方もかなり気持ちよかったらしくて、私達はその後、二年くらい付き合った。

お互い結婚するにはふさわしくない相手だから別れたけど、セックスの相性はバッチリだったから、ちょっともったいなかったなあ。

女装M男を手コキ、強制オナニー、顔面騎乗、騎乗位で犯すS女

私の彼氏のシゲルは女装好きの変態だ。

顔がキレイだから、女装しても気持ち悪いっていうほどじゃないけど、やっぱり変態かなって思ってしまう。


黒髪のストレートヘアのかつらをかぶり、ファンデーションと口紅を塗ったシゲルは、嬉しそうにブラジャーとパンティを身に着ける。

ぺったんこの胸にブラジャーをつけたシゲルは、すかすかのブラジャーにストッキングを詰めこんで、偽乳を作った。


パンティの小さな生地から勃起したちんぽがにょっきりとはみ出ている。

LLサイズのストッキングをていねいにはいたシゲルは、ふわりとしたフレアスカートを着て、ブラウスのボタンをとめた。


暗がりだったら、まあ、女の子にみえる・・・かな?

でも、身長が高すぎるし、肩幅ががっちりしているし、足も腕もウエストも太い。


シゲルは私と女装したまま外でデートしたいと思っているらしいけど、私は周囲の人に彼氏が変態だと思われたくない。

変態の彼女だっていうのがバレたら、私まで変態だと思われるだろうし。


女装が好きだからといって、シゲルは男の人が好きなわけじゃないみたい。

でも、シゲルは女装でセックスして、レズっぽい気分を味わうのが大好き。


変態だよね。

うん、変態なんだ。


それでも、シゲルが好きだから、私はシゲルの変態趣味に付き合ってしまう。

今日のセックスは私がお姉様で、後輩のシゲルを犯すっていうシュチエーションらしい。


シゲルの妄想通りにセックスするのも、もう慣れてしまった。

女装したシゲルを押し倒して、ムリヤリっぽくキスして、パンティの上からちんぽをなでる。


私から積極的に舌を絡めて、シゲルの口の中をよだれでいっぱいにする。

「先輩・・・。」


シゲルは興奮してるみたいで、ちんぽがすっごく硬い。

「シゲルちゃん、私のものにしてあげるから、自分でパンティ脱ぎなよ。」


かなりSな先輩になってしまったけど、シゲル的にはアリだったらしい。

素直にパンティを脱いだ。


スカートの中に、勃起したちんぽがあるのって、かなり微妙な光景だ。

でも、私は気にしないで、先走りでぬるぬるになっているちんぽをしごいた。


うっとりと目を閉じているシゲルは女の子になったつもりなのかもしれない。

「あんっ・・・先輩、ダメ・・・。」

とかいっている。


「ダメ?シゲルがイヤなら、仕方ないよね。シゲルが私のこと好きになってくれるまで待つよ。」

私は勃起ちんぽをしごいていた手を離した。


「ごめんなさい・・・イヤじゃないから・・・続けて?」

シゲルは私にすがりついてきた。


「じゃ、おしおきに、オナニーしてみせて?」

「え・・・そんな恥ずかしいよ・・・。」

「イヤなら、今日はやめようか。」


顔を赤くしたシゲルは自分でちんぽをしごきはじめた。

シゲルのオナニーをみるのははじめてだから、ちょっと興奮してしまう。


シゲルをいじめると、どきどきして嬉しくなっちゃう私も変態なのかな。

一生懸命オナニーしているシゲルも興奮してるみたいで、どんどん息づかいが荒くなっていく。


「もういいわよ。」

シゲルがオナニーでイってしまう前に、私はシゲルのオナニーを止めた。


射精寸前で止められたシゲルは切なそうに私の顔をみつめている。

「ねえ、イきたい?」


シゲルは涙を浮かべながら、こくこくと頷いている。

私はゆっくりとパンティを脱いだ。


興奮して濡れてしまっているから、パンティが糸をひいた。

「イきたかったら、舐めて?」


シゲルの顔の上に、しゃがみこんで、窒息しない程度に、おまんこを押し付ける。

ぺろぺろと舐めてくるシゲルの舌が気持ちいい。


私は手を伸ばして、シゲルのちんぽを握った。

上下にしこしことしごくと、シゲルの口からくぐもったあえぎ声がもれる。


シゲルの舌がワレメを何度も往復して、膣口にすぼめた舌が突っ込まれた。

濡れまくったおまんこに、指が入れられると、私もあえぎ声をこらえきれない。


シゲルの勃起ちんぽに舌をはわせながら、私はおまんこに出し入れされるシゲルの指に体をのけ反らせた。

ヤバい・・・このままじゃ、私が先にイっちゃう。


私はシゲルの顔からおまんこをはなして、シゲルのちんぽにコンドームをかぶせた。

騎乗位でゆっくりと腰を沈めて、シゲルのちんぽをおまんこに挿入する。


シゲルが突然、ちんぽを突き出して、奥までずんって入ってしまった。

「あんっ!」


思わずあえいでしまった私は、シゲルを睨んだ。

「ごめん。だって、もうがまんできないよ。」


シゲルの腰は動き続けている。

おまんこはぐちゅぐちゅといやらしい音を立てていて、私ももうがまんできそうにない。


「はしたないわよ。淫乱なんだから・・・。」

男の人にはあんまり淫乱っていわないと思うけど、淫乱っていわれると、シゲルは悦ぶ。


「ほら、もっと腰を振りなさい。」

シゲルは下から私のおまんこを突き上げては、あえぎ声をあげ続けた。


私はシゲルから落っこちないようにしがみつきながら、シゲルのちんぽをしめつけた。

変態だけど、シゲルとのセックスは気持ちいい。


一緒にイきながら、私はシゲルに抱きついて、キスをした。




出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画