エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

短大の妹が大学生の兄と生で初体験

短大に合格した私は、東京で一人暮らしをしている大学生のお兄ちゃんのうちに転がり込んだ。

お兄ちゃんと二人きりで暮らせるなんて、夢みたい。


私はお兄ちゃんが大好きっ!

近親相姦っていわれても、別に平気。


避妊さえちゃんとすれば、近親相姦だって、誰にも迷惑かけないはず。

小さな頃から、お兄ちゃんの理想の女の子になれるように、料理もがんばったし、かわいくなれるように研究を重ねてきたの。


お兄ちゃんはセミロングの茶髪が好きで、ちょっとおとなしめのはずかしがりやな女の子がタイプみたい。

お兄ちゃんの理想の女の子を演じるうちに、私はかなりのカマトトぶりっこになってしまった。


本当はお兄ちゃんと裸で抱き合ったり、いちゃいちゃしたり、セックスしたりしたいのに、清純なフリをして、ちょっとエッチなものをみても、恥ずかしそうに顔をそむけるの。

自分の部屋で一人きりになると、お兄ちゃんとのセックスを想像しては、こっそりオナニーしてた。


お兄ちゃんが東京に行っちゃったときも、不安でさみしくて、はなれたくなくて、行かないでってわめきたかったけど、がまんしたし。

でも、今日からはずっと一緒にいられる。


私の手料理を嬉しそうに食べているお兄ちゃんをみていると、しあわせで胸が苦しくなる。

お風呂からあがって、パジャマに着替えて、私は無邪気をよそおって、お兄ちゃんに抱きついた。


「お兄ちゃん、いっしょに寝よっ!」

自慢の巨乳をさりげなく押し付けつつ、上目づかいでおねだり。


「ん・・・いいけど・・・、狭いぞ?」

お兄ちゃんは渋々オッケーしてくれた。


近親相姦ってことがブレーキになってるだけで、お兄ちゃんだって、私のこと、好きだと思うんだよね。

だって、割とイケメンでモテるのに、今まで彼女いないし。


狭いベットでお兄ちゃんにぴったりとよりそいながら、私はお兄ちゃんの胸に顔を埋めた。

「お兄ちゃん、大好き・・・。」


すごく密着してるから、お兄ちゃんの勃起したちんぽが私にあたっている。

「お兄ちゃん、これ、なあに?」


不思議そうな表情を作って、私はパジャマの上から、お兄ちゃんの勃起したちんぽを手でさすさすする。

短大生にもなって、勃起がわからないはずないのに、動揺したお兄ちゃんは、

「結衣がかわいいから、大きくなったんだ。」

ってごまかそうとした。


「ホント?お兄ちゃんも結衣のこと、好き?」

お兄ちゃんの顔をじっとみながら、ちんぽをさする手は止めない。


「好きだよ・・・。もうさわっちゃ、ダメだ。」

お兄ちゃんは苦しそうに息をはいて、私の手をちんぽからどけた。


このまま襲ってしまいたいけど、お兄ちゃんの理想とかけはなれてしまうから、ぐっとがまんする。

お兄ちゃんに抱きついたまま、疲れていた私は眠ってしまった。


欲求不満だったせいか、お兄ちゃんとセックスする夢をみた。

夢の中のお兄ちゃんは、強引で、積極的で、私の想像よりエッチなことをたくさんしてくれる。


乳首をしゃぶられている感触があまりにもリアルで、私ははっと目が覚めた。

パジャマのボタンが全部はずされてて、私のおっぱいはむき出しになっていた。


お兄ちゃんが乳首をしゃぶっていて、私が起きたことに気づくと、ますます激しく乳首を舐めまわした。

「お兄ちゃん・・・どうして?」


まさか寝ているところを襲われるとは思ってなかった私は、本当にお兄ちゃんなのか信じられなくて、小さな声でつぶやいた。

お兄ちゃんが乳首から口をはなして、私にキスしてきた。


ねっちょりとした舌がぐにぐにと私の口の中で蠢いている。

ファーストキスなのに、すごくエロい。


「ごめん。近親相姦だからずっと我慢してたけど・・・、もうムリだ。」

お兄ちゃんは泣きそうな顔をしていて、私もつられて泣いてしまいそうになった。


手をのばして、お兄ちゃんをぎゅっと抱き寄せる。

「私もお兄ちゃんのこと、大好きだから、近親相姦でもいいの。お兄ちゃんじゃないとイヤなの。」


恋人同士みたいに抱き合ってキスしながら、私はおっぱいをもまれて、乳首をこねられた。

好きな人とセックスできる喜びで、おまんこはもうぬるぬるになっていて、お兄ちゃんの指を入れられてもほとんど痛みを感じなかった。


お兄ちゃんの愛撫であえがされて、何回もイってから、やっとお兄ちゃんのちんぽがおまんこに挿入された。

いきなりだったから、コンドームがない。


ナマでするのはちょっと不安だけど、はじめての一回くらいは直接つながりたい。

張り裂けるような痛みと一緒に、お兄ちゃんのちんぽが奥に埋め込まれていく。


やっと一つになれたのが嬉しくて、私は涙を流した。

とっても気持ちよくて、無意識にお兄ちゃんのちんぽをしめつけてしまう。


きゅっとしまると、お兄ちゃんのちんぽの感触がよりはっきりとわかって、ますます感じる。

「ああ・・・結衣のおまんこ、とろけそうだよ・・・。」

「お兄ちゃん・・・結衣、嬉しい・・・。」


最初で最後のナマでのセックスは、本当に気持ちよかった。

処女なのに、こんなに気持ちよくていいのかなって思っちゃうくらい感じまくった。


次の日からはちゃんとコンドームを使ったけど、初めてのセックスで何度も中出しされちゃったから、生理がくるまでずっとどきどきだった。

近親相姦を続ける限り、赤ちゃん産めないから、お兄ちゃんにパイプカットしてもらおうかなあ。

レズ3Pバイブ責め

私はレズというより、バイセクシャルだ。

つまり、両刀で、男女どちらともセックスできる。


でも、どっちかといえば、レズの方が好きだ。

女の子のやわらかいふわふわの体を抱きしめていると、すごく興奮するし、責めているだけでも、とっても満足できる。


そんな私にとって、女子大の寮に住んでいるというのは、なかなかおいしい環境だったりする。

女子大の女の子は、他の学校の男の子と合コンしたりして、積極的に外に出るタイプと男性経験が極めて少なく、うちにこもるタイプに分かれる。


幼稚園から女子校なんて女の子の中には、男の子と話したことさえ、ほとんどないというお嬢様がごろごろいるのだ。

そんな女の子にとって、ボーイッシュで男の子っぽい私は、擬似恋愛の対象として、もってこいってわけで。


手作りのお菓子、ラブレター、告白なんて、日常茶飯事で、私は大学生ライフをエンジョイしていた。

歴史と伝統あるこの女子寮はぼろっちくて、廊下を歩くとみしみしいうが、一応、個室ではあるし、お風呂が共同というのが魅力だった。


妙齢の若い女の子達が惜しげもなくオールヌードをさらけ出す、夢のようなお風呂タイムはいつも愉しみで、レズの私はあえて混雑する時間帯を狙って入浴していた。

テスト前のある夜、私の部屋に勉強のために友達が二人来て、休憩中になんとなく、エッチな話になった。


「セックスってどんな感じなの?」

箱入りのお嬢様である莉子ちゃんが顔を赤らめながらいう。


莉子ちゃんは真っ黒で艶のあるストレートヘアに色白の肌、口紅を塗らなくても赤くてふっくらした唇がすばらしいやまとなでしこだ。

「芽依ちゃんは、セックスしたことあるんでしょ?」


さくらちゃんも私の顔をのぞきこむようにして、きいてきた。

栗色の髪がふんわりとカールしていて、ちょっと日に焼けた肌が活発な印象を与えるが、さくらちゃんも男性経験ゼロのお嬢様だ。


巨乳ゆえに、何度も痴漢にあったらしく、男性恐怖症気味でもある。

「うーん。男の人とのセックスは、相手によって全然違うかな。下手なヤツとセックスすると、痛いし気持ちよくない。」


「・・・男の人とのセックスはって、まことちゃんは女の人ともセックスしたことあるの?」

アタマの切れる莉子ちゃんが鋭く突っ込んでくる。


「あるよ。女の人とのセックスはね、すごく気持ちよくて、痛くないんだよ。」

私は思わず、にやりと笑ってしまった。


「まことちゃん、女の子にもモテるもんね。」

この二人がレズだという話は聞いたことがないが、男性にもあまり興味がないようなので、落とせそうな気がしていた。


「レズのセックス、試してみる?」

二人は顔を見合わせていたが、恥ずかしそうに頷いた。


私はうきうきしながら、二人の服を脱がせた。

裸になった二人は、恥ずかしそうにおっぱいとおまんこを手で隠している。


「女の子同士なんだから、恥ずかしくないよ。」

二人をベットの上に座らせて、おまんこを交互にクンニする。


レズ経験もけっこう豊富な私だけど、レズで3Pっていうのははじめてだ。

「んんっ・・・なんかヘンな感じ。」

「や・・・そこ気持ちいい・・・。」


莉子ちゃんとさくらちゃんは私の舌と指にあえぎ声をあげはじめた。

「二人でおまんこ、舐め合ってみて?」


交互に二人のおまんこをクンニするのに疲れた私は、二人をレズらせることにした。

すっかり体に火がついた二人は、素直にベットに寝そべり、シックスナインの体勢でお互いのおまんこをぺろぺろと舐め合っている。


私は二人のレズプレイをじっくりと目で愉しんでから、愛用のバイブを取り出した。

「バイブでおまんこ責めてあげるよ。どっちからバイブほしい?」


目をとろんとさせた二人は、今度は抱き合うようにして、私の方におまんこを向けた。

二人のおまんこが上下に並んで、バイブの挿入を待っている。


どちらのおまんこも愛液とよだれでびちゃびちゃに濡れていて、準備万端だ。

私は上にあった莉子ちゃんのおまんこにバイブを挿入した。


「あんっ!すごい・・・大きい。」

莉子ちゃんが体をのけぞらせて、さくらちゃんにしがみついた。


「莉子ちゃんちゃん、かわいい・・・。」

さくらちゃんがうっとりとつぶやきながら、莉子ちゃんにキスした。


ねちょねちょと舌を絡ませあっている二人は、レズカップルにみえる。

私は莉子ちゃんのおまんこからバイブを抜いて、さくらちゃんのおまんこに挿入した。


「はっ・・・あぅ・・・おまんこが・・・いっぱい・・・。」

莉子ちゃんがさくらちゃんの巨乳に顔を埋めては、勃起した乳首をしゃぶっている。


二人のおまんこにバイブを挿入しては出し入れして抜き、あえがせ続けた。

レズのセックスにはおわりがないから、二人は何度もイって、声が枯れてくる。


「もう許して・・・。」

「へとへとだよぉ・・・。」


二人がギブアップしたので、私はバイブのスイッチを切った。

あまりに長時間使い続けたので、バイブが熱くなってしまっている。


二人はすっかりレズの悦びに目覚めて、私とのレズ関係を愉しむようになった。

大学を卒業したら、三人でルームシエアして、レズりまくるのもいいかもしれない。


私は女子大にきてよかったとしみじみと思った。


巨乳おっぱいお姉さんが電車で痴漢に

今日も電車で痴漢にあった。

おっぱいが大きい私は、ちょっと混んだ電車に乗ると、すぐに痴漢にあってしまう。


痴漢って犯罪なんだから、もっと真剣に取り締まって、どっかに隔離してほしい。

ハンサムな痴漢だったら、ちょっとぐらいさわられてもいいけど、痴漢なんてする男はどうせモテない女に飢えた男なのよね。


私はずっとそう思っていた。

でも、中にはハンサムで女にモテる痴漢もいたらしい。


金曜の夜のぎゅうづめの電車で、私は前にいるイケメンの体にぐいっと押し付けられた。

「ごめんなさい・・・。」

って謝るけど、身動きがとれない。


「いいんですよ。混んでますから。」

イケメンは私を抱きとめるように支えてくれて、私はちょっとラッキーなんて思ってた。


私の背中に回されたイケメンの手が徐々に下に下がっていって、おしりにさわった。

え?って思っていると、その手はもっと下がっていって、スカートの中に入った。


痴漢してるのが目の前のイケメンだなんて信じられないくらい、イケメンの顔はマジメで誠実そうだった。

スカートに入った指は私のストッキングを指先で破いて、パンティを横にズラしている。


うそ!こんなところで、おまんこを直接さわられるなんて・・・。

私はそこまでハードな痴漢にあったことがなかったから、動揺してしまった。


ワレメが何度も指でなぞられる。

ぬるぬるしてるのがわかって、私は恥ずかしくなった。


イケメンはにやっと笑いながら、私のおまんこに指を挿入する。

長い指が私のおまんこの奥まで入り込んで、ぐるぐると回り始めた。


指先だけ前後に動かされたり・・・。

どうしよう。


私、痴漢の指テクでイかされてしまいそう。

体から力が抜けて、一人で立っていられない。


私はイケメンにもたれかかりながら、あえぎ声がもれないように、快感をこらえた。

電車が揺れるたびに、おまんこの中に入った指が私のおまんこを刺激する。


駅で少しずつ人が吐き出されて、電車の中は空いてきていた。

私が痴漢されているのがバレてしまいそう。


私はイケメンが痴漢をやめてくれるのを願いながら、イくのをがまんしていた。

後ろから、いきなり両手でおっぱいをわしづかみにされた。


イケメン以外の痴漢が参加してきたみたい。

服の上からきつくおっぱいをもまれた後、服の下に手を入れられて、直接おっぱいをさわられる。


「俺の痴漢仲間にも、君のステキな体、さわらせてあげてよ。」

イケメンが私の耳元でささやいた。


気がつくと私の周りは男性客が取り囲んでいて、視界がさえぎられてしまっていた。

何本もの手が私の体の上をはいまわる。


ストッキングはぼろきれのように破かれまくって、太ももとかおしりをごつごつした大きな手でなでられている。

誰かが私のパンティをおろした。


クリトリスをつままれて、アナルにもおまんこにも指が入れられて、ぐちゅぐちゅと私の中をかきまわしている。

ブラウスのボタンもはずされて、ブラジャーもズラされた。


むき出しになった乳首をイケメンがちゅうっとしゃぶって、ちゅぽんと口から出した。

よだれで光って見える乳首は、他の痴漢達に交代でしゃぶられて、赤く充血してしまっている。


「もうおまんこがとろとろだ。イきたいでしょ。」

こんなに複数の手で体をなぶられているのに、私はまだイかせてもらってなかった。


最初は痴漢にイかされるのがイヤでがまんしていたけど、途中からはわざとイかせないようにしているみたいで・・・ちょっと愛撫しては動きが止まってしまうので、イけないでいた。

「ほら、素直にイきたいっていってごらん。」

イケメンの痴漢が私の耳を口に含んで、舌で耳全体を舐めまわした。


もうダメ・・・がまんできない・・・。

「イかせて・・・。イきたいの。」


私がささやいた途端、私の体にふれていた手が急に、活発に動き出した。

アナルとおまんこをぐちゅぐちゅにいじられて、クリトリスをこすられて、乳首をきゅうっとつままれて・・・。


足を舐められて、イケメンにディープキスされて、私は激しくイってしまった。

もし、イケメンがキスしていなかったら、大きなあえぎ声を出してしまったと思う。


じーんとしびれるような快感の波が去っていっても、私を愛撫する手の勢いは止まらない。

すぐにまた新しい快感の波がやってきて、私はまたイってしまう。


何度もイかされて、足ががくがくと震える。

「ほしかったら、おちんぽ入れてっておねだりしなさい。」


私の口からはなれたイケメンは、よだれで光った唇で、私にいった。

「入れて・・・おちんぽ・・・入れて・・・。」

もう理性なんか残ってなかった。


強烈な快感でおかしくされて、私はちんぽをおまんこに入れてほしいただのメスになってしまっていた。

体を持ち上げられて、足を大きく開かれて、イケメンのちんぽを受け入れながら、私は痴漢達が私を視姦しているのを感じた。


勃起したちんぽを私の体にこすりつけながら、自分の番を待っている痴漢達に囲まれて、私はイケメンのちんぽの突き上げに悦びの声を上げていた。

突然、ぐりんと体が反転されられて、私はバックからイケメンのちんぽを入れられている体勢になった。


口の中に他の痴漢のちんぽをねじ込まれて、口をふさがれる。

上下から犯されながら、私は自分でも腰を振ってしまっていた。




出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画