エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

巨乳おっぱいお姉さんが電車で痴漢に

今日も電車で痴漢にあった。

おっぱいが大きい私は、ちょっと混んだ電車に乗ると、すぐに痴漢にあってしまう。


痴漢って犯罪なんだから、もっと真剣に取り締まって、どっかに隔離してほしい。

ハンサムな痴漢だったら、ちょっとぐらいさわられてもいいけど、痴漢なんてする男はどうせモテない女に飢えた男なのよね。


私はずっとそう思っていた。

でも、中にはハンサムで女にモテる痴漢もいたらしい。


金曜の夜のぎゅうづめの電車で、私は前にいるイケメンの体にぐいっと押し付けられた。

「ごめんなさい・・・。」

って謝るけど、身動きがとれない。


「いいんですよ。混んでますから。」

イケメンは私を抱きとめるように支えてくれて、私はちょっとラッキーなんて思ってた。


私の背中に回されたイケメンの手が徐々に下に下がっていって、おしりにさわった。

え?って思っていると、その手はもっと下がっていって、スカートの中に入った。


痴漢してるのが目の前のイケメンだなんて信じられないくらい、イケメンの顔はマジメで誠実そうだった。

スカートに入った指は私のストッキングを指先で破いて、パンティを横にズラしている。


うそ!こんなところで、おまんこを直接さわられるなんて・・・。

私はそこまでハードな痴漢にあったことがなかったから、動揺してしまった。


ワレメが何度も指でなぞられる。

ぬるぬるしてるのがわかって、私は恥ずかしくなった。


イケメンはにやっと笑いながら、私のおまんこに指を挿入する。

長い指が私のおまんこの奥まで入り込んで、ぐるぐると回り始めた。


指先だけ前後に動かされたり・・・。

どうしよう。


私、痴漢の指テクでイかされてしまいそう。

体から力が抜けて、一人で立っていられない。


私はイケメンにもたれかかりながら、あえぎ声がもれないように、快感をこらえた。

電車が揺れるたびに、おまんこの中に入った指が私のおまんこを刺激する。


駅で少しずつ人が吐き出されて、電車の中は空いてきていた。

私が痴漢されているのがバレてしまいそう。


私はイケメンが痴漢をやめてくれるのを願いながら、イくのをがまんしていた。

後ろから、いきなり両手でおっぱいをわしづかみにされた。


イケメン以外の痴漢が参加してきたみたい。

服の上からきつくおっぱいをもまれた後、服の下に手を入れられて、直接おっぱいをさわられる。


「俺の痴漢仲間にも、君のステキな体、さわらせてあげてよ。」

イケメンが私の耳元でささやいた。


気がつくと私の周りは男性客が取り囲んでいて、視界がさえぎられてしまっていた。

何本もの手が私の体の上をはいまわる。


ストッキングはぼろきれのように破かれまくって、太ももとかおしりをごつごつした大きな手でなでられている。

誰かが私のパンティをおろした。


クリトリスをつままれて、アナルにもおまんこにも指が入れられて、ぐちゅぐちゅと私の中をかきまわしている。

ブラウスのボタンもはずされて、ブラジャーもズラされた。


むき出しになった乳首をイケメンがちゅうっとしゃぶって、ちゅぽんと口から出した。

よだれで光って見える乳首は、他の痴漢達に交代でしゃぶられて、赤く充血してしまっている。


「もうおまんこがとろとろだ。イきたいでしょ。」

こんなに複数の手で体をなぶられているのに、私はまだイかせてもらってなかった。


最初は痴漢にイかされるのがイヤでがまんしていたけど、途中からはわざとイかせないようにしているみたいで・・・ちょっと愛撫しては動きが止まってしまうので、イけないでいた。

「ほら、素直にイきたいっていってごらん。」

イケメンの痴漢が私の耳を口に含んで、舌で耳全体を舐めまわした。


もうダメ・・・がまんできない・・・。

「イかせて・・・。イきたいの。」


私がささやいた途端、私の体にふれていた手が急に、活発に動き出した。

アナルとおまんこをぐちゅぐちゅにいじられて、クリトリスをこすられて、乳首をきゅうっとつままれて・・・。


足を舐められて、イケメンにディープキスされて、私は激しくイってしまった。

もし、イケメンがキスしていなかったら、大きなあえぎ声を出してしまったと思う。


じーんとしびれるような快感の波が去っていっても、私を愛撫する手の勢いは止まらない。

すぐにまた新しい快感の波がやってきて、私はまたイってしまう。


何度もイかされて、足ががくがくと震える。

「ほしかったら、おちんぽ入れてっておねだりしなさい。」


私の口からはなれたイケメンは、よだれで光った唇で、私にいった。

「入れて・・・おちんぽ・・・入れて・・・。」

もう理性なんか残ってなかった。


強烈な快感でおかしくされて、私はちんぽをおまんこに入れてほしいただのメスになってしまっていた。

体を持ち上げられて、足を大きく開かれて、イケメンのちんぽを受け入れながら、私は痴漢達が私を視姦しているのを感じた。


勃起したちんぽを私の体にこすりつけながら、自分の番を待っている痴漢達に囲まれて、私はイケメンのちんぽの突き上げに悦びの声を上げていた。

突然、ぐりんと体が反転されられて、私はバックからイケメンのちんぽを入れられている体勢になった。


口の中に他の痴漢のちんぽをねじ込まれて、口をふさがれる。

上下から犯されながら、私は自分でも腰を振ってしまっていた。


看護師さんと変態放尿プレイ

学生やってた俺は、その日も出会い系で、会える女を捜してた。

会えるってゆーか、ヤれる女ね。


持て余している時間を有効利用して、ひたすら数打つ。

親指が痛くなるほど、メール送信、メール送信。


内容はほとんどコピペ。

それでも、それなりに成功するもんで。


ま、会う約束はしたけど、こっそりのぞいて、スルーってことも多いけどね。

俺、デブとブスはマジでNGなんだわ。


だから、写メを考えたヤツには、ちょー感謝してる。

俺の写メを送った瞬間、メールが返ってこなくなることもあるけどさ。


面と向かって拒否られるよりは、よっぽどいいよ。

陽葵ちゃんと待ち合わせたのは、平日の夜だったんだよね。


やっぱ、金、土がアツいから、平日はそんなに力入れてなかったんだけど。

逆に、平日しか休めない女とかもいるみたいで、ショップ店員とか美容師とか、釣れたら大物ってパターンが多い。


本気で付き合うわけじゃないから、素顔ブスでも、メイクと服でイケてる感じにみえたら、別にオッケーだしさ。

で、陽葵ちゃんは看護師だった。


看護師っていえば、スッチーとならんで、男の理想の職業じゃん。

ウキウキしながら、待ち合わせ場所に向かったら、写メより全然、かわいい女が立ってんの!


やっべ、俺、今日、マジ、ツイてるよ!って興奮しながら、声かけて、ラブホテルに直行した。

平日の夜は、ラブホテルも空いてて、即入室。


さすがに、即尺ってわけにはいかなくて、シャワー浴びて、ベットでフェラチオしてもらった。

手馴れた感じのフェラチオで、手と口でしこしことちんぽをしごかれると、かなり気持ちいい。


でも、せっかく看護師とセックスしてるのに、裸でいると、あんま実感ないんだよね。

かといって、このラブホテルにはコスプレのレンタルサービスなんてないしさ。


仕方ないから、仕事のときの口調で、言葉責めしてって頼んでみた。

「こんなにちんぽを勃起させて、溜めすぎですよ。」


陽葵ちゃんは看護師の口調でいいながら、俺の玉袋を揉み揉みした。

なんか、新しい快感だ・・・。


玉袋を揉みほぐされながら、片手でしゅこしゅことサオをしごかれていると、いやらしいことをしているというよりも、治療の一環って感じがしてくる。

「先走りがたくさん出てきますねー。いつもオナニーはどのくらいしてますか?」


陽葵ちゃんは亀頭に唇を押し当て、ちゅっと先走りを吸い、ぺろりとカリ首を舐めた。

「ん・・・二日に一回くらい・・・かな。」


両手でちんぽをしごかれると、射精しそうになってくる。

やべ・・・俺、今日、なんか早くね?


「サトルさんの年齢にしては、オナニーの頻度が少ないですね。」

一度射精させてしまうと、もう勃たなくなると思われたのか、陽葵ちゃんはフェラチオをやめてしまった。


「今度は、私を気持ちよくしてね。」

俺は陽葵ちゃんをベットに押し倒し、美乳にむしゃぶりついた。


勃起したちんぽをすべすべの太ももにこすりつけながら、やわらかなおっぱいを揉み、乳首を吸う。

「ん・・・早くおまんこいじってぇ・・・。」


陽葵ちゃんはおっぱいより、おまんこを愛撫してほしかったらしい。

遠慮なく足を大きく開くと、おまんこからは愛液がたっぷりとにじみ出ていた。


舌で愛液をすくい取るように、れろれろと舐めあげる。

「看護師さん、セックス好きなの?」


クリトリスを舌で強くなぞりながら、おまんこの中に指を押し込む。

「好き・・・セックス好きぃ・・・。」


陽葵ちゃんはうっとりと目をつぶりながら、恥ずかしいことを平気でいっている。

「看護師さんは、どうされるのが一番、感じる?」


指で膣壁をえぐるようにしながら、陽葵ちゃんにきくと、意外な答えが返ってきた。

「おしっこしてるのみられるのが好きなの・・・。」


放尿プレイかよ・・・正直、陽葵ちゃんがいくらかわいくて看護師でも、ちょっと引いた。

でも、女がおしっこしてるとこをみるのもいいかと思って、陽葵ちゃんをバスルームに連れて行った。


バスタブに向かって、後ろから抱きかかえてM字開脚させて、

「おしっこしろよ!放尿みられて感じる変態なんだろ?」


っていったら、陽葵ちゃんはジョロロロロって、マジで放尿した。

放尿をみてたら、なんか興奮してきて、俺はおしっこが終わってないのに、おまんこにちんぽを突っ込んだ。


俺の足におしっこがたれてくるが気にせずに、後ろからがんがんおまんこを突く。

「ウソ・・・イイ・・・おしっこしながら、ちんぽ入れられるのすごくイイ・・・。」


いつの間にか、陽葵ちゃんのおしっこは止まっていたけど、ちんぽを出し入れするのに夢中で気がつかなかった。

自分勝手にのぼりつめて、陽葵ちゃんのおまんこに射精したら、中出しした精液がおまんこからどろっと出てきて、陽葵ちゃんのおまんこはおしっこと精液でたいへんなことになってた。


そのまま、二人でシャワー浴びて、今度はバックでもう一回ヤった。

後ろから両手をつかんで、おしりにぶつけるようにぱんぱんとちんぽを打ち付けていると、陽葵ちゃんがひっきりなしに嬌声をあげる。


バスルームにあえぎ声が響いて、すっげえエロい感じ。

片足をバスタブにのせさせたり、俺が持ち上げたりして、おまんこにあたる角度を変えながら、バックを愉しんだ。


二回目だった俺は、なかなか射精しなかったので、陽葵ちゃんはイきすぎてぐったりしてた。

放尿挿入プレイが気に入ったらしい陽葵ちゃんは、俺とセフレになり、休みの度に俺を呼び出した。


俺が陽葵ちゃんに性病をうつすまでは、マジでいいセフレ関係だったよ。

出会い系で出会ったエロい人妻と車でハメハメ

出会い系を使ったのは、実家に帰って、あまりにもヒマすぎたせいだった。
ダメモトっていうか、ヒマつぶし感覚でいたのがよかったのか、咲良さんという人妻をゲットできた。

待ち合わせ場所にいた咲良さんをみて、俺は目を疑った。
マジで?

あの人妻だなんて信じられないくらい若くて、イケイケなミニスカ、キャミの痴漢待ちってくらい露出しちゃってるのが咲良さんなわけ?
立ち読みしている咲良さんの体を周りの男達がちらちらと視姦しているのがわかる。

俺はダッシュで、咲良さんの元に駆けつけ、愛車に連れてきた。
男達の羨望のまなざしが心地いい。

咲良さんはキレイというよりかわいい系で、ぽってりとした唇がなんともエロい。
白くもちもちしてそうな太ももに、はちきれんばかりの巨乳。

やわらかそうな二の腕。
くっきりと浮かんでいる鎖骨。

どれをとっても、すばらしい人妻だった。

「雅也くんって、童顔だねえ。学生さんみたい。」


顔に似合わず、ハスキーな声で咲良さんは笑った。


時間がないから、即ラブホテルに直行。

したまではよかったが、咲良さんに出会っただけで運を使い果たしてしまったのか、ラブホテルはどこも満室。


人気のない山道で停車した俺は、絶望のため息をついた。

せっかくこんないい女とヤれるはずだったのに・・・。


「ねえ、もう我慢できないから、ここでしちゃおうか?」

咲良さんはシートベルトをはずして、俺の方に体をのりだした。


つやつやと唇が光っていて、巨乳の谷間がみえていて、せりあがっているミニスカがもうギリギリだ。
俺はごくりとつばをのみこんだ。

カーセックスは初体験で、正直、上手くやれる自信なんてない。


でも、こんな据え膳を逃すわけにはいかない。

俺は咲良さんのきゃしゃな体を抱きしめて、唇を奪った。


すぐに咲良さんの舌が俺の口の中に入ってくる。

乱暴なぐらい口の中を舌でかき回されて、不覚にも俺は気持ちよくなってしまった。


なんとか咲良さんの舌に自分の舌を絡めるが、とても敵いそうにない。

唇を離したときには、俺だけ息があがってしまっていた。

「ふふ。もうこんなに元気になってる。」


咲良さんはジーンズの上から俺のちんぽをさすった。

ラブホテルを探しているときから勃起し続けている俺のちんぽは、ようやく刺激を与えられて、ますます硬くなってしまっている。


咲良さんの手でベルトをはずされて、俺はいそいそとちんぽを出した。

自分でもびっくりするくらい先走りでぬるぬるしたちんぽは、むわっとしたニオイがしている。


咲良さんは洗っていないちんぽを躊躇なく、咥えた。

思わず、仰け反ってしまうくらい根元まで一気に呑みこまれて、咲良さんの口の中にすっぽりとちんぽを包みこまれる。


横からフェラチオされるなんてはじめてだったから、今まで感じたことのない不思議な感覚だった。

ひねられるように、ゆっくりと亀頭の方に舌と唇が上がっていく。


まるで吸い出されるように、唇が亀頭の先っちょにキスをした。

すぐにまた根元まで口の中に咥えこまれる。


細い指が裏筋をこちょこちょとくすぐるように動いている。

口の中で舌は、亀頭やカリ首をちろちろと舐めていて、もうなんていうか、プロ並みのフェラチオテクニックだ。


俺は一気に射精まで追い込まれそうになり、

「もう出そう・・・ヤバい・・・。」

とつぶやいた。


その瞬間、フェラチオはぴたりと止まってしまって、俺のちんぽは口から出されてしまった。

はあはあと荒い息を吐いている俺のひざに、咲良さんがまたがってきて、腰を浮かせた。


あっという間に、俺のちんぽは咲良さんのおまんこに呑み込まれてしまった。

「まさか・・・ノーパン?」


あんなミニスカでノーパンだったなんて、信じられない。

ミニスカでノーパンだったせいか、フェラチオで興奮したのか、咲良さんのおまんこはぐちゅぐちゅで、俺のちんぽをするりと咥えこんでいる。


「雅也くんのちんぽ・・・すごいイイよ・・・。」

俺の耳元で、ハスキーな咲良さんの声がささやく。


俺は咲良さんのキャミの肩ひもを下ろして、ブラジャーもずらした。

くびれたウエストにキャミとブラジャーがひっかかり、巨乳がむき出しになる。


勃起した乳首を交互にしゃぶりながら、俺はちんぽを動かした。

窮屈で動きづらい感じがまた逆に、すごく興奮する。


「あんっ!すごい・・・イイ・・・。」

咲良さんは口の端からよだれをたらして、あえぎまくっている。


俺は咲良さんの足を肩にのせ、深く貫いた状態で、何度も最奥を突きまくった。

ぶしゅっと精液がおまんこに弾け飛び、俺は中出しの快感にしびれながらも、ピストン運動を続けた。


「ああ・・・中出しされちゃった・・・おまんこに精液が・・・。」

恍惚の表情を浮かべた咲良さんは、俺にしがみついたまま、ぐったりしている。


車の中にはいやらしいニオイが充満していて、シートにもしみこんでしまいそうだった。

ティッシュで中出しした精液を拭いながら、ゆっくりと抜いたけど、ぽたぽたと精液がしたたって、俺のジーンズを汚した。


それから、俺と咲良さんは、俺が帰省するたびに、セックスするようになった。

当然、ラブホテルでもセックスしているが、最初のカーセックスのときほど興奮できない。


カーセックスも試してみたけど、最初のときほどよくない。

仕方がないので、今度は野外露出プレイでも試してみようと思っている。


出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>