エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

淫乱ギャル2人と生ハメ

出会い系でやっとゲットした女の子と待ち合わせしてみれば、思いっきりギャルだった。

しかも、二人連れ。


あー、こりゃ、ラブホテル行きなんてムリだなぁ。

一瞬であきらめた。


このまま、家に帰って、一人さびしい時間を過ごすのもなんだし、ギャルと遊ぶのも悪くないかと自分にいいきかせる。

カラオケに行って、ギャル達が歌っている全部同じに聞こえてしまうイマドキの歌を聴きつつ、レンジでチンしただけの軽食を食べる。


ギャルとはいえ、二人ともけっこうかわいい。

積極的な性格らしい結花は、ぱっちりとした目を強調したメイクをしていて、露出の多い服装をしている。


はっきりと浮き出た鎖骨や若さあふれる太ももについ目を奪われてしまうが、スレンダーな体型でおっぱいやおしりはそれほどのボリュームではない。

おとなしい感じの友美は、かわいいというよりキレイ系で、俺とはほとんど話さない。


俺的には友美の方が好みなんだけど、こっちから何度も話しかけるほどの根性はないので、こっそりとみつめるくらいにしておく。

声が枯れるくらい歌って満足したらしい結花は、俺にぴったりとくっついて座って、俺の顔をのぞきこんだ。


「おなかいっぱいになったし、歌うのも飽きたから、ラブホテルでも行く?」

思わず、援交か?って考えたのが顔に出ていたらしい。


「援交じゃないよ?」

って笑われた。


ラブホテルに三人で行くなんてはじめてだ。

結花だけでなく、友美まで一緒に来るとは思わなかった。


友美がシャワーを浴びている間、結花が俺に抱きついて、ズボンの上からやや勃ち状態のちんぽをさすった。

「あたし、オジサンが好きなんだよねー。友美も浩二さんならいいっていうし。」


俺が戸惑っているうちに、結花の手が俺のベルトをはずし、ズボンが足元に落ちた。

結花はわくわくした様子で、俺のトランクスを脱がす。


俺のちんぽを見た結花は、

「浩二さんのちんぽ、黒くて使い込まれてる感じだねー。」


といいながら、そっとちんぽをにぎった。

俺に抱きついて、キスしながら、ちんぽを手でゆるくしごく。


結花のつけている甘い香りの香水がアタマの芯をしびれさせて、俺はおずおずと結花の細い体に手を回した。

「もうぬるぬるになってるよ?」


イタズラっぽく笑いながら、先走りで濡れた手を俺にみせる結花は小悪魔っぽくて、俺はすぐにも押し倒したい衝動に駆られた。

シャワーを浴びた友美がバスタオルを巻いただけの格好で、こっちに歩いてくる。


すんなりと伸びた足に、細くて長い手、大事なところをギリギリで隠しているバスタオルにときめいてしまう。

「シャワー浴びてくるね。」


結花はあっさりと俺から離れていき、俺は下半身をむき出しにした状態で、取り残された。

友美はくすっという感じの大人っぽい笑いを浮かべて、俺をベットに連れていった。


「先にはじめましょ。」

仰向けになった俺の上にまたがった友美は、俺に体重をあずけるようにして、キスしてきた。


背中に腕を回してきつく抱きしめながら、ぬちょぬちょと舌を絡める。

せっけんの香りとシャワーの後の上気した顔がたまらなく色っぽい。


キスで濡れた唇を舐めながら、友美は俺の下半身へと移動した。

すぐに俺のちんぽは、友美の口の中に包まれた。


シャワーを浴びてないちんぽは、臭くて汚いのに、友美は熱心にフェラチオしている。

亀頭の先がのどにつくくらい奥まで咥えられて、じわじわと唇が先っちょの方に向かう。


じれったくなるくらいゆっくりとした動きに、細くて長い指での刺激が加わり、のけぞりたくなるくらい気持ちいい。

ばたばたと足音を立てて、全裸の結花がベットに飛び込んできた。


「あたしもフェラチオしたーい!」

結花は俺にまたがり、友美と一緒にフェラチオしはじめた。


ちょっと首をあげると、アナルもおまんこも丸見えだ。

俺は結花のおしりに手をかけ、おまんこをクンニした。


「あんっ!浩二さん、クンニ上手・・・。」

結花のおまんこを舌で責め、指を入れてぐちゅぐちゅとおまんこの中をかき回していると、


「もうあたし、我慢できないよぉ!」

結花が俺の体にしがみついた。


「じゃ、今度は私にクンニして?」

結花が騎乗位で俺のちんぽをおまんこの中に咥え込み、友美が俺の顔の上に、おまんこを差し出した。


3Pに興奮しているのか、友美のおまんこはフェラチオしただけで、ものすごく濡れている。

結花のおまんこの締めつけをちんぽに感じながら、俺は友美のおまんこをクンニした。


「あ・・・はぁ・・・気持ちいい・・・。」

友美はうっとりとした顔で俺を見下ろしている。


自分のおまんこが舐められているのをみて、さらに興奮しているらしい。

「ねえ、浩二さんも動いてぇ・・・。」


結花が腰を振りながら、ねだってくる。

3Pはなかなかハードだ。


俺はちんぽを結花のおまんこにぶつけながら、友美のおまんこをせっせとクンニした。

友美は自分の指でクリトリスをいじりながら、俺の顔におまんこを押し付けてくる。


「あんっ!もうイっちゃう!」

結花のおまんこの締めつけが一層強烈になり、俺は結花のおまんこの中に、射精してしまった。


中出しするつもりじゃなかったのに・・・。

射精した後、はっと我に返るが、すぐに友美のおまんこが俺のちんぽを咥えてしまった。


友美のおまんこのしまりで、俺のちんぽはまた硬度を取り戻す。

「浩二さんのちんぽ、すごくイイ・・・。」


結合部をみせつけるように蛙みたいに足を曲げ、激しく腰を振りながら、悦んでいる友美にみとれていると、結花が寄り添ってきて、キスをせがむ。

淫乱で絶倫のギャル達との3Pで精根尽き果てた俺は、その後、三日ばかり、足腰が痛くてたまらなかった。

メガネ美女と生ハメ

メガネフェチの俺は、メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう。

スレンダーで知的なメガネ美人のお姉さんといつかメガネをかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。


俺のその夢は、出会い系で叶えることができた。

バリバリのキャリアウーマンだというさゆりは、仕事が忙しくて彼氏を作る余裕がなく、性欲処理のために、セフレを探していたらしい。


ニュースキャスターのような知的な美人で、フレームレスのメガネが似合う夢に描いたような理想のお姉さんだった。

さゆりの仕事は忙しいので、会う約束をドタキャンされることもしょっちゅうだ。


かと思えば、平日の夜に急に呼び出されることもある。

でも、さゆりとセフレでいられるだけで、俺はしあわせだった。


セミロングの髪をかっちりとまとめ、スーツに身を包み、メガネをかけているさゆりをみるだけで、俺のちんぽはすぐにかちかちに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまう。

さゆりは俺をじらすように、一枚一枚ていねいに服を脱ぎ、ハンガーにかけていく。


俺が一番、萌えてしまうのは、シャツのボタンを全てはずしてブラジャーに包まれた美乳をちらつかせ、シャツのすそから小さなパンティとガーターベルトで吊られたストッキングに覆われたすらりとした脚が見えている状態だ。

三回に一回は我慢できずに抱きついて、さゆりに叱られている。


さゆりの休みの前日に会えたときは、たいてい朝までハメまくりだ。

あんまり何度も射精するから、最後の方はほとんど精液がでなくなってしまう。


今日も朝までハメまくりコースだから、ずっとオナニーをこらえていた。

実際にラブホテルで二人きりになるまでは、ドタキャンされないかとヒヤヒヤものだ。


さゆりがジャケットをハンガーにかけ、タイトスカートを脱いでいるのを俺は服を脱ぎながら、じっとみつめる。

さゆりのストリップは何度みても飽きない。


今日のパンティは光沢のある赤で、さゆりの白い肌と黒いストッキングに映えている。

ガーターベルトって、なんでこんなにいやらしいんだろう。


まるで、ストッキングをはいたままヤるために作られたような下着だ。

さゆりがシャツのボタンをはずしていき、赤いブラジャーと美乳がみえはじめる。


とっくに全裸になり、ちんぽを勃起させていた俺はさゆりに飛びついた。

「あんっ!もうよしおはせっかちなんだから。」


おっぱいをもみながら、キスをせがむと、さゆりは苦笑しながら、応じてくれる。

にゅるにゅるといやらしいキスをしているだけで、俺のちんぽはどんどん充血していく。


「んふ・・・うン・・・はぁ・・・今日もよしおのちんぽ、元気に勃ってるわね。」

メガネをかけたさゆりの表情がちょっと上気していて、たまらなく色っぽい。


俺はブラジャーをズラして、まずは美乳にごあいさつした。

ふわふわのマシュマロみたいな感触の美乳はさわっているだけで、俺を癒してくれる。


濃いピンクの乳首にキスして、もう片方の乳首を指でやさしくさわる。

「ん・・・ねえ、早くほしいの。」


さゆりは待ちきれなくなったのか、自分でパンティを脱いだ。

さゆりの足元に座って、立ったままのさゆりのおまんこをクンニする。


ワレメを舐めながら、さゆりの顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。

「おまんこ、すごく濡れてる・・・。」


「よしおに会うときは、いつも朝からおまんこが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだから。」

「そんなこといったら、もう我慢できないよ。」


俺はさゆりがトイレでオナっているのを妄想して、鼻血を噴きそうになってしまった。

「もうクンニはいいから、よしおのちんぽ入れて。」


さゆりは壁に手をつき、つるりとしたおしりを俺に向けた。

俺はすぐに立ち上がり、先走りでぬるぬるの亀頭でワレメをなでる。


「いじわるぅ!早く入れてぇ!」

俺を振り返っておねだりするさゆりの顔がかわいくて、俺は一気にちんぽを奥まで挿入した。


「ああんっ!」

さゆりが体をのけぞらせて、嬌声をあげる。


メガネをしている顔がみえない立ちバックはあまり好きではないが、とりあえず、さゆりのウエストを
つかんで、ぱんぱんと腰を打ち付ける。

「これぇ・・・硬くて太いよしおのちんぽがほしかったの・・・。」


俺がずんっと突くたびに、さゆりはあえぎ声をあげながら、体を震わせる。

さゆりの息が荒くなってきたところで、俺は一度おまんこからちんぽを抜いた。


「やだぁ!なんで抜いちゃうの?」

感じすぎて真っ赤になった顔で、不満そうに俺を振り返るさゆりの顔がみたいからだ。


そのままさゆりをベットに連れて行き、今度は正常位で再挿入する。

「はぁぁぁんっ!」


さゆりが悦びの声を上げながら俺にしがみついてくる。

「イイっ!よしおのちんぽ、すごくイイよ!」


ストッキングをはいたままの脚を持ち上げて、俺の肩の上にのせ、おまんこの奥を突いてやると、さゆりはすぐにイきそうになる。

「おまんこの奥を突かれながら、クリトリスをさわられるの、大好きだよね。」


俺は指でクリトリスをいじりながら、勃起した乳首を軽く噛んだ。

「やっ!イく!イっちゃう!」


さゆりのおまんこがぎゅうっとしまる。

メガネの下の目がうっすらと涙を浮かべる。


一度さゆりがイったところで、俺は脚の角度を変えながら、何度も何度もちんぽでおまんこをこすり続ける。

射精感をこらえながら、俺はさゆりの恍惚としたイキ顔を目に焼き付けた。

手コキバーでローション手コキ

失恋して落ち込んでいた俺をケンジが手コキバーに連れて行ってくれた。

薄暗い店内に、ムーディな音楽。


普通のバーっていう雰囲気なのに、店内では至るところで手コキされて顔がゆるんでいる男性がいる。

「な、すげえだろ?他人が手コキされてるのをみてるだけでも興奮するよな。」


ケンジは以前、この手コキバーに来たことがあるみたいで、カウンターにいたバーテンダーさんに、

「ケイコちゃん、お願いします。」

と指名した。


「今、ちょっと手コキ中なので、お待ちいただけますか?」

ケンジはケイコちゃんを気に入っているらしく、頷いて、ビールを注文した。


俺もシラフではいられない気分で、ジントニックを頼んだ。

「タクヤが先に手コキしてもらってもいいんだぞ。」


ビールをおいしそうに飲みながら、ケンジがにやけている。

ちんぽはとっくに勃起していたが、店内には露出度の高いきれいな女がたくさんいて、俺は決めかねていた。


「もしよかったら、今日入ったばかりの新人がいるんですが・・・。」

バーテンダーさんが俺にジントニックを出しながらいった。


「新人に手コキされたら、痛いんじゃないの?」

ケンジが小声で質問している。


「それが素人なのに、ものすごく上手いんですよ。もちろん、とびきりの美人です。」

バーテンダーさんがナイショ話をするように声をひそめてささやいた。


「もしかして、バーテンダーさんって、店の女の子みんなに手コキされたことあるの?」

ケンジはめちゃくちゃうらやましそうな顔をしている。


「うちは女の子のクォリティの高さがウリですから、入店前に手コキの技術チェックはしますよ。」

「へー。いいなあ。」

「ケンジさんっ!」


後ろからかわいい女の子がケンジの両肩をぽんっと叩いた。


そのまま、ケンジの背中に体を密着させて、ケンジの耳元で、

「待たせてゴメンねえ。あっちに行きましょ。」

と甘えた口調でいっている。


ケンジは俺を置いて、鼻の下を伸ばしたまま、ケイコについていってしまった。

「お客様はどうされます?」

「あ、さっきの新人さんで・・・。」

取り残された俺は、あわてて答えた。


「メグミです。よろしくお願いします。」

メグミちゃんはモデルっぽい気品のある美人で、スタイルもスレンダーですらりとしている。


私はメグミちゃんに手をとられて、ソファーに移動した。

メグミちゃんがローテーブルに備え付けられたローションを手に取っている間に、俺はズボンとパンツを脱いだ。


「手コキ、はじめますね。」

にっこりと微笑むメグミちゃんは女神のようで、とても手コキなんてするようにはみえない。


ねちょっとしたローションがついたメグミちゃんの両手につつまれた俺のちんぽは、俺の戸惑いをよそに、みるみる硬くなった。

ローションですべるのを愉しむように、メグミちゃんの両手は俺のちんぽをなでまわしていて、たまに、思い出したように、いいところをかすめていく。


男の感じるポイントを知っていて、あえてズラしている感じだ。

「玉袋もさわっていいですか?」


こんな美人が玉袋とかいうと、妙に興奮する。

返事をする余裕がなかった俺は、こくりと頷いて見せた。


「うふふ。タクヤさんって、かわいい・・・。」

玉袋をもまれつつ、片手でちんぽをしごかれただけで、俺はかなり追いつめられていた。


この手コキバーの淫靡な雰囲気に呑まれてしまっていて、手コキされているだけなのに、すごくいやらしいことをしている気分だった。

「もうおちんちんがこんなに硬くなってて、びくんって脈打ってて・・・。」


メグミちゃんはセクシーな声で俺にささやきつつ、サオを指先でつうっとなであげた。

「食べちゃいたいくらいかわいい・・・。」


小さな赤い舌を出して、ぺろりと唇を舐めるメグミちゃんは、色っぽくて、俺は本当に食べられたいと思ってしまった。

「ねえ、もうイきたい?それとも、もっとじっくり愉しむ?」


手コキの時間制限は30分で、10分単位で延長できる。

ローテーブルの上にある時計は、残り10分くらいで、俺はあっという間に時間がたってしまっていたことに驚いた。


メグミちゃんとの夢のような時間をもっと愉しみたいが、イきたくてたまらなくなってしまっている。

「もうイきたい・・・がまんできないよ。」

「わかったわ。じゃあ、イかせてあげる。でも、できるだけがまんしてね。」


メグミちゃんの白くて長い指が、俺のちんぽに絡みつくように上下に動いた。

なんていうか、これまでに味わったことのない快感っていうか、芸術のような手コキだった。


滑らかな動きで、10本の指が俺のちんぽを包み込むように、まとわりつくように、刺激を加えている。

「イく・・・もう出る・・・。」

俺はメグミちゃんの手の中に、精液を射精した。


「タクヤさんの精液、たっぷり出たわ・・・。」

メグミちゃんは手のひらを俺にみせて、どろりとした精液を確認させた。


そのまま、俺の精液をぺろりと舌で舐めて、

「おいしい・・・とっても濃いのね。」

とうっとりしていた。


すっかりメグミちゃんの手コキのとりこになった俺は、手コキバーにしょっちゅう行ったが、すっかり売れっ子になってしまったメグミちゃんに手コキしてもらうのには、2時間以上待たなくてはならなかった。



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画