エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

淫語責めオナニー

出会い系で出会ったヨウヘイは、しぶーいオジサマで、若い女の子をかわいがるのが好きっていってた。

けど、若い男みたいに、性欲でギラギラって感じじゃなくって、余裕があるんだよね。


ヨウヘイとは何回か会ったけど、二回目に会ったとき、オナニーをみせてほしいっていわれちゃって。

私、普段からあんまりオナニーしない方だし、やり方がよくわからないから、イヤっていったのね。


でも、ヨウヘイは女の子がオナニーしてるのをみるとすごく興奮するらしくて、どうしてもオナニーしてほしいっていうの。

ヨウヘイのことは気に入ってたから、結局、ヨウヘイのいう通りにオナニーするってことで、裸になってベッドの上に座った。


ベッドの背もたれのところに寄りかかって、脚をM字に開脚するだけで、すごく恥ずかしい。

ヨウヘイは低くてセクシーな声で、私に命令した。


「両手でおっぱいをもんで、指で乳首をいじって。」

ヨウヘイの目の前で、自分のおっぱいをもむのは、不思議な感じだった。


そんなに気持ちよくはないけど、興奮してくる感じ。

「おまんこのワレメを右手の人差し指で、そーっとなぞってみて。」


いわれるままに、脚の間に右手をのばして、人差し指でおまんこのワレメをなぞったら、ちょっとぬるっとしてた。

「サチちゃんのおまんこがどんな風になっているか、おじさんに教えてごらん。」


「ちょっと濡れてて、ぬるっとしてる・・・。」

「ちゃんと、誰の何がどうなってるかいわないと、わからないよ?」


優しいけれど、人に命令することに慣れた口調で、ヨウヘイは私を追い詰める。

「・・・サチのおまんこが・・・愛液で濡れてます・・・。」


淫語を口にするのははじめてで、体がかあっと熱くなった。

興奮したせいか、急に、どばっと愛液があふれてきたのにも、びっくりした。


「それじゃ、愛液を指ですくって、クリトリスに塗りつけて・・・。」

ワレメからぬめりをすくい取り、ぽちっと膨らんだクリトリスにこすりつける。


「指先でクリトリスを刺激してごらん。」

いわれた通りにクリトリスを指でいじったけど、イくところまではいけなかった。


「左手の中指をおまんこの中に入れてみて。」

自分の指をおまんこの中に入れるのは、ちょっと怖かったけど、思い切って入れてみると、すごく狭くてやわらかい。


「サチちゃんのおまんこの中はどんな感じ?」

私がオナニーしているのをじっとみながら、ヨウヘイがまた質問してくる。


「・・・サチのおまんこ・・・狭くてぐにゅぐにゅして・・・あったかい・・・。」

「サチちゃんはオナニー初心者だから、指じゃイけないみたいだね。これを使ってごらん。」


ヨウヘイが私に手渡したのは、ピンクのローターと細いバイブだった。

「こんなの・・・使えないよぉ・・・。」


怖気づく私の手にしっかりとバイブを握らせたヨウヘイは、バイブの先っちょでおまんこを上下に撫でた。

大きなヨウヘイの手に包まれていると、妙に安心してしまって、抵抗できなくなる。


自分の手がヨウヘイの意志で動かされていて、もうオナニーじゃないみたいだった。

気持ちよさでほわんとしてたら、ヨウヘイがバイブの先だけを膣口からおまんこの中に入れて、私の手をはなしてしまった。


中途半端な状態で放置されて、私はねだるような目つきでヨウヘイをみてしまう。

「上目づかいでおねだりしてもダメだよ。自分の手でおまんこにバイブを入れないと、オナニーにならないだろう。」


そういわれて、おまんこにバイブを押し込もうとするんだけど、抵抗感があって、奥まで入らない。

あんまり力を入れると痛そうで怖いし・・・。


「もっとぐっと押し込んでごらん。大丈夫だから。」

ヨウヘイに励まされて、私はバイブを握る手に力をこめた。


おまんこいっぱいにバイブを入れることができて、ほうっとため息をつくと、ヨウヘイは私の頭をやさしくなでて、
「今度は、クリトリスにローターをあててごらん。」
私の耳元で甘く囁いた。


その声に誘われるように、私はピンクのローターのスイッチを入れて、ローターを振動させる。

ぶるぶると震えるローターをクリトリスにあてた瞬間、びりっと電流が走ったような気がした。


もちろん、それは本物の電流じゃなくて快感だったんだけど、おまんこまできゅうっとしまって、びくんとなって、すごく気持ちよかった。

「オナニーって、気持ちいいだろう?もっと感じて、思いっきり乱れてもいいんだよ。」


私は催眠術にかけられたように、オナニーに夢中になった。

バイブのスイッチを自分で入れて、おまんこの中を刺激してみたり、ローターをクリトリスにあてがって、気持ちよくなってみたり。


何度もイってぐったりした私をヨウヘイは軽々と抱き上げて、バスルームに連れて行った。

イきすぎて惚けたような顔をしている私が大きな鏡に映っていて、とっても恥ずかしい。


自分の顔をみせられたまま、ヨウヘイのちんぽをおまんこに入れられて、私は獣のようなよがり声をあげた。

「あぅうううんっ!ああっ・・・ふうっ・・・くぅんっ!」


「自分で腰を振って、もっとおまんこの奥にちんぽを咥え込みなさい。」

いつもは冷静で余裕のあるヨウヘイがすごくはあはあいってて、興奮しているみたいなのも、私を燃え上がらせた。


会う度にオナニーさせられるのがイヤで、ヨウヘイとは会わなくなったけど、バイブとかローターを使ってオナニーするのは私の習慣になってしまった。

寸止め焦らしレズプレイ

よく行くサロンのセラピストに、レズっぽい感情を抱いてしまうようになったのは、彼氏いない暦が長くなりすぎたからかもしれない。

ボーイッシュでさわやかなヒトミさんの手でマッサージされると、エッチな気持ちになってしまって、あえぎそうになるのを必死でこらえる。


おっぱいの近くや足の付け根をすべらせるようにマッサージされるたびに、おまんこから愛液があふれてしまうのがわかる。

オイルマッサージだから、カーテンで仕切られた狭い空間にヒトミさんと二人きりだ。


私はパンティ一枚で、ベットに横たわっている。

カーテンごしに他の人の話し声や気配がするのも、私をひどく興奮させた。


股関節をストレッチするために、脚をかかえられて、ぐるぐると大きく回されるたびに、私のおまんこはくちゅっぬちゅって音を立てていて、ヒトミさんに気づかれるんじゃないかとどきどきしていた。

「今日は乳がん予防のためのマッサージもしますか?」


ヒトミさんがにこにこしながらきいてくるので、何の疑問ももたずに、
「お願いします。」
と答えてしまった。

オイルをたっぷりとつけた手が私のおっぱいをちょっと強くもみこむ。


たまに、手のひらや指が乳首をかすめると、あえぎ声がもれてしまいそうだ。

「特にしこりはないみたいですね。」


おっぱいをもみながら、ヒトミさんが冷静な口調でいうけど、返事できる余裕はない。

今までセックスした男がおっぱいを愛撫したときにも、こんなに感じたことなかったのに。


「マイさん、すごく敏感ですよね。ちょっとレズっぽい気持ちになったりして。」

ヒトミさんは照れたように笑いながら、冗談めかして私の耳元にささやいた。


ああ、このまま、レズプレイできたら、どんなに気持ちいいんだろう。

私はほうっとため息をついた。


「次は、おなかに移りますね。」

おなかをやさしくヒトミさんの手がなでている。


おっぱいをもまれて火がついた私の体は、おなかをさわられても、感じてしまう。

「だ、大丈夫ですか?顔が真っ赤ですよ。」


あえぎ声をこらえすぎて、真っ赤になった私の顔をみて、ヒトミさんが手を止める。

「大丈夫・・・平気だから。」


ヒトミさんの手で、太もも、すね、足の指の一本一本まで、ていねいにマッサージされて、私のおまんこはすっかりびちゃびちゃになった。

・・・私は夢心地で、少し眠ってしまったみたい。


気がついたら、ヒトミさんの顔が私をのぞきこんでいた。

「お疲れだったんですね。」


バスタオルがかけられた体を起こすと、壁にかかった時計が20時になっていた。

「ごめんなさい!私ったら・・・。」


夕方までしか営業していないこのサロンは、とっくに閉店時間を過ぎていた。

「いいんですよ。マイさん、気持ちよさそうに眠ってたし。私、ヒマ人ですから。」


サロンの中は静まりかえっていて、私とヒトミさんの二人きりだった。

「失礼なことを伺いますけど、マイさんって、レズじゃないですよね?」


ヒトミさんはためらいがちに、私にきいてきた。

「レズじゃないんですけど、なんかヒトミさんにさわられると気持ちよくて・・・。エッチな気分になっちゃうんです。」


「それはたぶん、私がわざとエッチなさわりかたしてるから、かな?」

ヒトミさんはいたずらっぽく微笑むと、私にキスした。


驚いたけど、全然イヤじゃなくて、私はヒトミさんの舌に自分の舌を絡めた。

「いつも色っぽい表情するから、理性が飛んじゃいそうだった。」


ちゅっちゅっとキスをしながら、ヒトミさんが甘くささやく。

バスタオルが落ちて、むき出しになったおっぱいをやさしく強く愛撫される。


きゅっと乳首をつままれて、私はくぐもったあえぎ声をあげた。

「マイさん、ホントに感度バツグン・・・。」


よだれがたっぷりあふれた口の中に乳首をしゃぶられて、私はヒトミさんの頭を抑えながら、あえぎ続けた。

「やんっ!ああっ!ふぅん・・・。」


「おっぱいはいつもみているけど、おまんこははじめてだよね。」

ヒトミさんの手が私のはいていたパンティのおまんこの上の部分をやぶいた。


オイルマッサージ施術用の紙でできたパンティだから、すぐにやぶけて、おまんこが丸見えになってしまう。

「ふふ。すごくいやらしい光景だよ。マイさんのおまんこ、濡れてひくついてる。」


ヒトミさんの指がワレメを上下になぞる。

愛液を拡げるように、クリトリスまでこすられて、私はイってしまいそうになった。


「こんなんでイったら、ダメだよ?」

ヒトミさんがぴたりと指を止めてしまう。


つぷっと膣内に指を入れられて、ゆっくりと出し入れされる。

細い指が物足りないと感じた瞬間、指が二本に増やされた。


「おまんこの中、ひくひくしてるよ。」

ヒトミさんの指先がくにくにと私のおまんこのいいところを突く。


私は体がびくんびくんとはねてしまうのをおさえられない。

もうちょっとでイきそうになると、ヒトミさんの愛撫は止まってしまうので、私は泣きそうになってきた。


「お願い!もうイかせて!おかしくなっちゃう・・・。」

「私のものになるなら、たっぷりとイかせてあげるよ?」


ヒトミさんは妖艶に微笑みながら、真剣な口調でいった。

「なる!なるからぁ・・・イかせて・・・。」


私のおまんこの中の指が激しく動いて、クリトリスを強く吸われた。

しびれるような快感が長く続いて、私はぐったりと脱力した。


レズのセックスが気持ちよすぎて、もう普通のセックスができそうにない。

私はヒトミさんとディープキスをしながら、自分が完全にレズになってしまったことを知った。

変態M女調教

出会い系で出会ったカホは、今ではすっかり俺のM奴隷だ。

SMに興味があるといってきたカホが、俺のM奴隷の一人になるのに、そう時間はかからなかった。


自分がMだと自覚している女をM奴隷にするのは、赤子の手をひねるより簡単だ。

まずは、メールで俺の指示通りにオナニーするように命令して、何度もイかせているうちに、早く俺に会いたいとせがむようになった。


もちろん、すんなり会ってやるはずもなく、自分の手で剃毛させてパイパンにしたおまんこを写メで送らせ、確認してから、ようやく会うことにした。

待ち合わせには、ノーパンノーブラの上、ミニスカTシャツで来いと命令したから、俺が5分遅れで着く頃には、目を潤ませて顔を赤くしたカホの周りに、よだれをたらした男達が群がっていた。


俺がカホに声をかけると、がっかりした男達のため息がきこえてくるようだった。

車の助手席にカホを乗せると、いぼいぼのついた黒いバイブを手渡した。


「おまんこがびちょびちょに濡れて、疼いているんだろう?そのバイブでオナニーして、慰めなさい。」

「はい・・・ご主人様。」


カホは素直に足を広げて、おまんこにバイブを挿入した。

俺はカホに淫語をいわせるために、オナニーの実況中継をさせることにした。


「運転に集中していてみられないから、カホのおまんこがどうなってるか、俺に説明しながら、オナニーするように。」

「ご主人様・・・バイブがカホのおまんこをいっぱいにしてて、ちょっと動かすだけで、すごく気持ちいいです・・・。」


カホは淫語をいう度に、興奮していくらしく、息が荒くなってくる。

「おまんこが気持ちよくて・・・愛液があふれてぐちゅぐちゅです・・・んっ・・・あっ・・・バイブがおまんこの中をこすって、おまんこの奥にあたって・・・イイっ・・・。」


カホはすっかりオナニーに夢中になっていて、隣の車の男がカホのオナニーをガン見しているのにも気づいていない。

「カホ、横をみてごらん。お前のオナニーをみて、勃起している男がいるよ。」


隣の男の視線に気づいて、ようやくカホは車の中でオナニーしている恥ずかしさを思い出したらしい。

「ご主人様ぁ・・・あの男の人、カホのオナニーみて、自分のちんぽをしごいているみたいです・・・。」


自分がオナニーのおかずにされていることに興奮して、カホの手ははげしくバイブを動かしだした。

「お前をみてオナニーしてる男と一緒にイくといい。」


俺が冷たい口調で命令すると、カホは本当に隣のオナニー男と同じタイミングで絶頂を迎えた。

「イきますっ!カホ、ご主人様の前でオナニーして、イっちゃいます・・・。」


淫語をいいまくりながらの激しいオナニーでイったカホは、ぐったりとシートにもたれかかった。

「いいこだ。上手にイけたな。」


ごほうびに頭をなでてやりながら、俺はカホを褒めた。

「オナニーでイって満足したかい?この後、どうしたいかいってごらん。」


今さっきイったばかりなのに、カホは俺にすがるような目を向けて、
「ご主人様のおちんぽで、カホのおまんこをいっぱい責めてほしいです。」

貪欲にねだってきた。


オナニー男のはちんぽで、俺のはおちんぽになるあたり、だいぶ俺に入れ込んでいるらしい。

俺は路上のパーキングエリアに停めると、エンジンを切り、勃起したちんぽを取り出して、カホに膝の上に跨るように命令した。


「ほら、おいで。俺のちんぽをたっぷりと味わうといい。」

「ここで・・・ですか?」


一瞬、車の行き交う道路でのセックスに躊躇したカホだったが、俺が催促するまでもなく、俺の足に跨ってきた。

バイブを抜いたばかりのぐちょぐちょのおまんこに、俺の勃起ちんぽを咥え込み、俺にしがみついて、自分から腰を振り出す。


「こらこら。まだ腰を振ってもいいとはいってないぞ。」

「ご主人様ぁ・・・。」


おまんこに根元までちんぽを咥えさせられたまま、動いてもらえないカホは切なそうにおまんこをしめつけた。

「おまんこがひくひくしちゃってますぅ・・・ご主人様のおちんぽで、ぐちゃぐちゃにかき回してください・・・。」


「まだダメだ。このままで、イってからじゃないと、動いてあげないよ。」

SMっていっても、俺は鞭も使わないし、ロウソクもあんまり好きじゃない。


正統派のSM愛好家にとっては邪道なのかもしれないが、M奴隷の心と体を完全に支配するのが、俺のSMの愉しみ方だ。

アナルに指を入れて、クリトリスをいじってやると、カホはおまんこの中のちんぽを喰いちぎりそうにしめつけて、イきまくった。


「アナルもおまんこもクリトリスも、気持ちいいですぅっ!」

「もっと気持ちよくしてあげるから、おっぱいもだしてごらん。」


カホは自分の手で、Tシャツをまくりあげた。

乳首をちゅばちゅば吸ってやりながら、俺はちょっとずつ腰を動かしてやる。


「乳首・・・乳首もおまんこも、気持ちいいっ・・・。」

カホにはもう、ここが道路の端で、通りすがりの人に見られていることも、すっかりどうでもよくなったらしい。


「ご主人様ぁ・・・気持ちいいです・・・カホ、とっても気持ちいい・・・。」

このM奴隷をどこまで堕としてやろうかと思いながら、俺はカホのおまんこを激しく突き上げた。



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画