エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

ローションプレイで初イキする彼女

セックスのときに、いつも痛がる私を気づかって、シンヤがローションを買ってきてくれた。

ちょっとピンク色がついたどろりとしたローションは、フルーツみたいないい香りがする。


感じてないわけじゃないのに、愛液があんまりでない私は、セックスを気持ちいいって思ったことがなかった。

だって、痛いんだもん。


シンヤが私を裸にして、おっぱいにローションをたらした。

ローションでぬるぬるになった乳首を指できゅっとつまむ。


ローションが指を滑らせて、ちゅるんと乳首が逃げる。

乳首をいじられて感じたことなんてなかったのに、すごく気持ちいい。


ローションをひろげるようにおっぱいをもまれて、乳首をしゃぶられた。

「あうんっ!」


やだ・・・ヘンな声でちゃった。

思わず、口を押さえたけど、シンヤの手でどけられてしまう。


「ユイアのあえぎ声、やっときけたんだから、もっときかせてよ。」

シンヤがとっても嬉しそうで、逆らえなかった。


今まで、「声出して。」って男の人にいわれても、どうやって出すのかわかんなかったのに。

今日は声を抑えるほうが難しいみたい。


シンヤの舌がぺろぺろと高速で乳首を舐めていて、私は首を左右に振りながら、「あんあん」っていってた。

「ローションだけでこんなに乱れてくれるなら、もっと早く買うんだった。」


シンヤは顔を上気させながら、私の足の間に移動した。

パンティを脱がされて、足を広げられて、おまんこにローションをたっぷりたらされる。


「いつもより濡れてるけど、念のため、な。」

おまんこはローションでぐちゅぐちゅになった。


シンヤの指がおまんこの中にすんなりと呑みこまれていく。

「痛くないか?」

「全然、痛くないよ・・・。」


いつもだったら、膣壁がひりひりする感じなのに、するんと入っちゃった。

そのまま指を出し入れされても、全然平気。


ていうか、気持ちがいい・・・。

「クリトリスはどう?」


ローションでぬるついているクリトリスは指でなでられるだけで、すごく気持ちいい。

「やだっ!なんかイっちゃいそう!」


私、オナニーでクリトリスをいじるとイけたけど、セックスでイったこと、なかった。

「イった?」ってきかれると、「うん。」ってこたえていたけどね。


「指がすっごいしめつけられるよ!」

おまんこがひくついてるのが自分でもわかる。


オナニーでイくときより、ずっと強い快感で下半身がじんわりとしびれた。

はあはあと荒い息を吐きながら、シンヤの顔をみると、すごく興奮して私に抱きついてきた。


「指、おまんこに喰いちぎられそうだった。ね、もうちんぽ入れてもいいかな。」

「いいよ。」


私はイった後の快感に浸りながら、頷いた。

シンヤはいつもと違うコンドームをつけていた。


やたらおしゃれなパッケージで、コンドームが透明だから、ちんぽの肌色がすけてみえる。

「このコンドーム、ナマみたいに気持ちいいんだって。」


わくわくした様子で、シンヤが私の膣口に亀頭をあてる。

「いくよ。」


ゆっくりと挿入されたけど、全然、痛くなかった。

ゴムの突っ張る感じもないし、ホントにナマでしてるみたい。


「ユイアのおまんこのあったかさが伝わってくるよ。ヤバイくらい気持ちいい。」

シンヤはうっとりとした表情で、腰を振り出した。


一度、イってしまったせいか、私もすごく気持ちがいい。

ちょっとくらい乱暴に突かれても、奥まで入れられても、とてもイイ・・・。


「ローション使って、コンドーム変えるだけで、こんなに気持ちいいなんて・・・。」

シンヤがため息まじりにつぶやいているけど、私もホントそう思う。


今までなら、痛くて絶対できなかったバックで、犬のように激しくヤりながら、私は膣ではじめてイくことができた。

おまんこをちんぽで責められながら、クリトリスを指でいじられると、すごくイイ。


「ああ、全然、おさまんないよ。」

シンヤは一度射精して、コンドームを新しいのに取り替えて、もう一回挿入した。


今度は座位で、まったりと出し入れしながら、抱き合って、ディープキス。

ずんっずんって突き上げられるのが子宮に響く感じ。


私をこんなに気持ちよくしてくれるシンヤのことが、すっごく好きになった。

押し倒されて、正常位で足を大きく開かれる。


結合部を丸見えにされて、じゅぽじゅぽと激しく奥を突かれて、私はまたイきそうになってきた。

「自分でクリトリス、いじってごらん。」


ちんぽをおまんこに出し入れされながら、オナニーしてるみたい。

私がおまんこをしめつけると、シンヤもイきそうになってきて、

「イくぞ・・・。」

ちんぽの動きがすごく早くなって、私もイきそう・・・。


「イくぅっ!」

シンヤが私の体に覆いかぶさってきて、マラソンの後みたいに、はあはあいってる。


はじめて、「一緒にイく」っていうのができて、私は嬉しくなった。

二回もイかせてもらえたし。


私の体はなんだかスッキリとして、軽くなった。

シンヤはすっかりローションにハマってしまって、いろんな種類のローションを買ってくるようになった。


あったかくなるローションとか、冷たくなるローションとか。

ローションの効果もすごいと思うけど、コンドームを変えたのも大きいと思うんだよね。


セックスって小道具的なものでこんなに変わるんだなあ。

私は今度、こっそりバイブを買ってみたいと思っている。


だって、もうクリトリスを指でいじるだけのオナニーじゃ、満足できないんだもん。


お尻フェチの美尻アナルファック

お尻フェチの俺は、バックでヤるのが大好きだ。

騎乗位で俺の上に伏せさせて、お尻を撫でまわしながらヤるのもイイが、よつんばいがつぶれたようなかっこうで、お尻だけ突き出させるっていうのが一番萌える。


出会い系で知り合ったサクラちゃんは、俺が今まで出会った中でナンバーワンの美尻の持ち主だ。

大きさ、やわらかさ、形、肌の色、全てがパーフェクトな美尻で、はじめてのセックスではお尻ばかりなでたり、舐めたりして、どん引きされた。


サクラちゃんのお尻は一日中さわっていてもながめていても、本当に飽きないすばらしい美尻なのだけれど、本人にはイマイチその感動を理解してもらえない。

サクラちゃんとのセックスを重ねるうちに、俺には贅沢な欲望が芽生えてしまった。


究極の美尻の持ち主であるサクラちゃんとのアナルセックスだ。

もちろん、アナルセックス未経験のサクラちゃんには拒まれた。


でも、絶対に痛くしないと粘り強い説得を続けて、どうにかアナルセックスへの興味をもたせることができた。

それからというもの、サクラちゃんとのセックスはますます悦びに満ちたものになった。


アナルの拡張という名目の元に、お尻をいじり放題に愛撫できるのだ。

おっぱいやおまんこへの愛撫も入念に行ったが、なんといっても、サクラちゃんのお尻を開発できるというのが何よりも嬉しかった。


まるで花のつぼみのように美しいサクラちゃんのアナルにキスして、舌で舐めて、少しずつ拡げていく間、私の両手は常にサクラちゃんのお尻をなでているのだ。

アナルの中に舌をすぼめて入れることも、ローションまみれにした指を本当に慎重に挿入することも、俺をすごく興奮させた。


サクラちゃんもまんざらイヤではないようで、俺がアナルを開発すると、おまんこが愛液でたいへんなことになり、おまんこの具合がどんどんよくなった。

人差し指を入れるだけでいっぱいだったサクラちゃんのアナルが次第に拡がっていき、受け入れられるバイブの大きさが俺のちんぽより太くなったところで、いよいよアナルセックスすることにした。


コンドームをつけたちんぽをローションでぬるぬるにして、バイブで十分にほぐしたアナルにゆっくりと挿入する。

おまんことは比べ物にならないほどキツい。


挿入する俺もかなり苦しくて、根元まで入れ終わったときには、すっかり息があがってしまっていた。

ちんぽの付け根が括約筋でしめつけられ、ちんぽ全体が腸壁でぴったりと覆われている。


アナルにちんぽを挿入して、お尻をなでていると、今まで感じたことのないほどの至福感に包まれた。

少しちんぽを動かすだけで、腰がしびれるほどの快感が突き抜ける。


ていねいなアナル開発がよかったのか、サクラちゃんにアナルセックスの適性があったのか、サクラちゃんもかなり感じていて、ほっとした。

いつまでもアナルにちんぽを入れていたかったが、サクラちゃんをイかせるために、俺は魅惑のお尻から手を離し、サクラちゃんのおまんことクリトリスを指でいじり始めた。


ちんぽが喰いちぎられそうにアナルがしまりまくる。

サクラちゃんがイくときのしまりといったら、アナルからちんぽが抜けなくなるんじゃないかと思うくらいだった。


初のアナルセックスに成功した俺は、それから、おまんことアナルに一回ずつ射精するようになった。

アナルセックスのときはお尻だけに集中できるように、おまんこにはバイブを入れ、クリトリスには専用ローターをつけることにした。


サクラちゃんも次第にアナルセックスの悦びに目覚めていき、おまんこにちんぽを挿入するときにも、アナルにバイブを入れてほしがるようになった。

アナルセックスのとりこになるにつれ、俺とサクラちゃんの関係は深くなっていき、サクラちゃんは俺に従順になった。


ある日、アナルセックスに興奮しすぎた俺は、サクラちゃんの美尻を平手でぶってしまった。

ぶったときの振動がアナルに挿入したちんぽに響いて、ほんのりと赤く色づくお尻がたまらなく愛おしかった。


いつもよりお互いに興奮したアナルセックスが終わった後、赤くはれたお尻に舌をはわせるのも、なんともたまらなかった。

鞭でぶって美尻を傷つけるようなことには興味がなかったが、平手でぶつという行為は麻薬のように俺をとりこにして、俺はアナルセックスのたびに、サクラちゃんの美尻をぶっていた。


洗濯ばさみで乳首をはさみ、クリトリスにローター、おまんこにバイブを咥えこむと、サクラちゃんのアナルはぱくぱくとちんぽをねだるようにひくつく。


ローションで濡らした指でアナルをえぐるようにほじりながら、おまんこに挿入したバイブを出し入れして、感じまくったサクラちゃんが絶頂を迎えると、

「淫乱!許可なくイくなんて、はしたないコだ!」

とののしりながら、美尻を平手でぶつ。


愛撫しているときに、サクラちゃんが体を震わせながら、

「イきそうです・・・もうイってしまいます・・・。」

と許可を求めても、


「ダメだ。まだイくな。我慢しろ!」

といいながら、さらに強く手を動かす。


お尻が赤くなるくらい平手でぶって、ローションまみれのアナルにアナルパールを埋め込んでいると、サクラちゃんは物足りない刺激に体をよじる。

「アナルにちんぽを入れてください。」

とサクラちゃんが懇願するまでじらしにじらしてからするアナルセックスは、最高としかいいようがない。


顔は全く好みではないサクラちゃんだが、最近は結婚してもいいかなと思っている。


女装M男を手コキ、強制オナニー、顔面騎乗、騎乗位で犯すS女

私の彼氏のシゲルは女装好きの変態だ。

顔がキレイだから、女装しても気持ち悪いっていうほどじゃないけど、やっぱり変態かなって思ってしまう。


黒髪のストレートヘアのかつらをかぶり、ファンデーションと口紅を塗ったシゲルは、嬉しそうにブラジャーとパンティを身に着ける。

ぺったんこの胸にブラジャーをつけたシゲルは、すかすかのブラジャーにストッキングを詰めこんで、偽乳を作った。


パンティの小さな生地から勃起したちんぽがにょっきりとはみ出ている。

LLサイズのストッキングをていねいにはいたシゲルは、ふわりとしたフレアスカートを着て、ブラウスのボタンをとめた。


暗がりだったら、まあ、女の子にみえる・・・かな?

でも、身長が高すぎるし、肩幅ががっちりしているし、足も腕もウエストも太い。


シゲルは私と女装したまま外でデートしたいと思っているらしいけど、私は周囲の人に彼氏が変態だと思われたくない。

変態の彼女だっていうのがバレたら、私まで変態だと思われるだろうし。


女装が好きだからといって、シゲルは男の人が好きなわけじゃないみたい。

でも、シゲルは女装でセックスして、レズっぽい気分を味わうのが大好き。


変態だよね。

うん、変態なんだ。


それでも、シゲルが好きだから、私はシゲルの変態趣味に付き合ってしまう。

今日のセックスは私がお姉様で、後輩のシゲルを犯すっていうシュチエーションらしい。


シゲルの妄想通りにセックスするのも、もう慣れてしまった。

女装したシゲルを押し倒して、ムリヤリっぽくキスして、パンティの上からちんぽをなでる。


私から積極的に舌を絡めて、シゲルの口の中をよだれでいっぱいにする。

「先輩・・・。」


シゲルは興奮してるみたいで、ちんぽがすっごく硬い。

「シゲルちゃん、私のものにしてあげるから、自分でパンティ脱ぎなよ。」


かなりSな先輩になってしまったけど、シゲル的にはアリだったらしい。

素直にパンティを脱いだ。


スカートの中に、勃起したちんぽがあるのって、かなり微妙な光景だ。

でも、私は気にしないで、先走りでぬるぬるになっているちんぽをしごいた。


うっとりと目を閉じているシゲルは女の子になったつもりなのかもしれない。

「あんっ・・・先輩、ダメ・・・。」

とかいっている。


「ダメ?シゲルがイヤなら、仕方ないよね。シゲルが私のこと好きになってくれるまで待つよ。」

私は勃起ちんぽをしごいていた手を離した。


「ごめんなさい・・・イヤじゃないから・・・続けて?」

シゲルは私にすがりついてきた。


「じゃ、おしおきに、オナニーしてみせて?」

「え・・・そんな恥ずかしいよ・・・。」

「イヤなら、今日はやめようか。」


顔を赤くしたシゲルは自分でちんぽをしごきはじめた。

シゲルのオナニーをみるのははじめてだから、ちょっと興奮してしまう。


シゲルをいじめると、どきどきして嬉しくなっちゃう私も変態なのかな。

一生懸命オナニーしているシゲルも興奮してるみたいで、どんどん息づかいが荒くなっていく。


「もういいわよ。」

シゲルがオナニーでイってしまう前に、私はシゲルのオナニーを止めた。


射精寸前で止められたシゲルは切なそうに私の顔をみつめている。

「ねえ、イきたい?」


シゲルは涙を浮かべながら、こくこくと頷いている。

私はゆっくりとパンティを脱いだ。


興奮して濡れてしまっているから、パンティが糸をひいた。

「イきたかったら、舐めて?」


シゲルの顔の上に、しゃがみこんで、窒息しない程度に、おまんこを押し付ける。

ぺろぺろと舐めてくるシゲルの舌が気持ちいい。


私は手を伸ばして、シゲルのちんぽを握った。

上下にしこしことしごくと、シゲルの口からくぐもったあえぎ声がもれる。


シゲルの舌がワレメを何度も往復して、膣口にすぼめた舌が突っ込まれた。

濡れまくったおまんこに、指が入れられると、私もあえぎ声をこらえきれない。


シゲルの勃起ちんぽに舌をはわせながら、私はおまんこに出し入れされるシゲルの指に体をのけ反らせた。

ヤバい・・・このままじゃ、私が先にイっちゃう。


私はシゲルの顔からおまんこをはなして、シゲルのちんぽにコンドームをかぶせた。

騎乗位でゆっくりと腰を沈めて、シゲルのちんぽをおまんこに挿入する。


シゲルが突然、ちんぽを突き出して、奥までずんって入ってしまった。

「あんっ!」


思わずあえいでしまった私は、シゲルを睨んだ。

「ごめん。だって、もうがまんできないよ。」


シゲルの腰は動き続けている。

おまんこはぐちゅぐちゅといやらしい音を立てていて、私ももうがまんできそうにない。


「はしたないわよ。淫乱なんだから・・・。」

男の人にはあんまり淫乱っていわないと思うけど、淫乱っていわれると、シゲルは悦ぶ。


「ほら、もっと腰を振りなさい。」

シゲルは下から私のおまんこを突き上げては、あえぎ声をあげ続けた。


私はシゲルから落っこちないようにしがみつきながら、シゲルのちんぽをしめつけた。

変態だけど、シゲルとのセックスは気持ちいい。


一緒にイきながら、私はシゲルに抱きついて、キスをした。


出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>