今日も電車で痴漢にあった。

おっぱいが大きい私は、ちょっと混んだ電車に乗ると、すぐに痴漢にあってしまう。


痴漢って犯罪なんだから、もっと真剣に取り締まって、どっかに隔離してほしい。

ハンサムな痴漢だったら、ちょっとぐらいさわられてもいいけど、痴漢なんてする男はどうせモテない女に飢えた男なのよね。


私はずっとそう思っていた。

でも、中にはハンサムで女にモテる痴漢もいたらしい。


金曜の夜のぎゅうづめの電車で、私は前にいるイケメンの体にぐいっと押し付けられた。

「ごめんなさい・・・。」

って謝るけど、身動きがとれない。


「いいんですよ。混んでますから。」

イケメンは私を抱きとめるように支えてくれて、私はちょっとラッキーなんて思ってた。


私の背中に回されたイケメンの手が徐々に下に下がっていって、おしりにさわった。

え?って思っていると、その手はもっと下がっていって、スカートの中に入った。


痴漢してるのが目の前のイケメンだなんて信じられないくらい、イケメンの顔はマジメで誠実そうだった。

スカートに入った指は私のストッキングを指先で破いて、パンティを横にズラしている。


うそ!こんなところで、おまんこを直接さわられるなんて・・・。

私はそこまでハードな痴漢にあったことがなかったから、動揺してしまった。


ワレメが何度も指でなぞられる。

ぬるぬるしてるのがわかって、私は恥ずかしくなった。


イケメンはにやっと笑いながら、私のおまんこに指を挿入する。

長い指が私のおまんこの奥まで入り込んで、ぐるぐると回り始めた。


指先だけ前後に動かされたり・・・。

どうしよう。


私、痴漢の指テクでイかされてしまいそう。

体から力が抜けて、一人で立っていられない。


私はイケメンにもたれかかりながら、あえぎ声がもれないように、快感をこらえた。

電車が揺れるたびに、おまんこの中に入った指が私のおまんこを刺激する。


駅で少しずつ人が吐き出されて、電車の中は空いてきていた。

私が痴漢されているのがバレてしまいそう。


私はイケメンが痴漢をやめてくれるのを願いながら、イくのをがまんしていた。

後ろから、いきなり両手でおっぱいをわしづかみにされた。


イケメン以外の痴漢が参加してきたみたい。

服の上からきつくおっぱいをもまれた後、服の下に手を入れられて、直接おっぱいをさわられる。


「俺の痴漢仲間にも、君のステキな体、さわらせてあげてよ。」

イケメンが私の耳元でささやいた。


気がつくと私の周りは男性客が取り囲んでいて、視界がさえぎられてしまっていた。

何本もの手が私の体の上をはいまわる。


ストッキングはぼろきれのように破かれまくって、太ももとかおしりをごつごつした大きな手でなでられている。

誰かが私のパンティをおろした。


クリトリスをつままれて、アナルにもおまんこにも指が入れられて、ぐちゅぐちゅと私の中をかきまわしている。

ブラウスのボタンもはずされて、ブラジャーもズラされた。


むき出しになった乳首をイケメンがちゅうっとしゃぶって、ちゅぽんと口から出した。

よだれで光って見える乳首は、他の痴漢達に交代でしゃぶられて、赤く充血してしまっている。


「もうおまんこがとろとろだ。イきたいでしょ。」

こんなに複数の手で体をなぶられているのに、私はまだイかせてもらってなかった。


最初は痴漢にイかされるのがイヤでがまんしていたけど、途中からはわざとイかせないようにしているみたいで・・・ちょっと愛撫しては動きが止まってしまうので、イけないでいた。

「ほら、素直にイきたいっていってごらん。」

イケメンの痴漢が私の耳を口に含んで、舌で耳全体を舐めまわした。


もうダメ・・・がまんできない・・・。

「イかせて・・・。イきたいの。」


私がささやいた途端、私の体にふれていた手が急に、活発に動き出した。

アナルとおまんこをぐちゅぐちゅにいじられて、クリトリスをこすられて、乳首をきゅうっとつままれて・・・。


足を舐められて、イケメンにディープキスされて、私は激しくイってしまった。

もし、イケメンがキスしていなかったら、大きなあえぎ声を出してしまったと思う。


じーんとしびれるような快感の波が去っていっても、私を愛撫する手の勢いは止まらない。

すぐにまた新しい快感の波がやってきて、私はまたイってしまう。


何度もイかされて、足ががくがくと震える。

「ほしかったら、おちんぽ入れてっておねだりしなさい。」


私の口からはなれたイケメンは、よだれで光った唇で、私にいった。

「入れて・・・おちんぽ・・・入れて・・・。」

もう理性なんか残ってなかった。


強烈な快感でおかしくされて、私はちんぽをおまんこに入れてほしいただのメスになってしまっていた。

体を持ち上げられて、足を大きく開かれて、イケメンのちんぽを受け入れながら、私は痴漢達が私を視姦しているのを感じた。


勃起したちんぽを私の体にこすりつけながら、自分の番を待っている痴漢達に囲まれて、私はイケメンのちんぽの突き上げに悦びの声を上げていた。

突然、ぐりんと体が反転されられて、私はバックからイケメンのちんぽを入れられている体勢になった。


口の中に他の痴漢のちんぽをねじ込まれて、口をふさがれる。

上下から犯されながら、私は自分でも腰を振ってしまっていた。