よく行くサロンのセラピストに、レズっぽい感情を抱いてしまうようになったのは、彼氏いない暦が長くなりすぎたからかもしれない。

ボーイッシュでさわやかなヒトミさんの手でマッサージされると、エッチな気持ちになってしまって、あえぎそうになるのを必死でこらえる。


おっぱいの近くや足の付け根をすべらせるようにマッサージされるたびに、おまんこから愛液があふれてしまうのがわかる。

オイルマッサージだから、カーテンで仕切られた狭い空間にヒトミさんと二人きりだ。


私はパンティ一枚で、ベットに横たわっている。

カーテンごしに他の人の話し声や気配がするのも、私をひどく興奮させた。


股関節をストレッチするために、脚をかかえられて、ぐるぐると大きく回されるたびに、私のおまんこはくちゅっぬちゅって音を立てていて、ヒトミさんに気づかれるんじゃないかとどきどきしていた。

「今日は乳がん予防のためのマッサージもしますか?」


ヒトミさんがにこにこしながらきいてくるので、何の疑問ももたずに、
「お願いします。」
と答えてしまった。

オイルをたっぷりとつけた手が私のおっぱいをちょっと強くもみこむ。


たまに、手のひらや指が乳首をかすめると、あえぎ声がもれてしまいそうだ。

「特にしこりはないみたいですね。」


おっぱいをもみながら、ヒトミさんが冷静な口調でいうけど、返事できる余裕はない。

今までセックスした男がおっぱいを愛撫したときにも、こんなに感じたことなかったのに。


「マイさん、すごく敏感ですよね。ちょっとレズっぽい気持ちになったりして。」

ヒトミさんは照れたように笑いながら、冗談めかして私の耳元にささやいた。


ああ、このまま、レズプレイできたら、どんなに気持ちいいんだろう。

私はほうっとため息をついた。


「次は、おなかに移りますね。」

おなかをやさしくヒトミさんの手がなでている。


おっぱいをもまれて火がついた私の体は、おなかをさわられても、感じてしまう。

「だ、大丈夫ですか?顔が真っ赤ですよ。」


あえぎ声をこらえすぎて、真っ赤になった私の顔をみて、ヒトミさんが手を止める。

「大丈夫・・・平気だから。」


ヒトミさんの手で、太もも、すね、足の指の一本一本まで、ていねいにマッサージされて、私のおまんこはすっかりびちゃびちゃになった。

・・・私は夢心地で、少し眠ってしまったみたい。


気がついたら、ヒトミさんの顔が私をのぞきこんでいた。

「お疲れだったんですね。」


バスタオルがかけられた体を起こすと、壁にかかった時計が20時になっていた。

「ごめんなさい!私ったら・・・。」


夕方までしか営業していないこのサロンは、とっくに閉店時間を過ぎていた。

「いいんですよ。マイさん、気持ちよさそうに眠ってたし。私、ヒマ人ですから。」


サロンの中は静まりかえっていて、私とヒトミさんの二人きりだった。

「失礼なことを伺いますけど、マイさんって、レズじゃないですよね?」


ヒトミさんはためらいがちに、私にきいてきた。

「レズじゃないんですけど、なんかヒトミさんにさわられると気持ちよくて・・・。エッチな気分になっちゃうんです。」


「それはたぶん、私がわざとエッチなさわりかたしてるから、かな?」

ヒトミさんはいたずらっぽく微笑むと、私にキスした。


驚いたけど、全然イヤじゃなくて、私はヒトミさんの舌に自分の舌を絡めた。

「いつも色っぽい表情するから、理性が飛んじゃいそうだった。」


ちゅっちゅっとキスをしながら、ヒトミさんが甘くささやく。

バスタオルが落ちて、むき出しになったおっぱいをやさしく強く愛撫される。


きゅっと乳首をつままれて、私はくぐもったあえぎ声をあげた。

「マイさん、ホントに感度バツグン・・・。」


よだれがたっぷりあふれた口の中に乳首をしゃぶられて、私はヒトミさんの頭を抑えながら、あえぎ続けた。

「やんっ!ああっ!ふぅん・・・。」


「おっぱいはいつもみているけど、おまんこははじめてだよね。」

ヒトミさんの手が私のはいていたパンティのおまんこの上の部分をやぶいた。


オイルマッサージ施術用の紙でできたパンティだから、すぐにやぶけて、おまんこが丸見えになってしまう。

「ふふ。すごくいやらしい光景だよ。マイさんのおまんこ、濡れてひくついてる。」


ヒトミさんの指がワレメを上下になぞる。

愛液を拡げるように、クリトリスまでこすられて、私はイってしまいそうになった。


「こんなんでイったら、ダメだよ?」

ヒトミさんがぴたりと指を止めてしまう。


つぷっと膣内に指を入れられて、ゆっくりと出し入れされる。

細い指が物足りないと感じた瞬間、指が二本に増やされた。


「おまんこの中、ひくひくしてるよ。」

ヒトミさんの指先がくにくにと私のおまんこのいいところを突く。


私は体がびくんびくんとはねてしまうのをおさえられない。

もうちょっとでイきそうになると、ヒトミさんの愛撫は止まってしまうので、私は泣きそうになってきた。


「お願い!もうイかせて!おかしくなっちゃう・・・。」

「私のものになるなら、たっぷりとイかせてあげるよ?」


ヒトミさんは妖艶に微笑みながら、真剣な口調でいった。

「なる!なるからぁ・・・イかせて・・・。」


私のおまんこの中の指が激しく動いて、クリトリスを強く吸われた。

しびれるような快感が長く続いて、私はぐったりと脱力した。


レズのセックスが気持ちよすぎて、もう普通のセックスができそうにない。

私はヒトミさんとディープキスをしながら、自分が完全にレズになってしまったことを知った。