お尻フェチの俺は、バックでヤるのが大好きだ。

騎乗位で俺の上に伏せさせて、お尻を撫でまわしながらヤるのもイイが、よつんばいがつぶれたようなかっこうで、お尻だけ突き出させるっていうのが一番萌える。


出会い系で知り合ったサクラちゃんは、俺が今まで出会った中でナンバーワンの美尻の持ち主だ。

大きさ、やわらかさ、形、肌の色、全てがパーフェクトな美尻で、はじめてのセックスではお尻ばかりなでたり、舐めたりして、どん引きされた。


サクラちゃんのお尻は一日中さわっていてもながめていても、本当に飽きないすばらしい美尻なのだけれど、本人にはイマイチその感動を理解してもらえない。

サクラちゃんとのセックスを重ねるうちに、俺には贅沢な欲望が芽生えてしまった。


究極の美尻の持ち主であるサクラちゃんとのアナルセックスだ。

もちろん、アナルセックス未経験のサクラちゃんには拒まれた。


でも、絶対に痛くしないと粘り強い説得を続けて、どうにかアナルセックスへの興味をもたせることができた。

それからというもの、サクラちゃんとのセックスはますます悦びに満ちたものになった。


アナルの拡張という名目の元に、お尻をいじり放題に愛撫できるのだ。

おっぱいやおまんこへの愛撫も入念に行ったが、なんといっても、サクラちゃんのお尻を開発できるというのが何よりも嬉しかった。


まるで花のつぼみのように美しいサクラちゃんのアナルにキスして、舌で舐めて、少しずつ拡げていく間、私の両手は常にサクラちゃんのお尻をなでているのだ。

アナルの中に舌をすぼめて入れることも、ローションまみれにした指を本当に慎重に挿入することも、俺をすごく興奮させた。


サクラちゃんもまんざらイヤではないようで、俺がアナルを開発すると、おまんこが愛液でたいへんなことになり、おまんこの具合がどんどんよくなった。

人差し指を入れるだけでいっぱいだったサクラちゃんのアナルが次第に拡がっていき、受け入れられるバイブの大きさが俺のちんぽより太くなったところで、いよいよアナルセックスすることにした。


コンドームをつけたちんぽをローションでぬるぬるにして、バイブで十分にほぐしたアナルにゆっくりと挿入する。

おまんことは比べ物にならないほどキツい。


挿入する俺もかなり苦しくて、根元まで入れ終わったときには、すっかり息があがってしまっていた。

ちんぽの付け根が括約筋でしめつけられ、ちんぽ全体が腸壁でぴったりと覆われている。


アナルにちんぽを挿入して、お尻をなでていると、今まで感じたことのないほどの至福感に包まれた。

少しちんぽを動かすだけで、腰がしびれるほどの快感が突き抜ける。


ていねいなアナル開発がよかったのか、サクラちゃんにアナルセックスの適性があったのか、サクラちゃんもかなり感じていて、ほっとした。

いつまでもアナルにちんぽを入れていたかったが、サクラちゃんをイかせるために、俺は魅惑のお尻から手を離し、サクラちゃんのおまんことクリトリスを指でいじり始めた。


ちんぽが喰いちぎられそうにアナルがしまりまくる。

サクラちゃんがイくときのしまりといったら、アナルからちんぽが抜けなくなるんじゃないかと思うくらいだった。


初のアナルセックスに成功した俺は、それから、おまんことアナルに一回ずつ射精するようになった。

アナルセックスのときはお尻だけに集中できるように、おまんこにはバイブを入れ、クリトリスには専用ローターをつけることにした。


サクラちゃんも次第にアナルセックスの悦びに目覚めていき、おまんこにちんぽを挿入するときにも、アナルにバイブを入れてほしがるようになった。

アナルセックスのとりこになるにつれ、俺とサクラちゃんの関係は深くなっていき、サクラちゃんは俺に従順になった。


ある日、アナルセックスに興奮しすぎた俺は、サクラちゃんの美尻を平手でぶってしまった。

ぶったときの振動がアナルに挿入したちんぽに響いて、ほんのりと赤く色づくお尻がたまらなく愛おしかった。


いつもよりお互いに興奮したアナルセックスが終わった後、赤くはれたお尻に舌をはわせるのも、なんともたまらなかった。

鞭でぶって美尻を傷つけるようなことには興味がなかったが、平手でぶつという行為は麻薬のように俺をとりこにして、俺はアナルセックスのたびに、サクラちゃんの美尻をぶっていた。


洗濯ばさみで乳首をはさみ、クリトリスにローター、おまんこにバイブを咥えこむと、サクラちゃんのアナルはぱくぱくとちんぽをねだるようにひくつく。


ローションで濡らした指でアナルをえぐるようにほじりながら、おまんこに挿入したバイブを出し入れして、感じまくったサクラちゃんが絶頂を迎えると、

「淫乱!許可なくイくなんて、はしたないコだ!」

とののしりながら、美尻を平手でぶつ。


愛撫しているときに、サクラちゃんが体を震わせながら、

「イきそうです・・・もうイってしまいます・・・。」

と許可を求めても、


「ダメだ。まだイくな。我慢しろ!」

といいながら、さらに強く手を動かす。


お尻が赤くなるくらい平手でぶって、ローションまみれのアナルにアナルパールを埋め込んでいると、サクラちゃんは物足りない刺激に体をよじる。

「アナルにちんぽを入れてください。」

とサクラちゃんが懇願するまでじらしにじらしてからするアナルセックスは、最高としかいいようがない。


顔は全く好みではないサクラちゃんだが、最近は結婚してもいいかなと思っている。