エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

手コキバーでローション手コキ

失恋して落ち込んでいた俺をケンジが手コキバーに連れて行ってくれた。

薄暗い店内に、ムーディな音楽。


普通のバーっていう雰囲気なのに、店内では至るところで手コキされて顔がゆるんでいる男性がいる。

「な、すげえだろ?他人が手コキされてるのをみてるだけでも興奮するよな。」


ケンジは以前、この手コキバーに来たことがあるみたいで、カウンターにいたバーテンダーさんに、

「ケイコちゃん、お願いします。」

と指名した。


「今、ちょっと手コキ中なので、お待ちいただけますか?」

ケンジはケイコちゃんを気に入っているらしく、頷いて、ビールを注文した。


俺もシラフではいられない気分で、ジントニックを頼んだ。

「タクヤが先に手コキしてもらってもいいんだぞ。」


ビールをおいしそうに飲みながら、ケンジがにやけている。

ちんぽはとっくに勃起していたが、店内には露出度の高いきれいな女がたくさんいて、俺は決めかねていた。


「もしよかったら、今日入ったばかりの新人がいるんですが・・・。」

バーテンダーさんが俺にジントニックを出しながらいった。


「新人に手コキされたら、痛いんじゃないの?」

ケンジが小声で質問している。


「それが素人なのに、ものすごく上手いんですよ。もちろん、とびきりの美人です。」

バーテンダーさんがナイショ話をするように声をひそめてささやいた。


「もしかして、バーテンダーさんって、店の女の子みんなに手コキされたことあるの?」

ケンジはめちゃくちゃうらやましそうな顔をしている。


「うちは女の子のクォリティの高さがウリですから、入店前に手コキの技術チェックはしますよ。」

「へー。いいなあ。」

「ケンジさんっ!」


後ろからかわいい女の子がケンジの両肩をぽんっと叩いた。


そのまま、ケンジの背中に体を密着させて、ケンジの耳元で、

「待たせてゴメンねえ。あっちに行きましょ。」

と甘えた口調でいっている。


ケンジは俺を置いて、鼻の下を伸ばしたまま、ケイコについていってしまった。

「お客様はどうされます?」

「あ、さっきの新人さんで・・・。」

取り残された俺は、あわてて答えた。


「メグミです。よろしくお願いします。」

メグミちゃんはモデルっぽい気品のある美人で、スタイルもスレンダーですらりとしている。


私はメグミちゃんに手をとられて、ソファーに移動した。

メグミちゃんがローテーブルに備え付けられたローションを手に取っている間に、俺はズボンとパンツを脱いだ。


「手コキ、はじめますね。」

にっこりと微笑むメグミちゃんは女神のようで、とても手コキなんてするようにはみえない。


ねちょっとしたローションがついたメグミちゃんの両手につつまれた俺のちんぽは、俺の戸惑いをよそに、みるみる硬くなった。

ローションですべるのを愉しむように、メグミちゃんの両手は俺のちんぽをなでまわしていて、たまに、思い出したように、いいところをかすめていく。


男の感じるポイントを知っていて、あえてズラしている感じだ。

「玉袋もさわっていいですか?」


こんな美人が玉袋とかいうと、妙に興奮する。

返事をする余裕がなかった俺は、こくりと頷いて見せた。


「うふふ。タクヤさんって、かわいい・・・。」

玉袋をもまれつつ、片手でちんぽをしごかれただけで、俺はかなり追いつめられていた。


この手コキバーの淫靡な雰囲気に呑まれてしまっていて、手コキされているだけなのに、すごくいやらしいことをしている気分だった。

「もうおちんちんがこんなに硬くなってて、びくんって脈打ってて・・・。」


メグミちゃんはセクシーな声で俺にささやきつつ、サオを指先でつうっとなであげた。

「食べちゃいたいくらいかわいい・・・。」


小さな赤い舌を出して、ぺろりと唇を舐めるメグミちゃんは、色っぽくて、俺は本当に食べられたいと思ってしまった。

「ねえ、もうイきたい?それとも、もっとじっくり愉しむ?」


手コキの時間制限は30分で、10分単位で延長できる。

ローテーブルの上にある時計は、残り10分くらいで、俺はあっという間に時間がたってしまっていたことに驚いた。


メグミちゃんとの夢のような時間をもっと愉しみたいが、イきたくてたまらなくなってしまっている。

「もうイきたい・・・がまんできないよ。」

「わかったわ。じゃあ、イかせてあげる。でも、できるだけがまんしてね。」


メグミちゃんの白くて長い指が、俺のちんぽに絡みつくように上下に動いた。

なんていうか、これまでに味わったことのない快感っていうか、芸術のような手コキだった。


滑らかな動きで、10本の指が俺のちんぽを包み込むように、まとわりつくように、刺激を加えている。

「イく・・・もう出る・・・。」

俺はメグミちゃんの手の中に、精液を射精した。


「タクヤさんの精液、たっぷり出たわ・・・。」

メグミちゃんは手のひらを俺にみせて、どろりとした精液を確認させた。


そのまま、俺の精液をぺろりと舌で舐めて、

「おいしい・・・とっても濃いのね。」

とうっとりしていた。


すっかりメグミちゃんの手コキのとりこになった俺は、手コキバーにしょっちゅう行ったが、すっかり売れっ子になってしまったメグミちゃんに手コキしてもらうのには、2時間以上待たなくてはならなかった。

フェラの研究をする人妻

私の夫のマサトシは15才年下だ。

当然、浮気が心配だから、マサトシが会社から帰ってくると、服を全部脱がせて、トランクスとランニングと靴下姿にする。


かいがいしくスーツをハンガーにかけたりするから、一見、良妻っぽくみえるけど、本当の目的はここからだ。

私はマサトシの足元に跪いて、トランクスの上から、マサトシのちんぽのニオイをかぐ。


次に、トランクスを脱がせて、マサトシのちんぽの状態をじっと観察する。

もちろん、ニオイにも注意する。


視覚と嗅覚を使った確認が終わったら、今度は舌でちんぽを舐めて確認。

いつもと違う味がしないか、よーく舐めてチェック。


私にとってこれはフェラチオじゃないんだけど、マサトシはフェラチオだと勘違いしていて、口の中のちんぽはがちがちに硬くなる。

今日も異常がないことを確認して、私はマサトシのちんぽを手でしごきながら、口を上下に動かして、マサトシの射精を促した。


どぴゅっと口内発射された精液をごっくんと飲み干したら、私はマサトシのトランクスを元通りにして、食事の用意に戻る。

「いつもハルナちゃんの口に、口内発射しちゃってごめんね。洗ってもいないちんぽを毎日即尺してもらえるなんて、俺ってしあわせものだよ。」


単なる浮気チェックをそんなに喜んでもらえる私の方がしあわせものだ。

マサトシとのセックスは休みの前日の夜か、休みの日にするのが定番化している。


元々、私はセックスがそんなに好きじゃないから、十分すぎるほど満足。

マサトシも平日は私の口の中に口内発射してるから、それでいいみたいだし。


ただ、口内発射するまでフェラチオするのが習慣化したせいで、マサトシのちんぽは刺激にニブくなってしまった。

同じ愛撫を続けていると、その刺激ではイかなくなってきて、私は新しい愛撫の方法を工夫しなくてはならなくなった。


ずっとフェラチオし続けても、マサトシが口内発射しないと、どこかで射精してきたんじゃないかって不安になる。

焦るとますますフェラチオが上手にできなくて、イライラしてしまった。


マサトシを早く口内発射させるために、私はフェラチオの技術を研究しはじめた。

今までは自己流のフェラチオだったけど、プロの技とかを使えば、もっとすぐに口内発射させられるんじゃないかって思って、フェラチオ技術を説明したDVDをいくつも買った。


フェラチオを勉強してみて気がついたのは、早くイかせようとがんばらない方がいいということだ。

適度なじらし、緩急をつけた刺激、口内発射までのスピードではなく、射精したときの快感の強さをより強く深いものにすることの方が大切だったと考え直した。


毎日のフェラチオは浮気チェックが本来の目的だけれど、そこらへんの女では満足できないくらいの快感を与えられるのなら、マサトシも浮気する気にならないかもしれない。

トランクスの上からマサトシのちんぽのニオイを嗅ぐとき、鼻でちょっと勃起したちんぽの形をなぞるようにしてみた。


硬くなったのを確認するように、トランクスの上から勃起ちんぽをつかんで、軽くしごく。

もどかしい感じがたまらないというじらしプレイだ。


トランクスの脇から手を入れて、不自由さを愉しむように、ごそごそとサオや玉袋をいじる。

ちょっと痴漢の気分でわくわくしてしまう。


マサトシはいつもより興奮しているみたいで、息が荒くなっている。

先走りでトランクスにシミができていて、マサトシが感じているのがよくわかった。


いつものように足首までトランクスをおろす。

びいんっと反りかえったちんぽを根元から亀頭の方に、ちろちろと舐め上げていって、少しずつ唾液で濡らす。


サオが唾液で濡れたところで、カリ首をぐるんと舌でなぞって、亀頭を口に含む。

「ああっ!」


じらしたせいで、かなり気持ちよかったみたい。

口の中に咥えたまま、つるつるとした亀頭を舌先で舐めまわして、痛くない程度にちゅっと吸う。


「ハルナちゃん、今日はすごくイイよ。すぐ出ちゃいそう。」

今日は立ったままでしゃぶっているが、体勢というのも射精に大きな影響を与えるようなので、そのうち、いすに座った状態でのフェラチオや敷布団だけ敷いておいて寝かせた状態でのフェラチオも試してみようと思う。


先っちょだけを咥えていたちんぽをぐうっとのどの奥まで呑みこむ。

できるだけぴったりとフィットするように口をすぼめて、唇でサオをしごくようにして、なるべく根元まで咥えこむ。


手でちんぽの根元をつかんで下方向に引っぱって、皮を余らせないようにする。

片手で玉袋をさわさわして、玉袋とアナルの間のところをツメで軽くなぞるように往復する。


もっとセックスがマンネリしたら、マサトシのアナルを開発して、前立腺でイかせてみたい。

口の中のちんぽが硬く膨張してきたので、私は両手を使って、リズミカルにサオをしごいた。


亀頭だけを口に含んでおいて、時々、ぐうっと根元までしゃぶる。

根元からカリ首まで唇を戻すときに、舌でサオを舐めまわした。


何度かそれを繰り返すうちに、突然、どぴゅうっと口の中に精液がはじけた。

何もいわずに口内発射するなんて、マサトシにしてはめずらしい。


まだびくびくいっているちんぽを口に咥えたままで、上目づかいにマサトシの顔を見上げると、ぜえぜえいっていて、全然、余裕がなさそうだった。

今日のフェラチオは、ちょっとやりすぎてしまったかもしれない。


淫乱女がセフレと乱交

出会い系で出会ったセフレが私には、三人いる。

一度きりのセックスを愉しんだ相手なら、もう覚えきれないくらい。


セックスの相性がとてもよかった三人に厳選したセフレは、日替わりで私を愉しませてくれる。

月曜日は大学生のゆうと君。


スポーツ推薦で入っただけあって、筋肉質の引き締まった体と底なしの体力で私の性欲を満たしてくれるの。

水曜日はビジネスマンのひろと。


テクニックと言葉責めで、私の心と体を満足させてくれるの。

金曜日は私のお父様と同じくらいの年齢のタクヤさん。


考えもしなかったような斬新なプレイで、いつも私にセックスの奥の深さを教えてくれるの。

そして、日曜日は四人でセックスをする乱交パーティ。


女性は私一人だから、乱交じゃなくて、4Pなのかしら。

とにかく、四人で絡み合って、気を失うまでハメまくられるの。


おまんこにちんぽを入れられたまま、アナルにちんぽが入ってくるときのときめきといったら、何度味わってもたまらないのよ。

お口もちんぽで犯されて、穴という穴をちんぽでふさがれて、おもちゃみたいに扱われるのも、すごく興奮しちゃう。


タクヤさんが予約したラブホテルに着く頃には、私のおまんこはぐちゅぐちゅによだれをたらしているの。

いつも先に着いている三人の男性に、破かれそうなくらい乱暴に服を剥ぎ取られて、私は生まれたままの姿にされる。


裸で待っていた三人のちんぽは、筋が浮いているくらいびんびんで、どれもとってもおいしそう。

もうどのちんぽでもいいから早くおまんこに入れてって叫びたいくらいおまんこが疼いているのに、入れられたのはバイブだった。


さらに、バイブがズレないように、一度脱いだパンティをはかされる。

バイブのスイッチが入れられると、立っていられなくなって、私はラブホテルの床に座り込んでしまう。


ひろとが私にアイマスクをつけた。

「さあ、お嬢様、これから咥えていただくちんぽが誰のものか当てられたら、おまんこにもちんぽを咥えさせてあげますよ。」


私の唇にぬるりとしたちんぽが押し付けられた。

ぱくりと咥えて、舌で味わう。


バイブがおまんこを刺激していて、フェラチオに集中できない。

「お嬢様、いつまでもしゃぶってないで、答えてください。今、咥えているのは誰のちんぽ?」

「・・・ゆうと君?」


「残念。罰としてバイブの振動がさらに強くなります。」

ウィィィンと甲高い音を響かせながら、バイブが私のおまんこを責めたてている。


「じゃあ、これは誰のちんぽ?」

おまんこを責めるバイブに気をとられながら、口の中のちんぽに舌をはわせる。


一生懸命フェラチオしても、ちんぽの持ち主はうなり声ひとつもらさない。

「さあ、答えて?」

「ひろと。」


ひろとのちんぽは、ちょっと細くて長いので、他の二人よりわかりやすかった。

「正解。約束どおり、おまんこにちんぽを挿入しますよ。」


私はそっと床に寝かされて、パンティを脱がされ、バイブを抜き取られた。

バイブの振動がなくなっても、おまんこはじーんとしびれたようになっている。


アイマスクをされたまま、ひろとのちんぽが入ってくる感触を味わった。

私の体に欠けていたものが埋められたような満足感があった。


ほうっとため息をついた口に、またちんぽがねじこまれた。

これはたぶん、タクヤさんのちんぽだ。


「お嬢様、いつもより愛液が多いみたいですよ?」

根元までちんぽを入れ終わったひろとがからかうようにいいながら、クリトリスを指で弾いた。


快感が背筋を走り抜けて、おまんこをぎゅっとしめてしまう。

「相変わらず、しまりのいいおまんこで。こんなに淫乱なのにねえ。」


ゆうと君の舌が私の乳首を舐め始めた。

たまに、ちゅっと吸われるのも気持ちいい。


「そろそろ、アナルも使わせてくれよ。」

ゆうと君がじれたようにひろとにいうと、タクヤさんが私の口からちんぽを出した。


ゆうと君とタクヤさんに体を支えられ、寝そべったひろとに抱きつくような体位にされる。

アナルにどろりとしたローションを塗られて、ゆうと君のちんぽが一気に入ってきた。


この圧迫感がたまらなく興奮する。

アナルにちんぽが埋め込まれたところで、またタクヤさんのちんぽを口に咥えさせられた。


私はもう気持ちいいとしか思えない。

ひろとが私の乳首を強く吸いながら、長いちんぽでおまんこの奥を突く。


ゆうと君のちんぽがアナルから抜かれそうになる度、おなかの中のものが全部出てしまいそうになる。

タクヤさんのちんぽが口腔をやさしくなでていて、飴をしゃぶっているようなじんわりとした気持ちよさが広がる。


気持ちよさで意識が飛びそうになると、ひろとに名前をよばれて、我に返る。

「お嬢様は排卵日が近いのかな。おまんこがちんぽに絡み付いてきて、ちんぽを喰いちぎりそうだよ?」


「アナルもすげぇひくついてるし・・・。」

「お口の中もいつもより熱い気がしますな。」


ひろとのちんぽから精液がはじけて、私のおまんこは悦びできゅうきゅうしまった。

おまんこのついでにしめつけられたアナルにも、ゆうと君の精液を注ぎ込まれる。


すぐにゆうと君のちんぽが抜かれて、指でアナルに射精した精液をかきだされるのも、すごく気持ちがいいの・・・。

顔にもタクヤさんの精液をぶっかけられた。


タクヤさんは、顔射で私の顔を汚すのがとても好きらしい。

精液まみれになっても、まだまだ私の性欲はおさまらない。


今日も意識がなくなるまで、乱交の快楽に浸りたいと思う。


出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>