私はレズというより、バイセクシャルだ。

つまり、両刀で、男女どちらともセックスできる。


でも、どっちかといえば、レズの方が好きだ。

女の子のやわらかいふわふわの体を抱きしめていると、すごく興奮するし、責めているだけでも、とっても満足できる。


そんな私にとって、女子大の寮に住んでいるというのは、なかなかおいしい環境だったりする。

女子大の女の子は、他の学校の男の子と合コンしたりして、積極的に外に出るタイプと男性経験が極めて少なく、うちにこもるタイプに分かれる。


幼稚園から女子校なんて女の子の中には、男の子と話したことさえ、ほとんどないというお嬢様がごろごろいるのだ。

そんな女の子にとって、ボーイッシュで男の子っぽい私は、擬似恋愛の対象として、もってこいってわけで。


手作りのお菓子、ラブレター、告白なんて、日常茶飯事で、私は大学生ライフをエンジョイしていた。

歴史と伝統あるこの女子寮はぼろっちくて、廊下を歩くとみしみしいうが、一応、個室ではあるし、お風呂が共同というのが魅力だった。


妙齢の若い女の子達が惜しげもなくオールヌードをさらけ出す、夢のようなお風呂タイムはいつも愉しみで、レズの私はあえて混雑する時間帯を狙って入浴していた。

テスト前のある夜、私の部屋に勉強のために友達が二人来て、休憩中になんとなく、エッチな話になった。


「セックスってどんな感じなの?」

箱入りのお嬢様である莉子ちゃんが顔を赤らめながらいう。


莉子ちゃんは真っ黒で艶のあるストレートヘアに色白の肌、口紅を塗らなくても赤くてふっくらした唇がすばらしいやまとなでしこだ。

「芽依ちゃんは、セックスしたことあるんでしょ?」


さくらちゃんも私の顔をのぞきこむようにして、きいてきた。

栗色の髪がふんわりとカールしていて、ちょっと日に焼けた肌が活発な印象を与えるが、さくらちゃんも男性経験ゼロのお嬢様だ。


巨乳ゆえに、何度も痴漢にあったらしく、男性恐怖症気味でもある。

「うーん。男の人とのセックスは、相手によって全然違うかな。下手なヤツとセックスすると、痛いし気持ちよくない。」


「・・・男の人とのセックスはって、まことちゃんは女の人ともセックスしたことあるの?」

アタマの切れる莉子ちゃんが鋭く突っ込んでくる。


「あるよ。女の人とのセックスはね、すごく気持ちよくて、痛くないんだよ。」

私は思わず、にやりと笑ってしまった。


「まことちゃん、女の子にもモテるもんね。」

この二人がレズだという話は聞いたことがないが、男性にもあまり興味がないようなので、落とせそうな気がしていた。


「レズのセックス、試してみる?」

二人は顔を見合わせていたが、恥ずかしそうに頷いた。


私はうきうきしながら、二人の服を脱がせた。

裸になった二人は、恥ずかしそうにおっぱいとおまんこを手で隠している。


「女の子同士なんだから、恥ずかしくないよ。」

二人をベットの上に座らせて、おまんこを交互にクンニする。


レズ経験もけっこう豊富な私だけど、レズで3Pっていうのははじめてだ。

「んんっ・・・なんかヘンな感じ。」

「や・・・そこ気持ちいい・・・。」


莉子ちゃんとさくらちゃんは私の舌と指にあえぎ声をあげはじめた。

「二人でおまんこ、舐め合ってみて?」


交互に二人のおまんこをクンニするのに疲れた私は、二人をレズらせることにした。

すっかり体に火がついた二人は、素直にベットに寝そべり、シックスナインの体勢でお互いのおまんこをぺろぺろと舐め合っている。


私は二人のレズプレイをじっくりと目で愉しんでから、愛用のバイブを取り出した。

「バイブでおまんこ責めてあげるよ。どっちからバイブほしい?」


目をとろんとさせた二人は、今度は抱き合うようにして、私の方におまんこを向けた。

二人のおまんこが上下に並んで、バイブの挿入を待っている。


どちらのおまんこも愛液とよだれでびちゃびちゃに濡れていて、準備万端だ。

私は上にあった莉子ちゃんのおまんこにバイブを挿入した。


「あんっ!すごい・・・大きい。」

莉子ちゃんが体をのけぞらせて、さくらちゃんにしがみついた。


「莉子ちゃんちゃん、かわいい・・・。」

さくらちゃんがうっとりとつぶやきながら、莉子ちゃんにキスした。


ねちょねちょと舌を絡ませあっている二人は、レズカップルにみえる。

私は莉子ちゃんのおまんこからバイブを抜いて、さくらちゃんのおまんこに挿入した。


「はっ・・・あぅ・・・おまんこが・・・いっぱい・・・。」

莉子ちゃんがさくらちゃんの巨乳に顔を埋めては、勃起した乳首をしゃぶっている。


二人のおまんこにバイブを挿入しては出し入れして抜き、あえがせ続けた。

レズのセックスにはおわりがないから、二人は何度もイって、声が枯れてくる。


「もう許して・・・。」

「へとへとだよぉ・・・。」


二人がギブアップしたので、私はバイブのスイッチを切った。

あまりに長時間使い続けたので、バイブが熱くなってしまっている。


二人はすっかりレズの悦びに目覚めて、私とのレズ関係を愉しむようになった。

大学を卒業したら、三人でルームシエアして、レズりまくるのもいいかもしれない。


私は女子大にきてよかったとしみじみと思った。