エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

出会い系



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

美少女エリカとの出会い

出会い系で出会った少女のように若いエリカとラブホテルに行くのが最近の俺の楽しみだ。

エリカは小柄できゃしゃな体つきをしていて、俺の娘といっても誰も疑問に思わないくらい若い。


素直でかわいらしいエリカは、本当に理想の娘って感じで、女の子に恵まれなかった俺は、こんな娘がいたらなあと、うっとりしてしまう。

多少高いものでもおねだりされれば、ほいほい買ってしまいそうなのに、エリカのおねだりはいつもかわいいものばかりだ。


一緒にお風呂に入ってほしいとか、髪の毛を洗ってほしいとか。

どうもエリカは俺に父親を重ねているらしい。


俺は小さな娘を甘やかすように、エリカをかわいがっていた。

ま、普通、小さな娘とはセックスしたりしないが。


今日もラブホテルの大きなバスタブに、エリカと一緒に浸かる。

入浴剤で泡立ったお湯はエリカのささやかな微乳を隠しているが、みえそうでみえないもどかしさが俺を逆に興奮させる。


つるつるですべすべのエリカの白い肌。

成熟しきっていないエリカの若い肢体。


社会的には成人しているのに、発育が遅れた感じなのは性経験が未熟だからだろう。

エリカは処女ではなかったが、数回しかセックス経験がなかった。


俺に出会うまでは、セックスは痛いだけのものだと思っていたらしい。

まだ開発されていない体を少しずつ俺好みになじませていくのは、贅沢な悦びだった。


生まれてはじめてフェラチオする唇に、俺のちんぽを咥えさせ、小さな舌をつかわせた時は、喜びと興奮で体が震えた。

今も無邪気に俺に体を預けているエリカの体も心も、全て俺のもの。


俺の手にすっぽりとおおわれる微乳も、すぐに勃起する桃色の乳首も、薄い陰毛に隠されたおまんこも、俺がじっくり開発して、快楽を教え込んだ。

俺の手が軽くエリカの体をなでるだけで、エリカのおまんこはこれから与えられる快感を期待して、愛液をもらしはじめる。


両手でエリカの微乳とおまんこを弄んだ後、のぼせそうなので、バスタブに腰かけた。

エリカは俺の脚の間に座って、俺のゆるく勃起したちんぽに顔を寄せる。


ちんぽの根元を両手で支え、小さな唇に俺のちんぽを咥えるエリカは、とても嬉しそうで、俺の顔を上目づかいで窺っている。

俺が気持ちよさで眉をしかめると、ますます一生懸命フェラチオしてくれる。


いじらしいというか、いとおしいというか、それだけで胸がいっぱいになってしまう。

エリカの小さな口には、俺のちんぽは収まりきらない。


必死で奥の方まで咥え込もうとするが、亀頭がのどの奥をついて涙目になっている。

俺はエリカのアタマをぽんぽんとなでて、場所を入れ替えた。


「上手くフェラチオできなくて、ごめんなさい・・・。」

涙目のまま、しゅんとなっているエリカは俺の手で足を開かれて、おまんこに直接シャワーをかけられると、あわてて足を閉じようとした。


「フェラチオ、ずいぶん上手になっていたよ。ほら、足を開いて。おまんこ、キレイに洗えないだろう?」

エリカの小さなおまんこを指でなぞっていると、自分の指がひどく太くてごつごつしたものに感じられる。


膣口に中指の先をそっとあてがい、ゆっくりと奥まで入れると、狭いおまんこはもういっぱいいっぱいだ。

「自分でクリトリス、いじってごらん。」


俺はエリカにクリトリスでのオナニーを教えた。

俺に会えないときには、一人でこっそりオナニーしているらしい。


最初はぎこちなかった指使いも、すっかり手馴れたように、自分のクリトリスを責めている。

「おまんこの奥から愛液があふれてきたよ。気持ちいいのかい?」


エリカは潤んだ目で俺の顔をみつめながら、クリトリスをいじっている。

膣壁がきゅうんっと俺の中指をしめつけて、俺が指を動かすのを催促している。


愛液のすべりを借りて、中指を出し入れしつつ、俺はエリカの足の指をしゃぶった。

「ああっ!やだ・・・汚いよ・・・ダメ・・・。」


俺にしゃぶられている自分の足の指を驚いた表情でみつめているエリカにみせつけるように、いやらしく足の指をしゃぶってみせる。

エリカはいやがりながらも、興奮しているらしく、愛液がぐちゅぐちゅにあふれだした。


「かわいいエリカの体に汚いところなんてないさ。今度はおしりの穴を舐めてあげよう。」

バスルームの壁に手をつかせて、つるりとしたおしりを両手で開く。


「もっと足を開かないと、ちゃんと舐められないよ?」

「いや・・・恥ずかしい・・・。」


エリカは恥ずかしがりながらも、俺の命令に従順に足を開く。

鮮やかなピンクのアナルも愛液があふれているおまんこも、丸見えになった。


アナルのしわの一本一本を伸ばすように、舌で舐める。

「やぁん・・・お願い・・・もう・・・。」


おまんこにあふれている愛液をアナルに移動させるように、おまんこからアナルまで何度も舐めあげた。

「あん・・・はあ・・・ああっ・・・。」


指でクリトリスを刺激しながら、クンニすると、エリカは気持ちよさそうな声をあげはじめる。

愛液と唾液で十分に濡れたアナルに、中指を入れると、エリカは体をのけぞらせて、悲鳴をあげた。


「ああっ!そんなところに指を入れちゃやだ・・・。」

反対の手の中指をおまんこに入れると、薄い肉の壁ごしに指の感触がよくわかる。


いずれこのかわいらしいアナルも開発して、アナルセックスもできるように仕込んでやろう。

俺はエリカのアナルとおまんこから指を抜き、すっかりぬるくなったお風呂に浸かった。


「おまんこにちんぽを入れたかったら、自分で咥え込みなさい。」

勃起したちんぽを手で支えながら促すと、エリカは素直に俺の脚の上にまたがり、おまんこにちんぽを挿入した。


まだ挿入時には痛みがあるようで、苦しそうな表情を浮かべているが、ゆっくりと出し入れしているうちに、気持ちよさそうな表情に変わる。

水中でのセックスは、刺激がゆるやかでいつもより長く楽しめそうだ。


俺はエリカの体を抱きしめて、下からおまんこを突き上げながら、まったりとしたセックスを味わった。

金髪の外人とハメハメ

出会い系で出会ったケリーは、金髪の外人だった。

たまに、メールの文面がおかしかったりしたので、不思議に思っていたけど、まさか外人だとは思わなかった。


ケリーは留学生で、外人好きの男には興味がなく、普通に恋愛してみたかったらしい。

たしかに、モデルのように美人で、金髪巨乳のケリーをみれば、誰でもヤりたいっていうのが先行してしまうだろう。


地味なオタク系の俺とケリーじゃ、全然、つり合いが取れないが、なぜかケリーは俺を気に入り、積極的に迫ってきた。

一人暮らしの俺の部屋で、露出の多い肢体をすり寄せてこられたら、俺みたいな童貞卒業したての男はひとたまりもない。


ぎこちなくケリーを押し倒し、唇を合わせると、俺の口の中にケリーの舌が入ってきた。

俺はなんだかウニを思い出しながら、やわらかなケリーの舌の感触に酔っていた。


歯をなぞられ、舌の裏をちろちろと舐められ、アタマがぼうっとしてくる。

「ケイジのウタマロみせて?」


ウタマロってなんだ?と思っていると、ケリーの手は俺のズボンを脱がし、トランクスまで下げようとした。

「ウタマロってちんぽかよ!?」


動揺して、思わず叫んでしまう。

「ちんぽ?ケイジのコレ、ちんぽっていう?」


ケリーの手がトランクスの上から、俺の勃起したちんぽをこすって、俺はあひぃんと声をあげそうになった。

「そ、そうだよ。ウタマロじゃなくて、ちんぽっていうんだ。」


「ね、ダメ?ケイジのちんぽみたい・・・。」

ケリーが上目づかいでおねだりしてくるので、俺は抵抗しきれなくなった。


「いいけど、ケリーもみせて。」

「オッケー!私から脱ぐね!」


ケリーはあっという間に服を脱いで、裸になった。

すごいボリュームの巨乳。


すらりとした長い脚。

そして、つるつるのパイパン・・・。


な、なんでおまんこに陰毛がないんだ?

またしても動揺しているうちに、俺はトランクスを剥がれた。


興奮して勃起しているちんぽは隠しようもない。

「すごいねー!ケイジのちんぽ、立派♪」


ケリーは嬉しそうに俺のちんぽを咥えようとする。

「ちょっと待って・・・何するつもり?」


「何って、セックス?」

俺のちんぽの根元を手でつかんだまま、ケリーは不思議そうに首をかしげて俺をみる。


「ちんぽエレクトしてるから、ケイジもイヤじゃないでしょ?」

俺が返事するより早く、俺のちんぽはケリーの口に咥えられた。


フェラチオ初体験の俺は、ケリーの口に咥えられている俺のちんぽをみてるだけでも、射精してしまいそうだった。

ちんぽを舐めまわしている舌がありえないほど気持ちいい。


ケリーの指が玉袋をやさしくもんでいて、俺はどんどん追いつめられていった。

「出るよ・・・もうダメ・・・。」


アタマの中が真っ白にスパークして、俺はケリーの口の中に口内発射してしまった。

ちゅうっと吸い上げられて、口からゆっくりちんぽを出されても、俺のちんぽは大きくなったままだ。


ケリーは口内発射された俺の精液をごっくんと飲み干すと、満足そうに舌なめずりした。

「ケイジのちんぽ、おいしいよ。アタシのヴァギナも食べて?」


濡れ濡れになったパイパンおまんこを目の前で拡げられて、俺は夢中でクンニした。

「イイ・・・ケイジ上手・・・ソコ・・・。」


ケリーはクンニしている俺の顔をみつめながら、あえぎ声をあげ続けた。

パイパンのおまんこはすごくクンニしやすくて、愛液がたくさんでてくる。


ケリーの反応のよさに気をよくした俺は、ケリーのおまんこに指を挿入した。

「はうんっ!・・・はあ・・・ああっ・・・。」


俺が指を動かすたびに、ケリーはイイ声であえぐ。

オウ!とかカモン!とかいわれなくてよかったと思いつつ、俺はケリーのいいところを指で刺激し続けた。


クリトリスをちゅうっと強く吸いながら、おまんこの奥を指でゆすぶっていると、アイはおまんこをびくびくと痙攣させた。

「すごい・・・よかった・・・。」


うっとりとした顔で俺をみるので、

「ああ、イったんだね。」


というとケリーは、

「イく・・・イくっていうのね・・・。」


おまんこをぴくぴくさせながら、つぶやいた。

イくときにはちゃんと報告するようにいってから、俺はケリーのおまんこへの愛撫を続けた。


一度イったケリーのおまんこは、ちょっとの刺激ですぐにイってしまう。

「イくぅ・・・またイく・・・。」


何度もイってぐったりしたケリーは、勃起したままの俺のちんぽを手で握りながら、

「もうケイジのちんぽほしい・・・。」


とねだった。

俺はコンドームをつけて、愛液でどろどろになっているケリーのおまんこに挿入した。

「大きい・・・ケイジのちんぽ、大きくて硬いね・・・。」


指マンで何度もイっていたケリーは、俺のちんぽを挿入されて、さらに大きな声であえいだ。

「イイっ!おかしくなりそう!ああっ!もっとぉ・・・。」


乱暴なくらい激しくちんぽを出し入れすると、ケリーは悲鳴のような声をあげながら、俺にしがみついてくる。

ケリーとのセックスはやみつきになるくらいよかった。


その後も、ケリーの巨乳でパイズリしてもらったり、淫語をわざとたくさん教えたりして、ケリーとのセックスを愉しんだ。

ケリーの帰国とともに、俺たちの関係は終わってしまったが、ケリーとのセックスは俺の青春のすばらしい宝物だ。

処女のロリ美少女と生ハメ

出会い系で出会ったカズミは、ゴスロリファッションが大好きな女の子だった。

ゴスロリファッションに身を包んだカズミは、まるで動く人形みたいで、かわいいけど、あんまりセックスの対象って感じはしない。


俺は妹の遊びに付き合ってやる感覚で、カズミとお子様デートを繰り返していた。

無表情で人みしりな感じのカズミがたまに笑顔をみせたりすると、妙に嬉しくて野生動物を手懐けたような達成感があったし。


ドライブの後、いつもようにカズミのうちまで送ろうとしたら、

「どうして、ナオジは私になにもしないの?」


とカズミがつぶやいた。

「なにかしてほしいの?」


ってきくと、

「うん。」


真剣な表情で答える。

俺は車をとめて、カズミの手をにぎった。


冷たくて、小さなカズミの手はちょっと震えていて、カズミの緊張を伝えてくる。

ぐいっとカズミの体を引き寄せて、唇を重ねるだけのキスをした。


ふんわりといい香りが俺をうっとりとさせて、初恋のときめきみたいなものを思い出した。

「ラブホテルに行く?」


ラブホテルに着くまで、なんかヘンに緊張した。

シャワーを浴びて、バスローブを着たカズミは、かわいらしい少女のようで、恥ずかしそうにしているのがなんともたまらなかった。


もじもじしているカズミの手を強引にひいて、ベットに押し倒して、覆いかぶさる。

痕がつかない程度に首筋に強めのキスをして、鎖骨を舌でなぞった。


「これ、脱がすぞ。」

バスローブに手をかけて、一気に開く。


ぎゅっと目を閉じて恥ずかしそうにしているカズミは、緊張で体をこわばらせているが全く抵抗しない。

バスローブで隠されていた透き通るように白くて、きれいなカズミの裸体が俺の目の前に現れた。


人形のように均整のとれた幼さの残る肢体は、きゃしゃな感じで力をいれると折れてしまいそうだ。

ちんまりとした微乳の上の桜色の乳首が、白い肌に映えている。


思った以上に細いウエストの下のおまんこには、毛が生えていないため、子供のようにもみえる。

自分で陰毛を剃ってパイパンにしてるわけでもないようなので、体質的に陰毛が生えないのだろう。


「なあ、今まで誰かとセックスしたことある?」

すべすべの肌の感触を愉しむように、体をなでまわしながらきくと、カズミはびくびくと体を震わせながら、


「ないよ・・・。処女とするなんて重くてイヤ?」

「イヤじゃないけど、処女だとたぶん、かなり痛いぞ。」


俺は軽く乳首をつまみながら、カズミの表情を観察した。

オナニーもしてなさそうだから、カズミの体は完全に未開発の状態だ。


おっぱいは乳首も含めて、愛撫してもほとんど反応がない。

乳首をしゃぶってみても、くすぐったがるばかりで、あまり効果がなかった。


カズミの足元に座って、おまんこをじっくりとほぐすことにする。

足を大きく開かせて、むき出しにしたおまんこはまだあまり濡れていない。


唇でついばむように、小陰唇や膣口を刺激して、舌で全体を舐めまわした。

「気持ちいい?くすぐったい?」


「なんか・・・ヘンな感じ・・・。」

カズミの反応は舌がクリトリスに触れた瞬間に、変わった。


「あ・・・そこ・・・気持ちいい・・・かも・・・。」

れろれろと舌で舐めて十分に濡らしてから、指でやさしくクリトリスをこすると、カズミのあえぎ声はだんだん大きくなってきた。


「あんっ・・・イイ・・・なんか・・・きちゃう・・・。」

カズミは体を仰け反らせて、イったようだ。


はあはあと荒い息をしているカズミが力を抜いている間に、自分でしゃぶってよだれをたっぷりつけた人差し指をカズミのおまんこにゆっくりと挿入した。

狭い・・・指一本入れるのも、かなりキツい。


指先に抵抗感があったので、これが処女膜ってやつだろう。

指で破るのはもったいない気もするが、いきなりちんぽを挿入したら、痛すぎてセックス恐怖症になりかねない。


ぐっと指先に力をこめて、おまんこの奥まで指を押し込んだ。

じっくり指でおまんこを拡げて、なんとか指を三本入れられるようになったところで、クリトリスを舌で舐めた。


膣壁が指をきゅうきゅうとしめつけて、かなり感じているのが伝わってくる。

「さっきより、すごく気持ちいいよ・・・。」


おまんこから指を抜くと、赤い血がついていた。

亀頭を膣口にあてがうと、じわじわとおまんこに挿入する。


「や、やっぱり、イヤ・・・今日はやめよう?」

亀頭がおまんこに入った状態で、いまさらやめられるわけがない。


「・・・悪い。もうムリ。」

さらに、ぐぐっとちんぽを奥に入れると、カズミが悲鳴をあげた。


「やだ・・・痛いよ・・・大き過ぎ・・・ムリだってば・・・。」

後ろに後ずさろうとするカズミのウエストを押さえ込んで、強引にちんぽを入れ続ける。


陵辱するつもりなんてなかったのに、結果的に、陵辱になってしまった。

俺はおまんこにちんぽを入れかけてからやめられるほど、理性が強くない。


ぐすぐすと泣き声をあげているカズミに、罪悪感を感じたものの、逆に、激しく興奮してしまった。

「痛い・・・おまんこ裂けちゃうよ・・・。」


カズミの頬を涙が伝っていく。

ちんぽを根元まで入れた俺は、舌でカズミの涙を舐めとった。


「ごめん・・・男は途中でやめられないんだよ。」

このまま陵辱で終わってしまっては、後味が悪いので、俺はちんぽを動かしたいのを必死でこらえた。


激しく動かしたい気持ちを我慢して、ゆっくりゆっくりちんぽを動かしたが、カズミは痛がるばかりで、ちっとも気持ちよくならなかった。

あきらめておまんこからちんぽを抜き、手でしごいて、ティッシュに射精すると、俺は血を流しているカズミのおまんこを眺めた。


もっと急がずに日にちをかけてカズミの体を開発していれば、陵辱まがいの初体験をさせずにすんだのかもしれない。

その日でカズミとの関係は終わってしまった。


俺は処女とのセックスはもうイヤだと思った。



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画