学生やってた俺は、その日も出会い系で、会える女を捜してた。

会えるってゆーか、ヤれる女ね。


持て余している時間を有効利用して、ひたすら数打つ。

親指が痛くなるほど、メール送信、メール送信。


内容はほとんどコピペ。

それでも、それなりに成功するもんで。


ま、会う約束はしたけど、こっそりのぞいて、スルーってことも多いけどね。

俺、デブとブスはマジでNGなんだわ。


だから、写メを考えたヤツには、ちょー感謝してる。

俺の写メを送った瞬間、メールが返ってこなくなることもあるけどさ。


面と向かって拒否られるよりは、よっぽどいいよ。

陽葵ちゃんと待ち合わせたのは、平日の夜だったんだよね。


やっぱ、金、土がアツいから、平日はそんなに力入れてなかったんだけど。

逆に、平日しか休めない女とかもいるみたいで、ショップ店員とか美容師とか、釣れたら大物ってパターンが多い。


本気で付き合うわけじゃないから、素顔ブスでも、メイクと服でイケてる感じにみえたら、別にオッケーだしさ。

で、陽葵ちゃんは看護師だった。


看護師っていえば、スッチーとならんで、男の理想の職業じゃん。

ウキウキしながら、待ち合わせ場所に向かったら、写メより全然、かわいい女が立ってんの!


やっべ、俺、今日、マジ、ツイてるよ!って興奮しながら、声かけて、ラブホテルに直行した。

平日の夜は、ラブホテルも空いてて、即入室。


さすがに、即尺ってわけにはいかなくて、シャワー浴びて、ベットでフェラチオしてもらった。

手馴れた感じのフェラチオで、手と口でしこしことちんぽをしごかれると、かなり気持ちいい。


でも、せっかく看護師とセックスしてるのに、裸でいると、あんま実感ないんだよね。

かといって、このラブホテルにはコスプレのレンタルサービスなんてないしさ。


仕方ないから、仕事のときの口調で、言葉責めしてって頼んでみた。

「こんなにちんぽを勃起させて、溜めすぎですよ。」


陽葵ちゃんは看護師の口調でいいながら、俺の玉袋を揉み揉みした。

なんか、新しい快感だ・・・。


玉袋を揉みほぐされながら、片手でしゅこしゅことサオをしごかれていると、いやらしいことをしているというよりも、治療の一環って感じがしてくる。

「先走りがたくさん出てきますねー。いつもオナニーはどのくらいしてますか?」


陽葵ちゃんは亀頭に唇を押し当て、ちゅっと先走りを吸い、ぺろりとカリ首を舐めた。

「ん・・・二日に一回くらい・・・かな。」


両手でちんぽをしごかれると、射精しそうになってくる。

やべ・・・俺、今日、なんか早くね?


「サトルさんの年齢にしては、オナニーの頻度が少ないですね。」

一度射精させてしまうと、もう勃たなくなると思われたのか、陽葵ちゃんはフェラチオをやめてしまった。


「今度は、私を気持ちよくしてね。」

俺は陽葵ちゃんをベットに押し倒し、美乳にむしゃぶりついた。


勃起したちんぽをすべすべの太ももにこすりつけながら、やわらかなおっぱいを揉み、乳首を吸う。

「ん・・・早くおまんこいじってぇ・・・。」


陽葵ちゃんはおっぱいより、おまんこを愛撫してほしかったらしい。

遠慮なく足を大きく開くと、おまんこからは愛液がたっぷりとにじみ出ていた。


舌で愛液をすくい取るように、れろれろと舐めあげる。

「看護師さん、セックス好きなの?」


クリトリスを舌で強くなぞりながら、おまんこの中に指を押し込む。

「好き・・・セックス好きぃ・・・。」


陽葵ちゃんはうっとりと目をつぶりながら、恥ずかしいことを平気でいっている。

「看護師さんは、どうされるのが一番、感じる?」


指で膣壁をえぐるようにしながら、陽葵ちゃんにきくと、意外な答えが返ってきた。

「おしっこしてるのみられるのが好きなの・・・。」


放尿プレイかよ・・・正直、陽葵ちゃんがいくらかわいくて看護師でも、ちょっと引いた。

でも、女がおしっこしてるとこをみるのもいいかと思って、陽葵ちゃんをバスルームに連れて行った。


バスタブに向かって、後ろから抱きかかえてM字開脚させて、

「おしっこしろよ!放尿みられて感じる変態なんだろ?」


っていったら、陽葵ちゃんはジョロロロロって、マジで放尿した。

放尿をみてたら、なんか興奮してきて、俺はおしっこが終わってないのに、おまんこにちんぽを突っ込んだ。


俺の足におしっこがたれてくるが気にせずに、後ろからがんがんおまんこを突く。

「ウソ・・・イイ・・・おしっこしながら、ちんぽ入れられるのすごくイイ・・・。」


いつの間にか、陽葵ちゃんのおしっこは止まっていたけど、ちんぽを出し入れするのに夢中で気がつかなかった。

自分勝手にのぼりつめて、陽葵ちゃんのおまんこに射精したら、中出しした精液がおまんこからどろっと出てきて、陽葵ちゃんのおまんこはおしっこと精液でたいへんなことになってた。


そのまま、二人でシャワー浴びて、今度はバックでもう一回ヤった。

後ろから両手をつかんで、おしりにぶつけるようにぱんぱんとちんぽを打ち付けていると、陽葵ちゃんがひっきりなしに嬌声をあげる。


バスルームにあえぎ声が響いて、すっげえエロい感じ。

片足をバスタブにのせさせたり、俺が持ち上げたりして、おまんこにあたる角度を変えながら、バックを愉しんだ。


二回目だった俺は、なかなか射精しなかったので、陽葵ちゃんはイきすぎてぐったりしてた。

放尿挿入プレイが気に入ったらしい陽葵ちゃんは、俺とセフレになり、休みの度に俺を呼び出した。


俺が陽葵ちゃんに性病をうつすまでは、マジでいいセフレ関係だったよ。