エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

出会い系



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

メガネ美女と生ハメ

メガネフェチの俺は、メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう。

スレンダーで知的なメガネ美人のお姉さんといつかメガネをかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。


俺のその夢は、出会い系で叶えることができた。

バリバリのキャリアウーマンだというさゆりは、仕事が忙しくて彼氏を作る余裕がなく、性欲処理のために、セフレを探していたらしい。


ニュースキャスターのような知的な美人で、フレームレスのメガネが似合う夢に描いたような理想のお姉さんだった。

さゆりの仕事は忙しいので、会う約束をドタキャンされることもしょっちゅうだ。


かと思えば、平日の夜に急に呼び出されることもある。

でも、さゆりとセフレでいられるだけで、俺はしあわせだった。


セミロングの髪をかっちりとまとめ、スーツに身を包み、メガネをかけているさゆりをみるだけで、俺のちんぽはすぐにかちかちに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまう。

さゆりは俺をじらすように、一枚一枚ていねいに服を脱ぎ、ハンガーにかけていく。


俺が一番、萌えてしまうのは、シャツのボタンを全てはずしてブラジャーに包まれた美乳をちらつかせ、シャツのすそから小さなパンティとガーターベルトで吊られたストッキングに覆われたすらりとした脚が見えている状態だ。

三回に一回は我慢できずに抱きついて、さゆりに叱られている。


さゆりの休みの前日に会えたときは、たいてい朝までハメまくりだ。

あんまり何度も射精するから、最後の方はほとんど精液がでなくなってしまう。


今日も朝までハメまくりコースだから、ずっとオナニーをこらえていた。

実際にラブホテルで二人きりになるまでは、ドタキャンされないかとヒヤヒヤものだ。


さゆりがジャケットをハンガーにかけ、タイトスカートを脱いでいるのを俺は服を脱ぎながら、じっとみつめる。

さゆりのストリップは何度みても飽きない。


今日のパンティは光沢のある赤で、さゆりの白い肌と黒いストッキングに映えている。

ガーターベルトって、なんでこんなにいやらしいんだろう。


まるで、ストッキングをはいたままヤるために作られたような下着だ。

さゆりがシャツのボタンをはずしていき、赤いブラジャーと美乳がみえはじめる。


とっくに全裸になり、ちんぽを勃起させていた俺はさゆりに飛びついた。

「あんっ!もうよしおはせっかちなんだから。」


おっぱいをもみながら、キスをせがむと、さゆりは苦笑しながら、応じてくれる。

にゅるにゅるといやらしいキスをしているだけで、俺のちんぽはどんどん充血していく。


「んふ・・・うン・・・はぁ・・・今日もよしおのちんぽ、元気に勃ってるわね。」

メガネをかけたさゆりの表情がちょっと上気していて、たまらなく色っぽい。


俺はブラジャーをズラして、まずは美乳にごあいさつした。

ふわふわのマシュマロみたいな感触の美乳はさわっているだけで、俺を癒してくれる。


濃いピンクの乳首にキスして、もう片方の乳首を指でやさしくさわる。

「ん・・・ねえ、早くほしいの。」


さゆりは待ちきれなくなったのか、自分でパンティを脱いだ。

さゆりの足元に座って、立ったままのさゆりのおまんこをクンニする。


ワレメを舐めながら、さゆりの顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。

「おまんこ、すごく濡れてる・・・。」


「よしおに会うときは、いつも朝からおまんこが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだから。」

「そんなこといったら、もう我慢できないよ。」


俺はさゆりがトイレでオナっているのを妄想して、鼻血を噴きそうになってしまった。

「もうクンニはいいから、よしおのちんぽ入れて。」


さゆりは壁に手をつき、つるりとしたおしりを俺に向けた。

俺はすぐに立ち上がり、先走りでぬるぬるの亀頭でワレメをなでる。


「いじわるぅ!早く入れてぇ!」

俺を振り返っておねだりするさゆりの顔がかわいくて、俺は一気にちんぽを奥まで挿入した。


「ああんっ!」

さゆりが体をのけぞらせて、嬌声をあげる。


メガネをしている顔がみえない立ちバックはあまり好きではないが、とりあえず、さゆりのウエストを
つかんで、ぱんぱんと腰を打ち付ける。

「これぇ・・・硬くて太いよしおのちんぽがほしかったの・・・。」


俺がずんっと突くたびに、さゆりはあえぎ声をあげながら、体を震わせる。

さゆりの息が荒くなってきたところで、俺は一度おまんこからちんぽを抜いた。


「やだぁ!なんで抜いちゃうの?」

感じすぎて真っ赤になった顔で、不満そうに俺を振り返るさゆりの顔がみたいからだ。


そのままさゆりをベットに連れて行き、今度は正常位で再挿入する。

「はぁぁぁんっ!」


さゆりが悦びの声を上げながら俺にしがみついてくる。

「イイっ!よしおのちんぽ、すごくイイよ!」


ストッキングをはいたままの脚を持ち上げて、俺の肩の上にのせ、おまんこの奥を突いてやると、さゆりはすぐにイきそうになる。

「おまんこの奥を突かれながら、クリトリスをさわられるの、大好きだよね。」


俺は指でクリトリスをいじりながら、勃起した乳首を軽く噛んだ。

「やっ!イく!イっちゃう!」


さゆりのおまんこがぎゅうっとしまる。

メガネの下の目がうっすらと涙を浮かべる。


一度さゆりがイったところで、俺は脚の角度を変えながら、何度も何度もちんぽでおまんこをこすり続ける。

射精感をこらえながら、俺はさゆりの恍惚としたイキ顔を目に焼き付けた。

淫乱女がセフレと乱交

出会い系で出会ったセフレが私には、三人いる。

一度きりのセックスを愉しんだ相手なら、もう覚えきれないくらい。


セックスの相性がとてもよかった三人に厳選したセフレは、日替わりで私を愉しませてくれる。

月曜日は大学生のゆうと君。


スポーツ推薦で入っただけあって、筋肉質の引き締まった体と底なしの体力で私の性欲を満たしてくれるの。

水曜日はビジネスマンのひろと。


テクニックと言葉責めで、私の心と体を満足させてくれるの。

金曜日は私のお父様と同じくらいの年齢のタクヤさん。


考えもしなかったような斬新なプレイで、いつも私にセックスの奥の深さを教えてくれるの。

そして、日曜日は四人でセックスをする乱交パーティ。


女性は私一人だから、乱交じゃなくて、4Pなのかしら。

とにかく、四人で絡み合って、気を失うまでハメまくられるの。


おまんこにちんぽを入れられたまま、アナルにちんぽが入ってくるときのときめきといったら、何度味わってもたまらないのよ。

お口もちんぽで犯されて、穴という穴をちんぽでふさがれて、おもちゃみたいに扱われるのも、すごく興奮しちゃう。


タクヤさんが予約したラブホテルに着く頃には、私のおまんこはぐちゅぐちゅによだれをたらしているの。

いつも先に着いている三人の男性に、破かれそうなくらい乱暴に服を剥ぎ取られて、私は生まれたままの姿にされる。


裸で待っていた三人のちんぽは、筋が浮いているくらいびんびんで、どれもとってもおいしそう。

もうどのちんぽでもいいから早くおまんこに入れてって叫びたいくらいおまんこが疼いているのに、入れられたのはバイブだった。


さらに、バイブがズレないように、一度脱いだパンティをはかされる。

バイブのスイッチが入れられると、立っていられなくなって、私はラブホテルの床に座り込んでしまう。


ひろとが私にアイマスクをつけた。

「さあ、お嬢様、これから咥えていただくちんぽが誰のものか当てられたら、おまんこにもちんぽを咥えさせてあげますよ。」


私の唇にぬるりとしたちんぽが押し付けられた。

ぱくりと咥えて、舌で味わう。


バイブがおまんこを刺激していて、フェラチオに集中できない。

「お嬢様、いつまでもしゃぶってないで、答えてください。今、咥えているのは誰のちんぽ?」

「・・・ゆうと君?」


「残念。罰としてバイブの振動がさらに強くなります。」

ウィィィンと甲高い音を響かせながら、バイブが私のおまんこを責めたてている。


「じゃあ、これは誰のちんぽ?」

おまんこを責めるバイブに気をとられながら、口の中のちんぽに舌をはわせる。


一生懸命フェラチオしても、ちんぽの持ち主はうなり声ひとつもらさない。

「さあ、答えて?」

「ひろと。」


ひろとのちんぽは、ちょっと細くて長いので、他の二人よりわかりやすかった。

「正解。約束どおり、おまんこにちんぽを挿入しますよ。」


私はそっと床に寝かされて、パンティを脱がされ、バイブを抜き取られた。

バイブの振動がなくなっても、おまんこはじーんとしびれたようになっている。


アイマスクをされたまま、ひろとのちんぽが入ってくる感触を味わった。

私の体に欠けていたものが埋められたような満足感があった。


ほうっとため息をついた口に、またちんぽがねじこまれた。

これはたぶん、タクヤさんのちんぽだ。


「お嬢様、いつもより愛液が多いみたいですよ?」

根元までちんぽを入れ終わったひろとがからかうようにいいながら、クリトリスを指で弾いた。


快感が背筋を走り抜けて、おまんこをぎゅっとしめてしまう。

「相変わらず、しまりのいいおまんこで。こんなに淫乱なのにねえ。」


ゆうと君の舌が私の乳首を舐め始めた。

たまに、ちゅっと吸われるのも気持ちいい。


「そろそろ、アナルも使わせてくれよ。」

ゆうと君がじれたようにひろとにいうと、タクヤさんが私の口からちんぽを出した。


ゆうと君とタクヤさんに体を支えられ、寝そべったひろとに抱きつくような体位にされる。

アナルにどろりとしたローションを塗られて、ゆうと君のちんぽが一気に入ってきた。


この圧迫感がたまらなく興奮する。

アナルにちんぽが埋め込まれたところで、またタクヤさんのちんぽを口に咥えさせられた。


私はもう気持ちいいとしか思えない。

ひろとが私の乳首を強く吸いながら、長いちんぽでおまんこの奥を突く。


ゆうと君のちんぽがアナルから抜かれそうになる度、おなかの中のものが全部出てしまいそうになる。

タクヤさんのちんぽが口腔をやさしくなでていて、飴をしゃぶっているようなじんわりとした気持ちよさが広がる。


気持ちよさで意識が飛びそうになると、ひろとに名前をよばれて、我に返る。

「お嬢様は排卵日が近いのかな。おまんこがちんぽに絡み付いてきて、ちんぽを喰いちぎりそうだよ?」


「アナルもすげぇひくついてるし・・・。」

「お口の中もいつもより熱い気がしますな。」


ひろとのちんぽから精液がはじけて、私のおまんこは悦びできゅうきゅうしまった。

おまんこのついでにしめつけられたアナルにも、ゆうと君の精液を注ぎ込まれる。


すぐにゆうと君のちんぽが抜かれて、指でアナルに射精した精液をかきだされるのも、すごく気持ちがいいの・・・。

顔にもタクヤさんの精液をぶっかけられた。


タクヤさんは、顔射で私の顔を汚すのがとても好きらしい。

精液まみれになっても、まだまだ私の性欲はおさまらない。


今日も意識がなくなるまで、乱交の快楽に浸りたいと思う。


お尻フェチの美尻アナルファック

お尻フェチの俺は、バックでヤるのが大好きだ。

騎乗位で俺の上に伏せさせて、お尻を撫でまわしながらヤるのもイイが、よつんばいがつぶれたようなかっこうで、お尻だけ突き出させるっていうのが一番萌える。


出会い系で知り合ったサクラちゃんは、俺が今まで出会った中でナンバーワンの美尻の持ち主だ。

大きさ、やわらかさ、形、肌の色、全てがパーフェクトな美尻で、はじめてのセックスではお尻ばかりなでたり、舐めたりして、どん引きされた。


サクラちゃんのお尻は一日中さわっていてもながめていても、本当に飽きないすばらしい美尻なのだけれど、本人にはイマイチその感動を理解してもらえない。

サクラちゃんとのセックスを重ねるうちに、俺には贅沢な欲望が芽生えてしまった。


究極の美尻の持ち主であるサクラちゃんとのアナルセックスだ。

もちろん、アナルセックス未経験のサクラちゃんには拒まれた。


でも、絶対に痛くしないと粘り強い説得を続けて、どうにかアナルセックスへの興味をもたせることができた。

それからというもの、サクラちゃんとのセックスはますます悦びに満ちたものになった。


アナルの拡張という名目の元に、お尻をいじり放題に愛撫できるのだ。

おっぱいやおまんこへの愛撫も入念に行ったが、なんといっても、サクラちゃんのお尻を開発できるというのが何よりも嬉しかった。


まるで花のつぼみのように美しいサクラちゃんのアナルにキスして、舌で舐めて、少しずつ拡げていく間、私の両手は常にサクラちゃんのお尻をなでているのだ。

アナルの中に舌をすぼめて入れることも、ローションまみれにした指を本当に慎重に挿入することも、俺をすごく興奮させた。


サクラちゃんもまんざらイヤではないようで、俺がアナルを開発すると、おまんこが愛液でたいへんなことになり、おまんこの具合がどんどんよくなった。

人差し指を入れるだけでいっぱいだったサクラちゃんのアナルが次第に拡がっていき、受け入れられるバイブの大きさが俺のちんぽより太くなったところで、いよいよアナルセックスすることにした。


コンドームをつけたちんぽをローションでぬるぬるにして、バイブで十分にほぐしたアナルにゆっくりと挿入する。

おまんことは比べ物にならないほどキツい。


挿入する俺もかなり苦しくて、根元まで入れ終わったときには、すっかり息があがってしまっていた。

ちんぽの付け根が括約筋でしめつけられ、ちんぽ全体が腸壁でぴったりと覆われている。


アナルにちんぽを挿入して、お尻をなでていると、今まで感じたことのないほどの至福感に包まれた。

少しちんぽを動かすだけで、腰がしびれるほどの快感が突き抜ける。


ていねいなアナル開発がよかったのか、サクラちゃんにアナルセックスの適性があったのか、サクラちゃんもかなり感じていて、ほっとした。

いつまでもアナルにちんぽを入れていたかったが、サクラちゃんをイかせるために、俺は魅惑のお尻から手を離し、サクラちゃんのおまんことクリトリスを指でいじり始めた。


ちんぽが喰いちぎられそうにアナルがしまりまくる。

サクラちゃんがイくときのしまりといったら、アナルからちんぽが抜けなくなるんじゃないかと思うくらいだった。


初のアナルセックスに成功した俺は、それから、おまんことアナルに一回ずつ射精するようになった。

アナルセックスのときはお尻だけに集中できるように、おまんこにはバイブを入れ、クリトリスには専用ローターをつけることにした。


サクラちゃんも次第にアナルセックスの悦びに目覚めていき、おまんこにちんぽを挿入するときにも、アナルにバイブを入れてほしがるようになった。

アナルセックスのとりこになるにつれ、俺とサクラちゃんの関係は深くなっていき、サクラちゃんは俺に従順になった。


ある日、アナルセックスに興奮しすぎた俺は、サクラちゃんの美尻を平手でぶってしまった。

ぶったときの振動がアナルに挿入したちんぽに響いて、ほんのりと赤く色づくお尻がたまらなく愛おしかった。


いつもよりお互いに興奮したアナルセックスが終わった後、赤くはれたお尻に舌をはわせるのも、なんともたまらなかった。

鞭でぶって美尻を傷つけるようなことには興味がなかったが、平手でぶつという行為は麻薬のように俺をとりこにして、俺はアナルセックスのたびに、サクラちゃんの美尻をぶっていた。


洗濯ばさみで乳首をはさみ、クリトリスにローター、おまんこにバイブを咥えこむと、サクラちゃんのアナルはぱくぱくとちんぽをねだるようにひくつく。


ローションで濡らした指でアナルをえぐるようにほじりながら、おまんこに挿入したバイブを出し入れして、感じまくったサクラちゃんが絶頂を迎えると、

「淫乱!許可なくイくなんて、はしたないコだ!」

とののしりながら、美尻を平手でぶつ。


愛撫しているときに、サクラちゃんが体を震わせながら、

「イきそうです・・・もうイってしまいます・・・。」

と許可を求めても、


「ダメだ。まだイくな。我慢しろ!」

といいながら、さらに強く手を動かす。


お尻が赤くなるくらい平手でぶって、ローションまみれのアナルにアナルパールを埋め込んでいると、サクラちゃんは物足りない刺激に体をよじる。

「アナルにちんぽを入れてください。」

とサクラちゃんが懇願するまでじらしにじらしてからするアナルセックスは、最高としかいいようがない。


顔は全く好みではないサクラちゃんだが、最近は結婚してもいいかなと思っている。




出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画