エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。

出会い系



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

処女のロリ美少女と生ハメ

出会い系で出会ったカズミは、ゴスロリファッションが大好きな女の子だった。

ゴスロリファッションに身を包んだカズミは、まるで動く人形みたいで、かわいいけど、あんまりセックスの対象って感じはしない。


俺は妹の遊びに付き合ってやる感覚で、カズミとお子様デートを繰り返していた。

無表情で人みしりな感じのカズミがたまに笑顔をみせたりすると、妙に嬉しくて野生動物を手懐けたような達成感があったし。


ドライブの後、いつもようにカズミのうちまで送ろうとしたら、

「どうして、ナオジは私になにもしないの?」


とカズミがつぶやいた。

「なにかしてほしいの?」


ってきくと、

「うん。」


真剣な表情で答える。

俺は車をとめて、カズミの手をにぎった。


冷たくて、小さなカズミの手はちょっと震えていて、カズミの緊張を伝えてくる。

ぐいっとカズミの体を引き寄せて、唇を重ねるだけのキスをした。


ふんわりといい香りが俺をうっとりとさせて、初恋のときめきみたいなものを思い出した。

「ラブホテルに行く?」


ラブホテルに着くまで、なんかヘンに緊張した。

シャワーを浴びて、バスローブを着たカズミは、かわいらしい少女のようで、恥ずかしそうにしているのがなんともたまらなかった。


もじもじしているカズミの手を強引にひいて、ベットに押し倒して、覆いかぶさる。

痕がつかない程度に首筋に強めのキスをして、鎖骨を舌でなぞった。


「これ、脱がすぞ。」

バスローブに手をかけて、一気に開く。


ぎゅっと目を閉じて恥ずかしそうにしているカズミは、緊張で体をこわばらせているが全く抵抗しない。

バスローブで隠されていた透き通るように白くて、きれいなカズミの裸体が俺の目の前に現れた。


人形のように均整のとれた幼さの残る肢体は、きゃしゃな感じで力をいれると折れてしまいそうだ。

ちんまりとした微乳の上の桜色の乳首が、白い肌に映えている。


思った以上に細いウエストの下のおまんこには、毛が生えていないため、子供のようにもみえる。

自分で陰毛を剃ってパイパンにしてるわけでもないようなので、体質的に陰毛が生えないのだろう。


「なあ、今まで誰かとセックスしたことある?」

すべすべの肌の感触を愉しむように、体をなでまわしながらきくと、カズミはびくびくと体を震わせながら、


「ないよ・・・。処女とするなんて重くてイヤ?」

「イヤじゃないけど、処女だとたぶん、かなり痛いぞ。」


俺は軽く乳首をつまみながら、カズミの表情を観察した。

オナニーもしてなさそうだから、カズミの体は完全に未開発の状態だ。


おっぱいは乳首も含めて、愛撫してもほとんど反応がない。

乳首をしゃぶってみても、くすぐったがるばかりで、あまり効果がなかった。


カズミの足元に座って、おまんこをじっくりとほぐすことにする。

足を大きく開かせて、むき出しにしたおまんこはまだあまり濡れていない。


唇でついばむように、小陰唇や膣口を刺激して、舌で全体を舐めまわした。

「気持ちいい?くすぐったい?」


「なんか・・・ヘンな感じ・・・。」

カズミの反応は舌がクリトリスに触れた瞬間に、変わった。


「あ・・・そこ・・・気持ちいい・・・かも・・・。」

れろれろと舌で舐めて十分に濡らしてから、指でやさしくクリトリスをこすると、カズミのあえぎ声はだんだん大きくなってきた。


「あんっ・・・イイ・・・なんか・・・きちゃう・・・。」

カズミは体を仰け反らせて、イったようだ。


はあはあと荒い息をしているカズミが力を抜いている間に、自分でしゃぶってよだれをたっぷりつけた人差し指をカズミのおまんこにゆっくりと挿入した。

狭い・・・指一本入れるのも、かなりキツい。


指先に抵抗感があったので、これが処女膜ってやつだろう。

指で破るのはもったいない気もするが、いきなりちんぽを挿入したら、痛すぎてセックス恐怖症になりかねない。


ぐっと指先に力をこめて、おまんこの奥まで指を押し込んだ。

じっくり指でおまんこを拡げて、なんとか指を三本入れられるようになったところで、クリトリスを舌で舐めた。


膣壁が指をきゅうきゅうとしめつけて、かなり感じているのが伝わってくる。

「さっきより、すごく気持ちいいよ・・・。」


おまんこから指を抜くと、赤い血がついていた。

亀頭を膣口にあてがうと、じわじわとおまんこに挿入する。


「や、やっぱり、イヤ・・・今日はやめよう?」

亀頭がおまんこに入った状態で、いまさらやめられるわけがない。


「・・・悪い。もうムリ。」

さらに、ぐぐっとちんぽを奥に入れると、カズミが悲鳴をあげた。


「やだ・・・痛いよ・・・大き過ぎ・・・ムリだってば・・・。」

後ろに後ずさろうとするカズミのウエストを押さえ込んで、強引にちんぽを入れ続ける。


陵辱するつもりなんてなかったのに、結果的に、陵辱になってしまった。

俺はおまんこにちんぽを入れかけてからやめられるほど、理性が強くない。


ぐすぐすと泣き声をあげているカズミに、罪悪感を感じたものの、逆に、激しく興奮してしまった。

「痛い・・・おまんこ裂けちゃうよ・・・。」


カズミの頬を涙が伝っていく。

ちんぽを根元まで入れた俺は、舌でカズミの涙を舐めとった。


「ごめん・・・男は途中でやめられないんだよ。」

このまま陵辱で終わってしまっては、後味が悪いので、俺はちんぽを動かしたいのを必死でこらえた。


激しく動かしたい気持ちを我慢して、ゆっくりゆっくりちんぽを動かしたが、カズミは痛がるばかりで、ちっとも気持ちよくならなかった。

あきらめておまんこからちんぽを抜き、手でしごいて、ティッシュに射精すると、俺は血を流しているカズミのおまんこを眺めた。


もっと急がずに日にちをかけてカズミの体を開発していれば、陵辱まがいの初体験をさせずにすんだのかもしれない。

その日でカズミとの関係は終わってしまった。


俺は処女とのセックスはもうイヤだと思った。

メガネ美女と生ハメ

メガネフェチの俺は、メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう。

スレンダーで知的なメガネ美人のお姉さんといつかメガネをかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。


俺のその夢は、出会い系で叶えることができた。

バリバリのキャリアウーマンだというさゆりは、仕事が忙しくて彼氏を作る余裕がなく、性欲処理のために、セフレを探していたらしい。


ニュースキャスターのような知的な美人で、フレームレスのメガネが似合う夢に描いたような理想のお姉さんだった。

さゆりの仕事は忙しいので、会う約束をドタキャンされることもしょっちゅうだ。


かと思えば、平日の夜に急に呼び出されることもある。

でも、さゆりとセフレでいられるだけで、俺はしあわせだった。


セミロングの髪をかっちりとまとめ、スーツに身を包み、メガネをかけているさゆりをみるだけで、俺のちんぽはすぐにかちかちに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまう。

さゆりは俺をじらすように、一枚一枚ていねいに服を脱ぎ、ハンガーにかけていく。


俺が一番、萌えてしまうのは、シャツのボタンを全てはずしてブラジャーに包まれた美乳をちらつかせ、シャツのすそから小さなパンティとガーターベルトで吊られたストッキングに覆われたすらりとした脚が見えている状態だ。

三回に一回は我慢できずに抱きついて、さゆりに叱られている。


さゆりの休みの前日に会えたときは、たいてい朝までハメまくりだ。

あんまり何度も射精するから、最後の方はほとんど精液がでなくなってしまう。


今日も朝までハメまくりコースだから、ずっとオナニーをこらえていた。

実際にラブホテルで二人きりになるまでは、ドタキャンされないかとヒヤヒヤものだ。


さゆりがジャケットをハンガーにかけ、タイトスカートを脱いでいるのを俺は服を脱ぎながら、じっとみつめる。

さゆりのストリップは何度みても飽きない。


今日のパンティは光沢のある赤で、さゆりの白い肌と黒いストッキングに映えている。

ガーターベルトって、なんでこんなにいやらしいんだろう。


まるで、ストッキングをはいたままヤるために作られたような下着だ。

さゆりがシャツのボタンをはずしていき、赤いブラジャーと美乳がみえはじめる。


とっくに全裸になり、ちんぽを勃起させていた俺はさゆりに飛びついた。

「あんっ!もうよしおはせっかちなんだから。」


おっぱいをもみながら、キスをせがむと、さゆりは苦笑しながら、応じてくれる。

にゅるにゅるといやらしいキスをしているだけで、俺のちんぽはどんどん充血していく。


「んふ・・・うン・・・はぁ・・・今日もよしおのちんぽ、元気に勃ってるわね。」

メガネをかけたさゆりの表情がちょっと上気していて、たまらなく色っぽい。


俺はブラジャーをズラして、まずは美乳にごあいさつした。

ふわふわのマシュマロみたいな感触の美乳はさわっているだけで、俺を癒してくれる。


濃いピンクの乳首にキスして、もう片方の乳首を指でやさしくさわる。

「ん・・・ねえ、早くほしいの。」


さゆりは待ちきれなくなったのか、自分でパンティを脱いだ。

さゆりの足元に座って、立ったままのさゆりのおまんこをクンニする。


ワレメを舐めながら、さゆりの顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。

「おまんこ、すごく濡れてる・・・。」


「よしおに会うときは、いつも朝からおまんこが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだから。」

「そんなこといったら、もう我慢できないよ。」


俺はさゆりがトイレでオナっているのを妄想して、鼻血を噴きそうになってしまった。

「もうクンニはいいから、よしおのちんぽ入れて。」


さゆりは壁に手をつき、つるりとしたおしりを俺に向けた。

俺はすぐに立ち上がり、先走りでぬるぬるの亀頭でワレメをなでる。


「いじわるぅ!早く入れてぇ!」

俺を振り返っておねだりするさゆりの顔がかわいくて、俺は一気にちんぽを奥まで挿入した。


「ああんっ!」

さゆりが体をのけぞらせて、嬌声をあげる。


メガネをしている顔がみえない立ちバックはあまり好きではないが、とりあえず、さゆりのウエストを
つかんで、ぱんぱんと腰を打ち付ける。

「これぇ・・・硬くて太いよしおのちんぽがほしかったの・・・。」


俺がずんっと突くたびに、さゆりはあえぎ声をあげながら、体を震わせる。

さゆりの息が荒くなってきたところで、俺は一度おまんこからちんぽを抜いた。


「やだぁ!なんで抜いちゃうの?」

感じすぎて真っ赤になった顔で、不満そうに俺を振り返るさゆりの顔がみたいからだ。


そのままさゆりをベットに連れて行き、今度は正常位で再挿入する。

「はぁぁぁんっ!」


さゆりが悦びの声を上げながら俺にしがみついてくる。

「イイっ!よしおのちんぽ、すごくイイよ!」


ストッキングをはいたままの脚を持ち上げて、俺の肩の上にのせ、おまんこの奥を突いてやると、さゆりはすぐにイきそうになる。

「おまんこの奥を突かれながら、クリトリスをさわられるの、大好きだよね。」


俺は指でクリトリスをいじりながら、勃起した乳首を軽く噛んだ。

「やっ!イく!イっちゃう!」


さゆりのおまんこがぎゅうっとしまる。

メガネの下の目がうっすらと涙を浮かべる。


一度さゆりがイったところで、俺は脚の角度を変えながら、何度も何度もちんぽでおまんこをこすり続ける。

射精感をこらえながら、俺はさゆりの恍惚としたイキ顔を目に焼き付けた。

淫乱女がセフレと乱交

出会い系で出会ったセフレが私には、三人いる。

一度きりのセックスを愉しんだ相手なら、もう覚えきれないくらい。


セックスの相性がとてもよかった三人に厳選したセフレは、日替わりで私を愉しませてくれる。

月曜日は大学生のゆうと君。


スポーツ推薦で入っただけあって、筋肉質の引き締まった体と底なしの体力で私の性欲を満たしてくれるの。

水曜日はビジネスマンのひろと。


テクニックと言葉責めで、私の心と体を満足させてくれるの。

金曜日は私のお父様と同じくらいの年齢のタクヤさん。


考えもしなかったような斬新なプレイで、いつも私にセックスの奥の深さを教えてくれるの。

そして、日曜日は四人でセックスをする乱交パーティ。


女性は私一人だから、乱交じゃなくて、4Pなのかしら。

とにかく、四人で絡み合って、気を失うまでハメまくられるの。


おまんこにちんぽを入れられたまま、アナルにちんぽが入ってくるときのときめきといったら、何度味わってもたまらないのよ。

お口もちんぽで犯されて、穴という穴をちんぽでふさがれて、おもちゃみたいに扱われるのも、すごく興奮しちゃう。


タクヤさんが予約したラブホテルに着く頃には、私のおまんこはぐちゅぐちゅによだれをたらしているの。

いつも先に着いている三人の男性に、破かれそうなくらい乱暴に服を剥ぎ取られて、私は生まれたままの姿にされる。


裸で待っていた三人のちんぽは、筋が浮いているくらいびんびんで、どれもとってもおいしそう。

もうどのちんぽでもいいから早くおまんこに入れてって叫びたいくらいおまんこが疼いているのに、入れられたのはバイブだった。


さらに、バイブがズレないように、一度脱いだパンティをはかされる。

バイブのスイッチが入れられると、立っていられなくなって、私はラブホテルの床に座り込んでしまう。


ひろとが私にアイマスクをつけた。

「さあ、お嬢様、これから咥えていただくちんぽが誰のものか当てられたら、おまんこにもちんぽを咥えさせてあげますよ。」


私の唇にぬるりとしたちんぽが押し付けられた。

ぱくりと咥えて、舌で味わう。


バイブがおまんこを刺激していて、フェラチオに集中できない。

「お嬢様、いつまでもしゃぶってないで、答えてください。今、咥えているのは誰のちんぽ?」

「・・・ゆうと君?」


「残念。罰としてバイブの振動がさらに強くなります。」

ウィィィンと甲高い音を響かせながら、バイブが私のおまんこを責めたてている。


「じゃあ、これは誰のちんぽ?」

おまんこを責めるバイブに気をとられながら、口の中のちんぽに舌をはわせる。


一生懸命フェラチオしても、ちんぽの持ち主はうなり声ひとつもらさない。

「さあ、答えて?」

「ひろと。」


ひろとのちんぽは、ちょっと細くて長いので、他の二人よりわかりやすかった。

「正解。約束どおり、おまんこにちんぽを挿入しますよ。」


私はそっと床に寝かされて、パンティを脱がされ、バイブを抜き取られた。

バイブの振動がなくなっても、おまんこはじーんとしびれたようになっている。


アイマスクをされたまま、ひろとのちんぽが入ってくる感触を味わった。

私の体に欠けていたものが埋められたような満足感があった。


ほうっとため息をついた口に、またちんぽがねじこまれた。

これはたぶん、タクヤさんのちんぽだ。


「お嬢様、いつもより愛液が多いみたいですよ?」

根元までちんぽを入れ終わったひろとがからかうようにいいながら、クリトリスを指で弾いた。


快感が背筋を走り抜けて、おまんこをぎゅっとしめてしまう。

「相変わらず、しまりのいいおまんこで。こんなに淫乱なのにねえ。」


ゆうと君の舌が私の乳首を舐め始めた。

たまに、ちゅっと吸われるのも気持ちいい。


「そろそろ、アナルも使わせてくれよ。」

ゆうと君がじれたようにひろとにいうと、タクヤさんが私の口からちんぽを出した。


ゆうと君とタクヤさんに体を支えられ、寝そべったひろとに抱きつくような体位にされる。

アナルにどろりとしたローションを塗られて、ゆうと君のちんぽが一気に入ってきた。


この圧迫感がたまらなく興奮する。

アナルにちんぽが埋め込まれたところで、またタクヤさんのちんぽを口に咥えさせられた。


私はもう気持ちいいとしか思えない。

ひろとが私の乳首を強く吸いながら、長いちんぽでおまんこの奥を突く。


ゆうと君のちんぽがアナルから抜かれそうになる度、おなかの中のものが全部出てしまいそうになる。

タクヤさんのちんぽが口腔をやさしくなでていて、飴をしゃぶっているようなじんわりとした気持ちよさが広がる。


気持ちよさで意識が飛びそうになると、ひろとに名前をよばれて、我に返る。

「お嬢様は排卵日が近いのかな。おまんこがちんぽに絡み付いてきて、ちんぽを喰いちぎりそうだよ?」


「アナルもすげぇひくついてるし・・・。」

「お口の中もいつもより熱い気がしますな。」


ひろとのちんぽから精液がはじけて、私のおまんこは悦びできゅうきゅうしまった。

おまんこのついでにしめつけられたアナルにも、ゆうと君の精液を注ぎ込まれる。


すぐにゆうと君のちんぽが抜かれて、指でアナルに射精した精液をかきだされるのも、すごく気持ちがいいの・・・。

顔にもタクヤさんの精液をぶっかけられた。


タクヤさんは、顔射で私の顔を汚すのがとても好きらしい。

精液まみれになっても、まだまだ私の性欲はおさまらない。


今日も意識がなくなるまで、乱交の快楽に浸りたいと思う。




出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画