エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

出会い系



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

淫乱女がセフレと乱交

出会い系で出会ったセフレが私には、三人いる。

一度きりのセックスを愉しんだ相手なら、もう覚えきれないくらい。


セックスの相性がとてもよかった三人に厳選したセフレは、日替わりで私を愉しませてくれる。

月曜日は大学生のゆうと君。


スポーツ推薦で入っただけあって、筋肉質の引き締まった体と底なしの体力で私の性欲を満たしてくれるの。

水曜日はビジネスマンのひろと。


テクニックと言葉責めで、私の心と体を満足させてくれるの。

金曜日は私のお父様と同じくらいの年齢のタクヤさん。


考えもしなかったような斬新なプレイで、いつも私にセックスの奥の深さを教えてくれるの。

そして、日曜日は四人でセックスをする乱交パーティ。


女性は私一人だから、乱交じゃなくて、4Pなのかしら。

とにかく、四人で絡み合って、気を失うまでハメまくられるの。


おまんこにちんぽを入れられたまま、アナルにちんぽが入ってくるときのときめきといったら、何度味わってもたまらないのよ。

お口もちんぽで犯されて、穴という穴をちんぽでふさがれて、おもちゃみたいに扱われるのも、すごく興奮しちゃう。


タクヤさんが予約したラブホテルに着く頃には、私のおまんこはぐちゅぐちゅによだれをたらしているの。

いつも先に着いている三人の男性に、破かれそうなくらい乱暴に服を剥ぎ取られて、私は生まれたままの姿にされる。


裸で待っていた三人のちんぽは、筋が浮いているくらいびんびんで、どれもとってもおいしそう。

もうどのちんぽでもいいから早くおまんこに入れてって叫びたいくらいおまんこが疼いているのに、入れられたのはバイブだった。


さらに、バイブがズレないように、一度脱いだパンティをはかされる。

バイブのスイッチが入れられると、立っていられなくなって、私はラブホテルの床に座り込んでしまう。


ひろとが私にアイマスクをつけた。

「さあ、お嬢様、これから咥えていただくちんぽが誰のものか当てられたら、おまんこにもちんぽを咥えさせてあげますよ。」


私の唇にぬるりとしたちんぽが押し付けられた。

ぱくりと咥えて、舌で味わう。


バイブがおまんこを刺激していて、フェラチオに集中できない。

「お嬢様、いつまでもしゃぶってないで、答えてください。今、咥えているのは誰のちんぽ?」

「・・・ゆうと君?」


「残念。罰としてバイブの振動がさらに強くなります。」

ウィィィンと甲高い音を響かせながら、バイブが私のおまんこを責めたてている。


「じゃあ、これは誰のちんぽ?」

おまんこを責めるバイブに気をとられながら、口の中のちんぽに舌をはわせる。


一生懸命フェラチオしても、ちんぽの持ち主はうなり声ひとつもらさない。

「さあ、答えて?」

「ひろと。」


ひろとのちんぽは、ちょっと細くて長いので、他の二人よりわかりやすかった。

「正解。約束どおり、おまんこにちんぽを挿入しますよ。」


私はそっと床に寝かされて、パンティを脱がされ、バイブを抜き取られた。

バイブの振動がなくなっても、おまんこはじーんとしびれたようになっている。


アイマスクをされたまま、ひろとのちんぽが入ってくる感触を味わった。

私の体に欠けていたものが埋められたような満足感があった。


ほうっとため息をついた口に、またちんぽがねじこまれた。

これはたぶん、タクヤさんのちんぽだ。


「お嬢様、いつもより愛液が多いみたいですよ?」

根元までちんぽを入れ終わったひろとがからかうようにいいながら、クリトリスを指で弾いた。


快感が背筋を走り抜けて、おまんこをぎゅっとしめてしまう。

「相変わらず、しまりのいいおまんこで。こんなに淫乱なのにねえ。」


ゆうと君の舌が私の乳首を舐め始めた。

たまに、ちゅっと吸われるのも気持ちいい。


「そろそろ、アナルも使わせてくれよ。」

ゆうと君がじれたようにひろとにいうと、タクヤさんが私の口からちんぽを出した。


ゆうと君とタクヤさんに体を支えられ、寝そべったひろとに抱きつくような体位にされる。

アナルにどろりとしたローションを塗られて、ゆうと君のちんぽが一気に入ってきた。


この圧迫感がたまらなく興奮する。

アナルにちんぽが埋め込まれたところで、またタクヤさんのちんぽを口に咥えさせられた。


私はもう気持ちいいとしか思えない。

ひろとが私の乳首を強く吸いながら、長いちんぽでおまんこの奥を突く。


ゆうと君のちんぽがアナルから抜かれそうになる度、おなかの中のものが全部出てしまいそうになる。

タクヤさんのちんぽが口腔をやさしくなでていて、飴をしゃぶっているようなじんわりとした気持ちよさが広がる。


気持ちよさで意識が飛びそうになると、ひろとに名前をよばれて、我に返る。

「お嬢様は排卵日が近いのかな。おまんこがちんぽに絡み付いてきて、ちんぽを喰いちぎりそうだよ?」


「アナルもすげぇひくついてるし・・・。」

「お口の中もいつもより熱い気がしますな。」


ひろとのちんぽから精液がはじけて、私のおまんこは悦びできゅうきゅうしまった。

おまんこのついでにしめつけられたアナルにも、ゆうと君の精液を注ぎ込まれる。


すぐにゆうと君のちんぽが抜かれて、指でアナルに射精した精液をかきだされるのも、すごく気持ちがいいの・・・。

顔にもタクヤさんの精液をぶっかけられた。


タクヤさんは、顔射で私の顔を汚すのがとても好きらしい。

精液まみれになっても、まだまだ私の性欲はおさまらない。


今日も意識がなくなるまで、乱交の快楽に浸りたいと思う。


お尻フェチの美尻アナルファック

お尻フェチの俺は、バックでヤるのが大好きだ。

騎乗位で俺の上に伏せさせて、お尻を撫でまわしながらヤるのもイイが、よつんばいがつぶれたようなかっこうで、お尻だけ突き出させるっていうのが一番萌える。


出会い系で知り合ったサクラちゃんは、俺が今まで出会った中でナンバーワンの美尻の持ち主だ。

大きさ、やわらかさ、形、肌の色、全てがパーフェクトな美尻で、はじめてのセックスではお尻ばかりなでたり、舐めたりして、どん引きされた。


サクラちゃんのお尻は一日中さわっていてもながめていても、本当に飽きないすばらしい美尻なのだけれど、本人にはイマイチその感動を理解してもらえない。

サクラちゃんとのセックスを重ねるうちに、俺には贅沢な欲望が芽生えてしまった。


究極の美尻の持ち主であるサクラちゃんとのアナルセックスだ。

もちろん、アナルセックス未経験のサクラちゃんには拒まれた。


でも、絶対に痛くしないと粘り強い説得を続けて、どうにかアナルセックスへの興味をもたせることができた。

それからというもの、サクラちゃんとのセックスはますます悦びに満ちたものになった。


アナルの拡張という名目の元に、お尻をいじり放題に愛撫できるのだ。

おっぱいやおまんこへの愛撫も入念に行ったが、なんといっても、サクラちゃんのお尻を開発できるというのが何よりも嬉しかった。


まるで花のつぼみのように美しいサクラちゃんのアナルにキスして、舌で舐めて、少しずつ拡げていく間、私の両手は常にサクラちゃんのお尻をなでているのだ。

アナルの中に舌をすぼめて入れることも、ローションまみれにした指を本当に慎重に挿入することも、俺をすごく興奮させた。


サクラちゃんもまんざらイヤではないようで、俺がアナルを開発すると、おまんこが愛液でたいへんなことになり、おまんこの具合がどんどんよくなった。

人差し指を入れるだけでいっぱいだったサクラちゃんのアナルが次第に拡がっていき、受け入れられるバイブの大きさが俺のちんぽより太くなったところで、いよいよアナルセックスすることにした。


コンドームをつけたちんぽをローションでぬるぬるにして、バイブで十分にほぐしたアナルにゆっくりと挿入する。

おまんことは比べ物にならないほどキツい。


挿入する俺もかなり苦しくて、根元まで入れ終わったときには、すっかり息があがってしまっていた。

ちんぽの付け根が括約筋でしめつけられ、ちんぽ全体が腸壁でぴったりと覆われている。


アナルにちんぽを挿入して、お尻をなでていると、今まで感じたことのないほどの至福感に包まれた。

少しちんぽを動かすだけで、腰がしびれるほどの快感が突き抜ける。


ていねいなアナル開発がよかったのか、サクラちゃんにアナルセックスの適性があったのか、サクラちゃんもかなり感じていて、ほっとした。

いつまでもアナルにちんぽを入れていたかったが、サクラちゃんをイかせるために、俺は魅惑のお尻から手を離し、サクラちゃんのおまんことクリトリスを指でいじり始めた。


ちんぽが喰いちぎられそうにアナルがしまりまくる。

サクラちゃんがイくときのしまりといったら、アナルからちんぽが抜けなくなるんじゃないかと思うくらいだった。


初のアナルセックスに成功した俺は、それから、おまんことアナルに一回ずつ射精するようになった。

アナルセックスのときはお尻だけに集中できるように、おまんこにはバイブを入れ、クリトリスには専用ローターをつけることにした。


サクラちゃんも次第にアナルセックスの悦びに目覚めていき、おまんこにちんぽを挿入するときにも、アナルにバイブを入れてほしがるようになった。

アナルセックスのとりこになるにつれ、俺とサクラちゃんの関係は深くなっていき、サクラちゃんは俺に従順になった。


ある日、アナルセックスに興奮しすぎた俺は、サクラちゃんの美尻を平手でぶってしまった。

ぶったときの振動がアナルに挿入したちんぽに響いて、ほんのりと赤く色づくお尻がたまらなく愛おしかった。


いつもよりお互いに興奮したアナルセックスが終わった後、赤くはれたお尻に舌をはわせるのも、なんともたまらなかった。

鞭でぶって美尻を傷つけるようなことには興味がなかったが、平手でぶつという行為は麻薬のように俺をとりこにして、俺はアナルセックスのたびに、サクラちゃんの美尻をぶっていた。


洗濯ばさみで乳首をはさみ、クリトリスにローター、おまんこにバイブを咥えこむと、サクラちゃんのアナルはぱくぱくとちんぽをねだるようにひくつく。


ローションで濡らした指でアナルをえぐるようにほじりながら、おまんこに挿入したバイブを出し入れして、感じまくったサクラちゃんが絶頂を迎えると、

「淫乱!許可なくイくなんて、はしたないコだ!」

とののしりながら、美尻を平手でぶつ。


愛撫しているときに、サクラちゃんが体を震わせながら、

「イきそうです・・・もうイってしまいます・・・。」

と許可を求めても、


「ダメだ。まだイくな。我慢しろ!」

といいながら、さらに強く手を動かす。


お尻が赤くなるくらい平手でぶって、ローションまみれのアナルにアナルパールを埋め込んでいると、サクラちゃんは物足りない刺激に体をよじる。

「アナルにちんぽを入れてください。」

とサクラちゃんが懇願するまでじらしにじらしてからするアナルセックスは、最高としかいいようがない。


顔は全く好みではないサクラちゃんだが、最近は結婚してもいいかなと思っている。


出会い系で出会った童顔ロリのユナとコスプレでハメ撮り

出会い系で出会ったユナは、ヤバいくらいの童顔だった。

ロリコンじゃない俺としては、ロリ娘って感じのユナはそんなに好みではなかったんだけど、かわいい顔だし、巨乳だし、で、友達以上恋人未満な関係を続けていた。


ま、俺的にはセフレの一人っていう認識だったけど。

ユナは女優志望らしく、コスプレが好きで、いろんなコスプレをしたがった。


ナース服、セーラー服、チャイナドレス、メイド服、浴衣・・・どんなコスプレをしても、元がイイからかわいい。

ただ、女優ってよりは、グラビアユナドルとかAV女優の方がまだ現実味があるようなルックスなんだよなぁ・・・。


最近では、自分のブログを更新するのにハマっているらしく、コスプレした自分の画像をデジカメで撮ってくれと頼んでくる。

俺もキライじゃないので、カメラマン気取りで、コスプレしたユナにセクシーなポーズを撮らせては悦に入っていた。


女優を目指してますっていうブログだから、さすがにエロがメインの画像は載せられない。

でも、アクセスを集めるためには、男の下半身にズキュン!とくるような画像の方がいいに決まっている。


メイド服姿でよつんばいになって、雑巾がけをしているポーズを前後から撮るとか、ナース服で太ももをちらりとみせているポーズとか、いろいろ研究してみた。

ユナは巨乳だし、ロリ娘だから、ウケることはウケるんだけど、どーもなんだか物足りない。


なんとなく、ありがちって感じになってしまうのだ。

かといって、露骨な露出のエロい画像だと、ユナがイヤがるし。


俺はいかに露出をしないで、エロく見せるかに凝り始めた。

おっぱいやおまんこをむき出しにしている画像や動画なら、ネットにはいくらでも落ちている。


乳首やおまんこを隠しているうちは、みたいみたい!といわれるが、一度みせると満足して飽きられてしまうのが男の性ってもんだ。

コスプレ衣装の下には、ブラジャーもパンティもつけさせないで、時には、バイブやローターをつけることで、俺はユナの表情にエロさを出そうとした。


ブラジャーをつけないと、乳首が勃起したときに、目立ちやすくなる。

コスプレ衣装にこすれた乳首が敏感になるというオマケもある。


パンティをつけないと、パンチラしそうなポーズのときに、より羞恥心をあおることができる。

スカートに隠れたおまんこに、ローターやバイブでこっそり刺激を加えることで、ユナの瞳が色っぽく潤み、頬が上気し、誘うような表情になるのだ。


それがだんだんエスカレートしてきて、コスプレの撮影のついでに、ハメ撮りもさせてもらっている。

もちろん、ハメ撮りの画像は俺とユナ以外にはみせない。


ハメ撮りの画像は俺の個人的なコレクションになり、オナニーのおかずとして重宝していたりする。

セーラー服姿で、机に手をついて、バックでおまんこにちんぽを咥えこんでいるハメ撮り画像やスクール水着でオナニーしている画像が俺のお気に入りだ。


ユナは学生で十分通るルックスなので、学生服やブルマ、体操着、スクール水着のコスプレが超ハマる。

実在のお嬢様学校の制服のコスプレよりも、アニメや漫画の制服のコスプレの方がウケがいいあたり、ユナの適性は女優ではなく、オタク向けユナドルあたりのような気がするんだけど・・・。


今日も俺は、ユナとのコスプレハメ撮りを愉しむ。

人気アニメに出てくる学生服をコスプレしてることがわかる程度に脱がせて、まずは乳首が出ない程度におっぱいを露出させる。


ブラジャーなしの生乳を直によーく揉み揉みして、乳首を軽くしごいて勃起させたところで、ちょっと上気したものほしそうな表情のユナの姿態を撮る。

学生服がまくれあがって、おっぱいの下乳は見えているが、乳首はみえていない。


スカートをめくると、パンティをはいていないおまんこはもう愛液でぬるぬるになっていて、ちょっとワレメを指でなぞるだけで、つるんと奥まで呑みこんでしまいそうになる。

人差し指と親指で軽くクリトリスをいじって、つぷっとおまんこに人差し指の先っちょを入れて、上下に動かす。


にゅくにゅくっといやらしい音がして、ユナが眉を切なそうにしかめた。

その表情を含めた上半身だけ撮って、おまんこへの愛撫をもっと激しくする。


指を根元までおまんこに入れて、膣壁が指に喰らいついてくる感触を愉しむように上下左右にゆすぶった。

じわじわと指をおまんこから引き抜いて、第一関節だけおまんこの中に残して、ぐるぐると回す。


「もう・・・ダメぇ・・・早くおまんこにおちんぽ・・・ほしいよぉ・・・。」

感じやすいユナは、すぐに悲鳴をあげる。


でも、まだまだこれからだ。

俺はすでにとろとろになっているユナのおまんこに、バイブを挿入した。


スカートでおまんこがみえないようにして、バイブのスイッチを入れる。

「ああんっ!やだ!バイブいやだよぉ・・・!」


ユナはバイブでムリヤリにイかされてしまうのが、イヤらしい。

目に涙を浮かべて、頬を紅潮させている。


ユナの表情はセックスのときの感じてる顔っていうのがバレバレで、おまんこがみえていなくても、バイブかローターかちんぽで、激しく愛撫されているっていうのがわかってしまう。

「お願い・・・サトルのちんぽ、入れてぇ・・・。」


ユナの淫らな姿態といやらしいおねだりに、俺も我慢ができなくなって、バイブを抜いて、ちんぽを挿入した。

ユナのおまんこが気持ちよすぎて、ハメ撮りするのを忘れてしまいそうになる。


ちんぽを動かしては、デジカメのシャッターを押し、またちんぽでおまんこの奥を突く。

じれったい抽送にユナは、自分から腰を振り出す。


ユナの腰の動きに合わせて、ずんずんっとおまんこの奥を突いてやると、ユナは膣壁をびくびくと震わせてイってしまった。

「イくときは、ちゃんといえよ?」


無言で絶頂の快楽に耐えているユナのクリトリスを指でいじりながら、おまんこをちんぽでこすり続けると、強すぎる快感にユナは涙を流す。

「やぁん・・・それ・・・やだぁ・・・ごめんなさい・・・。」


ユナのエロい表情を撮ってから、俺は一気にスパートをかけて、ちんぽを動かした。

「あっ・・・やだ・・・ああっ・・・すごい・・・イくぅ・・・。」


ユナがあげるあえぎ声を遠くに聞きながら、俺は頭の中が真っ白になるほどの快感と共に、射精した。

ちんぽが白い精液を吐き出すたびに、腰にしびれるような快感が走る。


ハメ撮りは何度やっても興奮する。

しかも、毎回、オナニーのおかずになる画像がたんまり手に入る。


おかげで、最近の俺はズリネタに困らない。


出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>