エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

変態美熟女と3P

友達のカズヤが出会い系で女をひっかけたというので、待ち合わせ場所についていった。

どうせおばさんかブスだろうから、後でからかってやろうと思っていたのだ。


現れたのは、美熟女とでも呼びたいようなしっとりとした上品な美人だった。

年上には興味なかったが、こんな上玉となら、一発ヤってみたいと思ってしまう。


俺がカズヤに代わってくれとせがんでいる声がきこえたのか、美熟女が近寄ってきた。

ふわりと香水が香ってきて、遠目でみたときより、若くて美人だと思った。


美熟女はカズヤを優しい目でみつめると、

「カズヤくん?」

とささやいた。


「はいっ!ミズホさんですよね?」

カズヤが童貞丸出しの態度で返事をする。


「こちらはお友達?」

美熟女のミズホは俺を色っぽい流し目で見ながら、カズヤにきいた。


「すみません・・・強引についてきちゃって・・・。」

「俺、カズヤが誰かにだまされてるんじゃないかと心配で・・・。」


ミズホはにっこりと微笑んで、

「いいお友達なのね。そんなに心配なら、あなたもついていらっしゃい。」


俺に言い捨てると、カズヤの腕をとって、恋人同士のように歩いていく。

俺はお邪魔虫なのを承知で、後をついていった。


ミズホとカズヤが楽しそうに笑っている声だけがきこえてくる。

二人はあっさりと、ラブホテルに入った。


俺もあわてて後を追う。

部屋に入ると、ミズホは高そうな服を躊躇なく脱ぎ捨てて裸になった。


しみもたるみもない真っ白な肌と完璧なプロポーション。

ほどよい大きさのおっぱいに、淡いピンクの乳首がつんと尖っている。


「今日はカズヤくんの童貞をもらう約束だったんだけど、あなたからにしましょうか?」

ミズホは裸にみとれてぼんやりと立っていた俺に、いきなり話をふった。


「カズヤくんは、よーくみててね。」

ミズホは座り込んでいるカズヤの唇に、ちゅっと音を立ててキスをした。


俺はミズホの気が変わらないうちに、急いで服を脱ぐと、ミズホの裸に抱きついた。

「あ、キスはしないでね。あと、コンドームはちゃんとつけて。」


ものすごいアウェイ感だが、カズヤの前で恥をかくわけにはいかない。

二人がベットで抱き合っているすぐ側で、カズヤが見学している。


ミズホの乳首を舐めて、やわらかなおっぱいをもみ、おまんこをクンニした。

一生懸命愛撫しているのに、ミズホはほとんど反応してくれない。


おまんこに指を入れようとしたら、手を押さえられた。

「もう入れてもいいわ。あなた、爪が長いから、指を入れられたくないの。」


俺はくやしさで頭に血が上った。

おまんこにちんぽを挿入しようとしたら、コンドームを渡された。


あせると上手くつけられない。

人前で、特にカズヤの前でセックスするのがこんなにやりづらいとは思わなかった。


なんとかコンドームを装着して、ミズホのおまんこにちんぽを入れる。

コンドームごしでも、ミズホのおまんこはすごく気持ちよくて、責めるどころじゃない。


俺は射精をこらえるのがやっとで、ミズホの腰の動きにまかせていた。

結局、いつもの半分くらいしかもたずに、俺のちんぽは精液を吐き出してしまった。


自分に対する失望で真っ青になりながら、ミズホのおまんこからちんぽを抜く。

ミズホは真剣に俺達のセックスをみつめていたカズヤに声をかけた。


「次はカズヤくんが入れて。カズヤくんは童貞だから、コンドームはつけなくていいわ。性病がうつる心配がないものね。」

カズヤは緊張でがちがちになりながら、ミズホのおまんこにちんぽを入れた。


ミズホが指でおまんこを拡げて、カズヤのちんぽを受け入れている。

童貞でコンドームなしなら、俺以上に早く射精するに決まっている。


俺はせめてカズヤの童貞喪失を後のネタにしようと、二人のセックスを観察していた。

「はあっ・・・すごい・・・ミズホさんのおまんこ、すごくあったかくて、気持ちいい・・・。」


カズヤがうっとりとして、ミズホに体を重ねる。

ミズホはカズヤをやさしく抱きしめながら、アタマをなでている。


「カズヤくんのちんぽ、硬くてとっても気持ちいいわ。びくんびくんって、おまんこの中で脈打ってる。」

「ミズホさんのおまんこ、ちんぽを動かさなくても、気持ちいいよ・・・。」


カズヤは子供のように、ミズホの乳首をしゃぶった。

ちゅぱっちゅぱっと左右の乳首を交互にしゃぶって、れろれろと舌で乳首を転がしている。


「乳首をしゃぶると、ミズホさんのおまんこ、ひくってしまるね。」

完全に二人の世界だ。


3Pが楽しめるかもなんて浮かれていた俺がバカだった。

「カズヤくん、はじめてなのに、とっても上手よ。才能があるのかもね。」


ミズホはカズヤとディープキスしながら、まったりとセックスしている。

カズヤはゆっくりと腰を振っては休み、休んでは腰を動かしている。


じれったくなるようなぬるいピストン運動だ。

「もっと腰をしっかり振れよ!」


疎外感に耐え切れなくなった俺がカズヤの腰をつかんで強引に振らせると、カズヤが悲鳴をあげた。

「そんなにしたら、射精しちゃうよ!やめてぇ。」


「中出ししていいのよ。カズヤくん、もっと奥まできて・・・。」

俺はショックでカズヤの腰から手を離した。


童貞喪失がこんな美熟女で、ナマで中出しなんて、ありえねえ・・・。

俺は自分の童貞喪失のときの苦い思い出を噛みしめた。


カズヤはミズホのおまんこに思いっきり中出しして、余韻に浸っている。

「セックスって、すごく気持ちいい・・・。」

「そのまま、ちんぽを抜かないで。」


カズヤとミズホはそのまま二回戦に突入した。

俺はいたたまれなくて、そっとラブホテルを後にした。


カズヤとミズホがこのままセフレになってくれたら、いつか俺もまざって3Pさせてもらえるだろうか・・・そんな未練がましい夢を抱きながら。

赤ちゃんプレイ

コウジが変態だってわかったのは、結婚してしばらくたってからだった。

お笑い芸人が赤ちゃんパブに行くっていう話をテレビでみて、
「俺もそういうの好きかも。」
ってぼそっとつぶやいたのだ。


赤ちゃんになりきって、赤ちゃん言葉でしゃべりながら、受身でいろいろされたいらしい。

自分の夫が変態だと知ったときの私のショックは、とても言葉では表現できない。


変態にもいろいろあると思うのに、よりによって幼児プレイ?

いや、赤ちゃんに限定されてるんだから、赤ちゃんプレイか・・・。


赤ちゃんパブに行きたいというコウジを止めるために、私がコウジの変態プレイに付き合うことにした。

どうせやるなら、徹底的にが私のモットーだ。


介護用の大人用オムツを買ってきて、哺乳瓶と牛乳も用意した。

やってみたら、あんまり楽しくなかったとコウジが思ってくれるといいんだけど。


コウジが服を脱いでベットに横たわったところで、おしりにオムツをあてがう。

オムツをするなんて、恥ずかしいとは思わないんだろうか。


なんだか嬉しそうにしているコウジをみて、本当に変態だったんだなあと実感した。

「コウジちゃん、おっぱい飲みましょうねー。」


残念ながら、子供のいない私のおっぱいは母乳が出せないので、人肌に温めた牛乳の入った哺乳瓶をコウジに咥えさせた。

ちゅーちゅーと哺乳瓶を吸っているコウジはうっとりと目を閉じて、とってもしあわせそうだ。


こんなにしあわせそうな顔するなら、コウジの変態に付き合うのも悪くないかな、と思った。

牛乳を飲み干したところで、うつ伏せにして、背中をとんとんと叩いて、げっぷさせた。


あとはどうしていいかわかんなくて、とりあえず、寝かしつけることにした。

毛布をかけて、横に添い寝する。


コウジがこのまま寝てくれたら、今日の変態プレイはこれでおしまいかなって思ったのに、そんなに甘くなかった。

「ママー、おしっこちた。」


赤ちゃんがしゃべるのはアリなんだろうか。

ていうか、おしっこした?


私はあわてて、コウジのオムツを確認した。

オムツの中には、おしっこがたっぷりと吸収されていた。


にもかかわらず、コウジのちんぽはびんびんに勃起している。

興奮するツボがわからないけど、とにかく、オムツを片付けなくちゃ。


ぐっしょりと重くなったオムツをビニール袋で厳重に包んで、私はコウジのところに戻った。

「ぺろぺろちて♪」

一瞬、本気で殺意が芽生えた。


おしっこしたばかりのそのちんぽをフェラチオしろと!?

「ねー、ぺろぺろ~!」


いやいや、自分の子供のちんぽをフェラチオするなんて、近親相姦だろ!

と心の中でツッコミを入れつつ、私はコウジのおしっこくさいちんぽをにぎった。


さっきティッシュで拭ったとはいえ、フェラチオする気にはなれない。

「手コキでいいでしょ。」


低い私の声に怒りを察知したらしく、コウジはうんうんと頷いた。

両手でしこしことコウジの勃起ちんぽをしごく。


長男でいつもしっかりしているといわれ続けたから、コウジは小さい頃に甘えられなかった分を取り戻したいのかもしれない。

赤ちゃんプレイで、子供の頃さみしかったコウジの心が癒されるのなら、変態でもいい・・・。


私はコウジのちんぽを口に含んだ。

おしっこの味がするちんぽに舌をはわせて、ゆっくりと手でしごく。


「ああっ・・・気持ちいい・・・。」

いつものフェラチオより上手なわけじゃないのに、コウジはものすごく気持ちよさそうにあえいでいる。


コウジのあえぎ声もはじめてきいた。

コウジが変態だって知ったときにはショックだったけど、こんなに気持ちよさそうにしているコウジがみれたのはよかった。


私は口内発射された精液をごっくんと飲み干しながら、私はこれで変態プレイが終わったものだと思っていた。

私が口からちんぽを出すと、はあはあいいながら、コウジがむくりと起き上がった。


「コウジ?満足してくれたんじゃないの?」

コウジは無言で、私をベットに押し倒した。


パジャマをまくりあげられて、ノーブラだったおっぱいをむき出しにされる。

おっぱいをもみながら、乳首をしゃぶっているコウジの様子は、愛撫をしているというよりも、授乳っていう感じで、私はげんなりした。


乳首をしゃぶったまま、舌でれろれろと舐められたり、ちゅうっとキツく吸われたりするのは、気持ちいいけどフクザツで、コウジが早くこの赤ちゃんプレイに満足してくれないかなって思っていた。

やっとおっぱいを吸うのが終わったと思ったら、今度はパンティを脱がされて、ひたすらクンニされる。


無言でのセックスというのが、かなりつらくて、私はあんまり感じられなかった。

ごそごそとコンドームを取り出して、自分のちんぽにつけると、コウジは何もいわずに、挿入しようとする。


「もう!何かいってよ!怒ってるの?」

私が泣いているのをみて、コウジは我にかえったらしい。


「えっ。・・・ごめん。ちょっと興奮しすぎてて、余裕がなかったんだよね。」

一応、反省してるみたいだけど、入れたくてたまらなかったらしく、

「入れてもいいかな?」

ときいてくる。


「そんなに勃起してたら、入れるしかないでしょ。」

ちんぽを挿入した後は、いつも通りのセックスだった。


コウジとの変態プレイは続けているけど、口内発射したら終了っていうふうにルールを決めた。

オムツの装着と後片付けも、介護の予行練習だと思って諦めている。

S女に言葉責めされアナルオナニーさせられるM男

出会い系でシンゴと知り合ったのは、「僕のオナニーみてください。」というシンゴの書き込みがきっかけだった。

こんな変態書き込みにメールする女はいないんだろうなって思ったけど、何人かはいたらしい。


おばさんとオカマと未成年の女の子だったらしいけど。

写メを交換してみると、シンゴは清潔感のある好青年で、普通に遊ぶ女の子を募集すれば、いくらでも集まりそうなルックスをしている。


セックスまでは簡単に持っていけても、「オナニーをみてほしい」っていったら、ドン引きされるんだろうなあ。

私も人にはあまり理解されない性癖をもっているので、そのつらさはよくわかる。


意気投合した私達は、さっそく待ち合わせして、オナニーをみせてもらうことにした。

ただし、私の性癖も同時に満たしてもらうという条件で・・・。


ラブホテルに入って二人きりになったところで、私はシンゴに小さなボストンバックを渡した。

「これに着替えて。」

ボストンバックに入っていたのは、大きめのサイズのブラウス、スカート、パンティ、ブラジャー、ストッキング・・・。


「えっと・・・これって・・・。」

あまりに予想外だったのか、シンゴが呆然としている。


私の性癖は、かわいい男の子に女装させて、いじめること。

「オナニーみてほしいんでしょ?」


シンゴの顎を持ち上げて、セクシーにささやいてやると、シンゴは女装する覚悟を決めた。

裸になって、恥ずかしそうにパンティを履き、ブラジャーをつけ、女装していくシンゴをいすに座って眺めながら、私は興奮で体が熱くなった。


小さなパンティでは隠し切れないくらいシンゴのちんぽは、しっかりと勃ち上がっていて、シンゴも興奮しているのがよくわかる。

ストッキングまで履いて、女装を終えたシンゴを私はぎゅっと抱きしめた。


「かわいいわよ・・・。これからシンゴちゃんのいやらしいオナニー姿、みせてくれるのよね?」

「は、はい・・・。」


私はシンゴのスカートの中に手を入れて、ストッキングの股間の部分を破くと、パンティをはさみで縦に切った。

大きな切れ目から飛び出している勃起ちんぽが、なんともいやらしい。


「これでいっぱいオナニーできるわよ。」

シンゴの顔は紅潮していて、すぐに自分でちんぽをにぎって、すこすことしごきはじめた。


「あら、立ったままするの?だったら、自分の手でスカートをまくりあげて、シンゴちゃんのオナニーが私によくみえるようにしてちょうだい。」

自分の手でスカートを押さえて、せっせとオナニーしているシンゴをみていると、私までおまんこが濡れてくる。


「イ、イきそうっ・・・。」

興奮しているせいか、シンゴのオナニーはすぐに終わってしまいそうになった。


「イっちゃダメよ。手を止めなさい!」

厳しい声で命令すると、シンゴのオナニーはぴたりと中断された。


「ベッドに座って、自分の指でアナルをいじってみて。」

勃起し続けているちんぽにたっぷりとローションをたらすと、玉袋を伝って、アナルまでぬめぬめと光った。


「冷たい・・・アナルなんて・・・いじったことありません・・・。

「それならこれを使うといいわ。」


エネマグラを渡すと、シンゴは戸惑ったように、その太めの挿入部分をみつめた。

「前立腺でオナニーすると、ちんぽをしごくより、ずっと気持ちいいのよ。自分でするのが怖いなら、ちょっとだけ手伝ってあげましょうか?」


シンゴが頷いたので、私は爪を短くしている中指に指サックをはめた。

ローションでアナルをぬるぬるにしておいて、中指をちょっとずつアナルの中に押し込む。


「力を抜いて。リラックスしないと痛いわよ。」

左手で勃起ちんぽを軽くしごいてやると、アナルから力が抜けて、指が入りやすくなった。


「ううっ・・・恥ずかしい・・・。」

「あら。オナニーしてるのをみられるのが好きってことは、恥ずかしいところをみられると興奮するんじゃないの?」


「んっ・・・そうかもっ・・・。」

ちんぽをしごかれながら、アナルをいじられて、シンゴは感じてしまっている。


私は中指でアナルを拡張してから、エネマグラを挿入して、シンゴに自分で動かすように命令した。

自分の手で動かしだすと、シンゴの口からはひっきりなしにあえぎ声がもれて、まるで女の子みたいだった。


「かわいい・・・オナニーに夢中になっているシンゴちゃん、いやらしくて最高よ・・・。」

私もガマンしきれなくなって、パンティを脱ぎ、自分のおまんこを指でいじる。


ラブホテルでオナニーしあっていると、シンゴが先に射精して、私がオナニーしているのに気づいた。

「アイさん・・・俺、アナルにこれ入れたまま、ヤってみたい・・・。」

勃起しっぱなしのちんぽに騎乗位で跨って、私は激しく腰を振った。


こうすると女の子とヤってるみたいで、レズっ気のある私は最高に興奮する。

「ああっ・・・気持ちいいっ・・・ヤバいよぉっ・・・。」


シンゴが私のおまんこに中出ししても、私はシンゴのちんぽを抜かずに、入れたままにしておいた。

若さと前立腺の刺激で、すぐに再勃起するシンゴのちんぽをたっぷりとおまんこで味わって、私はすっかり満足した。


シンゴの方もかなり気持ちよかったらしくて、私達はその後、二年くらい付き合った。

お互い結婚するにはふさわしくない相手だから別れたけど、セックスの相性はバッチリだったから、ちょっともったいなかったなあ。



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画