エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

出会い系で出会った童顔ロリのユナとコスプレでハメ撮り

出会い系で出会ったユナは、ヤバいくらいの童顔だった。

ロリコンじゃない俺としては、ロリ娘って感じのユナはそんなに好みではなかったんだけど、かわいい顔だし、巨乳だし、で、友達以上恋人未満な関係を続けていた。


ま、俺的にはセフレの一人っていう認識だったけど。

ユナは女優志望らしく、コスプレが好きで、いろんなコスプレをしたがった。


ナース服、セーラー服、チャイナドレス、メイド服、浴衣・・・どんなコスプレをしても、元がイイからかわいい。

ただ、女優ってよりは、グラビアユナドルとかAV女優の方がまだ現実味があるようなルックスなんだよなぁ・・・。


最近では、自分のブログを更新するのにハマっているらしく、コスプレした自分の画像をデジカメで撮ってくれと頼んでくる。

俺もキライじゃないので、カメラマン気取りで、コスプレしたユナにセクシーなポーズを撮らせては悦に入っていた。


女優を目指してますっていうブログだから、さすがにエロがメインの画像は載せられない。

でも、アクセスを集めるためには、男の下半身にズキュン!とくるような画像の方がいいに決まっている。


メイド服姿でよつんばいになって、雑巾がけをしているポーズを前後から撮るとか、ナース服で太ももをちらりとみせているポーズとか、いろいろ研究してみた。

ユナは巨乳だし、ロリ娘だから、ウケることはウケるんだけど、どーもなんだか物足りない。


なんとなく、ありがちって感じになってしまうのだ。

かといって、露骨な露出のエロい画像だと、ユナがイヤがるし。


俺はいかに露出をしないで、エロく見せるかに凝り始めた。

おっぱいやおまんこをむき出しにしている画像や動画なら、ネットにはいくらでも落ちている。


乳首やおまんこを隠しているうちは、みたいみたい!といわれるが、一度みせると満足して飽きられてしまうのが男の性ってもんだ。

コスプレ衣装の下には、ブラジャーもパンティもつけさせないで、時には、バイブやローターをつけることで、俺はユナの表情にエロさを出そうとした。


ブラジャーをつけないと、乳首が勃起したときに、目立ちやすくなる。

コスプレ衣装にこすれた乳首が敏感になるというオマケもある。


パンティをつけないと、パンチラしそうなポーズのときに、より羞恥心をあおることができる。

スカートに隠れたおまんこに、ローターやバイブでこっそり刺激を加えることで、ユナの瞳が色っぽく潤み、頬が上気し、誘うような表情になるのだ。


それがだんだんエスカレートしてきて、コスプレの撮影のついでに、ハメ撮りもさせてもらっている。

もちろん、ハメ撮りの画像は俺とユナ以外にはみせない。


ハメ撮りの画像は俺の個人的なコレクションになり、オナニーのおかずとして重宝していたりする。

セーラー服姿で、机に手をついて、バックでおまんこにちんぽを咥えこんでいるハメ撮り画像やスクール水着でオナニーしている画像が俺のお気に入りだ。


ユナは学生で十分通るルックスなので、学生服やブルマ、体操着、スクール水着のコスプレが超ハマる。

実在のお嬢様学校の制服のコスプレよりも、アニメや漫画の制服のコスプレの方がウケがいいあたり、ユナの適性は女優ではなく、オタク向けユナドルあたりのような気がするんだけど・・・。


今日も俺は、ユナとのコスプレハメ撮りを愉しむ。

人気アニメに出てくる学生服をコスプレしてることがわかる程度に脱がせて、まずは乳首が出ない程度におっぱいを露出させる。


ブラジャーなしの生乳を直によーく揉み揉みして、乳首を軽くしごいて勃起させたところで、ちょっと上気したものほしそうな表情のユナの姿態を撮る。

学生服がまくれあがって、おっぱいの下乳は見えているが、乳首はみえていない。


スカートをめくると、パンティをはいていないおまんこはもう愛液でぬるぬるになっていて、ちょっとワレメを指でなぞるだけで、つるんと奥まで呑みこんでしまいそうになる。

人差し指と親指で軽くクリトリスをいじって、つぷっとおまんこに人差し指の先っちょを入れて、上下に動かす。


にゅくにゅくっといやらしい音がして、ユナが眉を切なそうにしかめた。

その表情を含めた上半身だけ撮って、おまんこへの愛撫をもっと激しくする。


指を根元までおまんこに入れて、膣壁が指に喰らいついてくる感触を愉しむように上下左右にゆすぶった。

じわじわと指をおまんこから引き抜いて、第一関節だけおまんこの中に残して、ぐるぐると回す。


「もう・・・ダメぇ・・・早くおまんこにおちんぽ・・・ほしいよぉ・・・。」

感じやすいユナは、すぐに悲鳴をあげる。


でも、まだまだこれからだ。

俺はすでにとろとろになっているユナのおまんこに、バイブを挿入した。


スカートでおまんこがみえないようにして、バイブのスイッチを入れる。

「ああんっ!やだ!バイブいやだよぉ・・・!」


ユナはバイブでムリヤリにイかされてしまうのが、イヤらしい。

目に涙を浮かべて、頬を紅潮させている。


ユナの表情はセックスのときの感じてる顔っていうのがバレバレで、おまんこがみえていなくても、バイブかローターかちんぽで、激しく愛撫されているっていうのがわかってしまう。

「お願い・・・サトルのちんぽ、入れてぇ・・・。」


ユナの淫らな姿態といやらしいおねだりに、俺も我慢ができなくなって、バイブを抜いて、ちんぽを挿入した。

ユナのおまんこが気持ちよすぎて、ハメ撮りするのを忘れてしまいそうになる。


ちんぽを動かしては、デジカメのシャッターを押し、またちんぽでおまんこの奥を突く。

じれったい抽送にユナは、自分から腰を振り出す。


ユナの腰の動きに合わせて、ずんずんっとおまんこの奥を突いてやると、ユナは膣壁をびくびくと震わせてイってしまった。

「イくときは、ちゃんといえよ?」


無言で絶頂の快楽に耐えているユナのクリトリスを指でいじりながら、おまんこをちんぽでこすり続けると、強すぎる快感にユナは涙を流す。

「やぁん・・・それ・・・やだぁ・・・ごめんなさい・・・。」


ユナのエロい表情を撮ってから、俺は一気にスパートをかけて、ちんぽを動かした。

「あっ・・・やだ・・・ああっ・・・すごい・・・イくぅ・・・。」


ユナがあげるあえぎ声を遠くに聞きながら、俺は頭の中が真っ白になるほどの快感と共に、射精した。

ちんぽが白い精液を吐き出すたびに、腰にしびれるような快感が走る。


ハメ撮りは何度やっても興奮する。

しかも、毎回、オナニーのおかずになる画像がたんまり手に入る。


おかげで、最近の俺はズリネタに困らない。


OLメガネ美人と3P

金曜の夜、車で友達の家に向かっていた俺は、OL風の美人が一人で歩いているのを発見した。

とりあえず、ナンパしてみる。


「お姉さん、俺と遊ばない?」

OL風のメガネ美人は、俺の顔と車をみると、興味を示した。


イケメンの上に、高級車に乗ってる俺のナンパ成功率は80%くらいだ。

助手席に乗った美玲ちゃんと一緒に、友達の家に着いた。


「おお、智也!今日は美人連れだな。」

達也は美玲ちゃんの全身を舐めるようにみながら、俺たちを歓迎してくれた。


達也はデブでブサイクだが、いろいろと使えるヤツだ。

美玲ちゃんは自分を視姦している達也を睨むと、俺の腕に手をかけた。


俺と二人っきりになれるどこか違うところに行きたいのだろうが、今日の俺は3Pしたい気分なので、美玲ちゃんが口を開く前に、抱きしめてディープキスした。

達也の前でのキスがいやなのか、美玲ちゃんはちょっと抵抗したが、舌で口内を舐めまくっているうちにおとなしくなり、体から力が抜ける。


脱力した美玲ちゃんを抱きかかえて、達也のベットに寝かせた。

俺が美玲ちゃんの両手を押さえつけてキスしているうちに、達也が美玲ちゃんの服を脱がせていく。


「ちょうどイイモノがあったんだよー。」

達也は嬉しそうにいいながら、美玲ちゃんの乳首とおまんこに薄いピンクのジェルを塗った。


「んんっ!」

すぐに美玲ちゃんが甘い声をあげる。


「即効性で強力な誘淫剤入りのジェル・・・もうヤりたくてたまんないはずだよ。」

美玲ちゃんは顔を上気させて、目を潤ませ、両足をこすり合わせるようにもじもじしている。


「美玲ちゃんちゃん、かわいくおねだりできたら、気持ちよくしてあげるよ。」

達也が服を脱ぎながら、美玲ちゃんに声をかけた。


「誰が・・・アンタになんか・・・。」

「俺、気が強い女が堕ちてくのって、大好きなんだよねー。」

達也は美玲ちゃんの両手に手枷をつけて、ベットの上の柵に固定した。


「智也、おまんこ、ちょっとだけ指でさわってみて。」

美玲ちゃんのおまんこのワレメを指でつうっとさわってみると、美玲ちゃんが嬌声をあげて体をのけぞらせた。


「ああんっ!」

「すっげえ濡れてる・・・。」

ベットまで濡らす勢いで、美玲ちゃんのおまんこからは愛液がたれている。


「もうさあ、我慢できないくらい体がうずいてるだろ?」

達也は美玲ちゃんの表情を観察しながら、両手できつく美玲ちゃんの乳首をつまんだ。


「あぅん!」

美玲ちゃんはもう自分で脚を開いて、おまんこを丸見えにしている。


「今、おねだりできないと、このまま、ずっと放置するよ?」

冷たい声で達也がいうと、美玲ちゃんは恐怖の表情を浮かべて、


「お願いします・・・私を気持ちよくしてください・・・。」

達也はにやにやしながら、俺にバイブとローターを渡した。


バイブをおまんこに入れると、スムーズに奥まで呑みこまれていく。

「ああっ・・・はあっ・・・うう・・・。」

「気持ちいいだろう?おまんこがどうなってるか、いってごらん。」


達也は美玲ちゃんの髪をやさしくなでながら、片手で乳首をこねている。

「はんっ!おまんこに太いバイブが入ってきて、おまんこの中がひくひくしてます・・・。」

俺はバイブのスイッチを入れた。


「ひぃんっ!バイブが・・・おまんこの中で振動しながら、うねってますぅっ!」

バイブをゆっくりと出し入れすると、美玲ちゃんのあえぎは悲鳴のようになった。

「ああっ!バイブがぐちゅぐちゅって、おまんこをかきまわしていて・・・イイですっ・・・もっと・・・もっとぉ・・・。」

バイブを奥につっこんだところで、俺はバイブを動かすのをやめた。


「もっと気持ちよくなりたかったら、俺のちんぽをしゃぶりなさい。」

達也のちんぽはここからでもわかるくらい臭いニオイを発している。


美玲ちゃんは従順に口をあけて、達也のちんぽをしゃぶった。

「イイコだ。もっと舌を使って・・・そうそう・・・。」


俺は美玲ちゃんのクリトリスにローターをあてて刺激しながら、アナルにもジェルを塗った。

ひくひくとアナルが収縮して、俺の指を誘い込む。


アナルの中に小さなローターを埋め込んで、スイッチを入れた。


美玲ちゃんは体を震わせて、

「イく・・・イっちゃいますっ!」

と叫んだ。


「断りなくイくなんていけないコだね。おしおきしなくちゃ。」

達也は美玲ちゃんのアナルからローターを抜くと、慣らしもしないで、美玲ちゃんのアナルにちんぽを挿入した。


「ぎひぃぃぃっ!」

口からよだれをたらして、美玲ちゃんが悲鳴をあげる。


「ああ、アナルが切れちゃったね。でも、気持ちいいんだろ?」

淫らな美玲ちゃんの表情に、俺もヤりたくなり、美玲ちゃんのおまんこにちんぽを挿入した。


3Pならでは、ニ穴プレイだ。


「おまんことアナルにちんぽ咥えられて、嬉しいだろう?」

「嬉しい・・・です・・・ああっ・・・あぅんっ!」


美玲ちゃんは後ろから達也にアナルを犯され、俺にしがみつきながら、あえぎ続ける。


「おまんこ、すごいしまるな・・・。」

「アナルもバージンらしくて、キツキツだ。」


俺達もだんだん、射精したくなってきた。

「アナルとおまんこに中出しされたい?それとも、おしりとおまんこにぶっかけてやろうか?」


達也が美玲ちゃんの耳元でささやくと、美玲ちゃんはうっとりとした表情で、

「中出ししてください・・・美玲ちゃんのおまんことアナルに濃い精液たくさんちょうだい・・・。」


美玲ちゃんの望みどおり、俺と達也はおまんことアナルに思いっきり中出しした。

美玲ちゃんはびくんびくんと痙攣しながら、失神した。


3Pはまだまだはじまったばかりだ。

俺はさらに腰を振り続けた。

出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>