コウジが変態だってわかったのは、結婚してしばらくたってからだった。

お笑い芸人が赤ちゃんパブに行くっていう話をテレビでみて、
「俺もそういうの好きかも。」
ってぼそっとつぶやいたのだ。


赤ちゃんになりきって、赤ちゃん言葉でしゃべりながら、受身でいろいろされたいらしい。

自分の夫が変態だと知ったときの私のショックは、とても言葉では表現できない。


変態にもいろいろあると思うのに、よりによって幼児プレイ?

いや、赤ちゃんに限定されてるんだから、赤ちゃんプレイか・・・。


赤ちゃんパブに行きたいというコウジを止めるために、私がコウジの変態プレイに付き合うことにした。

どうせやるなら、徹底的にが私のモットーだ。


介護用の大人用オムツを買ってきて、哺乳瓶と牛乳も用意した。

やってみたら、あんまり楽しくなかったとコウジが思ってくれるといいんだけど。


コウジが服を脱いでベットに横たわったところで、おしりにオムツをあてがう。

オムツをするなんて、恥ずかしいとは思わないんだろうか。


なんだか嬉しそうにしているコウジをみて、本当に変態だったんだなあと実感した。

「コウジちゃん、おっぱい飲みましょうねー。」


残念ながら、子供のいない私のおっぱいは母乳が出せないので、人肌に温めた牛乳の入った哺乳瓶をコウジに咥えさせた。

ちゅーちゅーと哺乳瓶を吸っているコウジはうっとりと目を閉じて、とってもしあわせそうだ。


こんなにしあわせそうな顔するなら、コウジの変態に付き合うのも悪くないかな、と思った。

牛乳を飲み干したところで、うつ伏せにして、背中をとんとんと叩いて、げっぷさせた。


あとはどうしていいかわかんなくて、とりあえず、寝かしつけることにした。

毛布をかけて、横に添い寝する。


コウジがこのまま寝てくれたら、今日の変態プレイはこれでおしまいかなって思ったのに、そんなに甘くなかった。

「ママー、おしっこちた。」


赤ちゃんがしゃべるのはアリなんだろうか。

ていうか、おしっこした?


私はあわてて、コウジのオムツを確認した。

オムツの中には、おしっこがたっぷりと吸収されていた。


にもかかわらず、コウジのちんぽはびんびんに勃起している。

興奮するツボがわからないけど、とにかく、オムツを片付けなくちゃ。


ぐっしょりと重くなったオムツをビニール袋で厳重に包んで、私はコウジのところに戻った。

「ぺろぺろちて♪」

一瞬、本気で殺意が芽生えた。


おしっこしたばかりのそのちんぽをフェラチオしろと!?

「ねー、ぺろぺろ~!」


いやいや、自分の子供のちんぽをフェラチオするなんて、近親相姦だろ!

と心の中でツッコミを入れつつ、私はコウジのおしっこくさいちんぽをにぎった。


さっきティッシュで拭ったとはいえ、フェラチオする気にはなれない。

「手コキでいいでしょ。」


低い私の声に怒りを察知したらしく、コウジはうんうんと頷いた。

両手でしこしことコウジの勃起ちんぽをしごく。


長男でいつもしっかりしているといわれ続けたから、コウジは小さい頃に甘えられなかった分を取り戻したいのかもしれない。

赤ちゃんプレイで、子供の頃さみしかったコウジの心が癒されるのなら、変態でもいい・・・。


私はコウジのちんぽを口に含んだ。

おしっこの味がするちんぽに舌をはわせて、ゆっくりと手でしごく。


「ああっ・・・気持ちいい・・・。」

いつものフェラチオより上手なわけじゃないのに、コウジはものすごく気持ちよさそうにあえいでいる。


コウジのあえぎ声もはじめてきいた。

コウジが変態だって知ったときにはショックだったけど、こんなに気持ちよさそうにしているコウジがみれたのはよかった。


私は口内発射された精液をごっくんと飲み干しながら、私はこれで変態プレイが終わったものだと思っていた。

私が口からちんぽを出すと、はあはあいいながら、コウジがむくりと起き上がった。


「コウジ?満足してくれたんじゃないの?」

コウジは無言で、私をベットに押し倒した。


パジャマをまくりあげられて、ノーブラだったおっぱいをむき出しにされる。

おっぱいをもみながら、乳首をしゃぶっているコウジの様子は、愛撫をしているというよりも、授乳っていう感じで、私はげんなりした。


乳首をしゃぶったまま、舌でれろれろと舐められたり、ちゅうっとキツく吸われたりするのは、気持ちいいけどフクザツで、コウジが早くこの赤ちゃんプレイに満足してくれないかなって思っていた。

やっとおっぱいを吸うのが終わったと思ったら、今度はパンティを脱がされて、ひたすらクンニされる。


無言でのセックスというのが、かなりつらくて、私はあんまり感じられなかった。

ごそごそとコンドームを取り出して、自分のちんぽにつけると、コウジは何もいわずに、挿入しようとする。


「もう!何かいってよ!怒ってるの?」

私が泣いているのをみて、コウジは我にかえったらしい。


「えっ。・・・ごめん。ちょっと興奮しすぎてて、余裕がなかったんだよね。」

一応、反省してるみたいだけど、入れたくてたまらなかったらしく、

「入れてもいいかな?」

ときいてくる。


「そんなに勃起してたら、入れるしかないでしょ。」

ちんぽを挿入した後は、いつも通りのセックスだった。


コウジとの変態プレイは続けているけど、口内発射したら終了っていうふうにルールを決めた。

オムツの装着と後片付けも、介護の予行練習だと思って諦めている。