出会い系でシンゴと知り合ったのは、「僕のオナニーみてください。」というシンゴの書き込みがきっかけだった。

こんな変態書き込みにメールする女はいないんだろうなって思ったけど、何人かはいたらしい。


おばさんとオカマと未成年の女の子だったらしいけど。

写メを交換してみると、シンゴは清潔感のある好青年で、普通に遊ぶ女の子を募集すれば、いくらでも集まりそうなルックスをしている。


セックスまでは簡単に持っていけても、「オナニーをみてほしい」っていったら、ドン引きされるんだろうなあ。

私も人にはあまり理解されない性癖をもっているので、そのつらさはよくわかる。


意気投合した私達は、さっそく待ち合わせして、オナニーをみせてもらうことにした。

ただし、私の性癖も同時に満たしてもらうという条件で・・・。


ラブホテルに入って二人きりになったところで、私はシンゴに小さなボストンバックを渡した。

「これに着替えて。」

ボストンバックに入っていたのは、大きめのサイズのブラウス、スカート、パンティ、ブラジャー、ストッキング・・・。


「えっと・・・これって・・・。」

あまりに予想外だったのか、シンゴが呆然としている。


私の性癖は、かわいい男の子に女装させて、いじめること。

「オナニーみてほしいんでしょ?」


シンゴの顎を持ち上げて、セクシーにささやいてやると、シンゴは女装する覚悟を決めた。

裸になって、恥ずかしそうにパンティを履き、ブラジャーをつけ、女装していくシンゴをいすに座って眺めながら、私は興奮で体が熱くなった。


小さなパンティでは隠し切れないくらいシンゴのちんぽは、しっかりと勃ち上がっていて、シンゴも興奮しているのがよくわかる。

ストッキングまで履いて、女装を終えたシンゴを私はぎゅっと抱きしめた。


「かわいいわよ・・・。これからシンゴちゃんのいやらしいオナニー姿、みせてくれるのよね?」

「は、はい・・・。」


私はシンゴのスカートの中に手を入れて、ストッキングの股間の部分を破くと、パンティをはさみで縦に切った。

大きな切れ目から飛び出している勃起ちんぽが、なんともいやらしい。


「これでいっぱいオナニーできるわよ。」

シンゴの顔は紅潮していて、すぐに自分でちんぽをにぎって、すこすことしごきはじめた。


「あら、立ったままするの?だったら、自分の手でスカートをまくりあげて、シンゴちゃんのオナニーが私によくみえるようにしてちょうだい。」

自分の手でスカートを押さえて、せっせとオナニーしているシンゴをみていると、私までおまんこが濡れてくる。


「イ、イきそうっ・・・。」

興奮しているせいか、シンゴのオナニーはすぐに終わってしまいそうになった。


「イっちゃダメよ。手を止めなさい!」

厳しい声で命令すると、シンゴのオナニーはぴたりと中断された。


「ベッドに座って、自分の指でアナルをいじってみて。」

勃起し続けているちんぽにたっぷりとローションをたらすと、玉袋を伝って、アナルまでぬめぬめと光った。


「冷たい・・・アナルなんて・・・いじったことありません・・・。

「それならこれを使うといいわ。」


エネマグラを渡すと、シンゴは戸惑ったように、その太めの挿入部分をみつめた。

「前立腺でオナニーすると、ちんぽをしごくより、ずっと気持ちいいのよ。自分でするのが怖いなら、ちょっとだけ手伝ってあげましょうか?」


シンゴが頷いたので、私は爪を短くしている中指に指サックをはめた。

ローションでアナルをぬるぬるにしておいて、中指をちょっとずつアナルの中に押し込む。


「力を抜いて。リラックスしないと痛いわよ。」

左手で勃起ちんぽを軽くしごいてやると、アナルから力が抜けて、指が入りやすくなった。


「ううっ・・・恥ずかしい・・・。」

「あら。オナニーしてるのをみられるのが好きってことは、恥ずかしいところをみられると興奮するんじゃないの?」


「んっ・・・そうかもっ・・・。」

ちんぽをしごかれながら、アナルをいじられて、シンゴは感じてしまっている。


私は中指でアナルを拡張してから、エネマグラを挿入して、シンゴに自分で動かすように命令した。

自分の手で動かしだすと、シンゴの口からはひっきりなしにあえぎ声がもれて、まるで女の子みたいだった。


「かわいい・・・オナニーに夢中になっているシンゴちゃん、いやらしくて最高よ・・・。」

私もガマンしきれなくなって、パンティを脱ぎ、自分のおまんこを指でいじる。


ラブホテルでオナニーしあっていると、シンゴが先に射精して、私がオナニーしているのに気づいた。

「アイさん・・・俺、アナルにこれ入れたまま、ヤってみたい・・・。」

勃起しっぱなしのちんぽに騎乗位で跨って、私は激しく腰を振った。


こうすると女の子とヤってるみたいで、レズっ気のある私は最高に興奮する。

「ああっ・・・気持ちいいっ・・・ヤバいよぉっ・・・。」


シンゴが私のおまんこに中出ししても、私はシンゴのちんぽを抜かずに、入れたままにしておいた。

若さと前立腺の刺激で、すぐに再勃起するシンゴのちんぽをたっぷりとおまんこで味わって、私はすっかり満足した。


シンゴの方もかなり気持ちよかったらしくて、私達はその後、二年くらい付き合った。

お互い結婚するにはふさわしくない相手だから別れたけど、セックスの相性はバッチリだったから、ちょっともったいなかったなあ。