エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

金髪の外人とハメハメ

出会い系で出会ったケリーは、金髪の外人だった。

たまに、メールの文面がおかしかったりしたので、不思議に思っていたけど、まさか外人だとは思わなかった。


ケリーは留学生で、外人好きの男には興味がなく、普通に恋愛してみたかったらしい。

たしかに、モデルのように美人で、金髪巨乳のケリーをみれば、誰でもヤりたいっていうのが先行してしまうだろう。


地味なオタク系の俺とケリーじゃ、全然、つり合いが取れないが、なぜかケリーは俺を気に入り、積極的に迫ってきた。

一人暮らしの俺の部屋で、露出の多い肢体をすり寄せてこられたら、俺みたいな童貞卒業したての男はひとたまりもない。


ぎこちなくケリーを押し倒し、唇を合わせると、俺の口の中にケリーの舌が入ってきた。

俺はなんだかウニを思い出しながら、やわらかなケリーの舌の感触に酔っていた。


歯をなぞられ、舌の裏をちろちろと舐められ、アタマがぼうっとしてくる。

「ケイジのウタマロみせて?」


ウタマロってなんだ?と思っていると、ケリーの手は俺のズボンを脱がし、トランクスまで下げようとした。

「ウタマロってちんぽかよ!?」


動揺して、思わず叫んでしまう。

「ちんぽ?ケイジのコレ、ちんぽっていう?」


ケリーの手がトランクスの上から、俺の勃起したちんぽをこすって、俺はあひぃんと声をあげそうになった。

「そ、そうだよ。ウタマロじゃなくて、ちんぽっていうんだ。」


「ね、ダメ?ケイジのちんぽみたい・・・。」

ケリーが上目づかいでおねだりしてくるので、俺は抵抗しきれなくなった。


「いいけど、ケリーもみせて。」

「オッケー!私から脱ぐね!」


ケリーはあっという間に服を脱いで、裸になった。

すごいボリュームの巨乳。


すらりとした長い脚。

そして、つるつるのパイパン・・・。


な、なんでおまんこに陰毛がないんだ?

またしても動揺しているうちに、俺はトランクスを剥がれた。


興奮して勃起しているちんぽは隠しようもない。

「すごいねー!ケイジのちんぽ、立派♪」


ケリーは嬉しそうに俺のちんぽを咥えようとする。

「ちょっと待って・・・何するつもり?」


「何って、セックス?」

俺のちんぽの根元を手でつかんだまま、ケリーは不思議そうに首をかしげて俺をみる。


「ちんぽエレクトしてるから、ケイジもイヤじゃないでしょ?」

俺が返事するより早く、俺のちんぽはケリーの口に咥えられた。


フェラチオ初体験の俺は、ケリーの口に咥えられている俺のちんぽをみてるだけでも、射精してしまいそうだった。

ちんぽを舐めまわしている舌がありえないほど気持ちいい。


ケリーの指が玉袋をやさしくもんでいて、俺はどんどん追いつめられていった。

「出るよ・・・もうダメ・・・。」


アタマの中が真っ白にスパークして、俺はケリーの口の中に口内発射してしまった。

ちゅうっと吸い上げられて、口からゆっくりちんぽを出されても、俺のちんぽは大きくなったままだ。


ケリーは口内発射された俺の精液をごっくんと飲み干すと、満足そうに舌なめずりした。

「ケイジのちんぽ、おいしいよ。アタシのヴァギナも食べて?」


濡れ濡れになったパイパンおまんこを目の前で拡げられて、俺は夢中でクンニした。

「イイ・・・ケイジ上手・・・ソコ・・・。」


ケリーはクンニしている俺の顔をみつめながら、あえぎ声をあげ続けた。

パイパンのおまんこはすごくクンニしやすくて、愛液がたくさんでてくる。


ケリーの反応のよさに気をよくした俺は、ケリーのおまんこに指を挿入した。

「はうんっ!・・・はあ・・・ああっ・・・。」


俺が指を動かすたびに、ケリーはイイ声であえぐ。

オウ!とかカモン!とかいわれなくてよかったと思いつつ、俺はケリーのいいところを指で刺激し続けた。


クリトリスをちゅうっと強く吸いながら、おまんこの奥を指でゆすぶっていると、アイはおまんこをびくびくと痙攣させた。

「すごい・・・よかった・・・。」


うっとりとした顔で俺をみるので、

「ああ、イったんだね。」


というとケリーは、

「イく・・・イくっていうのね・・・。」


おまんこをぴくぴくさせながら、つぶやいた。

イくときにはちゃんと報告するようにいってから、俺はケリーのおまんこへの愛撫を続けた。


一度イったケリーのおまんこは、ちょっとの刺激ですぐにイってしまう。

「イくぅ・・・またイく・・・。」


何度もイってぐったりしたケリーは、勃起したままの俺のちんぽを手で握りながら、

「もうケイジのちんぽほしい・・・。」


とねだった。

俺はコンドームをつけて、愛液でどろどろになっているケリーのおまんこに挿入した。

「大きい・・・ケイジのちんぽ、大きくて硬いね・・・。」


指マンで何度もイっていたケリーは、俺のちんぽを挿入されて、さらに大きな声であえいだ。

「イイっ!おかしくなりそう!ああっ!もっとぉ・・・。」


乱暴なくらい激しくちんぽを出し入れすると、ケリーは悲鳴のような声をあげながら、俺にしがみついてくる。

ケリーとのセックスはやみつきになるくらいよかった。


その後も、ケリーの巨乳でパイズリしてもらったり、淫語をわざとたくさん教えたりして、ケリーとのセックスを愉しんだ。

ケリーの帰国とともに、俺たちの関係は終わってしまったが、ケリーとのセックスは俺の青春のすばらしい宝物だ。

カワイイ美乳おっぱい美女と3P

先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。

正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。


幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。

期待以上にかわいいコがいたので、俺はこのままラブホテルに直行したい誘惑と必死で戦った。


でも、二人で逃げたりしたら、どんないやがらせをされ続けるかわからない。

ヒロコは明るくてかわいくて、彼女になってほしいくらい感じのいいコだ。


ああ、もったいない。

「やっぱり都合が悪くなっちゃったから、別の日に会わない?」


っていおうとしたとき、俺の後をつけてきたらしい先輩が現れた。

打ち合わせでは俺の部屋で待機していて、俺は先輩がいたことを知らなかったという演技をするはずだったのに。


「翔平じゃん。かーわいいコ連れちゃってぇ。」

先輩は俺の肩にがっちりと腕を回してくる。


当然、ヒロコは驚いて、不安そうな顔をしている。

「この人、大学の先輩なんだ。」


「よろしくねー。せっかく会ったんだから、みんなでカラオケ行こうぜ!」

ためらっているヒロコの手を強引にひいて、先輩は知り合いがバイトしているカラオケに向かった。


しぶしぶ二人の後をついていきながら、俺はため息をついた。

カラオケという密室空間に、キケンな野獣と美女と野獣の暴走を止められない俺。


先輩は強いお酒をこっそり混ぜさせた酎ハイをヒロコにがんがん飲ませた。

断っても何かと理由をつけてはハイペースで飲まされるので、ヒロコはすぐに酔っ払い、意識をなくした。


先輩の手がヒロコの服を脱がせていく。

ヒロコは着痩せするタイプだったらしく、大きめの美乳とむっちりとした太ももがおいしそうだった。


「ヒロコちゃ~ん、ちゅっちゅちまちょ~ね~♪」

先輩がキモいことをいいながら、ヒロコの裸体に覆いかぶさり、ヒロコの可憐な唇を奪った。


ああ、こんなかわいいコが先輩のような男に汚されてしまうなんて。

片手でおっぱいをもみながら、先輩はヒロコの口内を舌で犯した。


「意識がなくても、乳首はびんびんだな。」

淡いピンクの乳首は先輩の指でつままれて、硬く尖っている。


キスに飽きた先輩は、ヒロコの乳首をしゃぶり、舌で舐めまわした。

「うーん。肌がつるつるで、めちゃやわの美乳・・・たまらんねえ。」


オヤジのような感想をもらしつつ、おっぱいやウエスト、太ももを舐めていく。

先輩が舐めたあとには、ナメクジがはったような光るよだれのラインが残った。


「さーて、いよいよおまんこちゃんだね!」

ヒロコの足を大きく開いて、ものすごい至近距離からまじまじとおまんこをみつめる。


「赤く充血したおまんこから、愛液がねっちょり出てるよ。このコ敏感なんだなあ。」

先輩はぼんやりと見ていた俺に、
「お前も上半身を愛撫しろよ。どうせもう勃起してんだろ?」


もちろん、俺だって健全な男だから、ジーンズの下のちんぽはとっくに勃起している。

俺はおそるおそるヒロコの勃ったままの乳首を舐めた。


「あんっ!」

突然、きこえたあえぎ声に顔をあげると、ヒロコが目を開けて、驚いていた。


「え?なにこれ?なんで私、裸なの?」

動揺しているヒロコを無視して、先輩はおまんこをクンニしはじめた。


ぺちゃぺちゃと犬のように、一心不乱に舐めている。

「や・・・やだぁ・・・ああっ・・・ダメ・・・。」


ヒロコは両手で先輩の頭を押さえ、舌の動きを止めようとしているが、そんなことでクンニを止めるような先輩ではない。

「お願い・・・翔平くん・・・助けて・・・。」


うっすらと涙を浮かべて俺を見上げて懇願するヒロコを見た瞬間、俺の理性がぷちんと飛んでしまう音がきこえた・・・。

両手でヒロコのおっぱいをもみ、指で乳首をくりくりといじりながら、ディープキスをする。


「おっ。翔平もやっとやる気を出したな。」

先輩が俺をからかいながら、ヒロコのおまんこを手マンしている。


にゅくにゅくと舌を絡ませながら、俺はヒロコのおまんこに早くちんぽを入れたいと思っていた。

「もーおまんこもいい感じだから、俺が先にいただくな~!生ハメ♪生ハメ♪」


ごそごそと勃起したちんぽを取り出した先輩は、ヒロコのおまんこにナマのままあてがった。

生ハメがイヤなのか、ヒロコが抵抗して、首をいやいやと振る。


ヒロコの悲鳴がききたくなって、俺はヒロコの口の中から舌を離して、充血した乳首を舐めた。

「はぅんっ!やだ・・・入れちゃダメ・・・。」


もちろん、それで生ハメをあきらめるような先輩ではない。

俺は眉を寄せて生ハメの衝撃に耐えるヒロコの表情に、ぞくぞくするほどの興奮を覚えた。


先輩がちんぽを動かしているうちに、ヒロコの表情がだんだん気持ちよさそうなものに変わっていく。

「ヒロコちゃんのおまんこ、キツくていいよ~。ちんぽに絡み付いてくる感じがたまらんねー。生ハメ最高!」


先輩はごきげんで、ヒロコのクリトリスを指でこちょこちょといじりながら、抽送を繰り返している。

「はっ・・・や・・・やめて・・・。」


「おまんこをこんなにきゅうきゅうしめつけながら、やめてっていわれてもな~。」

遅漏の先輩は、生ハメにもかかわらず、まだまだ射精してくれそうにない。


俺は待ちきれなくなって、自分のちんぽをしごきながら、亀頭をヒロコのおっぱいにこすりつけた。

俺も早くヒロコのおまんこに生ハメしたい・・・。


俺の中にはもう、強制3Pされているヒロコをかわいそうに思う気持ちは、少しもなくなってしまっていた。

手コキのテクニック

妊娠した私は、セックスをするのがつらくなってしまった。

安定期に入っているから、激しくしなければセックスできるみたいだけど、精神的になんとなく、子宮に赤ちゃんがいる状態で受け入れるのがイヤだったのだ。


当然、夫のタカノブは性欲を持て余してしまった。

このままじゃ、浮気されるっていう危機感に駆られて、私はタカノブのちんぽをフェラチオしようとした。


でも、今までフェラチオを避けてきたから、私の拙いテクニックではなかなかイかせられない・・・。

最初の二、三回はめずらしい私のフェラチオに興奮していたタカノブがすぐ射精してくれて、満足させられたけど、最初の興奮が冷めてしまうと、いつまで舐めてもイかせられなくなった。


フェラチオを続けて、30分以上経つとタカノブが、

「もういいよ。後は自分でオナニーするから。」
といってくれる。


私がこんなにがんばってフェラチオしてるのにイけなくて、オナニーでは5分くらいでイけてしまうのかと思うと、悲しくなる。

悩んでいた私は、遊びに来た妹についグチってしまった。


私よりずっと男性経験豊富な妹は、にやりと笑って、
「じゃあ、私がお義兄さんの性欲解消してあげようか?」
っていいながら、服の上からでも目立つ巨乳を両手でつかんでみせた。

「やめてよ・・・。」
私が睨むと妹は楽しそうに、

「冗談なのに、相変わらず、マジメなんだから・・・。」
と私をからかった。


「フェラチオが下手なのはさー、お姉ちゃんがしゃぶるのイヤだと思ってるからじゃない?」
図星を指されて、私は言葉につまってしまった。

「イヤイヤやっても、上手くならないと思うよ。フェラチオがダメなら、手コキしたらいいじゃない。」

「手コキ?」


「手でこうやって、ちんぽをしごいたりしてイかせることだよ。」

妹は右手の指で輪を作って、それを上下に動かしてみせた。


「アダルトショップの通販で、ローションとDVD買って勉強したら?お姉ちゃん、勉強するの得意じゃん。」

にやにやと笑っている妹は憎らしいが、アドバイスの内容は真剣みたいだったので、私はお礼をいった。


妹が帰ると、さっそく、アダルトショップの通販ページをひらいて、手頃なものを物色した。

オナカップ・・・ダッチワイフ・・・男の人の性欲を解消するためのグッズがたくさんそろっている。


こんなにたくさん開発されるほど、男性の性欲は旺盛なのかと感心してしまった。

ローションだけでもたくさんの種類がある。


私はローションを選びながら、手コキでもダメなら、このオナカップというのを試してみようと思っていた。

手コキ用のDVDはAV女優さんがディルドーをちんぽに見立てて、手コキのテクニックを教えてくれる。


男性が手コキのテクニックの勉強をするとは思えないのに、なぜかAV女優さんは裸だ。

妹並の巨乳は納得だが、意外とぽっちゃりしていて、むちむちした感じだった。


男性器の模型を使って、感じるポイントや刺激の仕方を説明しているAV女優さんは、舌足らずな感じの甘ったれたしゃべり方だけど、その手つきはさすがにプロだった。

手首のスナップをきかせて、ひねりを加えたり、指先、指全体、手のひらなどを使ったバリエーション豊富な愛撫方法はとても勉強になった。


手コキについて学んだところで、タカノブのちんぽで実践してみる。

タカノブはローションまみれの手でちんぽをにぎっただけで、やたら興奮していた。


「ヒロちゃん、妊娠してからいやらしくなったんじゃない?」

人の気も知らないで、タカノブはのんきに喜んでいる。


「手コキなんてするコじゃなかったのに。」

私の手でちんぽをしごかれながら、タカノブはうっとりとしている。


ゆっくりと単調な刺激を続けるだけでも、イけるらしいっていうことはわかったけど、どの動きがタカノブを気持ちよくさせるのかわからなくて、私はいろいろと試してみた。

手のひらで亀頭をぐりぐりとなでまわしながら、サオを指でしごく。


カリ首を指先でなぞりながら、サオをにぎって、ひねるように上下にこする。

「ヒロちゃん・・・どこでそんな手コキテクニックを・・・。」


AV女優の技術はたしかで、タカノブはすぐに私の手の中に射精した。

私の手コキも回数を重ねるごとにスムーズになっていって、これで問題は解決したと思ったんだけど・・・。


だんだん、タカノブが手コキだけじゃ、イけなくなってしまった。

うーん、いよいよオナカップを買わないといけないかなと悩んでいたら、また妹が遊びに来たので相談した。


「オナカップ・・・お姉ちゃんがオナカップ買うの・・・。」

妹はおなかをかかえて、ひーひーいいながら笑っていたが、


「オナカップって使いすぎると、セックスでなかなかイけなくなるらしいよ。おまんこより、気持ちいいんだって!」

さらりと爆弾発言してくれた。


「手コキだけでダメなら、ちょっとだけフェラチオしたらいいじゃん。最後に先っちょだけ咥えて、手でしごいたら、すぐだよ。」

男性経験豊富な妹のアドバイスの通りにすると、タカノブをすぐイかせることができた。


手コキとフェラチオのコンボでイけなくなる頃には、出産が終わっているだろうし、浮気回避成功かも!



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画