エロえっち体験談

エロ体験談エッチ体験談。



バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販

変態M女調教

出会い系で出会ったカホは、今ではすっかり俺のM奴隷だ。

SMに興味があるといってきたカホが、俺のM奴隷の一人になるのに、そう時間はかからなかった。


自分がMだと自覚している女をM奴隷にするのは、赤子の手をひねるより簡単だ。

まずは、メールで俺の指示通りにオナニーするように命令して、何度もイかせているうちに、早く俺に会いたいとせがむようになった。


もちろん、すんなり会ってやるはずもなく、自分の手で剃毛させてパイパンにしたおまんこを写メで送らせ、確認してから、ようやく会うことにした。

待ち合わせには、ノーパンノーブラの上、ミニスカTシャツで来いと命令したから、俺が5分遅れで着く頃には、目を潤ませて顔を赤くしたカホの周りに、よだれをたらした男達が群がっていた。


俺がカホに声をかけると、がっかりした男達のため息がきこえてくるようだった。

車の助手席にカホを乗せると、いぼいぼのついた黒いバイブを手渡した。


「おまんこがびちょびちょに濡れて、疼いているんだろう?そのバイブでオナニーして、慰めなさい。」

「はい・・・ご主人様。」


カホは素直に足を広げて、おまんこにバイブを挿入した。

俺はカホに淫語をいわせるために、オナニーの実況中継をさせることにした。


「運転に集中していてみられないから、カホのおまんこがどうなってるか、俺に説明しながら、オナニーするように。」

「ご主人様・・・バイブがカホのおまんこをいっぱいにしてて、ちょっと動かすだけで、すごく気持ちいいです・・・。」


カホは淫語をいう度に、興奮していくらしく、息が荒くなってくる。

「おまんこが気持ちよくて・・・愛液があふれてぐちゅぐちゅです・・・んっ・・・あっ・・・バイブがおまんこの中をこすって、おまんこの奥にあたって・・・イイっ・・・。」


カホはすっかりオナニーに夢中になっていて、隣の車の男がカホのオナニーをガン見しているのにも気づいていない。

「カホ、横をみてごらん。お前のオナニーをみて、勃起している男がいるよ。」


隣の男の視線に気づいて、ようやくカホは車の中でオナニーしている恥ずかしさを思い出したらしい。

「ご主人様ぁ・・・あの男の人、カホのオナニーみて、自分のちんぽをしごいているみたいです・・・。」


自分がオナニーのおかずにされていることに興奮して、カホの手ははげしくバイブを動かしだした。

「お前をみてオナニーしてる男と一緒にイくといい。」


俺が冷たい口調で命令すると、カホは本当に隣のオナニー男と同じタイミングで絶頂を迎えた。

「イきますっ!カホ、ご主人様の前でオナニーして、イっちゃいます・・・。」


淫語をいいまくりながらの激しいオナニーでイったカホは、ぐったりとシートにもたれかかった。

「いいこだ。上手にイけたな。」


ごほうびに頭をなでてやりながら、俺はカホを褒めた。

「オナニーでイって満足したかい?この後、どうしたいかいってごらん。」


今さっきイったばかりなのに、カホは俺にすがるような目を向けて、
「ご主人様のおちんぽで、カホのおまんこをいっぱい責めてほしいです。」

貪欲にねだってきた。


オナニー男のはちんぽで、俺のはおちんぽになるあたり、だいぶ俺に入れ込んでいるらしい。

俺は路上のパーキングエリアに停めると、エンジンを切り、勃起したちんぽを取り出して、カホに膝の上に跨るように命令した。


「ほら、おいで。俺のちんぽをたっぷりと味わうといい。」

「ここで・・・ですか?」


一瞬、車の行き交う道路でのセックスに躊躇したカホだったが、俺が催促するまでもなく、俺の足に跨ってきた。

バイブを抜いたばかりのぐちょぐちょのおまんこに、俺の勃起ちんぽを咥え込み、俺にしがみついて、自分から腰を振り出す。


「こらこら。まだ腰を振ってもいいとはいってないぞ。」

「ご主人様ぁ・・・。」


おまんこに根元までちんぽを咥えさせられたまま、動いてもらえないカホは切なそうにおまんこをしめつけた。

「おまんこがひくひくしちゃってますぅ・・・ご主人様のおちんぽで、ぐちゃぐちゃにかき回してください・・・。」


「まだダメだ。このままで、イってからじゃないと、動いてあげないよ。」

SMっていっても、俺は鞭も使わないし、ロウソクもあんまり好きじゃない。


正統派のSM愛好家にとっては邪道なのかもしれないが、M奴隷の心と体を完全に支配するのが、俺のSMの愉しみ方だ。

アナルに指を入れて、クリトリスをいじってやると、カホはおまんこの中のちんぽを喰いちぎりそうにしめつけて、イきまくった。


「アナルもおまんこもクリトリスも、気持ちいいですぅっ!」

「もっと気持ちよくしてあげるから、おっぱいもだしてごらん。」


カホは自分の手で、Tシャツをまくりあげた。

乳首をちゅばちゅば吸ってやりながら、俺はちょっとずつ腰を動かしてやる。


「乳首・・・乳首もおまんこも、気持ちいいっ・・・。」

カホにはもう、ここが道路の端で、通りすがりの人に見られていることも、すっかりどうでもよくなったらしい。


「ご主人様ぁ・・・気持ちいいです・・・カホ、とっても気持ちいい・・・。」

このM奴隷をどこまで堕としてやろうかと思いながら、俺はカホのおまんこを激しく突き上げた。

淫乱人妻女教師と変態プレイ

出会い系で出会ったトモカは、高校の女教師だった。

男子校ではないものの、若くてきれいな女教師には、なにかとストレスがたまるらしい。


同僚や上司によるセクハラや男子生徒の性的なからかい、父兄にも悩まされているんだそうだ。

しかも、ダンナは単身赴任でセックスレス。


ストレスでどうにかなりそうになると、こうして行きずりのセックスで発散・・・運任せのリスキーなストレス解消法だと思う。

人妻で女教師っていうイメージ通りのスレンダーで知的な美人のトモカは、つややかな黒髪にメガネがよく似合う大人の魅力あふれる女性だ。


体育会系の部活で鍛えた筋肉質の体とよく天然といわれる俺の性格がお気に召したらしく、トモカとのセックスは4回目になる。

人妻との不倫というより、先生と生徒のいけない関係っていう方が、なんかしっくりくるけど。


俺にグチったり、甘えたりしてくるトモカは、かわいくて守ってあげたくなってしまう。

俺がトモカのためにできることといえば、トモカが他の男に会いたいと思わないくらいすごいセックスをすることぐらいだ。


俺はSM緊縛プレイを試すことにした。

女教師はどうしてもSっぽくふるまわないといけないが、俺のみたところ、トモカは誰かに甘えたり頼ったりするのが好きなM気質だと思う。


簡単に亀甲縛りができるようになっているSM用のロープを使って、トモカの体を縛り、トモカマスクをつけた。

オレンジのロープでおっぱいを強調され、後ろ手に縛り上げられたトモカはそれだけでかなり興奮してしまったようだ。


乳首をきつくつまんだだけで、
「あひぃんっ!」
と派手なあえぎ声をあげた。


美乳の形を愉しむように両手でおっぱいをもんで、トモカの美しい顔に舌をはわせる。

視覚をさえぎると、触覚が敏感になるようで、トモカはすぐにあえぎ声をあげる。


「ん・・・リョウ・・・なんかすごく感じちゃう。」

俺はトモカの耳元に唇を寄せて、思いっきり言葉責めしてやった。


「トモカ先生は緊縛好きの変態淫乱女だってことじゃない?本当はこうやっていじめられたかったんだろう?」

すべすべのおしりを両手でぎゅうっとつかみあげ、おまんこを拡げるように左右に引っぱる。


股間に通したロープがおまんこに喰いこんで、自分で立てなくなったトモカは俺の体にもたれかかってきた。

「トモカ先生が緊縛されてこんなに悦んでるなんて、生徒が知ったらどう思うかな。ダンナさんだって、知らないんでしょ?」


おしり側からおまんこのワレメを指でなぞると、愛液があふれてぐちょぐちょになっていた。

緊縛プレイでこんなに感じるなんて、やっぱりトモカはMだったらしい。


「知らないよぉ・・・私だって、知らなかったもの・・・。」

股間のロープをずらして、ワレメを指でぐりぐりとえぐる。


トモカは完全に俺に体重を預けて、あえぎ声をあげ続けている。

重くなってきたので、俺はトモカをベットに運んだ。

上半身をベットにのせ、床にひざをついた状態で、後ろ手に縛り上げられ、トモカマスクをしているトモカの姿は俺の嗜虐心をくすぐった。


俺はトモカのおまんこにバイブを挿入して、股間のロープで押さえて、はずれないようにした。

「はうんっ・・・いやぁ・・・こんな・・・。」


トモカのおまんこの奥まで届いているバイブは振動しながら、ぐねぐねとくねっていて、強すぎる刺激にトモカが体をよじっても、ロープで固定されているのでずれない。

「イっちゃう・・・もうイく・・・。」


トモカが体を震わせてイっても、俺はそのまま放置した。

バイブの刺激で強制的にイかされているトモカは、俺の名前を呼びながら、ずるずると床にずり落ちていった。


少しでもバイブの刺激から逃れようと足をくねらせているのが、ますますいやらしい。

「リョウ・・・お願い・・・もうバイブはずして・・・。」


バイブのスイッチを切って、おまんこから抜き取ると、ねっとりとした愛液がバイブについていて、おまんこは物足りなそうにひくついている。

バイブをはずしたまま、俺は黙って、トモカのおまんこを観察していた。


よだれのように愛液をたれながしたおまんこは、生き物のように収縮を繰り返していて、何かを差し込まれるのを待っているようだ。

「リョウ・・・ねえ・・・入れてぇ・・・。」


トモカがおねだりするので、俺はおまんこに指を突っ込んでやった。

ぬるぬるのおまんこの中は、ひくひくしていて、いつもより熱い気がする。


「いやぁん!指じゃなくて・・・。」

俺は乱暴に指でおまんこをかき回しながら、


「トモカ先生、ちゃんといわないと、わかんないよ?」

トモカのトモカマスクをはずした。


トモカは潤んだ瞳で俺を見上げながら、

「リョウのおちんぽ、おまんこに入れてほしいの。」


極めて露骨に要求してきた。

俺は指の代わりにちんぽをおまんこに挿入した。


腕が下になっているのが痛そうなので、俺はトモカを抱き上げて、俺のひざの上にのっけた。

騎乗位だが後ろ手に縛られているトモカは自分ではほとんど動けない。


俺のまったりとした抽送がじれったいらしく、トモカは物欲しそうに俺をみつめている。

「痛くてもいいから、もっと激しくしてぇ。」


リクエストに応えて、俺は激しくおまんこを突き上げた。

悲鳴のような嬌声をあげながら、トモカは何度もイきまくった。


セックスの後、ロープをほどいても、手首にロープの痕が残ってしまったが、トモカはかなり満足したらしく、すっかりリフレッシュして帰っていった。

次回から、緊縛するのは、服の下になる部分だけにしようと思いつつ、俺は股間の部分が愛液でしっとりと湿ったロープを片付けた。

変態美熟女と3P

友達のカズヤが出会い系で女をひっかけたというので、待ち合わせ場所についていった。

どうせおばさんかブスだろうから、後でからかってやろうと思っていたのだ。


現れたのは、美熟女とでも呼びたいようなしっとりとした上品な美人だった。

年上には興味なかったが、こんな上玉となら、一発ヤってみたいと思ってしまう。


俺がカズヤに代わってくれとせがんでいる声がきこえたのか、美熟女が近寄ってきた。

ふわりと香水が香ってきて、遠目でみたときより、若くて美人だと思った。


美熟女はカズヤを優しい目でみつめると、

「カズヤくん?」

とささやいた。


「はいっ!ミズホさんですよね?」

カズヤが童貞丸出しの態度で返事をする。


「こちらはお友達?」

美熟女のミズホは俺を色っぽい流し目で見ながら、カズヤにきいた。


「すみません・・・強引についてきちゃって・・・。」

「俺、カズヤが誰かにだまされてるんじゃないかと心配で・・・。」


ミズホはにっこりと微笑んで、

「いいお友達なのね。そんなに心配なら、あなたもついていらっしゃい。」


俺に言い捨てると、カズヤの腕をとって、恋人同士のように歩いていく。

俺はお邪魔虫なのを承知で、後をついていった。


ミズホとカズヤが楽しそうに笑っている声だけがきこえてくる。

二人はあっさりと、ラブホテルに入った。


俺もあわてて後を追う。

部屋に入ると、ミズホは高そうな服を躊躇なく脱ぎ捨てて裸になった。


しみもたるみもない真っ白な肌と完璧なプロポーション。

ほどよい大きさのおっぱいに、淡いピンクの乳首がつんと尖っている。


「今日はカズヤくんの童貞をもらう約束だったんだけど、あなたからにしましょうか?」

ミズホは裸にみとれてぼんやりと立っていた俺に、いきなり話をふった。


「カズヤくんは、よーくみててね。」

ミズホは座り込んでいるカズヤの唇に、ちゅっと音を立ててキスをした。


俺はミズホの気が変わらないうちに、急いで服を脱ぐと、ミズホの裸に抱きついた。

「あ、キスはしないでね。あと、コンドームはちゃんとつけて。」


ものすごいアウェイ感だが、カズヤの前で恥をかくわけにはいかない。

二人がベットで抱き合っているすぐ側で、カズヤが見学している。


ミズホの乳首を舐めて、やわらかなおっぱいをもみ、おまんこをクンニした。

一生懸命愛撫しているのに、ミズホはほとんど反応してくれない。


おまんこに指を入れようとしたら、手を押さえられた。

「もう入れてもいいわ。あなた、爪が長いから、指を入れられたくないの。」


俺はくやしさで頭に血が上った。

おまんこにちんぽを挿入しようとしたら、コンドームを渡された。


あせると上手くつけられない。

人前で、特にカズヤの前でセックスするのがこんなにやりづらいとは思わなかった。


なんとかコンドームを装着して、ミズホのおまんこにちんぽを入れる。

コンドームごしでも、ミズホのおまんこはすごく気持ちよくて、責めるどころじゃない。


俺は射精をこらえるのがやっとで、ミズホの腰の動きにまかせていた。

結局、いつもの半分くらいしかもたずに、俺のちんぽは精液を吐き出してしまった。


自分に対する失望で真っ青になりながら、ミズホのおまんこからちんぽを抜く。

ミズホは真剣に俺達のセックスをみつめていたカズヤに声をかけた。


「次はカズヤくんが入れて。カズヤくんは童貞だから、コンドームはつけなくていいわ。性病がうつる心配がないものね。」

カズヤは緊張でがちがちになりながら、ミズホのおまんこにちんぽを入れた。


ミズホが指でおまんこを拡げて、カズヤのちんぽを受け入れている。

童貞でコンドームなしなら、俺以上に早く射精するに決まっている。


俺はせめてカズヤの童貞喪失を後のネタにしようと、二人のセックスを観察していた。

「はあっ・・・すごい・・・ミズホさんのおまんこ、すごくあったかくて、気持ちいい・・・。」


カズヤがうっとりとして、ミズホに体を重ねる。

ミズホはカズヤをやさしく抱きしめながら、アタマをなでている。


「カズヤくんのちんぽ、硬くてとっても気持ちいいわ。びくんびくんって、おまんこの中で脈打ってる。」

「ミズホさんのおまんこ、ちんぽを動かさなくても、気持ちいいよ・・・。」


カズヤは子供のように、ミズホの乳首をしゃぶった。

ちゅぱっちゅぱっと左右の乳首を交互にしゃぶって、れろれろと舌で乳首を転がしている。


「乳首をしゃぶると、ミズホさんのおまんこ、ひくってしまるね。」

完全に二人の世界だ。


3Pが楽しめるかもなんて浮かれていた俺がバカだった。

「カズヤくん、はじめてなのに、とっても上手よ。才能があるのかもね。」


ミズホはカズヤとディープキスしながら、まったりとセックスしている。

カズヤはゆっくりと腰を振っては休み、休んでは腰を動かしている。


じれったくなるようなぬるいピストン運動だ。

「もっと腰をしっかり振れよ!」


疎外感に耐え切れなくなった俺がカズヤの腰をつかんで強引に振らせると、カズヤが悲鳴をあげた。

「そんなにしたら、射精しちゃうよ!やめてぇ。」


「中出ししていいのよ。カズヤくん、もっと奥まできて・・・。」

俺はショックでカズヤの腰から手を離した。


童貞喪失がこんな美熟女で、ナマで中出しなんて、ありえねえ・・・。

俺は自分の童貞喪失のときの苦い思い出を噛みしめた。


カズヤはミズホのおまんこに思いっきり中出しして、余韻に浸っている。

「セックスって、すごく気持ちいい・・・。」

「そのまま、ちんぽを抜かないで。」


カズヤとミズホはそのまま二回戦に突入した。

俺はいたたまれなくて、そっとラブホテルを後にした。


カズヤとミズホがこのままセフレになってくれたら、いつか俺もまざって3Pさせてもらえるだろうか・・・そんな未練がましい夢を抱きながら。



出会いアプリ人気ランキング

1位 Jメール

Jメール 詳しくはこちら>> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX 詳しくはこちら>> 

3位 メルパラ

メルパラ 詳しくはこちら>> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール 詳しくはこちら>> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール 詳しくはこちら>>


バイアグラ シアリス レビトラ ED治療薬 通販はこちら>>

エロ動画














出会いアプリ人気ランキング
1位 Jメール

Jメール >> 

2位 PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX >> 

3位 メルパラ

メルパラ >> 

4位 ワクワクメール

ワクワクメール >> 

5位 ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ハッピーメール >>
エロ動画