エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

ナース手コキ

えーと、俺の一番気持ちよかった体験は、入院していたときに、ナースに手コキで抜いてもらったことです。

いや、そんな、夜中に男性患者の個室に忍び込んで、夜這いをかけるような淫乱ナースじゃないですよ!


やさしくて、かわいくて、俺と変わらないくらい若いナースで、みんなからカズミちゃんって呼ばれて、慕われてました。

俺、足を折ってたから、あんまり動けなくて、同じ部屋に他の患者さんもいるから、オナニーもままならなくて、たまってたんですよね。


で、カズミちゃんに股間をきれいにしてもらってるときに、ちんぽがびんびんに勃起しちゃって、恥ずかしいし、悪いからなんとかしようとするんですけど、なんか逆に興奮しちゃって・・・。

や、笑いますけど、股間をきれいにされるのって、めっちゃ気持ちいいんですよ?


先輩たちも絶対、勃起しますって。

たまってる状態でやられたら、相手が熟女でも勃起しますね!


それでですね、カズミちゃんは気まずそうに笑って、顔を赤くしてて、その表情がまた萌えで、勃起がおさまらなくて。

俺の股間をきれいにしてくれた後、カズミちゃんが俺にしかきこえないような小声で、
「手コキするから、イってください・・・。」
ってささやいたんです。


コスプレじゃないマジナースの手コキなんて、ありえないでしょ?

しかも、若くてめっちゃかわいいコなんですよ。


もちろん、そんな上手な手コキじゃなかったけど、カーテンで仕切られたすぐ側に他人がいるっていうのと、カズミちゃんが手コキしてくれてるっていう興奮で、マッハでイけました。

オナニー以外では自分史上最速の速さでしたね。


手のひらに射精されても、にっこり微笑んでくれるカズミちゃんはまさに白衣の天使でした。

「手コキしたのカズヤさんだけだから、ナイショね!」
っていわれて、もしかして、カズミちゃんって俺のこと好き?とか勘違いしたりして。


ええ、退院前に告白して、ばっさりとフラれました。

それから、イメクラとかナース服で手コキしてくれる風俗をあちこちまわってみたんですけど、あの時、手コキしてもらった以上の快感と興奮は得られないんですよね・・・。


それで、・・・これいったら、引かれると思うんですけど、俺、わざと足、折ったんです。

で、またカズミちゃんのいる病院に入院して、カズミちゃんの看護を受けて、カズミちゃんが手コキしてくれるのをずっと心待ちにしてたんです。


でも、俺の担当ナースはキツい感じのナースで、カズミちゃんじゃなかった・・・。

美人なんだけど、頭よさそうで口調とかも冷たい俺の担当ナースは、俺が勃起してても、眉ひとつ動かさないで、作業をするんです。


なんか羞恥プレイって思うくらいみじめなんですよね。

それでも、毎回、俺のちんぽは勃起しちゃうし。


股間をきれいにしてもらう前に、トイレでオナニーしても勃起するから、もう諦めて、目を閉じているようにしてました。

目を閉じると逆に感覚が敏感になって、ちんぽを拭かれたり、ちょっと手でさわられるだけで、すごく感じてしまうんです。


やっぱり俺って、変態なんですかね。

カーテンごしに他の患者さんがいるし、ナースにも感じてるなんて、バレちゃダメだって思うほど、気持ちいいんですよ。


声が出ないように唇を噛んでいる俺の顔をみたら、俺が感じてるってバレバレだったと思うんですけど、まるで無視されて。

あと一週間くらいで退院っていわれてからは、もうカズミちゃんに手コキしてもらうのは、諦めてました。


だって、カズミちゃんに股間きれいにしてほしいとかいったら、下心みえみえだし、いいっていわれるわけないでしょ。

その日も無表情美人ナースが俺の下着を脱がせました。


俺は目を閉じて、脱力します。

生暖かいお湯をかけられて、ボディソープ的なもので洗われて・・・、あ、ナースは手袋してるんです。


皮を下に引っぱられて、むき出しになった亀頭もていねいにきれいにしてもらって、俺はまた気持ちよくなってきて、声が出そうなのを我慢しました。

「ふふ・・・。」


無表情美人ナースの含み笑いがきこえて、俺のちんぽを洗っている手の動きが明らかに手コキになったんです。

びっくりして、目を開いて、俺のちんぽをしごいているナースの顔をみたんですけど、いつもと全然変わらない無表情で、手だけ機械的に俺のちんぽを手コキしてて・・・。


混乱しながらも、だんだん気持ちよくなっていって、ぶしゅって射精しちゃったんです。

なにごともなかったみたいに、ボディソープの泡と一緒に俺の精液もお湯で流されて、タオルで拭かれて、下に敷いていたビニールシートも回収されて。


後にはボーゼンとした俺だけが残ったわけです。

それから退院するまで、毎日、手コキされました。


そんな機械的に手コキでイかせてくれるんなら、最初から手コキしてくれたらよかったのにっていうくらい、それ以外の態度に変化はないんです。

ボディソープの泡を使って、さくっと手コキで俺をイかせて、お湯で精液を流して、おわり。


風俗よりあっさりですよ。

でも、だんだん、その機械的な手コキがたまらなくなってきたんです。


退院するのがもったいなくて、でも、告白なんてする勇気もなくて。

俺、ホント、マジでヤバいですよね。


また足の骨が折れてくれないかなーって、思っちゃうんです。

初レズで乳首責め、バイブ責めでイカされるM女

私が就職した会社には、ろくな男性がいなかった。

独身男性はキモ男ばかりだし、既婚男性もお腹の突き出た中年ばかりだ。


うちの会社で魅力的なのは、先輩女子社員のトモミさんだけで、まるで宝塚の男役のようなきりりとした美形だった。

トモミさんは仕事ができて、頭がよくて、いつも私の失敗をやさしくフォローして、はげましてくれる。


彼氏に振られて、べろべろに酔っ払った私を介抱してくれていたトモミさんに、

「トモミさんが男だったら、あんな男と付き合ってなかったのに。」

ってグチっちゃったのは、本音だったんだ。


トモミさんと彼氏をつい比べちゃって、文句ばっかりいってたんだよね。

トモミさんはわめき続ける私をなだめながら、私のうちまで送ってくれた。


一人暮らしの家で、一人になりたくなくて、私はトモミさんに、

「帰らないで・・・。」

と駄々をこねた。


トモミさんは困ったように微笑んで、うちに泊まってくれた。

パジャマがないから、私のTシャツを着て、ベットの横に敷いた布団でトモミさんが寝ている。


私は妙にどきどきしてきて、目がさえてしまった。

「トモミさん、そっちに行ってもいいですか?」


レズじゃないけど、人恋しくて、私はトモミさんにおねだりした。

「ん。いいけど・・・。」


トモミさんの気が変わらないうちに、ベットからお布団にすばやく移動。

お布団の中はあたたかくて、トモミさんのいい香りがする。


お酒の飲みすぎで理性を失っていた私は、トモミさんにぎゅっと抱きついた。

ふっくらとしたやわらかい体は、男とは全然違って癒される感じ。


「レイカちゃん、私がレズだって知ってて誘ってるの?」

トモミさんは私の体をきつく抱きしめて、私の顔をのぞきこんだ。


「トモミさん、レズだったんですか・・・。でも、私、トモミさんとなら、レズでもいいかも。」

私がそういった瞬間、体がお布団に押し付けられて、トモミさんの唇が私の唇をふさいだ。


「彼氏がいるからがまんしてたのに・・・。もうレイカちゃんもレズの仲間入りだね。」

男の人の舌よりも、小さくてやわらかいトモミさんの舌が私の口の中をじっくりと探っている。


舌の裏、歯並びまで確認するみたいに、舌がなぞっていくの。

キスってこんなに気持ちよかったんだ。


私は早くもレズセックスのとりこになってしまいそうだった。

トモミさんの細い指が私のパジャマのボタンを器用にはずしていって、パジャマのズボンも脱がせた。


タンクトップとパンティだけになった私は、男とのセックス以上に緊張していて、心臓がばくばくいってるのがトモミさんに聞こえちゃうんじゃないかと思った。

トモミさんの手がタンクトップをまくりあげて、ノーブラの私のおっぱいをやさしくおおうように包み込む。


そのまま、なでるようにおっぱいを愛撫されて、私はくすぐったさと気持ちよさの中間の感覚に声をあげた。

「いっぱい声をきかせて。」


おっぱいをなでる合間に、指で乳首をこりこりといじられるのも気持ちがいい。

指で刺激されて敏感になった乳首をしゃぶられたときには、大きな声がでてしまった。


「あんっ!」

トモミさんの舌は私の乳首を何度もなぞるように、ぐりぐりと舐めまわしている。


「ねえ、灯りをつけてもいいかな。レイカちゃんの体、みせてほしい。」

恥ずかしかったけど、トモミさんがいうのなら、頷くしかない。


明るくなると、トモミさんのよだれで濡れた私の乳首と上気して色っぽくなったトモミさんの顔がみえた。

「そろそろ、パンティ脱がすね。」


自分でもわかるくらいに愛液が出ちゃってるから、パンティを脱がされるのは恥ずかしかった。

脚を開かれて、クンニされて、何回もイってしまった。


女同士だから、感じるツボがバレバレなんだよね。

レズのセックスってすごく気持ちがいいの。


舌でクリトリスやワレメをたっぷりクンニしてもらった後は、トモミさんの細い指でおまんこの中のいいところをイくまでこすってもらって・・・。

クリトリスのいじりかたなんかも、元彼とは比べ物になんないくらいすごくイイ。


おまんこの中に指を三本入れられて、私は今まで出したことないような声であえぎまくった。

アタマの中をちかちかと光が花火のように走って、強烈な気持ちよさが持続するの。


元彼とのセックスでもここまで感じたことなかったのに。

「レイカちゃん、バイブとか持ってない?」


トモミさんが私の体の上にぴったりとおおいかぶさりながら、乳首をくりくりといじった。

何度もイって体中が敏感になっているから、乳首もすごい気持ちいい。


「バイブ・・・あそこにあります。」

私はのろのろと、バイブの隠し場所を教えた。


トモミさんはバイブを取り出すと、もうぐちゅぐちゅになっているおまんこに、ずぶずぶと挿入した。

ちょっと乱暴だけど、ほぐれたおまんこにはちょうどいいくらい。


「ああんっ!トモミさん、好きっ!気持ちいい!」

バイブでおまんこの奥を突かれるのが気持ちよくて、私は涙を流した。


「私もレイカちゃんが好きだよ。ほら、もっと気持ちよくなって。」

トモミさんは、バイブのスイッチを入れた。


いつもオナニーのときに使っていたはずのバイブが信じられないほど気持ちいい。

「もうレイカちゃんは、私の女だね。」


クリトリスをいじられながら、バイブでおまんこの中を責められて、私はセックスではじめて失神してしまった。

トモミさんとレズ関係になって、会社に行くのも楽しくなったし、私、とってもしあわせ!

美少女エリカとの出会い

出会い系で出会った少女のように若いエリカとラブホテルに行くのが最近の俺の楽しみだ。

エリカは小柄できゃしゃな体つきをしていて、俺の娘といっても誰も疑問に思わないくらい若い。


素直でかわいらしいエリカは、本当に理想の娘って感じで、女の子に恵まれなかった俺は、こんな娘がいたらなあと、うっとりしてしまう。

多少高いものでもおねだりされれば、ほいほい買ってしまいそうなのに、エリカのおねだりはいつもかわいいものばかりだ。


一緒にお風呂に入ってほしいとか、髪の毛を洗ってほしいとか。

どうもエリカは俺に父親を重ねているらしい。


俺は小さな娘を甘やかすように、エリカをかわいがっていた。

ま、普通、小さな娘とはセックスしたりしないが。


今日もラブホテルの大きなバスタブに、エリカと一緒に浸かる。

入浴剤で泡立ったお湯はエリカのささやかな微乳を隠しているが、みえそうでみえないもどかしさが俺を逆に興奮させる。


つるつるですべすべのエリカの白い肌。

成熟しきっていないエリカの若い肢体。


社会的には成人しているのに、発育が遅れた感じなのは性経験が未熟だからだろう。

エリカは処女ではなかったが、数回しかセックス経験がなかった。


俺に出会うまでは、セックスは痛いだけのものだと思っていたらしい。

まだ開発されていない体を少しずつ俺好みになじませていくのは、贅沢な悦びだった。


生まれてはじめてフェラチオする唇に、俺のちんぽを咥えさせ、小さな舌をつかわせた時は、喜びと興奮で体が震えた。

今も無邪気に俺に体を預けているエリカの体も心も、全て俺のもの。


俺の手にすっぽりとおおわれる微乳も、すぐに勃起する桃色の乳首も、薄い陰毛に隠されたおまんこも、俺がじっくり開発して、快楽を教え込んだ。

俺の手が軽くエリカの体をなでるだけで、エリカのおまんこはこれから与えられる快感を期待して、愛液をもらしはじめる。


両手でエリカの微乳とおまんこを弄んだ後、のぼせそうなので、バスタブに腰かけた。

エリカは俺の脚の間に座って、俺のゆるく勃起したちんぽに顔を寄せる。


ちんぽの根元を両手で支え、小さな唇に俺のちんぽを咥えるエリカは、とても嬉しそうで、俺の顔を上目づかいで窺っている。

俺が気持ちよさで眉をしかめると、ますます一生懸命フェラチオしてくれる。


いじらしいというか、いとおしいというか、それだけで胸がいっぱいになってしまう。

エリカの小さな口には、俺のちんぽは収まりきらない。


必死で奥の方まで咥え込もうとするが、亀頭がのどの奥をついて涙目になっている。

俺はエリカのアタマをぽんぽんとなでて、場所を入れ替えた。


「上手くフェラチオできなくて、ごめんなさい・・・。」

涙目のまま、しゅんとなっているエリカは俺の手で足を開かれて、おまんこに直接シャワーをかけられると、あわてて足を閉じようとした。


「フェラチオ、ずいぶん上手になっていたよ。ほら、足を開いて。おまんこ、キレイに洗えないだろう?」

エリカの小さなおまんこを指でなぞっていると、自分の指がひどく太くてごつごつしたものに感じられる。


膣口に中指の先をそっとあてがい、ゆっくりと奥まで入れると、狭いおまんこはもういっぱいいっぱいだ。

「自分でクリトリス、いじってごらん。」


俺はエリカにクリトリスでのオナニーを教えた。

俺に会えないときには、一人でこっそりオナニーしているらしい。


最初はぎこちなかった指使いも、すっかり手馴れたように、自分のクリトリスを責めている。

「おまんこの奥から愛液があふれてきたよ。気持ちいいのかい?」


エリカは潤んだ目で俺の顔をみつめながら、クリトリスをいじっている。

膣壁がきゅうんっと俺の中指をしめつけて、俺が指を動かすのを催促している。


愛液のすべりを借りて、中指を出し入れしつつ、俺はエリカの足の指をしゃぶった。

「ああっ!やだ・・・汚いよ・・・ダメ・・・。」


俺にしゃぶられている自分の足の指を驚いた表情でみつめているエリカにみせつけるように、いやらしく足の指をしゃぶってみせる。

エリカはいやがりながらも、興奮しているらしく、愛液がぐちゅぐちゅにあふれだした。


「かわいいエリカの体に汚いところなんてないさ。今度はおしりの穴を舐めてあげよう。」

バスルームの壁に手をつかせて、つるりとしたおしりを両手で開く。


「もっと足を開かないと、ちゃんと舐められないよ?」

「いや・・・恥ずかしい・・・。」


エリカは恥ずかしがりながらも、俺の命令に従順に足を開く。

鮮やかなピンクのアナルも愛液があふれているおまんこも、丸見えになった。


アナルのしわの一本一本を伸ばすように、舌で舐める。

「やぁん・・・お願い・・・もう・・・。」


おまんこにあふれている愛液をアナルに移動させるように、おまんこからアナルまで何度も舐めあげた。

「あん・・・はあ・・・ああっ・・・。」


指でクリトリスを刺激しながら、クンニすると、エリカは気持ちよさそうな声をあげはじめる。

愛液と唾液で十分に濡れたアナルに、中指を入れると、エリカは体をのけぞらせて、悲鳴をあげた。


「ああっ!そんなところに指を入れちゃやだ・・・。」

反対の手の中指をおまんこに入れると、薄い肉の壁ごしに指の感触がよくわかる。


いずれこのかわいらしいアナルも開発して、アナルセックスもできるように仕込んでやろう。

俺はエリカのアナルとおまんこから指を抜き、すっかりぬるくなったお風呂に浸かった。


「おまんこにちんぽを入れたかったら、自分で咥え込みなさい。」

勃起したちんぽを手で支えながら促すと、エリカは素直に俺の脚の上にまたがり、おまんこにちんぽを挿入した。


まだ挿入時には痛みがあるようで、苦しそうな表情を浮かべているが、ゆっくりと出し入れしているうちに、気持ちよさそうな表情に変わる。

水中でのセックスは、刺激がゆるやかでいつもより長く楽しめそうだ。


俺はエリカの体を抱きしめて、下からおまんこを突き上げながら、まったりとしたセックスを味わった。



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画