私が就職した会社には、ろくな男性がいなかった。

独身男性はキモ男ばかりだし、既婚男性もお腹の突き出た中年ばかりだ。


うちの会社で魅力的なのは、先輩女子社員のトモミさんだけで、まるで宝塚の男役のようなきりりとした美形だった。

トモミさんは仕事ができて、頭がよくて、いつも私の失敗をやさしくフォローして、はげましてくれる。


彼氏に振られて、べろべろに酔っ払った私を介抱してくれていたトモミさんに、

「トモミさんが男だったら、あんな男と付き合ってなかったのに。」

ってグチっちゃったのは、本音だったんだ。


トモミさんと彼氏をつい比べちゃって、文句ばっかりいってたんだよね。

トモミさんはわめき続ける私をなだめながら、私のうちまで送ってくれた。


一人暮らしの家で、一人になりたくなくて、私はトモミさんに、

「帰らないで・・・。」

と駄々をこねた。


トモミさんは困ったように微笑んで、うちに泊まってくれた。

パジャマがないから、私のTシャツを着て、ベットの横に敷いた布団でトモミさんが寝ている。


私は妙にどきどきしてきて、目がさえてしまった。

「トモミさん、そっちに行ってもいいですか?」


レズじゃないけど、人恋しくて、私はトモミさんにおねだりした。

「ん。いいけど・・・。」


トモミさんの気が変わらないうちに、ベットからお布団にすばやく移動。

お布団の中はあたたかくて、トモミさんのいい香りがする。


お酒の飲みすぎで理性を失っていた私は、トモミさんにぎゅっと抱きついた。

ふっくらとしたやわらかい体は、男とは全然違って癒される感じ。


「レイカちゃん、私がレズだって知ってて誘ってるの?」

トモミさんは私の体をきつく抱きしめて、私の顔をのぞきこんだ。


「トモミさん、レズだったんですか・・・。でも、私、トモミさんとなら、レズでもいいかも。」

私がそういった瞬間、体がお布団に押し付けられて、トモミさんの唇が私の唇をふさいだ。


「彼氏がいるからがまんしてたのに・・・。もうレイカちゃんもレズの仲間入りだね。」

男の人の舌よりも、小さくてやわらかいトモミさんの舌が私の口の中をじっくりと探っている。


舌の裏、歯並びまで確認するみたいに、舌がなぞっていくの。

キスってこんなに気持ちよかったんだ。


私は早くもレズセックスのとりこになってしまいそうだった。

トモミさんの細い指が私のパジャマのボタンを器用にはずしていって、パジャマのズボンも脱がせた。


タンクトップとパンティだけになった私は、男とのセックス以上に緊張していて、心臓がばくばくいってるのがトモミさんに聞こえちゃうんじゃないかと思った。

トモミさんの手がタンクトップをまくりあげて、ノーブラの私のおっぱいをやさしくおおうように包み込む。


そのまま、なでるようにおっぱいを愛撫されて、私はくすぐったさと気持ちよさの中間の感覚に声をあげた。

「いっぱい声をきかせて。」


おっぱいをなでる合間に、指で乳首をこりこりといじられるのも気持ちがいい。

指で刺激されて敏感になった乳首をしゃぶられたときには、大きな声がでてしまった。


「あんっ!」

トモミさんの舌は私の乳首を何度もなぞるように、ぐりぐりと舐めまわしている。


「ねえ、灯りをつけてもいいかな。レイカちゃんの体、みせてほしい。」

恥ずかしかったけど、トモミさんがいうのなら、頷くしかない。


明るくなると、トモミさんのよだれで濡れた私の乳首と上気して色っぽくなったトモミさんの顔がみえた。

「そろそろ、パンティ脱がすね。」


自分でもわかるくらいに愛液が出ちゃってるから、パンティを脱がされるのは恥ずかしかった。

脚を開かれて、クンニされて、何回もイってしまった。


女同士だから、感じるツボがバレバレなんだよね。

レズのセックスってすごく気持ちがいいの。


舌でクリトリスやワレメをたっぷりクンニしてもらった後は、トモミさんの細い指でおまんこの中のいいところをイくまでこすってもらって・・・。

クリトリスのいじりかたなんかも、元彼とは比べ物になんないくらいすごくイイ。


おまんこの中に指を三本入れられて、私は今まで出したことないような声であえぎまくった。

アタマの中をちかちかと光が花火のように走って、強烈な気持ちよさが持続するの。


元彼とのセックスでもここまで感じたことなかったのに。

「レイカちゃん、バイブとか持ってない?」


トモミさんが私の体の上にぴったりとおおいかぶさりながら、乳首をくりくりといじった。

何度もイって体中が敏感になっているから、乳首もすごい気持ちいい。


「バイブ・・・あそこにあります。」

私はのろのろと、バイブの隠し場所を教えた。


トモミさんはバイブを取り出すと、もうぐちゅぐちゅになっているおまんこに、ずぶずぶと挿入した。

ちょっと乱暴だけど、ほぐれたおまんこにはちょうどいいくらい。


「ああんっ!トモミさん、好きっ!気持ちいい!」

バイブでおまんこの奥を突かれるのが気持ちよくて、私は涙を流した。


「私もレイカちゃんが好きだよ。ほら、もっと気持ちよくなって。」

トモミさんは、バイブのスイッチを入れた。


いつもオナニーのときに使っていたはずのバイブが信じられないほど気持ちいい。

「もうレイカちゃんは、私の女だね。」


クリトリスをいじられながら、バイブでおまんこの中を責められて、私はセックスではじめて失神してしまった。

トモミさんとレズ関係になって、会社に行くのも楽しくなったし、私、とってもしあわせ!